ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[507] 冷たい音楽のオアシス
   
日時: 2012/09/30 23:09
名前: 江良陸院 ID:31InWHPM


誰かに褒めてもらいたいから 誰かを褒めてばかりいる

音楽は悪口の遮断機 歌声はその先の天国 

お前の欲しいものは見つからないと思え

バッドエンドが美しいから、君はいつまでも今日を殺す

そんな音楽が愛おしい
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 冷たい音楽のオアシス ( No.364 )
   
日時: 2019/03/01 22:17
名前: 江良陸院 ID:FQCTPBHY

「physics」



頭のいいやつにはわかんないだろう
そう泣き叫んだ小さな女の子は 泥で数学を勉強した
紙とペンなら用意するのにと笑った君は 数学を泥に捨てた

地面の真下に広がっているのは 世界中の涙なんだよ
その水滴が崖を砕いていく音の所為で 目覚まし時計より早く目覚めた
大陸の端っこの滝にしがみついている あの子の夢を見終えて

泥の中に落ちている言葉を もう一度太陽に掲げたら
あまりの熱さに焦げてしまった 落下した灰が あの男の家を燃やした
水道水ならあるのにと笑った君は 物理学を泥に捨てたんだ

忘れないから 忘れないで あの音で目覚めたことを
燃え盛る炎など 僕たちの涙では到底勝てないということを
君の涙で作られた氷ほど この世で硬いものはないなんてことを

頭のいいやつにはわかんないだろう
そう泣き叫んだ小さな女の子が いつか宇宙の塵になった
そういう夢を見たあの日に 君のカウントダウンは始まったんだよ
メンテ
Re: 冷たい音楽のオアシス ( No.365 )
   
日時: 2019/03/10 00:55
名前: 江良陸院 ID:/3gu7mIM

「RIGHT」



約束を思い出した夜だけ 笑うなんてずるいじゃないか
もう手に入らないものは 一億円出したって手に入らないよ
一億円が欲しいって夢は 一億円出したって手に入らないよ

翼をもがれたあの役者が 痛い痛いと もがいたところで
君の美しかった足跡は変わらない ずっとずっと永遠に
星空なんかより美しかった 君の涙だって 君の微笑みだって

歩いていこうなんて簡単に言えるくらい 世界は小さくて狭いよ
だけど 走っていこうなんて言わなきゃいけないくらい 一生は長いよ
大好きだったあの女優が 拳銃自殺をする程度には

哀しい話を一回したら その度に蝋燭をつけていこう
少しずつ落ちていくテンションに 甘い水を混ぜ込んで
もう届かないと願う君の大地に 誰かが手を伸ばしたとしても

そんなことは関係がない 君の願いと 私の願いは
どれだけ傍にいても 手を繋いでいても 関係がない これっぽっちも
だからこの皮膚の境目を与えた神が 失敗したと涙に暮れているんだ

翼ならあげよう 一億円と引き換えに
だから随分前に骨折したこの指を 一本の百合に変えてほしい
物珍しさで金でも稼ぐさ それがお似合いな 幽霊だからね
メンテ
Re: 冷たい音楽のオアシス ( No.366 )
   
日時: 2019/03/17 02:09
名前: 江良陸院 ID:4iZunHV6

「アウラ」



透明な水が零れたことに気付けるのは 神様が絵具を零したから
私の涙が透明だったら どれだけ救われたことだろう
吐き気のするあの顔に 大丈夫? なんて言われずに済んだのに

言うことを聞け 聞かないのなら帰ればいい 南へ 南へ
あの鳥はもっと綺麗な翼で ビル街を駆け廻っていたのに
飲み込んだ言葉が喉を潤すくらいに 堕ちていった友

その銃口が撃ち抜くのは 私のひび割れた爪先で
目が覚めなければ聞こえたはずの夢の会話を 録音できなくなるだろう
あんなにも温かだったベッドを 棺桶にさえするんだろう

似たような詩しか書けないのなら 詩を書く意味なんてない
けれど 死と詩が同じ読み方をする限り
みんな似たような死に方をするよ 永遠に 永遠に

朝と夜の境目に 名前を付けたんだ アウラ
その死体の流れ着くのが 美しい無人島であるのなら
そこから手紙を寄越してほしい もうすぐ終わるさと 教えてほしい
メンテ
Re: 冷たい音楽のオアシス ( No.367 )
   
日時: 2019/04/06 22:00
名前: 江良陸院 ID:ci.BLPTk

「xi」



終わる終わる詐欺のなれの果ては 永遠に赤ん坊のままであること
紅茶を飲み干して死んでしまった胃を なぜ満たそうとしてくるの
今日も憂鬱だった朝 嘘 今日も憂鬱だった今日の全て

生まれてこなきゃよかったと願ううちは 誰も生んではいけない
鳥になりたいと願っているうちは 夢の中を飛んではいけない
鏡を割ってしまいたいと願ううちは その顔に唾を吐き続けてもいい

世界を面白くする気力もない せめて音楽で彩るだけ
苦し紛れに吐いた嘘を 嘘だと見抜いたなんて さぞ誇らしげに
私の心を見破って お金がもらえるって 囁かれたのか?
メンテ
Re: 冷たい音楽のオアシス ( No.368 )
   
日時: 2019/05/20 00:51
名前: 江良陸院 ID:DF7wcGGc

「spur」




投げ出してしまえばいいと簡単に言うが 不協和音は鳴り止まない
優しい人たちがたくさんいることは とっくの昔に分かっている
楽しいことなんか要らないから 楽なことばかりが欲しいんだ

水分補給を怠ったから 血流が巡らずに 今日も気だるげ
全力疾走のままの人たちより ずっとくたびれた顔をしている
おはようの代わりに 消えてほしいと 私の指が誤変換する

上手くやれよと送り出した友達が 煙草を覚えて 挙句に事故死だ
無断で入った田んぼで 泥だらけになって笑い合った頃もあるのに
残酷だなんて言ってやるな あいつは死んだ 好きなようにして死んだ

夏がやってくる前に 何もかもを片付けて 終わらせておこうよ
自分を一番大事に想いながら 自分を一番大事にしない人を蹴落として
どれだけ悲しまれても 悲しいのは自分だと胸を張って


メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存