ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[4993] 【2016年度】お題小説スレッド【お題「去る」作品投稿期間】
   
日時: 2016/01/12 23:57
名前: 企画運営委員 ID:7PNV346o



『お題小説スレッド』へようこそ。こちらはあるお題に沿って読みきり小説を書き、その作品をみんなで批評し合う場です。
 初心者も上級者も関係ありません。うまくなりたいとお思いの方であれば、だれでも自由に参加することができます。一生懸命執筆し、一生懸命批評して、小説の技術を高め合いましょう。
 皆様のご参加をお待ちしております。

――――――――――――――――――――

>>002 【ルール説明】:必ず熟読して下さい。(※内容、一言の箇所を訂正しました。ご確認ください)
>>003 【批評のポイント】:批評をする際のポイントをまとめたものです。
>>004 【イベントルール説明】:イベントに関するルールです。必ず熟読してください





▼お題:第32回のお題は「種」です。
 二月に種をまくのか? と思いましたが、調べてみるとじゃがいもは二月にまくそうですね。……さらに調べてみると一年中、なにかしらの種をまいてるみたいです。
 そんなことは置いといて。「種」というお題には「たね」以外にも色々な解釈があると思います。みなさんがどのような作品を投稿してくるのか、楽しみにしております。
※第30回の作品投稿期間は2月1日(土)からです


▼お題:第33回のお題は「姫」です。
 三月なので(笑)
 というのはよくわかりませんが(ひなまつりだから?)「ひめ」というのは可愛らしい語感ですよね。私は緑の黒髪をした和服姿が思い浮かびます。桃色が似合いますよね。桃色……やはりひなまつりでしょうか。それでは、みなさんの作品お待ちしております。
 
※第31回の作品投稿期間は3月1日(土)からです


▼お題:第34回のお題は「嘘」です。
 嘘でした。


▼お題:最終回のお題は「魔法」です。
 奮ってご参加ください。


▼お題:第36回のお題は「友情」です。
 ネタでした。


▼お題:第37回のお題は「音」です。
 奮ってご参加ください。



▼日程(第32回)

1月1日       :お題発表
2月1日〜15日   :作品投稿期間
2月16日〜28日  :批評提出期間


▼日程(第33回) 

2月1日     :お題発表
3月1日〜1月15日 :作品投稿期間
3月16日〜30日 :批評提出期間


▼日程(第35回) 

6月1日     :お題発表
6月1日〜7月31日 :作品投稿期間
8月1日〜   :批評提出期間



▼注意もしくは削除対象となるお書きこみ
・荒らし
・荒らしへの反応
・自分や他人の小説の宣伝
・雑談、チャット化
・ルールに反するもの
・管理人が不適切と判断したもの

――――――――――――――――――――

>目次 >>001


>第32回 お題『種』参加作品(敬称略)

>>404 sakana:シロハの辻褄
>>405 伊達サクット:赤い種、青い種

================================================================================

▼リンク
小説講座/雑談所』(お礼や言い訳等はこちらへ)
旧お題小説スレッド』(前スレはこちらから)
ツイッター』(朔乱のアカウントです。お題の告知などをしています)

管理人:If 空人 朔乱  補佐:伊達サクット
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 【九月期のお題は「  」】お題小説スレッド【八月期お題「過去のお題から三つ選ぶ」:作品投稿期間】 ( No.200 )
   
日時: 2012/08/30 03:32
名前: 空人 ID:PjuXaBRo

 毎回少しは作者様の技術向上のお役に立とうと、ここをこうすれば面白くなるのではないかというところを指摘したりしているのですが、今回は何せレベルが高い。
 おかげで、どう考えても言いがかり的な事を言ったりしています。
 気に入らないところはスルーしてくれてかまいません。

 そんな感じで自分の読む力の無さを実感した批評がこちらです。


>>181 十一日:毒、擬音、あかり :ヨーちゃんとルゥちゃんの終わらない夢

 世界の終末を思わせる閉じた世界。少女の為にひたすら戦う二人は、その少女によって終焉を迎え……。
 少女を蝕む毒。世界を襲う擬音。顛末に見えたあかり。
 瀕死の状態で見た夢は、臨死体験か走馬灯か。妖精と戦い、そして『アイちゃん』を思いやる二人は天使だったのかそれとも……。不思議な世界観が面白かったです。
 この世界での出来事は、おそらく『アイちゃん』が体験した何かが元になって生まれているのだとは思うのですが、それが何なのか解らなかったです。
 明記せずとも、何かをにおわせる描写があっても良かったかも知れないですね。



>>182 にゃんて猫:時間、出会い、魔法  :茨姫

 短く刻まれ、巻き戻される物語。その過程で物語の真相に触れ解き明かされていく繰り返される悲劇。
 物語を構築する時間。運命的な出会い。希望と絶望をもたらす魔法。
 童話をモチーフとして、まったく別のテイストにもっていく発想は素晴らしいと思います。物語自体も良く考えられていて、面白いと感じました。
 しかし、もう少し描写があっても良いようにも感じました。
 少女の可憐さを、男の勇敢さを、魔女の陰鬱さを、物語と関係の無い人々の陽気さを。そんなセリフと出来事だけでは無い、ちょっとしたキャラクターの味付けが物語を色鮮やかに見せてくれるのかもしれません。
 童話を読ませるように書きたかったのだとは思います。子供に読み聞かせるように考える余地を残して。しかしそれは、しっかりしたストーリーと結末があってはじめて出来るのだと思います。
 もう少し断片を長くして、時折小文を交え、二・三度物語を繰り返す、とか。そんな感じで書けたら解りやすく、物語に深みが出たのかもしれないですね。

 あ、時列順に並べ直した方が読みやすく、好感触だった事を付け足しておきます。



>>183 If:魔法、出会い、宝物  :ずっと一緒に

 互いに競い合い、力を高めあっていく学生達の、苦悩とたしかな絆。
 実力を測る魔法、大切な仲間との出会い、宝物になった友情。
 清々しい青春を描いているように見せておいて、そこはかとなくにじみ出る鬱感がさすがです。優秀な友人に嫉妬して暴走する主人公。それは二人の友人によって止められ、互いに確認する友情。オーソドックスな学園モノなのですが、これ、主人公はかなりきつい状態には変わらないですよね? むしろ友人に迷惑をかけたことで引け目も感じるだろうし、恋に絡むフラグも自ら折ってしまったようなものです。このまま友人二人は良い感じになるだろうし、タイトルにあるように三人で『ずっと一緒に』居るのは厳しいと思います。
 三角関係でどうしても一人余るのですから、いっそ恋愛要素を排除するか、もしくは主人公に逆転できる余地を残すような描写があったら良かったかもしれないですね。
 暴走も中途半端だった気がします。友人を貶めるなら、絶縁するくらいの覚悟で望むべきだし、そう考えると、もっと病んでいてもおかしくなかったはずです。
 物語に抑揚をつける意味でもここは思い切った壊れ気味の暴走をして、それさえも許容しようという友人達に感謝して立ち直る方が劇的だったかもしれません。せっかく得意の召喚魔法も勢い不足を感じました。
 どこかに少しでも、主人公の明るい未来への啓示が入っても良かったかもしれないですね。



>>184 菊桜:出会い、時間、魔法  :【俺と彼女と、ありがたいけど迷惑な幼なじみ】

 まだ幼いながら、人を大切にしたいという感情に芽生え、仲間たちと愉快に展開する小さな恋のお話。
 突然の出会い。心を開いていく時間。恋の魔法。
 王道の少女漫画ですね。ヒロインの可愛らしさ、幼馴染たちの愉快さがとても上手く表現できていました。
 キャラの書き分けも役割もしっかり考えられていたと思います。でもこれ、ファンタジー設定である必要があったのでしょうか? ファンタジー世界なら、それを生かした何かが欲しかったです。獣人設定を生かした能力とか、魔法的な授業とか。考えればいくらでも出てきたと思います。ちょっともったいなかったですね。
 あと、キャラクターの容姿の説明をするのは良いのですが、何度も繰り返すと飽きられてしまうと思います。最初のヒロインの説明はインパクトもあって素晴らしいと思います。でも残りの幼馴染はもっとさりげなく特徴を書いても良かったのではないでしょうか。
 せっかく幼馴染が三人居るのですから、その内の誰かが主人公へ淡い思いを抱いている設定でも面白かったかもしれないですね。



>>186 伊達サクット:剣、時間、魔王  :多重戦隊サイムレンジャー

 突然の窮地。現れた予想外の存在とそこからの脱出方法。最後まで息をつかせぬ驚きの展開。娯楽作品として最高の出来だったと思います。
 諸悪に立ち向かう為の剣。与えられた力の限界時間。襲い来る脅威は魔王。
 現実離れしたとんでもない設定なのに、その綿密さに驚かされます。特に、戦うたびに弱くなっていく設定が秀逸でした。これにより、主人公の状況はどんどん悪化していくし、そこから脱出する爽快感にもつながります。
 主人公の機転から逆転する状況、悪役の悪あがき、最後のしめ方も洒落が利いていて面白かったです。
 そうですね、もし難癖をつけるなら、仲間のレンジャーにも見せ場があると良かったかもしれないですね。
 最後まで大変楽しく読むことが出来ました。ありがとうございます。



>>187 茶野:剣、出会い、宝物   :背教の子ら

 時間に刻まれた物語。消された神と悪魔。
 神を否定しようという言葉は剣。村人は神の声を伝えるという旅人と出会い。神から与えられた炎は宝物。
 神話は語り継がれていく。その真意は薄れ、真実を知るものの声は虚構へと変わり、嘘が本当になって。それでも人々の暮らしは変わらない。人の業を書き出したような物語でした。
 最初に炎を与えたもの。炎を得んと人々に教えを説いたもの。旅人に語りかけたもの。いったいどれが神でどれが悪魔だったのか。結局は解らずじまいでした。どれでも無いのかもしれません。そうやって、人間が自立するのを見ていただけの存在こそが神と呼べるのかもしれません。
 まぁ、きっと、そこに暮らしている人々にはどっちでもかまわないのでしょう。それこそが人間という存在なんだと思わされました。
 口伝のように淡々と語られる文章で、そんな風に考えされる物語を作られたのは、さすがというより他ありませんね。



>>188 鳳:あかり、時間、さくら : 散らない桜

 失ってしまった春の象徴。取り戻したのは姿かたちだけで、本物を知る者は今を憂う。
 作り物を照らすあかり。失い取り戻せない時間。不自然に整列されたさくら。
 淡々と語られる主人公の嘆きは、本物の桜を求めるものとしては正しいのでしょう。でも、共感するのは難しいですね。僕らはまだ本物を間近で見られますので。
 本当に世界から死滅してしまったのなら、その復活の第一歩である展示を見て、一緒に喜んであげなければいけないのではないかと思います。そこからまだ研究、改良は重ねられるでしょうし、本物を生み出す技術も開発できるかもしれない。
 未来を思わず、過去にのみ目を向ける主人公は、「悲しい」より「かわいそう」に見えました。


>>189 フロスト:魔法、時間、雨  :あなたの魂に安らぎあれ

 異端を排除する狩人。その行動に淀みは無く、その眼光に映るのは物言わぬ屍のみ。しかし、今回のターゲットは……?
 戒律を乱す魔法。友と離れていた時間。その罪と罰を洗い流す雨。
 綿密な、それでいて繊細な言葉に支えられた物語は、男達の魅力と友情と熱い思いにあふれていました。重苦しいほどに思える描写も、作品の雰囲気に合っていたと思います。
 他の人も指摘していたので蛇足ではありますが、主人公が友人をその手にかけるシーンで、「コートの男」とわざわざ主人公である事を隠す必要は無かったと思います。むしろここは主人公の心情をこれでもかと描写して欲しかったです。
 コートを羽織り自分を偽りながらも、ふとした瞬間に揺らいで見せたり、葛藤や慟哭を描いた方が、見せ場としては盛り上がったかもしれないですね。
 

>>190 sakana:出会い、時間、擬音  :みよんみよん星人

 一人ぼっちの宇宙人と、それに関わってしまった人々の日常。
 不思議な出会い。共に過ごす時間。みよんみよん。
 孤独だった彼にとって、目の前に現れた自分と心を通わせるにあたいする存在と出会ったことは、涙を流すほど嬉しい出来事だったのでしょう。ただ、それに巻き込まれたほうは大変です。
 オムニバスのようにいろいろな場面で見せられる彼らの行動に思わず笑顔にさせられました。
 面白かったのですが、それぞれがバラバラすぎて収拾がついていない感じです。何か大きな流れがあって、出会った人たちが絡み合って(宇宙人たちが本質的に関わっていなくても)解決する事件があっても、良かったかもしれないですね。
 いまいちコミュニケーションに失敗している宇宙人と、その相棒にさせられた優しい青年との掛け合いが楽しかったです。



>>191 brain:宝物、魔王、爆発   : 壁の中の楽園

 戦渦に巻き込まれ散っていく儚い命。残された小さな願いだけが世界に絶望をもたらそうとも。
 少女の絵に描かれる宝物。少女の話し相手であり救済の標であった魔王。世界を蝕む爆発。
 少女の描く世界は広く、しかし少女の暮らす世界は狭い。絵を描くたびに少女の心はすり減り、それはまるで絵の中の魔王に吸い込まれていっているように見えました。
 少女の願いが叶えられたわけではなく、顕現した魔王が平和な世界をもたらすとは考えにくい。お話は悲しく、そして虚しくあり、とても素晴らしかったです。雰囲気も一貫していて完成度も高いと感じました。
 誕生した魔王によって世界がこの後どうなるのか、もう少し先までの話が合っても良かったかもしれないですね。



>>192 アリス:出会い、宝物、始まり :シーラカンス・エレジー

 樹海の奥に不思議な出会い。シーラカンスはその眼に映る世界を語り、彼女は探し物を見つけだす。
 不思議な存在との出会い。見つけた宝物。彼女と彼の恋が始まり、そして……。
 そこだけ切り取られた時間の中。美しいリズムの描写。素敵な詩の中に迷い込んだような気分にさせられました。
 彼女とシーラカンスとのやり取りは、まるで自問自答のように彼女の心を答えに導き、友人を恋しい人に、そして終焉を始まりへと変える。なんともすごい小説です。
 絶望と死地へと向かうはずだった彼女は、最後には希望を見つけたように見えました。展開は鬱なのに、読み終わった後の清涼感が半端ないです。
 ありがとうございました。
 


>>193 朔乱:さくら、ジュース、毒  :カニクリームコロッケ戦争

 隣り合った二つの国の間で起こった、バカバカしくも壮大なる戦い。
 少数で作戦を遂行するためのさくら。潜入時の決め手となったジュース。アレルギーによりカニは毒になる。
 三人の変態たちがイキイキと描かれていたのが印象的です。
 度を越えた王女への愛は見ていて楽しかったのですが、三人がそれぞれ違う方向での変態であっても面白かったかもしれないですね。その方が個性をかき分ける事が出来たでしょう。
 あと、悪役側に歯ごたえがなさすぎる気もしますね。まぁ、短編で欲張っても良くないですが。
 王女が女王様ネタは秀逸でした。



>>185 自作:雨、擬音、魔法  :『レイニー・バスストップ』

 雨にふられ、彼女にふられ、せっかくの魔法を棒にふったお話。
 物語を進めるための雨。揺らぐ心に響かせる擬音。役に立たなかった魔法です。
 なんだろう、これ、主人公(天寺)要らないですよね。
 何しに現れたのか不明です。
 魔法の設定が泣いてます。
 でも、こんなものなのです。現実的には。

 お題のチョイスには悩みました。雨と魔法が主軸なのは決まっていたのですが、もうひとつは後付けになってしまった為、いろいろ試行錯誤の跡がうかがえます。恋人になる前の淡い『時間』も捨てがたいし、キーワードになっている傘は『宝物』。ヒロインを苦しめた言葉は『毒』で、彼氏との『出会い』は大切にしたい。二人の恋は『はじまり』。主人公が願えば雨のイメージは『ジュース』のように溜まり、魔法は『爆発』し、空には『あかり』が差し込み、一組のカップルが『誕生』する。とか。
 まぁ、いろいろ解釈できるわけです。
 『剣』?『魔王』?『ジョブ・ナレーター』? この物語に出すのは難しいですよね。ね?


さて、次回のお題は……うん。あれ? と思っている方もいるでしょうけど、そのままです。
次のお題は『  』
空白です。なにも無しです。もちろんその解釈は、お題に参加される執筆者におまかせなのです。
皆様の自由な発想を楽しみに、お待ちしております。
では、また。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存