ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[4993] 【2016年度】お題小説スレッド【お題「去る」作品投稿期間】
   
日時: 2016/01/12 23:57
名前: 企画運営委員 ID:7PNV346o



『お題小説スレッド』へようこそ。こちらはあるお題に沿って読みきり小説を書き、その作品をみんなで批評し合う場です。
 初心者も上級者も関係ありません。うまくなりたいとお思いの方であれば、だれでも自由に参加することができます。一生懸命執筆し、一生懸命批評して、小説の技術を高め合いましょう。
 皆様のご参加をお待ちしております。

――――――――――――――――――――

>>002 【ルール説明】:必ず熟読して下さい。(※内容、一言の箇所を訂正しました。ご確認ください)
>>003 【批評のポイント】:批評をする際のポイントをまとめたものです。
>>004 【イベントルール説明】:イベントに関するルールです。必ず熟読してください





▼お題:第32回のお題は「種」です。
 二月に種をまくのか? と思いましたが、調べてみるとじゃがいもは二月にまくそうですね。……さらに調べてみると一年中、なにかしらの種をまいてるみたいです。
 そんなことは置いといて。「種」というお題には「たね」以外にも色々な解釈があると思います。みなさんがどのような作品を投稿してくるのか、楽しみにしております。
※第30回の作品投稿期間は2月1日(土)からです


▼お題:第33回のお題は「姫」です。
 三月なので(笑)
 というのはよくわかりませんが(ひなまつりだから?)「ひめ」というのは可愛らしい語感ですよね。私は緑の黒髪をした和服姿が思い浮かびます。桃色が似合いますよね。桃色……やはりひなまつりでしょうか。それでは、みなさんの作品お待ちしております。
 
※第31回の作品投稿期間は3月1日(土)からです


▼お題:第34回のお題は「嘘」です。
 嘘でした。


▼お題:最終回のお題は「魔法」です。
 奮ってご参加ください。


▼お題:第36回のお題は「友情」です。
 ネタでした。


▼お題:第37回のお題は「音」です。
 奮ってご参加ください。



▼日程(第32回)

1月1日       :お題発表
2月1日〜15日   :作品投稿期間
2月16日〜28日  :批評提出期間


▼日程(第33回) 

2月1日     :お題発表
3月1日〜1月15日 :作品投稿期間
3月16日〜30日 :批評提出期間


▼日程(第35回) 

6月1日     :お題発表
6月1日〜7月31日 :作品投稿期間
8月1日〜   :批評提出期間



▼注意もしくは削除対象となるお書きこみ
・荒らし
・荒らしへの反応
・自分や他人の小説の宣伝
・雑談、チャット化
・ルールに反するもの
・管理人が不適切と判断したもの

――――――――――――――――――――

>目次 >>001


>第32回 お題『種』参加作品(敬称略)

>>404 sakana:シロハの辻褄
>>405 伊達サクット:赤い種、青い種

================================================================================

▼リンク
小説講座/雑談所』(お礼や言い訳等はこちらへ)
旧お題小説スレッド』(前スレはこちらから)
ツイッター』(朔乱のアカウントです。お題の告知などをしています)

管理人:If 空人 朔乱  補佐:伊達サクット
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

「バーチャル」 ( No.124 )
   
日時: 2012/04/15 11:05
名前: ナルガEX ID:ToOw2koo

「バーチャル」



俺はこの世界に降り立って何年立つだろうか。

草原に座り、桜を眺めながらビールを飲んだ。

握っていた手を開くと風が舞込み、花びらが渦の様に回る。

「この現象も偽り。この風景も偽り。この世界も偽りか………。」

そう言ってまたビールを飲んだ。

この世界……いや、この星の全ては嘘で出来たものだった。

そう。それは、26年前だった………。

◆◆◆

「バーチャルプラネット!?」

「そうだ、近年になって発見された未開の星だ。」
そう言うのは俺の上司

「仮想の惑星……。なんかのテストとかじゃなくて?」

「いや、今度のは実在するやつだ。」

上司の話によると、この星から5000光年離れた気体状の惑星、ちょうど太陽の様星らしい。

その星に決まった形状は無く、常に変化しているらしい。
霧状になったり、楕円形になったり、半円形になったりと形は様々。惑星に降り立っても同じで、風景も幻想的になったり、近代的になったりと少し不思議な惑星らしい。

「チケットはとってある。君は惑星観察機の乗組員と共に惑星に降りてもらう。いいな?」

「……はい。」
俺に選択の余地はなかった。どうせ、もう少しでもクビになるんだから。

俺は何をやっても今まで上手く行った試しがない。

だけど、例の惑星には魅力を感じた。

そこには、俺の居場所があるかもしれないと………。

◆◆◆

もしかしたら、この星も地球もさほど変わらないのかもしれない。

自分を守るため、他人を傷つけないため、周りから良く思われるため、人々は皆必ず自分に綺麗な偽りを被って生きている。

汚いものは地下の奥深くにほっぽり投げ、綺麗なものはより磨き上げる。今の国はみんなこんなことばっかりやっていて、汚いものの掃除すらしようとしない。

昔のことわざで「嘘つきは泥棒の始まり」と言う物があるが、それを誤魔化すように「嘘も方便」と言うものもある。

あまりこの星と変わらない。

バーチャルプラネットには雨が降らない。

雨と言う薄暗いイメージを表に出さない。

そして、食物連鎖がこの星では確立してない。

星の動物は、幻想的な生き物が多数いるが、捕食をしている姿は確認されていない。

それに、風景が綺麗なものしか出てこない。

これには正直、嫌気がさした。
しかも、それらのものに触れようとすると消えてしまう。
偽りとはそんなものだ。

俺は高台に一本の桜の木を植えた。

物であるれていそうで何もないこの星に、一つの事実というものを植えた。

時がすぎて、地球に帰還する日に桜の木は満開になった。

俺は木に触れた。
これは消えない。

俺は座り込み、ビールを開けた。

◆◆◆

「もう船に乗り込め。帰るぞ!」

振り返ると上司が立っていた。

俺はしばらく黙った。

「………俺は………ここに残る。」
それは俺の一つの結論だった。

それは、事実から逃れることだったのかもしれないが、ここで過ごしていると何か答えが見出せそうな気がした。

「…………そうか……お前ならそう言うと思ったよ。」

俺は上司の言葉に少し疑問を感じたが、だいたい理解した。

「俺たちは先に帰る。お前はここでじっくり考えて、お前自身を見つけとけ。来年になったらまた迎えにくる。」

そう言って上司は俺のもとから離れて行った。

俺はあの人が上司で良かったと思っている。

きっと、帰ったら部下を置いてきたという理由でクビになってるだろう。

座ってると動物がよってくる。

俺は頭を撫でようとするが、触ると消えてしまう。








やはり、ここが俺の居場所だった。






メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存