ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[9] 無名の夜
   
日時: 2012/02/19 20:49
名前: 塩けんぴ。 ID:Ejly/8AE

はじめまして♪

クリックありがとうございます(´▽`)L。

この話は私がみた夢からまた考えて作った話です。
保育園児レベルの文章力です><
純文学の意味もよく知らずにはじめてしまい、先々がとても不安です…
というかもういいですわ。場違いとかもう気にしないでいきます。すいません。うまく書くように努力するので。ごめんなさい。ああもうネガティブモードぉ。。。
とりあえずよろしくおねがいします!!

※亀更新。+文章手直し中…
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 無名の夜 ( No.2 )
   
日時: 2010/08/15 21:07
名前: ○○ちゃんドス ID:a2RBo0uE

うまいです!!!

最強です!!

あ。。。あの、純文学ってなんでしょうか?


でも、うまいのだけはマジで超伝わってきます!!
メンテ
Re: 無名の夜 ( No.3 )
   
日時: 2011/12/09 18:51
名前: 塩けんぴ。 ID:/B5R4rx.

レス遅くなって、すいません><

えぇ!?
全然うまくありませんよ!?
むしろふざけてるようにも思えるようなバカげた小説なのに・・・

えと、純文学とは、夏目漱石さんの小説の作品のように、芸術性のある小説のことらしいです^^:
詳しいことは知らないんですが(苦笑)

コメありがとうございます^^
メンテ
Re: 無名の夜 ( No.4 )
   
日時: 2012/06/07 22:19
名前: 塩けんぴ。 ID:.WorWJck

〜第2話〜



「・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・」

誰かの話し声が聞こえる。

神様? 悪魔? それとも死神?

自然と目が開き、天使と悪魔の描かれている天井が見えた。

互いに厳しい表情をして、にらみ合っている絵だった。

周りを見渡そうと体を動かしてみるが、頭がかき回されたようにグルグルとして目の前は真っ暗になった。

しばらく横になって治まるのを待ってから肘から起き上がってみると、たくさんの人で溢れていた。

遠くのほうには僕より小さいの子供や、大きい子供、大人や、しわくちゃのお年寄りもいる。

みんな好きなことをやっているとたくさんの笑顔からみてとれた。

「ここは……?」

異世界という言葉がストンと胸に落ちてくるほど、見たことのないものばかりで目の奥にしびれるような感覚が走る。

「僕……?」

ひとつひとつ記憶をつないではみるが、全部出てこなかった。

目の前に闇に広がるたくさんの星が見えて、頭の中に痛みが広がっていく。

頭を抱えてうめき声をあげた。

「大丈夫?」

女性のやわらかい声がした。

ゆっくりと目を開けて闇の中からその声を探した。

声の主は海の底のような深い青色の長い髪を、ゆったりと二つに束ねた女性だった。

年は二十程に見える。

「あ……はい……」

ようやく周りが見えるようになって、おそるおそる返事した。

「なんか食べる?」

今度は自分の目の前から高い声がした。

小さな顔に大きな目をした金髪の女の子がベッドの足元から背のびをしている。

ニコニコと可愛らしい笑顔につられて、頬の筋肉が緩んでしまった。

「あ、じゃあ水を……お願いし……」

「わかった! いま、もってくるね」

生き物のように自由自在にキラキラと光る金髪を揺らしながら、ペタペタと素足の音が去って行った。

そのあとをぼーっと見ていた僕にさっきの青い髪の女性が話しかけてきた。

「かわいいでしょ?」

ニッと笑いかけてくる。

僕は小さく頷いて笑ってみせた。

なんとなく彼女が天使に近い存在に思えた。

「皆のアイドルなんだよ」

さっきと同じペタペタと足音が聞こえてきた。

アイドルが戻ってきた。

びちゃびちゃと何かをこぼしながら。

「もってきたよ!」

そう言ったアイドルの服や髪は水遊びをしたあとのように濡れていた。

一体どこへ水をもらいにいったのだろう?

そして手に持っていた洗面器のような器には水が少し入っていた。

「ちょっ……それ私の洗面器じゃない! 床も服も髪もそんなに濡らして……」

あーあーあーと言いながらタオルを持ってきて、女の子の髪を拭いた。

一歩

メンテ
Re: 無名の夜 ( No.5 )
   
日時: 2011/12/24 17:39
名前: 塩けんぴ。 ID:psq4yV.s

〜第3話〜

調整中・・・
ちょっとの間ぐちゃってます。。。
メンテ
Re: 無名の夜 ( No.7 )
   
日時: 2011/12/24 17:52
名前: 塩けんぴ。 ID:psq4yV.s

〜第4話〜

短縮したので余ってます。。
できるまでお待ちください・・・て、待つ人いねぇw

「僕」ずっと位置かわらないまんまzrzrすんません><
主人公なのに名前もまだ決まってません。。
……ただいま募集ちゅu・・・
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存