このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[8] 【第一回】統一二次創作短編祭【終了】
日時: 2011/11/21 14:20
名前: ビクター◆n/BGU9F4eo ID:3aarlQK.

 こちらは統一二次創作短編祭の投稿用スレッドです。
 後で作品と感想のみをまとめて見やすくする為に、告知スレとは別にスレッドを作っていますが、ご了承ください。
 今回の祭りにおいて、参加の際に気を付ける事は下記にまとめておきました。
 告知スレと内容が微妙に変わっていますので、改めて読んでおいて下さい。

<管理担当>
・主催・管理:ビクター
・管理助っ人:かに

<期間について>
・作品投稿期間:8月19日終了まで。(多少の期間超過は許容します。他の参加者の方もその辺りは寛容に) 
・感想投稿期間:8月20日 〜 8月30日まで。

<作品の投稿について>
・投稿する作品は、原作がゲームの二次創作小説であること。
・小説ストーリーテラーの利用規約を守り、年齢制限の必要ない一般向け作品であること。
・上限はノベルチェッカー簡易版20×20行換算で20枚以内。下限は無し。
(タイトル・空行を除く一行目冒頭から、最後の一行の文末まで)
・作品のタイトルは必ずつけること。
・作品で扱ったゲーム名を必ず記入する事。(ドラクエ3、ポケモンHGSS、FF12等の略称でも可)
・一人で何作投稿しても可!

<感想の投稿について>
・参加者は投稿された小説の評価・感想を必ず三作品以上書くこと。(これやらないと祭りの意味が無いです)
・初心者の間違いや作品の形、内容のぶっとび方に対し、目くじらを立てず寛容に接すること。(楽しむ事が最優先です)

<投稿全般について>
・匿名による投稿をしないこと。(できれば普段使っているHNでの参加を希望)

<投稿マナー>
・投稿受付期間終了後に、作品の内容に関わる修正はしないこと。誤字脱字等の修正ならOK!
・物語が破綻するほどのオリジナルキャラは、なるべく控えること。
・エログロ、BLやGL、メアリー・スー等の扱いは各自の判断に任せますが、なるべく皆にも受け入れられるような形を目指して下さい。
・一時保存による作品投稿はなるべくやらないこと。(感想投稿の場合は可)
・推敲・校正は、なるべく投稿前に各自でやっておくこと。
・あとがきの禁止みたいなストイックなルールはありませんが、あまり長くならない程度にお願いします。
・時に厳しい意見が入るのも仕方ありませんが、その場合は、受け取る相手の心情と祭り全体の雰囲気等を考え、空気読んだ書き方をお願いします。

<その他連絡事項>
・全ての投稿作品を全部読む必要はありません。
・全作レビューまじ歓迎!
・早めに投稿しておくと感想をもらえやすいかも!
・認知度の低いゲームを選ぶと元ネタが分からなくて感想がもらいにくいかも!
・作品を投稿していなくても、批評・感想だけ投稿も可。(その際も空気読んだ投稿を!)
・東方Projectは分類が面倒なので、書籍原作も全部ひっくるめて「東方Project(原作ゲーム)」として考える事とします。
・ゼビウス2000機攻撃やスパルタンX24周目等の漫画ネタもこの際だからOKとしておきます。
・多少の曖昧さは許容しますし、テーマ等もありませんので、あまり形や範囲に拘らずに気楽に参加して下さい。
・ぶっちゃけ面白ければ何でもいいです。
・質問・疑問等は、告知スレの方にお願いします。

<投稿作品>
>>01 『剣を握る手』 11.4枚 (ドラゴンクエスト4):ビクター
>>02 『創作戦記ディスガイア!』 17.2枚 (魔界戦記ディスガイア):じてとん
>>03 『流れた涙と握られた手』 12.7枚 (モンスターハンター):鮭
>>04 『受け継がれる』 15.5枚 (Romancing SaGa2):葵
>>05 『大人の恋まで、あと』 21.9枚 (ルーンファクトリー2):茶野【枚数超過】
>>06 『夢の置き場処』 20.7枚 (クロノクロス):文旦【枚数超過】
>>07 『I wait for the bar』 3.8枚 (TETRIS):N番目
>>08 『本気アンリミテッド』 12.9枚 (ダンボール戦機):かに
>>09 『Replica Hero』 6.8枚 (TALES OF The ABYSS):十六夜
>>10 『ふたりだけのいっき!』 19.8枚 (いっき):Top
>>11 『LIVE A EVIL』 15.9枚 (LIVE A LIVE):伊達サクット
>>12 『その強さがあれば、全てを守れると思った』 19.8枚 (幻想水滸伝2):文旦
>>01-12 まとめて見る

<レビュー>
>>14 Top
>>15 文旦
>>16 茶野
>>17 かに
>>18 鮭
>>19 N番目
>>20 じてとん
>>21 伊達サクット
>>22 ビクター
>>23 葵
>>25 十六夜
>>14-25 まとめて見る
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 【感想投稿期間】統一二次創作短編祭【8/30終了まで】 ( No.21 )
日時: 2011/08/30 23:04
名前: 伊達サクット ID:BvoQHD0k

時間ねぇー! やったことのあるゲームだけになってしまいますが、感想を書かせて頂きます。敬称略です。

『剣を握る手』 (ドラゴンクエスト4):ビクター
ドツボでした。男くさい。渋い。泣ける。
自分は第1章が好きで、タイトルが「王宮の戦士『たち』」って、唯一名もなきその他大勢の存在に言及している群像劇っぽさが。本作はその『たち』の部分をしっかり書いている作品じゃないかと思いました。
バトランドの王宮戦士は人数は多いんですけど、王が出動命令出して早々に「まあのんびりやろうやライアン」とか言ってる奴、バトランドとイムルの連絡路になっている単純な構造の洞窟で事件解決後まで道に迷っている奴など、駄目さ加減が漂っている連中が多いので、この小説で書かれている王宮戦士の堕落という表現に妙に納得できました。
結局、塔までたどり着けた戦士は3人だけ。ライアンと、ホイミンを仲間にするのを断った奴と、ボスの部屋へ行く階段の前でぶっ倒れている奴。
このぶっ倒れている奴が今回の子供失踪事件唯一の殉職者、この小説でいうブレナンなんでしょうね。彼からライアンは地獄の帝王の存在を知り、勇者を探す旅に出るきっかけとなる。こんな感慨深いチョイ役に焦点を当てた心意気に感服しました。

『受け継がれる』 (Romancing SaGa2):葵
これもうまいと思いました。ロマサガ2はもう実機で10周くらいしているほどやっていて、最初ロマサガ2で書こうと思ったけど、先に葵さんがロマサガ2で投稿なさったので、急遽ライブアライブに変更したという、どーでもいい逸話がっ……!
アガタさんが気品あって格好よかったです。何と言うか、外見ではなく、行動や言動からくる内面からの気品が出てくる感じがよかったです。
まあ、女でいくよりは男で戦ってテンプテーション見切った方がいいんですが、そういう野暮なツッコミはやめときましょう。あとロックブーケは召雷も怖い。自分もホーリーオーダーはかなりの頻度でメンバーに入れてましたので、焦点を当ててくれてうれしかったです。

『I wait for the bar』(TETRIS):N番目
いやー、これは2次創作をうまく融合した正真正銘のショートショートですね。星新一とか、筒井やすたかの世界というか。オチまで徹底して隠し通すのではなくて、段々と「客を敷き詰める」だとか「操作」だとか「ミス」だとか、段々と胡散臭くしていく技法がうまい。楽しませてもらいました。

『ふたりだけのいっき!』(いっき):Top
元々、百姓一揆を2人だけで行ったり、代官の配下に忍者がいたりと、突っ込みどころが多いゲームなので、作品の方向性と題材にしたゲームがうまくマッチしていると思いました。おみっちゃんって、まさかあの腰元じゃないですよね(笑)。ちゃんと竹槍とか、自動追尾遠隔カマとかゲームの小道具もちゃんと出しているし、ネタが練られていると思いました。自分が一番ウケたのはなぜか鉄砲隊の亡霊まで力を貸してくれたところです。あとコピペ野郎扇百影。名前何て読むんだよ! なんで大将がピンで出てきた後に劣化バージョンの副将がピンで出てきちゃうんだよ! 投げやり感が笑えました。

ビクター様、かに様、お疲れ様です。また機会があれば参加させていただければと思います。
ありがとうございました。
メンテ
Re: 【感想投稿期間】統一二次創作短編祭【8/30終了まで】 ( No.22 )
日時: 2011/08/31 00:33
名前: ビクター◆n/BGU9F4eo ID:a0W8sc5.

>>01 『剣を握る手』(ドラゴンクエスト4):ビクター
 あとがきでも書いたけど、自分の悪癖が色濃く出ている作品。
 どういう悪癖なのかうまく説明が出来ないけれど「表現したい事を表現する」のではなく「表現したい事を説明してる」という感覚が常にある。
 小説に必要な文章とは全然違うところにある文章だよなーと。プロットに近い文章じゃなかろうかと。
 こういう文章を書いている内は、自分はまだまだ下手糞だなーと思わざるを得ない。
 誰かマジで小説の書き方教えて欲しい。

>>02 『創作戦記ディスガイア!』(魔界戦記ディスガイア):じてとん
 未プレイです。ディスガイアは名前しか知りませんでしたが、基本設定は公式サイトで見てから読みました。
 色々突っ込みどころが満載ですが、展開自体は結構軽快で、キャラ自体も特徴が出ていたと思います。
 ……ていうか先代魔王、そんな理由で死んでいいのかwww
 力はあるが軸の無い未熟者と、力は無いが軸のブレない熟達者(?)との戦いは、別の意味で見ごたえありました(ぇー
 互いの力量はアンバランスながらも何故か対等な対立関係を保つ者達の戦いというのは個人的に好きです。
 それに「何でこいつらが一緒に居るのwww」というメンバーが集まってて、その組み合わせだけでもひとつのギャグになりそう。
 また作中にはちょっとした教訓も込められていて、でもそれを説教臭く終わらせないドタバタした終わり方も面白かったです。

>>03 『流れた涙と握られた手』(モンスターハンター):鮭
 3rdはプレイ済み。くそう、鮭はセンスだけでこういうのをサラッと書くから悔しいというかずるい。
 モンハンは最近PSPで3rdを始めたばかりだけど、それだけでも大体書かれてる事が分かった。
 狩りに出る前の状態で終わってるのは良い感じに読後感出してる。俺なら狩りが終わるまで書いちゃいそう。
 ハンターの静かな悩みと捨てきれない何だかモヤモヤしたものの揺らぎが読み取れて面白い。
 冷たい冷たいと言葉面では冷たさを出しているのにアイルーの言動も含めて内容には確かな温もりが感じられた。
 くそう、どうやったらこんなもんがサラッと書けるんだ……ぐぬぬ。

>>04 『受け継がれる』(Romancing SaGa2):葵
 うおー、ロマサガ2きた。死ぬほどやり込んだゲームです。
 正統派で良い感じ。女性らしい淡い情熱を描いて葵さんらしい内容。
 皇帝は伝承法という秘術で力を継承している関係上、次代の為に死ぬ運命を受け入れなければならない。
 そういう伝承法が持つ悲壮さを上手に表していて、最後に決意を固めてもはやり泣きそうなアガタの心情が伝わってきます。
 受け継いだのは志と力だけでなく、悲しみや苦しさも受け継ぎ、しかし確かな想いも伝わったという、悲しくも強い愛の物語ですね。
 ちなみに「武術と術」のところなんだけど、個人的には「武術と術法」にした方が綺麗だったと思う。
 ……ていうか、あれですね。
 やっぱり自害したのは皇帝自殺名所のルドン高原かと思ったらサバンナの方でしたかw
 あとゲーム的には池袋女史(?)は男性でも倒せますが、あれは霧隠れとかで全員が見切る必要もあって時間がかかるんですよね。
 パリィ!←?

>>05 『大人の恋まで、あと』(ルーンファクトリー2):茶野【枚数超過】
 未プレイなので世界観は良く分かりませんが、男女四人による二世代間の、いわゆる甘く切ない恋物語ですね。アリア可愛いです。
 でもこういう年の離れた少女からの愛情なんて、同年代のアリアママとの関係を消化でき切っていないバレット先生にもどう対処していけばいいのか分からなかったんじゃないかな。
 そしてバレット先生はアリアと自分の関係を経験していく事で、アリアママと自分の関係を冷静に観察し、自分の気持ちを整理していく事が出来たんでしょうね。
 またアリアもロイという自分に好意を寄せる人物によって、バレット先生との関係の在り方を一歩進んで考えることが出来たのも見逃せない。
 全てが一方通行で一直線の片思いばかりですが、その終点にいるアリアママの懐の深さが、この一方通行の連鎖を止めましたね。
 母は強しというところでしょうか。腰を据えた時の女性ってえらく強いですよね……ええ、それはもう。

>>06 『夢の置き場処』(クロノクロス):文旦【枚数超過】
 未プレイなのでwikiで情報チェックしながら読みました。
 もの凄くややこしい状態の時の話ですね、これ。それを情報無しで読む事の難解さと言ったらw
 しかし文旦さんは情報なくても表現でぐいぐい読ませますね。原作分からなくても最後まで引っ張られて気付いたら読み切っていました。
 ひとつの事実を、入れ替わる世界と視点といういくつかのピースによって真相を知ってしまう事の恐ろしさと言うか何と言うか、なんだか迫ってくるものがありますね。
 ミステリー的と言うべきか、ホラー的と言うべきか、そんな恐ろしさが満ちていく緊迫感が上手く表現されている。
 そして最後の破裂、そして0の静寂が、どこか限界を超えてしまい破裂したものの悲しみを読後感として残しているのが良いですね。
 読みごたえありました。

>>07 『I wait for the bar』(TETRIS):N番目
 なwwwんwwwだwwwこwwwれwwwはwww
 今でもたまに暇潰しでテトリスやることありますが、なんでテトリスをこんな官能的に書けるんですかアンタwww
 あの日ただ一目見た少女に恋い焦がれる青少年を描いた恋愛小説みたいになってるじゃないかw
 この作品の異質さと言ったら群を抜いてて、想像の斜め上二回宙返りくらいのところを突かれた感じがします。
 そもそもあのブロックゲームでの創作を選ぶ発想と、それを実際に書きあげてきた技量に感服。
 発想の勝利というだけで終わらせない確かな技量とセンスと遊び心にあふれる良い作品でした。
 合掌!( ̄人 ̄)

>>08 『本気アンリミテッド』(ダンボール戦機):かに
 未プレイなので公式サイト見てきましたが、なんか主人公的っぽいのにカズは主人公じゃなかったのか。
 良いですねこういうの。主役じゃないキャラの見せる情熱や意地というのは、例え出て来なくても作品や主人公をより引き立てますよね!
 作品はやった事ないので郷田やカズがどういうポジションなのかは分からないけど、二人の決意と意地がぶつかる熱い内容です。
 一度勝っている相手に受けた敗北も素直に受け止めたり、面倒な事情を抱えながらも必要以上に気にせず良い関係を維持し続ける郷田に粋な魅力を感じました。
 ゲームはやったことは無いんですが、パーツを変える事でオリジナルカスタムしていくのは面白そう。
 こういうゲームをガンダムでやってくれると自分的には即買いなんですが、なかなかそういう訳にもいかないようで。

>>09 『Replica Hero』(TALES OF The ABYSS):十六夜
 テイルズシリーズは最初のファンタジアしかやった事が無いのでアビスは未プレイです。
 いわゆるエンディング後の話ですね。未プレイなので世界情勢はサッパリですが、漠然と登場人物たちが歩んできた道のりは想像できます。
 なかなかにややこしい人間関係があるようで、言ってしまえば主人公はオリジナルではないコピーだったという事でしょう。
 オリジナルとコピーとの葛藤の中で「自分」がどこにあるのかを考え、おそらく主人公は「自分」は仲間の下にあるという総合的な答えが、ここで言う「約束」に繋がったものと思われます。
 仲間の方もまた同じで、主人公が主人公であり、自分達の仲間は決してコピーでは無く、自分達と共に歩んだ「本物の仲間」の証明として、その約束を強く信じたのでしょう。
 未プレイではありますが、ゲーム本編にあるテーマや葛藤が垣間見えた気がして良かったです。

>>10 『ふたりだけのいっき!』(いっき):Top
 まさかのいっきwwwww
 実はいっきは自分が初めて買ってもらったファミコンソフトなので、その二次創作が投稿されて非常に感慨深いものがあります。
 何だか色々とネタが混ざってますが、意外に内容は熱く、特に田吾どんから渡された竹やりには燃えますね。
 いっきで武器と言えば、鎌と竹やりですからね。良く分かってるw
 個人的には地蔵や葉っぱ、腰元なんかも出してくれるとさらに笑えたんじゃないかと思いますが、この内容ではこれ以上色々くっつけると疲れそうなので、ここがちょうど良かったんでしょう。
 肩ひじ張らず読む事が出来ました。面白かったですというか、このゲームをチョイスしてきた時点ですでに爆笑ものでしたw

>>11 『LIVE A EVIL』(LIVE A LIVE):伊達サクット
 あの世で俺に詫び続けろオルステッドーーーー!!!
 昔プレイしたSFCソフトの中でも特に記憶に鮮明に残っている作品のひとつがライブ・ア・ライブです。
 ある意味でDQ4のデスピサロ的な、悪だけど共感せざるを得ない不幸の連鎖の一番の被害者。
 ドラクエ4はまだ救いがあるけど、オルステッドには最後まで救いが無く、ただその無限に続く憎しみから解放させるにはその命を絶つしか術は無いという悲しい結末。
 それを、破滅の道のりなれど共感せざるを得ない上手い所を突いてきました。
 タイトルの回文といい、非常に秀逸な作品でした。
 ブライオン超懐かしい。現代編が通打ゲーなのは譲れない。
 ワン・タンナベ拳奥義、どはつ天突拳! ←?

>>12 『その強さがあれば、全てを守れると思った』(幻想水滸伝2):文旦
 神ゲーこたきれ!
 自分でも書くつもりだったけど、結局書き切れずに期限が過ぎてしまった。
 もうアレですね、一行目がオープニングのルカ・ブライトまんまですね。映像がもの凄く鮮明に思い起こせます。
 ルカ・ブライトにかける描写の熱の入りっぷりが半端ないっすね。
 ひとつひとつの表現がしっかりとした雰囲気を構築して、場面ひとつひとつを丁寧に描写し、ジョウイの目を通してその異質さを作り出してますね。
 まさにハイランドの狂王ルカ・ブライトの狂気と高貴さが入り混じった文旦さんの力作でした。凄い面白かったです。
 人に豚の真似をさせ「豚は死ね!」の名言で切り捨てたルカ・ブライトの狂気は、掘り下げるほど面白くなりますよね。
メンテ
Re: 【感想投稿期間】統一二次創作短編祭【8/30終了まで】 ( No.23 )
日時: 2011/08/31 01:36
名前: ID:aIFCxYPQ

(一時半ごろ、ちょっとだけ修正しました)

セーフ!? セーフかな!? ギリギリになりました、というかアウトですね……。ごめんなさい。
レビューではなくて感想です。短くてごめんなさい。
原作はほとんどやったことありません……これを機に、原作の方もぜひやってみたい。
ビクターさん、企画運営ありがとうございました。かにさんもありがとうございます。
とても楽しかったです。また二次祭、開催されるといいなあ。今度はゼルダ書きます! たぶん!

>>01 『剣を握る手』(ドラゴンクエスト4):ビクターさん
ビクターさんの作品が読めて嬉しかったです! すごく久しぶりだなあ。これからもぜひぜひ読ませてほしいなあ、とこの場を借りて。
ホイミの場面、思わず涙ぐんでしまいました。それまで感情を抑えた描写が続いていたので、とても際立っていて良かったです。
淡々と素直で、それでいて力強い語りが、まさしくライアンの気質を表しているようで良かったです。
語りにもキャラの性格を反映させるなんて、すごく衝撃的でした。私に足りなかったもののひとつを思い知らされた気分です。
展開も含めて、全体的な統一感といいますか、まとまりがすごい。ブレない。なんというか、すごく男性的なお話だなあと思いました。
個人的にバリアンが好きです。すごく男らしくてかっこいい。最初の訓練のところの描写ですが、工夫が利いていてとても良かったです。

>>02 『創作戦記ディスガイア!』(魔界戦記ディスガイア):じてとんさん
いい感じにぶっ飛んでますね! くすくす笑いながら読んでしまいました。このノリすごくいいです。
でも、最後、小説についての件には、はっとさせられました。ただぶっ飛んでいるだけじゃないのがよかったです。
この作品書くのはとても楽しかっただろうなあ。キャラ同士の掛け合いが本当に微笑ましかったです。
登場人物がたくさんで賑やかでしたが、みんなちゃんとキャラが立っていました。

>>03 『流れた涙と握られた手』(モンスターハンター):鮭さん
鮭さんの文章はどうしていつもこんなに読みやすいのか。読みやすいだけじゃなくてさらにきれいだから困ります。鮭さんの後に私の小説とか泣くしかない。
文旦さんも仰ってましたが、「二度殺されていた」はずるいです。鮭さんらしいずるさ。ああ、もう、敵わないなあ。ちょっと悔しいです。
流れもとても自然で、畳み掛ける展開といったお話ではないのですが、だからこそ書き手さんの技量を思い知らされたような気がします。
全然飽きずにぐいぐい引き込まて、最後まですらすら読めちゃいました。まだ読みたい。すごく続きが読みたいです。
恥ずかしながらモンハンは触ったことがないのですが、それでも十分楽しめました。面白かったです。

>>04 『受け継がれる』(Romancing SaGa2):葵
ロマサガをやったことがない人にも読んでもらえればと思って書きました。出来はともかくとして、とにかく楽しかったです!
その他ゲーム板にロマサガ2の二次創作短編集作りたいくらい楽しかったです。時間があればぜひ作りたいな。
ちょくちょく悪い癖が出てるんですが、読みにくくなかったでしょうか。楽しんでいただければ幸いです。
読んでくださった方々、レビュー・感想を下さった皆さん、本当にありがとうございました!

>>05 『大人の恋まで、あと』(ルーンファクトリー2):茶野さん
茶野さんらしい、微笑ましくて温かい、素敵な恋愛小説でした。
少女らしいアリアの心情が細やかに描写されていて、すごく物語の中に引き込まれました。つい応援したくなっちゃう。
複雑な片思いの連鎖が、切ないですね。温かいけど切ない。みんなみんな、幸せになれればいいと願ってしまいます。
長さは全然気になりませんでした。面白かったです。茶野さんにはぜひ恋愛小説の書き方を伝授していただきたいと思います。笑”

>>06 『夢の置き場処』(クロノクロス):文旦さん
まずは文章がとてもあでやかで、すてきです。惚れ惚れしてしまう。途中ぞくぞくして鳥肌が立ちました。うまいです。
幻想的な始まりもよかった。終始綺麗な雰囲気で統一されていて、丁寧な描写に場面場面が目に浮かぶようでした。
原作をやったことがないので、全部理解することはできなかったんだろうなあ……。そう考えると原作をぜひやりたいです。
終盤、すごかったです。筆力がうらやましい。色々勉強させていただきました。ごちそうさまでした。

>>07 『I wait for the bar』(TETRIS):N番目さん
これはもうすごいです。テトリスだと分かった瞬間の快感は、あの長いバーで一気に段数を減らしたときと同じ種類の快感でした。再現度が半端ない。
まず発想が面白かったです。二次創作の新しい形といいますか、すごく斬新で。なるほど、こう来たかと。たとえもすごくぴったりはまっていて。
そしてそれだけではなくて、文章もとても読みやすかったです。一見すると詰まっているように見えるのですが、気にならずすらすら読めました。
タイトルが英語なのにも、なんとなく意図を感じてにやにやしてしまいました。私はその棒を待つ。日本語じゃ締まらないですけどね。笑”

>>08 『本気アンリミテッド』(ダンボール戦機):かにさん
まずは郷田くんがかっこいい。すごくいいキャラしてますね。こんなに短い話だったのに、とても印象的でした。
バトルシーンの熱さがすごかったです。思わず食い入るように読んでしまいました。状況が仔細に分かって臨場感があります。何度も読んじゃった。
郷田の印象が徐々に変わっていくのが良かった。カズの視点からちゃんと順序だてて丁寧に書かれているので、移入もしやすかったです。
考えてみれば、私、こういう「漢」って感じのお話は書いたことがありませんでした。ぜひ挑戦してみたいなあと思わされました。面白かったです。

>>09 『Replica Hero』(TALES OF The ABYSS):十六夜さん
テイルズはいつかやってみたいと思っていたのですが、この作品読ませていただいてますますそう思いました。
原作を知らなかったのでたぶん全部理解することはできなかったのだろうと思いますが、それでも涙ぐみました。
最近涙腺ゆるいのかな。でも、「どうして……ここに」からの流れは本当に素敵で。
コンタミネーション現象とか、ローレライの鍵とか、原作をやってるともっと楽しめたんだろうなあと思うとちょっと悔しいです。
原作やってみてから、もう一度読ませていただきたいと思います。キャラクターもすごく魅力的に見えました。面白そうだなあ。

>>10 『ふたりだけのいっき!』(いっき):Topさん
方言での語りがすごくツボで、どんどん先へ先へと読めました。楽しかったです。
いっきって、タイトル見ただけだとなんだろうと思ってたんですが、冒頭二行ですぐに分かりました。それくらい、上手く雰囲気が出てます。
展開がスピーディーで、次から次に畳み掛けるように出来事が起こって、こう、一揆ってこんな感じなんだろうなあと肌に感じながら読むことができました。あちこちでくすくす笑ってしまった私は不謹慎なのだろうか。
途中、すごく悲痛な展開なはずなんですが、それまでのテンションを落としきらずノリで押し切ったのが逆に好印象でした。
戦いのさなか、たとえ何があっても立ち止まることはできませんもんね。そして最後のオチも面白かった。
原作はいったいどんなのだろうと、とても興味が湧きました。ぜひやってみたいです。

>>11 『LIVE A EVIL』(LIVE A LIVE):伊達サクットさん
つかず離れずの視点が、ちょうどいいじれったさといいますか、もどかしさを感じさせて非常に良かったです。
メインで語られるオルステッドの心情はもちろん心に響きましたが、アリシアの語りもすばらしかったです。
彼女がフェミノフォビアとして登場した瞬間も印象的でした。そして最後がまたいい。この後を引く感じ。切ないですけど、少し、救いもある。
粒の揃った文章が淡々としつつもテンポよく、止まることなく読めました。そしてタイトルも素敵。

>>12 『その強さがあれば、全てを守れると思った』(幻想水滸伝2):文旦さん
冒頭、「炎が黒い」がとてつもなく上手いです。なるほど、こういう文を持ってこればいいのか。すごく勉強になりました。
とにかく、ルカ・ブライトという人が終始印象的でした。二次創作でここまでしっかりキャラを描く作品は珍しい、ような気がします。
原作をプレイしていなくても、この作品を読ませていただいただけでルカという人がつかめたような気になりました。
選び抜かれた高級感のある文章が荘厳な雰囲気を滲ませていて、それでいてときどきふっと現れる優しい文章がまたいい。
最初からしっかり読ませてくださったのも嬉しかったです。楽しませていただきました。
メンテ
Re: 【終了】統一二次創作短編祭【感想の加筆修正はOK】 ( No.25 )
日時: 2011/10/28 23:49
名前: 十六夜◆YSzMt9EHnk ID:L.ZajmG6

 めちゃくちゃ遅くなってしまいました何やってんだ自分。
 以下批評です。というか感想文です。全作品批評したかったのですがわからない作品がどうしても(汗)ごめんなさい。

「剣を握る手」:ビクター様
 ドラクエ4は未クリアであるもののプレイしたことがあります。特に第1章が(というよりはホイミンが)大好きだったので、楽しんで読ませていただきました。戦士としての誇り高きライアンはここで出来上がったのか、と引き込まれるように読んでしまいました。

「流れた涙と握られた手」:鮭様
 モンスターハンターも少しだけプレイしたことがあります。主人公がハンターをやめると決意してからもう一度戦うことを決めるまでの流れが分かりやすく、文章の読みやすさも相まってすらすらと読めました。ラッテが可愛かったです。

「I wait for the bar」:N番目様
 最後までテトリスだと気付かずに、barって何のことなのかなあと思いながら読み進めてました。テトリスだと分かったときのスカッとした感じがたまらないです。思わず笑ってしまいました。
メンテ
Re: 【終了】統一二次創作短編祭【感想の加筆修正はOK】 ( No.26 )
日時: 2011/10/30 00:00
名前: ビクター◆n/BGU9F4eo ID:p/EpvLHU

 どうも、今回の統一二次創作短編祭を企画したビクターです。
 とりあえず〆の言葉でもと思い、書き込みをば。

 夏休みという時期を逃すわけにもいかず、思いついたら即実行、準備不足のまま強行した企画でしたがいかがだったでしょうか?
 個人的には主催者たる自分が非常に情けない体たらくで、本来やっておこうと思っていた仕事の半分くらいしか出来ず、参加者としてはともかく、主催者としては少々悔いが残っています。
 まあ、その辺りにはリアル事情などもあっての事なのですが、かにさんのフォローもあったおかげで何とか無事に終わらせることが出来ました。

 今回このような企画を開催して改めて思いましたが、もらえる感想によって気付く切り口というのは多いです。
 感想をただ感想として受け止めるのではなく、感想を書いた人が自分の作品をどういった視点からどう斬り込んで見たのか、そこを学ぶのが大切なのだと個人的には思います。
 作品の方も感想の方も、オーソドックスに正面から書いてくる人もいれば、面白い視点から斬り込んでくる人もいて、読んでて非常に楽しかったですし、とても参考になりました。
 ほんと、俺の作品が一番駄目じゃねえかと(ry

 二次祭を開催した理由の一つは、おそらく利用者の多くが持っているであろう「機会があれば書いてみたい作品」に、その機会を与える事でした。
 ひとつの板ではひとつしかスレッドが作れないので、同じ板で他の作品を書くわけにもいかず、かといって別の板でスレッドを作ったとしても連載するほど長く続かなかったり、労力的・興味的な問題で放置されてしまうであろう等の理由で結局機会を得られず書き損じている作品というのがあると思うんですよね。
 同じ作品ばかり書いていると疲れてくるし、時々こういう機会を作ってガス抜きが出来れば、自分にとっても楽しいですし、感想も貰えるし、板を越えて新たな読者を得られるかも知れませんしと、色々な意味で良いのではないかと思い、開催に踏み切りました。
 やってて楽しかったので、またいずれ機会があれば第二回でも開催してみようかなと考えています。
 参加してくれた皆さん、そして自分の突然の頼みを聞いて管理フォローしてくれたかにさん、おかげで祭りを楽しくすることが出来ました。
 感謝感謝です。

※追記
 他の人が同じような企画を開催するのは一向に構いませんので、似たような案を持っている方がいれば、自分に構わず開催しても全然オッケーです。
 こんなところで権利云々言うのも馬鹿馬鹿しいですし、楽しめる企画が多いならそれに越したことは無いですから。

※追記10/29
 感想を一括リンクで見やすくするために、No.24のこの書き込みを削除し再投稿。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成