ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[582] その魚の死因は溺死だった。
   
日時: 2018/05/31 16:53
名前: かなかな ID:urV5DsEk

私は、深い憎しみの海にいる。

だれかにぶつけることも出来ず、
かといって、自身を呪うことも許されず。

それでも、私は生きつづける。

いつかの幸いを信じて。


+++

 (近況)

 詩が独白になってきたので、修行して参ります。( ノ;_ _)ノ

(あいさつ)

これまでは読者の心境などを考慮して、ずっと誤魔化し、誤魔化しで書いて来ましたが、ふと吹っ切れました。
障害のある人生の喜びや悲しみをテーマに、書きます。たまに社会・福祉問題についても書きます。
障害がある=不幸という考えは未だに強く、意識・無意識で避ける人も少なくないですが。同時に、障害を乗り越え、強くなれた人、障害があるからこそ感じる日々の喜びがあることを、健常者にも知ってもらいたいと感じます。
それは、もし、これを読まれているだれかが突然の不幸で身体などに障害が出たときに、生きることを迷ったり悩んだりしてしまわないように。という願いも込めています。
なるべく不快感を煽るような内容にはしないつもりですが、もし苦手な方は、大変申し訳ございませんが、ブラウザバックをお願いします。

たまに、日々の徒然も書きます。小説の挿入詩については、事前にタイトルを設けようと思います
また、すごく独白ぽい作品が多くてすみません。なるべく詩になるよう頑張ります。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

法は、世界を回すためのものであり、私を守るものではない。 ( No.149 )
   
日時: 2019/02/14 04:20
名前: かなかな ID:VdvpCWFY

どうしようもなく解決できない現実がある。

末期のがんの患者さん。
先天的に身体のどこかが欠けている身体障がい者さん。
社会的地位を奪われ続ける知的障害者さん。
健常者ですら、分かり合えない解決できない現実がある。

世界は、満ち溢れて幸福なようで、不平等に残酷である。

その上で人としての徳を大切にし、心を清く保つこと。
そんなことが出来るほど、私は人が出来ていない。

私がなにかを成すのは、すべて私のため。
私が生きる未来を充実させて、私のような被害者を減らすこと。
私が未来で愛するだれかを守るということ。
私がなにかを成すのは、すべて私のため。

人としての徳とか、そんなものはどうでもいいんだ。

生物として生まれた以上、等しく死は訪れる。
死は、私にとって忌避すべきものであると共に、最高の師であった。

死すべき定めの中で、ひとつでも思い出を多く残すこと。
それが、生きるということ。
死は、私にそれを教えてくれた。

だから私は、私の幸福のために理不尽へ剣を握る。
すべては私と、愛する私の家族のため。

それでいい。きっと、それでいい。
メンテ
こんにちは、さようなら、ありがとう、おやすみ ( No.150 )
   
日時: 2019/02/23 08:59
名前: かなかな ID:kPaZZHBo

何故、たった四歳で死ぬのか。
何故、たった二週間で死ぬのか。
何故、生まれ落ちた瞬間に死ぬのか。

どうして神様は希望を持たせるような
人の心を弄ぶような、残酷な

若い頃は、何度もそう問いかけてた。

でも、神様に問いかけるのは無意味だった。
神様は答えを持っていなかった。

問いかけるべきは、逝ってしまう赤ちゃんたち。

何年、何週間、何日、何秒。
きっと君たちは、別れるまでの瞬く間に、
思い出を作るために生まれて来た。

こんにちはとさよならを、言うために生まれて来た。

理由なんて、いつだって単純なんだ。
一瞬のご挨拶のためだけに
君たちは呼吸をしていた。
メンテ
だれの血かと聞かれたら、やはり私の血なんだろうな……。 ( No.151 )
   
日時: 2019/03/06 16:52
名前: かなかな ID:IHymqo5c

若いころはゲームやマンガなどに
まったく理解のない環境で生まれ育ったので
趣味はおよそ理解されず、苦労したので

子供には、そんな妙な苦労はさせまいと

さながらエロ本を隠したがる父親のように
さながら浮気を隠したがる父親のように

こっそり、こっそりと

子供が寝た時間を狙い
子供が出掛けた時間を狙い

よくあるRPGをやり込んでいたというのに

その我が子は、いつの間にか重度のゲーム好きになり
昼はゲーム会社で腕を鳴らし、夜はオンゲーで活躍している。
どうして、そうなったのか。いまでも解らない。
メンテ
Re: その魚の死因は溺死だった。 ( No.152 )
   
日時: 2019/04/01 22:33
名前: かなかな ID:qHkvOWj2

私の隣には、小さな子供がいた。

幾年が経ち、私は大人になったが
その子供は、子供のままだった。

好きなものがいっぱいな君と
好きなものがまったくない私は

引き摺り、引き摺られながら
交じり、離れては、たまにまた交じる。

更に幾年の時が流れ流れて

私はしわしわの老人になるが
その子供は、子供のまま。

老いる私と、老いることのない君と。

麗しの花園で楽しく夢に踊る君に問いかける。

君の夢が覚めるのは、いつか?
メンテ
Re: その魚の死因は溺死だった。 ( No.153 )
   
日時: 2019/04/13 15:16
名前: かなかな ID:MqQcMoTk

痛みを知るということは、己を知るということ。
己の欠損を知るということは、己の限界を知るということ。

それの何処が、恥か?
それの何処が、言い訳か?

だれもが完璧ではないのだ。だれもが未完成なのだ。
そこから這う這うの体で強くなるのだ。

だれもが均等に歩ける訳ではないのだ。
速い遅いがあり、尺があり、身丈がある。
だからこそ、人は工夫する知恵を覚えたのだ。
精神論と努力で解決できるなら、この世に不平等などない。

それを醜いと嘲笑い、努力が足りぬと叱り、未熟と罵る。
己自身こそが戯け者であると知れ。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存