ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3] 法悦の詩
   
日時: 2009/12/26 23:28
名前: 文純 学 ID:nKXJg6as

はじめまして。 文純 学(あやすみ がく)と申します。
ストーリーテラーで執筆をするのは初めてですが、お手柔らかにお願いします。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 法悦の詩 ( No.1 )
   
日時: 2009/12/27 00:31
名前: 文純 学 ID:U4OvMoM2

 


            ◆


 もう読むことは無いだろうと思っていた雑誌を手に取り、私は音楽プレーヤーの電源を入れる。青白い光の中に、何度も何度も繰り返し聞いたミュージシャンのヒット曲が映されていたが、イヤホンを挿していなかったので音楽は流れてこなかった。かといって、イヤホンを探すのも面倒なので、私はその歌を口ずさみながら、ソファに腰掛けて雑誌の表紙をめくった。

 そこにいたのは幼い頃の私だった。
 何かを比喩しているわけでなくて、ただ単に幼い頃の私がいるのだ。覚えてもいない記憶の中の出来事なのに、媒体でしか見たことの無いはずの父と、まぎれもなく私である存在が自然な笑顔を浮かべて同じ衣装を着ていた。
 背景には、小奇麗でオレンジ色の電球が灯されたログハウス調のレイアウトが施された部屋に、大きく黒光りしたグランドピアノと赤く大きなボディで表面がつやつやとしたギターが異色を放っていて、それは何度も何度も写真で確認した我が家の風景とまったく同じだった。
メンテ
Re: 法悦の詩 ( No.2 )
   
日時: 2019/08/21 18:23
名前: あqwせdrftgy ID:GY1.OJXA

山尾とかりんはとあるイベントに足を運んでいた。
それは高級ホテルのスイートルームで少人数で行われており、山尾同様ニューハーフや男の娘の愛好者が自慢の男の娘を品評し合うという奇妙なイベントだった。
かりんはこのイベントに出席するのが初めてだったが、山尾は以前に何度か見学だけをしていたのだった。

 「今日は大勢の人たちが来るからな。粗相のないようにな」
 「はい!かりんの全部、皆さんに見せつけます」
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存