このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[75] ふしぎの国の白雪姫
日時: 2012/02/07 19:25
名前: レイア ID:2h6qdbaU

初めまして!!レイアといいます。

私はパソコンをあまり使うことがないので、スピードが遅いと思いますがよろしくお願いします☆
荒らしや中傷コメはしないでくださいね、ものすごく傷つくと思います・・・
感想など、書いてくれるとうれしいです!
キャラ崩壊してるかもしれません・・・

それでもいい人はぜひ見てください!!

目次
第0章     >>1
人物紹介  >>2
第1章     >>3
注意書き   >>4
第2章    >>5
第3章     >>6
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: ふしぎの国の白雪姫 ( No.3 )
日時: 2011/10/07 17:20
名前: レイア ID:KKaSKErI

 〜第1章〜

「お母様、外に遊びに行ってもいいですか?」

「えぇ、いいわよ。昼食までには帰ってきてね」

「はーい」



外に来たのはいいけど何をしようかな・・・

・・・ん?・・・あれはもしかして・・・

「りんご!!!」


「うわぁ〜〜〜おいしそうなりんご」

・・・食べていいよね?

「いっただっきま〜す」

パシ!!


・・・・あれ?・・私のりんごは?


「・・・そこにいるあなたは誰??」
メンテ
Re: ふしぎの国の白雪姫 ( No.4 )
日時: 2011/10/07 17:41
名前: レイア ID:KKaSKErI

すみません
1つ書き忘れていました

うさぎや時計屋や女王の紹介に書いている、本名・通称は私の創作なのであまり深く考えないでください
メンテ
Re: ふしぎの国の白雪姫 ( No.5 )
日時: 2011/10/16 17:01
名前: レイア ID:GH7NI01Q


〜第2章〜

「初めましてお嬢さん」

「・・・」

「あの・・・お嬢さん、どうかしましたか?」

「・・・男の子がうさ耳つけてる・・・」

「えっ?あっこれはですね・・・」

「・・・お嬢さんにはこっちで良かったみたいですね」

「こっち?」

「見ていてください」

    ボン

音とけむりとともに目の前に現れたのは、うさぎだった。

「あれっ?さっきの男の子は?」

「わたしですよ」

「?????」

「簡単に説明するとですね、わたしの本当の姿がうさぎで、さっきの男は変身していただけなんですよ」

「なるほど!!」

「ってそんなことより、すみませんお嬢さんそのりんごをわたしにください」

「いいけど、何に使うの??」

「お嬢さんは知らなくていいんです」

「・・・では、さようなら。りんごありがとうございます」

そう言って、うさぎは大きい木の穴に入ってしまった。
メンテ
Re: ふしぎの国の白雪姫 ( No.6 )
日時: 2011/11/11 20:37
名前: レイア ID:SX4DVHjs

〜第3章〜

・・・こんな所にこんな穴あったかなぁ?

う〜入ってみたい!!ど〜しよう



「よし!!」

そして、私もうさぎの後を追って穴の中に入った。
メンテ
Re: ふしぎの国の白雪姫 ( No.7 )
日時: 2012/09/18 19:50
名前: レイア ID:x7345D7U

〜お知らせ〜

とつぜんですがロックします。
読んでくれていた皆さん、ありがとうございました。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成