ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[4993] 【2016年度】お題小説スレッド【お題「去る」作品投稿期間】
   
日時: 2016/01/12 23:57
名前: 企画運営委員 ID:7PNV346o



『お題小説スレッド』へようこそ。こちらはあるお題に沿って読みきり小説を書き、その作品をみんなで批評し合う場です。
 初心者も上級者も関係ありません。うまくなりたいとお思いの方であれば、だれでも自由に参加することができます。一生懸命執筆し、一生懸命批評して、小説の技術を高め合いましょう。
 皆様のご参加をお待ちしております。

――――――――――――――――――――

>>002 【ルール説明】:必ず熟読して下さい。(※内容、一言の箇所を訂正しました。ご確認ください)
>>003 【批評のポイント】:批評をする際のポイントをまとめたものです。
>>004 【イベントルール説明】:イベントに関するルールです。必ず熟読してください





▼お題:第32回のお題は「種」です。
 二月に種をまくのか? と思いましたが、調べてみるとじゃがいもは二月にまくそうですね。……さらに調べてみると一年中、なにかしらの種をまいてるみたいです。
 そんなことは置いといて。「種」というお題には「たね」以外にも色々な解釈があると思います。みなさんがどのような作品を投稿してくるのか、楽しみにしております。
※第30回の作品投稿期間は2月1日(土)からです


▼お題:第33回のお題は「姫」です。
 三月なので(笑)
 というのはよくわかりませんが(ひなまつりだから?)「ひめ」というのは可愛らしい語感ですよね。私は緑の黒髪をした和服姿が思い浮かびます。桃色が似合いますよね。桃色……やはりひなまつりでしょうか。それでは、みなさんの作品お待ちしております。
 
※第31回の作品投稿期間は3月1日(土)からです


▼お題:第34回のお題は「嘘」です。
 嘘でした。


▼お題:最終回のお題は「魔法」です。
 奮ってご参加ください。


▼お題:第36回のお題は「友情」です。
 ネタでした。


▼お題:第37回のお題は「音」です。
 奮ってご参加ください。



▼日程(第32回)

1月1日       :お題発表
2月1日〜15日   :作品投稿期間
2月16日〜28日  :批評提出期間


▼日程(第33回) 

2月1日     :お題発表
3月1日〜1月15日 :作品投稿期間
3月16日〜30日 :批評提出期間


▼日程(第35回) 

6月1日     :お題発表
6月1日〜7月31日 :作品投稿期間
8月1日〜   :批評提出期間



▼注意もしくは削除対象となるお書きこみ
・荒らし
・荒らしへの反応
・自分や他人の小説の宣伝
・雑談、チャット化
・ルールに反するもの
・管理人が不適切と判断したもの

――――――――――――――――――――

>目次 >>001


>第32回 お題『種』参加作品(敬称略)

>>404 sakana:シロハの辻褄
>>405 伊達サクット:赤い種、青い種

================================================================================

▼リンク
小説講座/雑談所』(お礼や言い訳等はこちらへ)
旧お題小説スレッド』(前スレはこちらから)
ツイッター』(朔乱のアカウントです。お題の告知などをしています)

管理人:If 空人 朔乱  補佐:伊達サクット
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 【三月期お題「少女」】お題小説スレッド【二月期「機械」批評提出期間】 ( No.284 )
   
日時: 2013/02/27 16:01
名前: 空人 ID:U3BzOc.o

投稿が遅れたくせに、批評も遅れるわけにはいかない。
というわけで、やっつけ批評です。(オイ


>>272 ひみつのにんにくちゃん!様:日々

 失われた物は二度とは戻ってこない。
 一度きりの過ちを犯した後の結末は悲しく、それなのに残されたロボットが幸せを語るのはとても切ないと思いました。
 幸せな日々が会話文のみだったのは、語り手の回想だったからでしょうか。だとしても、もう少し状況のわかる描写が欲しかったですね。
 台詞のみで物語を進めるというのは、簡単に見えて実は高度な技術が必要なのだと思います。
 状況を説明しないで読者に解ってもらおうというのは、やはり書き手の傲慢になってしまうのではないでしょうか。


>>273 にゃんて猫様:螺旋れた心臓

 壊れそうな機械の仕事を終わらせるため、少年はその身を捧げる。
 ディーニーの台詞や、主語を繰り返す地の文などはとても面白く、文章も機械的にしようと思っての事だったと思いますが、成功していたと思います。
 登場人物も皆、魅力的に描かれていて印象的でした。
 それだけに、読み手の理解が追いつかない部分が有るのは残念だと思います。
 「――――」の部分は隠す必要があったのでしょうか。文脈から考えて、「――――」は一つの単語ではないですよね? それ故にこの世界に有ったはずの根幹となる部分が見えてきません。
 本当に彼らの物語を終わらせたいのなら、「――――」に言葉を埋めてしまうか、後述してしまう方が良かったのではないかと思います。
 この物語を終わらせるための兎や塔も、その文章のせいかどこか味気なく、説明不足を感じました。せっかく少年の独白が続いたのですから、台詞の方で説明があっても良かったかもしれないですね。


>>274 brain様:オルゴールロンド

 死を見届け魂を送る度、その機械の心は消されてしまう。
 記憶を操作され繰り返し使われる介護ロボットの心情を、オルゴールに見立てて表現する作りはとても巧妙で美しかったと思います。
 記憶容量が足りないので仕事の度にフォーマットを繰り返すのは間違いではないと思います。PCを持っている人なら理解できると思いますが、容量が足りないと他の機能にも支障をきたし故障の原因にもなるでしょう。でも、それを強制したせいで暴走し、止めるために破壊を繰り返しているのなら、無駄もいいところですね。もっと効率のいいやり方だってあったはずです。
 外部記憶装置に保存するとか、強制的に停止させる機能を付けるとか、いくらでもあったでしょう。研究者の説得も下手ですしね。
 というか、この研究者が無能すぎるように思います。同じミスを何度も繰り返すなら会社が首にするべきですね。
 機械を人間らしく、人間を機械っぽく書きたかったのなら、成功はしていないと思います。
 このやり取りのせいでこの後に出てくる老婆がとても歪に感じたのは僕だけではないと思いたいです。


>>275 ゐぬめ様:孤独プロパガンダ

 誰も訪れる事のない孤独な空間で出会った機械は少女にどんな想いを向けたのか。
 登場人物が可愛らしく描けていました。手に入れた幸せを失ってから気付くというのは、とても切ないですね。
 話の切れ目に登場していた自律機動兵器には、何か意味があったのでしょうか。てっきりフラグ作りかと思っていたのですが、二人に何の干渉も無く終わってしまったため、話の切り方がやや不自然になってしまっているように感じます。
 二人の生活に水を差す存在という風に描ければ、もっとドラマティックに展開できたのではないでしょうか。
 最後のしめ方は可愛らしく出来ていて良かったと思います。


>>276 sakana様:たまくずれ

 行方不明だった家族との再会は、機械の冷たさと熱を共に伝えてくるもので。
 家族の絆、そして思い出の重さと強さをしっかり描こうとした意欲作だったと思います。
 重厚に語られる晃子の心理描写は流石としか言いようが無いですね。ただ、それに比べて他の人の心理や状況描写は淡々としていて、希薄だったように感じました。
 特に両親はおそらく晃子と同じような心理状態であったはずなのに、冒頭にしか出てこないため、少し距離があるように感じてしまいました。せめて、息子の無事を連絡された時の描写が有ればよかったかもしれないですね。
 それを告げにきた二人組みも、とても良いキャラだったので、世界観や小太郎の状況を説明する役にしても良かったし、もう少し兄妹に絡ませてあげても良かったのではないかと思いました。
 ラストが心を暖かくする終わり方で良かったと思いました。


>>277 自作:オートマティックな恋心

 ……何というか、皆さんが真剣に重い話を書いてくれている中、こんなぬるい話を最後に持ってきて良かったのだろうかと思いますね。
 一人だけファンタジーですしね。
 リタとのデートシーンを削ったのは、彼女のリアクションなどでその正体がばれるのを嫌ったからですが、単に時間が無かったからでもあります。
 後半のネタ晴らしの部分もそうですね。申し訳ないです。
 ただ、あまりリタサイドの話をすると重くなるのでこの物語の雰囲気には合わなくなったかもしれません。
 という言い訳でした。


絆を作る機械、絆を壊す機械、人間のような機械、機械のような人間、色々な機械が読めて面白かったです。
心を持たない機械だからこそ、心を持つ者との対比がそれぞれの解釈で語られた今回、参加できて本当に良かったです。
次回は可愛らしい『少女』がたくさん読めることを期待しつつ、また。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存