ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[4993] 【2016年度】お題小説スレッド【お題「去る」作品投稿期間】
   
日時: 2016/01/12 23:57
名前: 企画運営委員 ID:7PNV346o



『お題小説スレッド』へようこそ。こちらはあるお題に沿って読みきり小説を書き、その作品をみんなで批評し合う場です。
 初心者も上級者も関係ありません。うまくなりたいとお思いの方であれば、だれでも自由に参加することができます。一生懸命執筆し、一生懸命批評して、小説の技術を高め合いましょう。
 皆様のご参加をお待ちしております。

――――――――――――――――――――

>>002 【ルール説明】:必ず熟読して下さい。(※内容、一言の箇所を訂正しました。ご確認ください)
>>003 【批評のポイント】:批評をする際のポイントをまとめたものです。
>>004 【イベントルール説明】:イベントに関するルールです。必ず熟読してください





▼お題:第32回のお題は「種」です。
 二月に種をまくのか? と思いましたが、調べてみるとじゃがいもは二月にまくそうですね。……さらに調べてみると一年中、なにかしらの種をまいてるみたいです。
 そんなことは置いといて。「種」というお題には「たね」以外にも色々な解釈があると思います。みなさんがどのような作品を投稿してくるのか、楽しみにしております。
※第30回の作品投稿期間は2月1日(土)からです


▼お題:第33回のお題は「姫」です。
 三月なので(笑)
 というのはよくわかりませんが(ひなまつりだから?)「ひめ」というのは可愛らしい語感ですよね。私は緑の黒髪をした和服姿が思い浮かびます。桃色が似合いますよね。桃色……やはりひなまつりでしょうか。それでは、みなさんの作品お待ちしております。
 
※第31回の作品投稿期間は3月1日(土)からです


▼お題:第34回のお題は「嘘」です。
 嘘でした。


▼お題:最終回のお題は「魔法」です。
 奮ってご参加ください。


▼お題:第36回のお題は「友情」です。
 ネタでした。


▼お題:第37回のお題は「音」です。
 奮ってご参加ください。



▼日程(第32回)

1月1日       :お題発表
2月1日〜15日   :作品投稿期間
2月16日〜28日  :批評提出期間


▼日程(第33回) 

2月1日     :お題発表
3月1日〜1月15日 :作品投稿期間
3月16日〜30日 :批評提出期間


▼日程(第35回) 

6月1日     :お題発表
6月1日〜7月31日 :作品投稿期間
8月1日〜   :批評提出期間



▼注意もしくは削除対象となるお書きこみ
・荒らし
・荒らしへの反応
・自分や他人の小説の宣伝
・雑談、チャット化
・ルールに反するもの
・管理人が不適切と判断したもの

――――――――――――――――――――

>目次 >>001


>第32回 お題『種』参加作品(敬称略)

>>404 sakana:シロハの辻褄
>>405 伊達サクット:赤い種、青い種

================================================================================

▼リンク
小説講座/雑談所』(お礼や言い訳等はこちらへ)
旧お題小説スレッド』(前スレはこちらから)
ツイッター』(朔乱のアカウントです。お題の告知などをしています)

管理人:If 空人 朔乱  補佐:伊達サクット
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 【九月期のお題は「  」】お題小説スレッド【八月期お題「過去のお題から三つ選ぶ」:作品投稿期間】 ( No.202 )
   
日時: 2012/08/31 19:05
名前: brain◆P3Wb.oVPT6 ID:ZgwnhtRk

初めてのお題小説にチャレンジ。賑やかで楽しいですね。
自分は評価する側にまわることがほとんどないので、うまく評価できるかどうか。……気に障ったら大目にみてやってください。
そもそも自分が評価していいのかと思うほどの作品もたくさんあって、それもまた、苦労したところです。もうほとんど感想じゃないか、ってのもありますがご勘弁を。




>>181 十一日さん:ヨーちゃんとルゥちゃんの終わらない夢

 フシギな世界観ですが、抵抗なく入ってきて掴みやすい作品でした。
 あまり序盤から細かい描写を盛り込みすぎず、情報が後に後に出てくる感じですが、あえて、なのでしょうか。個人的には好きですね。夢の中といえば何かと突拍子のないこともありましょう。
 ただ、それを差し引いても 風景に関する描写がもっとほしかったかもしれません。世界観を守るためにはこのくらいのほうがいいのかもしれませんが、個人的には、もうちょっと描写があると、さらに引き込まれるなぁと思いました。

 そして、個人的にはなかなか難関ではないかと思われる擬音のテーマ。
 黒板をひっかく音ですね。実際には想像もしたくない音。といいつつ想像してしまったので
 ――うわぁぁぁぁやめろ!―――
「擬音」というテーマをもって、「不快感」を表現するのに非常に適切に擬音を使われていると感心致しました。そりゃルゥちゃんも吐いちゃう

 世界観の描写は、もっと凝るとさらに良かったように思います。「ようするに」の辺りで、突然に要されているような感じがちょっとしました。まだ世界観を掴み切っていない状態で、急に説明に入ってこられた感じです。
 入り込みがフシギな世界観であるだけに、ここで固めるのはもったいないような気がします。

 キャラクターに関して。
 個人的には、ヨーちゃんもルゥちゃん、二人のキャラにもっと厚みがあっても良かったかなと思います。
 あるいは、二人の「差」ともいうべきでしょうか。お姉さんキャラクターがヨーちゃんで、甘えん坊なところがあるほうがルゥちゃん。しかし客観的にみると、まだまだ「どっちがどっちだっけ」感が残っています。二人の性格にもっと差があってもいいと思います。



>>182 にゃんて猫さん:時間・出会い・魔法:茨姫
(自分があまり読まないジャンルなので、うまく批評できるか分かりませんが)
 確かに雰囲気は十分伝わってくるのですが、内容がない文章になっちゃってますね……ちょっと「物語」になりきってない感もあります。
 雰囲気を壊さないように、しかし内容そのものはもうちょっとあってもよかったのではないかと思います。読者の想像に任される部分は、読みようによっては「ただの余白」にもなりかねないです。 



>>183 Ifさん:ずっと一緒に
 まさか1レスで物語一本を完成させるとは……感服いたしました。
 原稿用紙30枚超とはいえ、やはり1レスというのは短いですよね。そのなかで濃い内容をこれだけきっちり詰め込めるのはすごいです。
 なにがすごいと思うかというと、必要な描写が十分にあるのに全くスペースをとっていない。これが技術として卓越したものがあるんじゃないかと思います。
「事情」「心情」「それに伴う行動」どれも欠けることなく十分です。さらに構成のみならず、ストーリーそのものも、主人公たちが置かれた立場と、それによって思うことに無理がないため、抵抗なしで読めてしまいます。
 
 ここをこうしたほうがいい、というのは、特にないです。というか、そんなのないです! これだけのものを期限内につくれるのはすごいなぁ……



>>184 菊桜さん:俺と彼女と、ありがたいけど迷惑な幼なじみ
 うーん、全体的に、読んでる側がおいてけぼり感が否めません。

 後から他の方々の感想を見てみると「ライトノベル風」なんだそうで。自分はライトノベルを読まないので、こういった文章の読み方が分からないだけかもしれません。
 しかし、それをさて置き評価とさせていただきます。

 舞台設定が徐々に小出しになっていますが、残念ながら、それらに乗り込むのが難しいです。
 基本は学校生活というわけですが……最初は妙に現実味のある玄関の描写かと思いきや、突然に繰り出される「魔物(亜人のようなものなのでしょうか)」であったり「天使や悪魔」であったり、かと思うと小道具が「カメラ(携帯?)」であったり、世界を表す単語の種類がバラバラすぎてどのような舞台設定なのかを見出すことができません。最終的に頭の中で収拾がつかず、世界観が見えないまま終わってしまいました。

 コハク・ルファーナさん濃いなぁ。濃いのはとてもいいことです。ただそのぶん(後からちゃんと説明があるとはいえ)宿題を手伝いに来た幼馴染三人が完全に張りぼて状態に……
 この張りぼて状態、最終的に解消に至っていなかったように感じました。
 三人の幼馴染に関してキャラクターの説明があるのですが、その説明がどうにも図鑑を読んでいるような印象。読者が考える前に、地の文に記すのは極力避けたほうがいいと思います。図鑑状態だと、かえってキャラが掴みにくい。それがいきなり三人のため、どれが誰だ状態になってしまいます。結局それが最後まで拭いきれず、幼馴染三人は「幼馴染三人」というキャラに留まってしまっています。
 飛行の能力がある人物なら飛んで登場、魔力を使う人物ならそれを実際使うところを、キャラクターの登場の「前」に置くことで、そのキャラクターの印象を強めることができます。
 主人公も、地の文で説明すましちゃってるような気がします。怖い印象があったという幼馴染の言葉を強めるなら、最初が普通な男子学生すぎるかなぁと、ちらと思ったり。 
 また、これはコハク・ルファーナさんでも同じことが言えるかもしれませんが、外見の説明が凝りすぎかもしれません、この点は、そこまで重要視しなくてもいいように思われます。あるいは、一気に描きすぎないほうがいいでしょう。
 天真爛漫というキャラクターは掴めましたが、外見は、読者によってはあまり意識しないということもあります。性格以外のところももっと知りたいですね。

 ストーリーに「出会って、一年経って、告白成功」と、詰め込んでる割に、シーンの長さのまちまちで、全体的に内容がちょっと薄いですね。特に、五人で過ごした思い出に、具体性が足りないです。(↑の張りぼて状態という原因でもある話です。
 重要なシーンにきっちり行数をとっているかわりに、繋ぎの部分が二,三行の説明文というのはバランスが悪いですね、長さに限りがあるから仕方ないとはいえ。幼馴染を説明する描写(説明文ではなく、動きをいれての描写)はもっと前に入れちゃってもよかったかもしれません。
 描きたいシーンはしっかり描いているが、それ以外が要約文 になっちゃっているようです。

 と、なんともマイナスな評価が続いていますが、これ練り直せばかなり厚いものができそうだと思って、あえて細かく読ませていただいた結果です。スミマセン、なんだかんだうるさいことを言いつつも、話自体はとても気にいっております。
 それと、これは自分が少女漫画・学園モノを全く読まない人間だからかもしれません。そう考えると、私の言ったことなど気にすることはないのかもしれませんね。
 また、このストーリー、尺を取ることが出来たら相当違うんじゃないかなと思います。裏を返せば、この長さでこの容量を入れるのは無理があるのかも。説明文で済ましているところを細かく描写し、シーンの必要・不要の選定を行い、また、コハク・ルファーナさんの天真爛漫なキャラクターはしっかり描かれていたので、この量があと五人分、それを描ききれば、相当に濃度の高い文章がつくれるハズです。この批評を読んでダメだと諦めてほしくはないところ。これは費やせばきっとすごいものができます。
(なお、ストーリーの批評としては「この文章から読み取れること」が評価の大前提であるため、ブログにあるという裏事情はまだ目を通しておりません。批評終わってからゆっくり読みます)



>>185 空人さん:レイニー・バスストップ
 雨女(と言い切ると失礼かもしれませんが)と、雨を止ませる主人公。題材がとても面白い。
 そして面白いは題材にとどまらず、三人のキャラクターの動かし方に感心いたしました。個人的に、読んでいて人形劇を見てるようでしたね。彼らを目で追うのが楽しいです。

 特殊な悩みに振り回される月宮さん。彼女にとってなんとも魅力的な佐野くんに気にしてることを言われたのはショックだったでしょう。キャラクターの動かし方が上手い。
 そして雨を止ませた天寺さんが、実質「脇役」にされちゃってますが、さばさばしている性格がまたいいです。結果、後味もいい作品です。

 まずい、批評じゃなくてただの感想になっている。強いて言うなら「擬音」がいまいち見当たらなかったことくらいでしょうか。
 申し訳ないことに自分ではこの作品に気にすべきところが見当たりませんでした。「雨」を存分に生かした、素晴らしい作品だと思います。


 
>>186 伊達サクットさん:多重戦隊サイムレンジャー
 不覚、普通に声出して笑っちゃいましたよ。電車の中で読んだのは失敗だった……

 このくらいはっちゃけてると気持ちいいものです。それでいてかなりブラックジョークなところがあり、いろんな事情でちびっ子には見せられないファンタジーです。
 自分はブラック慣れしているからか、こういうのは読んでて超楽しいですね。 ……と思いきや、他の評価してるみなさんも楽しんでいるようで。やっぱりね
 ストーリーの回転に、設定をうまく生かしていますね。主人公の機転もきいていて、どんでん返しが秀逸。オチも風刺でしめくくりもギャグらしくすっきりしています。

 気にすべきところ、うーん、思い当たらない。口出し無用です



>>187 茶野さん:背教の子ら
 第一印象は、読み解くのは時間がかかるがそんなに小難しくない、子供にも読ませることができそうな本 といった感じでした。
 一度目は上からずらっと通して読みましたが、読んでてドキドキしましたね。自分の読解スピードがじれったくなるほど、早く先が読みたくなるような構成でした。不要な描写が全くない構成なのに、素晴らしいの一言です。
 結局、「神」とは「悪魔」とはなんだったのか。呼んだ後にも考えることの尽きない作品です。これは読む人によって、読解も多様なのではないでしょうか。故に、自分自身の解釈は文章にせずに自分の頭の中にとどめておくことにいたします。

 口出しするところが見当たらないです。申し訳ない、もっといろいろ書きたいのですが、もしやこれから読む人もいるのでは、あるいはじっくり考える人もいるのでは、と考えると、余計なことを書くとそれを邪魔してしまいそうで、忍ばれます。
 ただ、私からはダメ出しなどする余地ない素晴らしい作品だった、これは唯一はっきり言えるところ。



>>188 鳳さん: 散らない桜
 短いのに全然短くない。これは褒めてます
 いい意味でですが、小説と称してしまうよりは、どちらかというと純粋に「桜」の描写をしているようでした。しかしそこには物語が確かに存在する。なにか壮大なトリックにはまってしまったかのような気分です。

 しかしそれはそれとして、逆に物語に入り込みづらい、というのは感じざるを得ませんでした。主人公に共感しづらいですね。自分はどちらかというと観客側の人間のほうに共感できそうです。これだと、ただ「冷めた人」といった感じになってしまって非常にもったいないです。
 気になるところと言えば、漢字が多い? これは文章の個性の範囲内と言えるところかもしれませんが、読みにくいです。これはかなり根本に来てしまう問題です。雰囲気を壊さずに、しかし読みやすくする工夫があるといいと思われます。



>>189 フロストさん:あなたの魂に安らぎあれ
 読み出しで、お、来たな、という印象。 ファンタジー×役員 って不思議な組み合わせですが、こういったものは決まってワクワクするものです。
 その期待は終始裏切られませんでしたね。王道であり、それがいいというのももちろんあります。が、これは「ありがち」で言い済ませはできないものです。
 珍しい舞台設定ではないのに引き込まれるのはなんででしょう。個人的な話ですが、演出が私の好みなもので。地の文の割合が多いですが(比較的、というだけです)自分は個人的に、そういったほうが読むのが得意なので気にいっております。後ろから彼らの様子を眺めているかのようでした。
 登場人物それぞれにある信念とでもいいましょうか、それらが強く生きており、共感を呼ばれました。
 お題の使い方も、完璧だったのではないでしょうか。言うことないです!



>>190 sakanaさん:みよんみよん星人
 タイトルから既に漂う、このただものではない感はいったい・・・
 これは強烈ですね。不思議空間ですね。
 みよんみよんという擬音に可愛いと言うよりは怖!という印象を受けたのは私だけで十分。青年、心が広い。さすがみよんみよんと選ばれただけはある。

 至る所が濃いことによる副作用か、どこが一番肝心な所なのかなぁ、と思うことはありましたね。もちろん最終的には分かるのですが、それにしては、それをとりまく周囲も同じくらい強すぎるというか。
 しかし、薄さが気になるよりはよっぽどいいので、あとはバランス、といった感じでしょうか。


>>191 brain: 壁の中の楽園
 自分の作品。
 こういったものはよく書きますが、そのなかでもかなり直接的で、乱暴だったかなぁと反省しております。
 悲しく辛い。それらを表現するのに、すこし描写が短絡的だったかも……。
 あと、他の人のを読んでから自分のを読むと、語彙がちゃっちい感じもしました。反省 

 あまり多くは語るまい。しかしいつものように言い訳タイム。
 ジュナの日記。の文章なんですが、オープニングに迷った結果、いれたものです。これ、実はみなさんが察している通りエピローグにも似たようなのを入れようかと迷っておりました。
 しかし、ジュナは「すべて失った」以上、そういったものが残っているというのは変かなと思って、省きました。
 結果的には、失敗だったかもしれません。うーん、しめくくりがよくなかった。
 もうちょっと練ってから投稿するべきだったでしょうか。って、投稿したのは期限ギリギリなんですけどね。





>>192 アリスさん:シーラカンス・エレジー
 魚と言えど、ジャンル的には「無機物との話し合い」というのに該当するんでしょうかね。対話する相手がシーラカンスというのが、ストーリーにマッチしていてとてもいいです。
 個人的には、流れそのものには全くつっかかりを感じず、指摘すべき点は見つかりませんでした。
 シーラカンスがいったいなんだったのか、言及しないことは、私個人はかえってプラスだと思います。これは解釈が分かれて然りでしょう。
 いずれにしても、心を解析する小道具として、シーラカンスというのはとても適切に使われていたと感心しております。その結果がハッピーエンドでなかったとしても。

 選んだお題との関連性が、いまいち掴みにくいというのは感じましたね。たぶん深読みすれば読み取れるのでしょう。しかし、今回は自分の考察は含めず、客観的な目線、ということを重視したうえで、お題に関してはそう評価させていただきます。




>>193 朔乱さん:カニクリームコロッケ戦争
 最後を飾るにふさわしい、ドタバタでした(いい意味です、褒め言葉です。
 純然たるコメディといいますか、とにかく楽しめました、ハイ。読みやすかったです。
 設定が飲み込みやすかったので、あまり考えることなくストーリーに集中できたのも高得点。

 ただ、台詞文の多さは、やはり気になりました。トントン拍子で会話が進んでいることが読み取れたのは、よかったのですけどね。ただ、三人の中の誰が話してるんだ? と思ってしまう箇所がいくつかあったので、それが残念。
 また、それに伴ってか地の文が少なく、状況が読み取りづらいというのもありましたね。台詞だけでは、その場面の画が見えてこないです。もうちょっと描写がほしかったかもしれません。
 登場人物も、せっかくの個性があるのですから、もっと地の文でも説明が欲しかったですね。外見がどうというよりは、振る舞いを地の文に示して、もっと性格や行動を派手に見せてほしかったです。シーンそのものも、もっと見たかったなぁというのは個人的な感想です。

 ……でもこれ毒って本当はカニのことではなく登場人物たちの性格……いえなんでもないです






 それにしても、全てが個性的で驚くばかり。全部読み終えた後は、なんだか夢を見ていたような気分です。やっぱりファンタジー・SFは読んでて楽しいものです
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存