ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[4993] 【2016年度】お題小説スレッド【お題「去る」作品投稿期間】
   
日時: 2016/01/12 23:57
名前: 企画運営委員 ID:7PNV346o



『お題小説スレッド』へようこそ。こちらはあるお題に沿って読みきり小説を書き、その作品をみんなで批評し合う場です。
 初心者も上級者も関係ありません。うまくなりたいとお思いの方であれば、だれでも自由に参加することができます。一生懸命執筆し、一生懸命批評して、小説の技術を高め合いましょう。
 皆様のご参加をお待ちしております。

――――――――――――――――――――

>>002 【ルール説明】:必ず熟読して下さい。(※内容、一言の箇所を訂正しました。ご確認ください)
>>003 【批評のポイント】:批評をする際のポイントをまとめたものです。
>>004 【イベントルール説明】:イベントに関するルールです。必ず熟読してください





▼お題:第32回のお題は「種」です。
 二月に種をまくのか? と思いましたが、調べてみるとじゃがいもは二月にまくそうですね。……さらに調べてみると一年中、なにかしらの種をまいてるみたいです。
 そんなことは置いといて。「種」というお題には「たね」以外にも色々な解釈があると思います。みなさんがどのような作品を投稿してくるのか、楽しみにしております。
※第30回の作品投稿期間は2月1日(土)からです


▼お題:第33回のお題は「姫」です。
 三月なので(笑)
 というのはよくわかりませんが(ひなまつりだから?)「ひめ」というのは可愛らしい語感ですよね。私は緑の黒髪をした和服姿が思い浮かびます。桃色が似合いますよね。桃色……やはりひなまつりでしょうか。それでは、みなさんの作品お待ちしております。
 
※第31回の作品投稿期間は3月1日(土)からです


▼お題:第34回のお題は「嘘」です。
 嘘でした。


▼お題:最終回のお題は「魔法」です。
 奮ってご参加ください。


▼お題:第36回のお題は「友情」です。
 ネタでした。


▼お題:第37回のお題は「音」です。
 奮ってご参加ください。



▼日程(第32回)

1月1日       :お題発表
2月1日〜15日   :作品投稿期間
2月16日〜28日  :批評提出期間


▼日程(第33回) 

2月1日     :お題発表
3月1日〜1月15日 :作品投稿期間
3月16日〜30日 :批評提出期間


▼日程(第35回) 

6月1日     :お題発表
6月1日〜7月31日 :作品投稿期間
8月1日〜   :批評提出期間



▼注意もしくは削除対象となるお書きこみ
・荒らし
・荒らしへの反応
・自分や他人の小説の宣伝
・雑談、チャット化
・ルールに反するもの
・管理人が不適切と判断したもの

――――――――――――――――――――

>目次 >>001


>第32回 お題『種』参加作品(敬称略)

>>404 sakana:シロハの辻褄
>>405 伊達サクット:赤い種、青い種

================================================================================

▼リンク
小説講座/雑談所』(お礼や言い訳等はこちらへ)
旧お題小説スレッド』(前スレはこちらから)
ツイッター』(朔乱のアカウントです。お題の告知などをしています)

管理人:If 空人 朔乱  補佐:伊達サクット
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

廻るきざはしの ( No.365 )
   
日時: 2013/08/21 14:26
名前: 仮面覆面僕イケメン ID:mhyncnHU

 天へと続く、螺旋状のきざはしがあった。骨のように白い光でできている。不気味にうつくしい姿は、払われた犠牲の数にふさわしい。
 ため息のように沈黙がこぼれる。しばらく、だれもなにも言わなかった。じっと息をひそめて、そびえる異質な光を見つめていた。
 背を押すように風が吹く。なびいた髪を、グレイスはそっと耳にかけた。それで、夢から醒めた。
「参ります」
 グレイスは言った。神官たちは身じろぎ、地に膝をついた。
「行きましょう、ルクス」
 彼女の視線が、まっすぐにルクスをとらえる。強い目だ。決して揺らぐことのない決意が、試すようにこちらを見ている。ルクスはうなずいた。元より、すべて見届けるつもりでいた。
 ふたり並んで、はじまりの一段に足をかける。触れたところから光の粒が舞い上がり、ぎこちなく宙を羽ばたいた。噛みしめていた唇が震える。
「緊張しているの?」
 先を行くグレイスが、少しだけ笑った。目の下の皮膚が動くだけの、寂しいほほえみだった。
「きみがそんな調子だからだよ」
「どういうこと?」
「もっと」無意識に、ルクスは地上を眺めていた。神官たちが、今も跪いてこうべをたれている。「もっと、怖がると思ってた」
「いやだ、ルクスったら」
 彼女は、白いワンピースの裾をつまんで、踊るように階段を上っていく。上りきった先にあるのは、死でしかないというのに。
「グレイス、きみは犠牲になるんだよ。きみを殺そうとする世界のために」
 こらえきれずに言葉が出た。それは、長い旅のあいだ、ルクスがずっと胸に秘めてきた想いだった。衝動のままに続ける。
「命と引き換えてまで護りたい世界ってなんだい。きみは世界のなにを知っているんだい。たった十五で、旅をするまで町から出たこともなかったきみが」
 グレイスはついに立ち止まって、振り返った。誓いを灯したあの瞳が、ひたとルクスに向けられる。
「目に見えるものはなくなるわ。でも記憶は残る。私の心と身体で得たすべての記憶は、ちゃんと残るのよ、ルクス。犠牲になんてならない。なにも後悔してないわ」
 そんなのは欺瞞だと思った。彼女の幼い顔に、表情と呼べるものはなにひとつない。
「ただ、そうね、世界は人間がつくるもの。だから、こんな世界にしたのは、私たち人間なのよ」
 後悔するとしたら、きっとそこからね。
 そう残して、彼女はまた歩き出す。終わりは近い。せめて見逃すことのないように、ルクスはちいさな背中を追う。
 女神の力を宿すためだけに生まれた器。その魂は、哀しいまでに磨かれて、約束の刻を迎えようとしていた。

 ようやくたどりついた最後の場所は、異空間にあるようだった。空も大地も光も闇も、平等に存在しえない。グレイスと祭壇、それからルクスの身体以外、なにも見えない。
「いいことを教えてあげる」
 彼女は祭壇のふちを、指先で吸うようになぞった。
「ここまで来るのに、あなたはどれだけの命を奪ったかしら」
「覚えてない。そのくらい、たくさん」
「罪悪感はある?」
「ないと言えば嘘になる」
「そう。でもね」グレイスは、おもむろに腰へと手を伸ばし、剣を抜いた。切っ先が、迷いなく、ルクスの首を示す。「全部、意味のないことなのよ」
 細い銀の輝きから、彼女へと視線を移す。愉快そうなグレイスを、ルクスはにらみつけた。
「どういうつもりだい」
「あなたを殺せば、私はこのまま生きてゆける。残酷よね。世界は、私とあなたのどちらが死のうと、構わないんですって」
「いったいなんのことだ」
 声を立てて、グレイスは笑った。
「お馬鹿さん。世界を救う方法なんて、あるはずないじゃない。歴史というのは、つねに勝者が記すものよ。さあ、武器をとって」
「きみとは戦えない」
「なぜ」
「こんなのはおかしいだろう」
「ルクスはいつもそうね。うんざりだわ」
 グレイスのうつくしい剣が、ルクスの胸を、ななめに斬り裂いた。ルクスは動かなかった。しびれるような痛みが、足先まで駆け抜けて、咽喉の奥に広がった。
「今度も、おとなしく殺されてくれるのね」
 彼女は、返り血を気にも留めず、踏み込んでくる。白い頬には、涙の筋が流れていた。左の肩が貫かれる。食いしばった歯のあいだから、うめき声が洩れる。それを聞いて、グレイスは突然に叫んだ。
「いつまでこんなことをさせる気なの!」
 彼女はすばやく身を投げて、ルクスの胸元と、突き刺さったままの刀身を、きつく握りしめた。ふたりの血が混ざり合って、その白い腕を伝う。
 ルクスは彼女を抱きしめた。作りもののように冷たい身体だ。虚しくて、わけもわからず泣いていた。できることなら、苦しみを分かち合いたかった。
「なにも知らないくせに」
 呟いて、剣を引き抜き、グレイスはルクスを突き放した。それから、なにかを振り切るようにうつむいて、胸を掻き抱く。指の隙間から、剣が音もなくこぼれ落ちた。
「ごめんなさい、駄目だった。また失敗なのね」
 か細い声だった。無理やりにしぼり出したのだと、いやでもわかる。縮んだ両肩は震えていた。
「お願い。私を忘れないで」
 行かないでくれ。そう言おうと開いた口の端から、血があふれた。咳きこんで、くずおれる。まだ倒れるわけにはいかなかった。懸命に首をもたげる。無慈悲に視界が霞んでいく。グレイスの足が、祭壇へと向かう。
「あなたの手で、この、繰り返るだけの命を終わらせて」
 薄れゆく意識の水底で、最愛のひとの懇願を聞いた。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存