ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[373] 嘘吐きなリップバーム
   
日時: 2013/02/03 09:12
名前: 水篠 ID:6s1uWmM.

嘘吐きをくちびるに塗りつけて
君に嘘を吐きに行く


嘘吐きなリップバームは知っている

>「莫迦だね、全てが夢なのに」 >>03 >>05 >>09
>「なんて、全部嘘だけど」 >>06-07 >>08 >>14


嘘吐きをくちびるに塗りつけて
五文字の嘘を君にあげる

>   「あいしてる」 >>04 >>15 >>16
それでは、
>   「さようなら」 >>01 >>02 >>19


>??? >>11 >>17 >>18 >>20 >>21 >>22 >>28


* きみとぼくにまつわる散文
    愛と言うにはあまりに利己的すぎる
      恋と言うにはあまりに凶暴すぎる

>問1.この感情は何であるか答えよ
      >>23 >>24 >>25 >>26 >>27
>問2.この胸の空白を埋められるのは何か答えよ
      >>29 >>30
>問3.この感情を恋だと断言できる根拠を述べよ
      >>31

*


>Hello,Hello!
 初めまして、或いはこんにちは。
 曖昧なものと残酷なものに何となくのさかいめを見付けながら、
 夢遊病者のようにふらふらするのが好きです。
 時々ふらりと現れては適当に投げ込んで行きたいと思います。

 blog:http://rainyxxx.blog100.fc2.com/


 open 09/08/16
[1262427981-1OLxZEZ.k]
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

駆られるもの ( No.34 )
   
日時: 2014/07/20 08:25
名前: 水篠 ID:toE79W/6

気管支にわだかまる昨日の私は
膝を抱え ただ息をするだけ
毒にも薬にもならないくせに
ひとり分の席を必要とした

浪費される酸素
殺されていくオゾン層
意味もなく日常にはびこる
絞められるために生えた たくさんの首

満たされない胃袋の
干涸らびた喉奥の
その先々で息をする
幾千の私が 首をかしげながら

恥じよ 昨日の私よ
今日の私は うち震えた両の手
メンテ
音楽 ( No.35 )
   
日時: 2014/07/20 08:26
名前: 水篠 ID:toE79W/6

ランプにかざした憐れみが
アマラントの色した睡眠の
忽然たる美しさによって暴かれる
行き手を失くした断崖の
一端 手をつく幼少の
この幽艶たる愛らしさ
生きて急くなら内面に
おいた宝石の重さを教えたまえ
脳髄に濡れた目蓋が落ちる
音楽が遠すぎたあまりに……
メンテ
悪癖 ( No.36 )
   
日時: 2014/07/20 08:27
名前: 水篠 ID:toE79W/6

実が十分にこもっていない
聖人は林の中の一本杉
てんで意味のない路端の小石
言葉を解せぬ海鳥ばかり
溢れかえる稲
摩り切れたシネマ
キルケゴールの真似事
帰ってくること。
メンテ
写生絵画 ( No.37 )
   
日時: 2014/07/20 08:28
名前: 水篠 ID:toE79W/6

炭酸水の硝子を割った
白昼夢の水飲み鳥と
節くればかりが育ってしまって
どんな絵画も醒めぬ夢

寥々脈々 流れる色の
そのひとつひとつに絵筆をつけても
爪と指との間を掘るより
真を掴む術はまだ知らない

かわいた絵の具をひっかくばかりに
メンテ
内臓の真珠 ( No.38 )
   
日時: 2014/07/20 08:29
名前: 水篠 ID:toE79W/6

ある日姉が貝になって
最近炭酸カルシウムが足りない と
嘆いていた
白い脚が絡まって
このまま巻き貝になるのだそうだ

ある真夜中 突然に
痒いから掻いてくれと起こされた
しかたないので カリカリやると
姉の中で こつん、と 音がして
どうやらそこは空洞なのだった

春は幾千の虫の卵
夏は銀の鱗の魚
秋が来たら姉は真珠をくれるのだそうだ
内臓を食いつぶして。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存