ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[4993] 【2016年度】お題小説スレッド【お題「去る」作品投稿期間】
   
日時: 2016/01/12 23:57
名前: 企画運営委員 ID:7PNV346o



『お題小説スレッド』へようこそ。こちらはあるお題に沿って読みきり小説を書き、その作品をみんなで批評し合う場です。
 初心者も上級者も関係ありません。うまくなりたいとお思いの方であれば、だれでも自由に参加することができます。一生懸命執筆し、一生懸命批評して、小説の技術を高め合いましょう。
 皆様のご参加をお待ちしております。

――――――――――――――――――――

>>002 【ルール説明】:必ず熟読して下さい。(※内容、一言の箇所を訂正しました。ご確認ください)
>>003 【批評のポイント】:批評をする際のポイントをまとめたものです。
>>004 【イベントルール説明】:イベントに関するルールです。必ず熟読してください





▼お題:第32回のお題は「種」です。
 二月に種をまくのか? と思いましたが、調べてみるとじゃがいもは二月にまくそうですね。……さらに調べてみると一年中、なにかしらの種をまいてるみたいです。
 そんなことは置いといて。「種」というお題には「たね」以外にも色々な解釈があると思います。みなさんがどのような作品を投稿してくるのか、楽しみにしております。
※第30回の作品投稿期間は2月1日(土)からです


▼お題:第33回のお題は「姫」です。
 三月なので(笑)
 というのはよくわかりませんが(ひなまつりだから?)「ひめ」というのは可愛らしい語感ですよね。私は緑の黒髪をした和服姿が思い浮かびます。桃色が似合いますよね。桃色……やはりひなまつりでしょうか。それでは、みなさんの作品お待ちしております。
 
※第31回の作品投稿期間は3月1日(土)からです


▼お題:第34回のお題は「嘘」です。
 嘘でした。


▼お題:最終回のお題は「魔法」です。
 奮ってご参加ください。


▼お題:第36回のお題は「友情」です。
 ネタでした。


▼お題:第37回のお題は「音」です。
 奮ってご参加ください。



▼日程(第32回)

1月1日       :お題発表
2月1日〜15日   :作品投稿期間
2月16日〜28日  :批評提出期間


▼日程(第33回) 

2月1日     :お題発表
3月1日〜1月15日 :作品投稿期間
3月16日〜30日 :批評提出期間


▼日程(第35回) 

6月1日     :お題発表
6月1日〜7月31日 :作品投稿期間
8月1日〜   :批評提出期間



▼注意もしくは削除対象となるお書きこみ
・荒らし
・荒らしへの反応
・自分や他人の小説の宣伝
・雑談、チャット化
・ルールに反するもの
・管理人が不適切と判断したもの

――――――――――――――――――――

>目次 >>001


>第32回 お題『種』参加作品(敬称略)

>>404 sakana:シロハの辻褄
>>405 伊達サクット:赤い種、青い種

================================================================================

▼リンク
小説講座/雑談所』(お礼や言い訳等はこちらへ)
旧お題小説スレッド』(前スレはこちらから)
ツイッター』(朔乱のアカウントです。お題の告知などをしています)

管理人:If 空人 朔乱  補佐:伊達サクット
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 【三月期お題「少女」】お題小説スレッド【二月期「機械」批評提出期間】 ( No.281 )
   
日時: 2013/02/26 21:49
名前: sakana◆092jpOU0d. ID:pVeEWKb.

※敬称略

>>272 ひみつのにんにくちゃん!:日々
 涙腺が刺激されるラストでした。
 妻に見立てたロボットは奥さんじゃないけれど、同じように大切にされて「幸せ」だと機械でも思うのであれば、きっと奥さんも子供も幸せだったんだろうなあ、と想像できますね。
 ただ気になるところを上げると。今回のお題の機械といえば、機械→ロボットと結びつくのは容易いんですが。ロボット→ストーブ(機械のひとつ)は中々連想できないのでちょっと違和感がありました。他にいくつか文を挟んだ方が良かったかもしれません。
 そして構成についてなんですけれど、前半部分に会話、後半部分に地の文がまとまって、ぽっと出された感じだったので、やっぱり普通に交ぜて欲しかったかもしれません。なんというか、会話部分は中途半端に過去の断片を思い出すように夢見心地で、後半は男が残した日記を読んでいるような寂しさで、これはこれで良い部分もあるのですが、統一性が、ないように感じたのかな。ちょっと上手く言えません。うぃーんがしゃん。で、だいぶその後の会話文だけの雰囲気など、こう、醸しだすという方法はすごく素敵でした。けれどやはり、どこか物足りなかったです。
 あと主人公の奥さんに対しての償いというか、そんな行動や気持ちはたくさん感じたのですが、息子が少し忘れ去られているような置いてけぼりを感じてしまいました。
 ラストの一文が「幸せだった」でも「幸せです」でもなく、最後をぼかしたのは良いなあと感じました。


>>273 にゃんて猫:螺旋れた心臓
 一番初めに、ぱっとスレをみて「わっ、少年だらけだ!」ってなりました。初めはちょっと読みにくかったんですけれど、おもしろい。私もこんな書き方とか色々してみたいなあ、と思いました。
 ただ、それに関してちょっと気になったところを上げると。少年以降の単語や文章を、思いついた限り書いているという印象を受けました。「ああ、ようやく終わった」から始まる二段落目の「少年は」は五行五行でまとまっているんですが、五段落目の少年は六行、六段落目の少年は四行と不揃いが少し目に留まりました。
 そして、《ガラクタはピンとかシャンとか喧しい音を出しながら、少年に答える》など、主語以外で更に少年と使われると、個人的に頭の中がごちゃごちゃしてしまう印象を受けたので、もう主語以外のところは削った方がいいかなと。や、その部分だけみたいでしたが。
ーーーの中に入る言葉はなにかな、とちょっとどきどきしながら考えたりしました。人間とマスター、人形とかかな、たぶん違う。かなり分からない。
 結局兎の人形ってなんだったんだ……。
 ラストで冒頭の文章が出てきたということは、もしかしてガラクタは死んで、中から新たな少年が出てきたりしてループしますよってこと……? 自分でもなに言ってるか分からない^q^
 ちょっと物語の情報を隠しすぎかなと感じましたが、それにしても不思議なお話でした。ラストの一文、このお話をよくかみ砕けなかった私でもぐっときます。


>>274 brain:オルゴールロンド
 前半より後半がぐっと面白かったです。前半部分はやはり、まだニアンが派遣されたロボットであると解明されていないためか、おじいさんと過ごしていた日常の一部、としか捉えられなかったのが少し単調と感じたのかもしれません。だってラストの、おばあさんがニアンを待ち望む場面はとてもぐっときてしまいましたので。
 気になったところを上げると。なんというか、冒頭に登場する老人は、ニアンがいなければ今頃黴臭いアパートで〜と言っていますが、そうしたらおじいさん今どこにいるの……? となりました。「アパート」など少々貧相で家族のいない寂しい老人の背景を表すのには良いのですが、他の描写ではなんだか湖とか山が見えるおっきな別荘みたいな家にいるイメージがあり、ちぐはぐとまではいかないのですが、あれってなりました。小さなことですみません。
 ニアンに備わった機能として、涙を流すことができるよいうのが個人的にツボでした。
 それにしても、ニアンに処罰を下したあとのセドのセリフが素敵すぎる。そのセリフだけで、ニアンが過去に起こしたことを今回も同様に行い、また失敗して、という。ロボットであったとしても、同じ心を持つニアンは何度も同じ結論に達するよという具合がすごい。
 ニアンの人生のように、オルゴールは周回を続ける。ただオルゴールという単語だけではなく、老人に手渡された場面のように、個人的にもう一度小道具として最後に使って欲しかったかもしれません。壊されてしまったのはちょっともったいなかったです。


>>275 ゐぬめ:孤独プロパガンダ
 他の方と被ってしまうのですが、文章が長すぎて、たぶんゐぬめさん自身も一文の終止符うった辺りで、その文の冒頭をなんて書いたか忘れてしまい、主語と述語の不一致などが起こったのかな、という事態が見受けられました。私も以前そういった状況に陥っていましたので、あんまり人のこと言えないんですけどねw なので、まず一文を簡潔に書くということに慣れ、それからまた、思いっきり好きなように書くことをおすすめします。
 brainさんが一例として引用したものと、また違った文章をちょっと改変してみますね。

>三角巾から覗くおでこの汗を拭うと、目の前で光を放つ清潔な窓に笑みをこぼした少女は使い古されているであろう雑巾をでこぼこしたバケツの中に入れると両手でそのバケツを持つ。
 三角巾から覗くおでこの汗を拭うと、少女は自身が磨き上げた窓に目をやり笑みをこぼした。きらきらとして光を放つ窓枠は清潔さを持ち、依然とはまた違った印象を与えてくる。そんなものに少し見とれながら、少女はぼこぼこのへこみが目立つバケツへ雑巾を投げ入れた。小さな波が立ち、つい「おっと」と声を洩らす。そして水が溢れ出さないよう、両手で慎重にバケツを持ち上げた。
 なんというか、「ああ、両手で持つってことは水が入ってるから重たいんだな」というのが、私の場合後から思い至ったので、小さな波〜を付け加えてしまいました。この文で感じたことは、少女は、に掛かる装飾が一文のテンポを崩していたこと。なので装飾だけ、次の一文で表したりしてもいいかな、とそんなこんな。
 もう一個。

>バケツに溜まった水を捨てて川辺で雑巾を洗っているとふと視界の端に何かさわめくものがみえた。
 バケツに溜まった水を捨て、川辺で雑巾を力一杯洗う。そうしてふと少女が顔を上げると、なにかざわめくものが視界の端に映った。
 ごめんなさい、ちょっと分割して書いてみました。こういったものですと、だいたい一文を「〜して、〜する」の二動作辺りに分割すると読みやすくなるような気がします。あと、「〜いると」と「ふと」は続けざまに使用したら、なにか重複したように感じますので離してみたり。
 実際の文からのアドバイスというか、指摘というか。そんなものはあんまりしたことがないので、ちょっとどきどきしています。
 読みづらい文章がところどころありましたが、たくさん文字を書きたい、書くんだ! というゐぬめさんの意志が伝わってくるようでした。
 いきなり全てを直さなくてはならない! というわけではありませんので、ちらっと意識しながら、よろしければ次回のお題もぜひ参(ry
 また、お話の流れで気になったところを上げると。シャーレとペトリが出会ってから、一悶着あるのかな、と思っているといきなり何十年も時が経ってしまったので、ちょっとびっくりしました。
 それに後半が力尽きてきたような印象をうけたので、もうちょっと状況説明が地の文に欲しかったかもしれません。ただ、お話の締めくくりはとても素敵で、じいんとしました。
 ちょっと一生懸命になって指摘ばっかりになりましたが、優しいお話でもう本当に素敵でした。


>>276 自作:たまくずれ
 なんというか、あまりストーリーが進まなくてまとまったお話が書きたかった。
 何気ない動作のひとつひとつに理由があって、小さな行動が細かく誇張された具合を今回ちょっと書いてみたくなったみたいです。や、上手く書けたかは分かりませんけれど。
 しまった! という文もいくつかあったりしますけれど(しかも書いていたとき「重ねる」という言葉をよほど使いたかったらしい。多用しまくりな気がする)、もう個人的に行替えもほとんどない、ひとまとまりが書けたので満足です。
 題の「たま」は宝石とかそういう類いの硬いもの。機械的な考え方というものをラストに持ってきたので、たぶんそれ脆いけれど固いよね、くずしちゃえーと「くずれ」。……なんというか、もう、はい。タイトル、「機械仕掛けの心臓」とか「××のかたくずれ」とか、前者はともかく後者をどうこうしてタイトルにしたかったなあと少々後悔中。「たまくずれ」ってインパクトないや、しかも意味不明。
 あと、晃子と小太郎の身長設定もよく分からない事態になってます。個人的に一番のつっこみどころはそこだったり。


>>277 空人:オートマティックな恋心
 所々に空人さんの個性が光っているようで、読んでいてにやにやしてしまいました。
 ただ気になったところを上げると。個人的に、主人公がリタを素敵だと思うきっかけが少し弱かったように思います。きっかけというか、もう少しそのシーンに文字を割いて欲しかったです。あんなに彼女に執着していたので、それぐらいリタに関しての想いどころをー、というふうです。
 また、彼女のもうひとりの製作者が既に亡くなっているということで、まさか「彼女」のモデルが製作者……? もしくは、その製作者を基盤にして彼女を作ったとか……? などと危ないことを色々考えてしまいました。
 なんだかどうしても、私の中では製作者と彼女を結びつけてしまうようで、あんまり作品には関係ないのですが、もうひとりの製作者の姿を露わにさせても良かったかもしれません。個人的な要望ですみません。
 それにしても会話文がすごくおもしろかった。テンポが良く、それでいておどおどだったり、おずおずだったり、もう登場人物たちの動作や表情がセリフに表れているかのようでした。
 文章につっかえることがなく、もう本当にすごいなあと、なんというか、もうそんなこんなです。と言葉を濁す。


最後に
 しばらくお題もお休みしていて、久しぶりに小説を書いたんですけれど、すごく楽しかったです。
 書きたいものがあって、更にそれを好きなように書けるって本当に素敵すぎる。
 来月も、できれば参加したいなあと思います。けれどもお題少女って難しい。難しい^q^ でもなにか書きたいです。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存