ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[4993] 【2016年度】お題小説スレッド【お題「去る」作品投稿期間】
   
日時: 2016/01/12 23:57
名前: 企画運営委員 ID:7PNV346o



『お題小説スレッド』へようこそ。こちらはあるお題に沿って読みきり小説を書き、その作品をみんなで批評し合う場です。
 初心者も上級者も関係ありません。うまくなりたいとお思いの方であれば、だれでも自由に参加することができます。一生懸命執筆し、一生懸命批評して、小説の技術を高め合いましょう。
 皆様のご参加をお待ちしております。

――――――――――――――――――――

>>002 【ルール説明】:必ず熟読して下さい。(※内容、一言の箇所を訂正しました。ご確認ください)
>>003 【批評のポイント】:批評をする際のポイントをまとめたものです。
>>004 【イベントルール説明】:イベントに関するルールです。必ず熟読してください





▼お題:第32回のお題は「種」です。
 二月に種をまくのか? と思いましたが、調べてみるとじゃがいもは二月にまくそうですね。……さらに調べてみると一年中、なにかしらの種をまいてるみたいです。
 そんなことは置いといて。「種」というお題には「たね」以外にも色々な解釈があると思います。みなさんがどのような作品を投稿してくるのか、楽しみにしております。
※第30回の作品投稿期間は2月1日(土)からです


▼お題:第33回のお題は「姫」です。
 三月なので(笑)
 というのはよくわかりませんが(ひなまつりだから?)「ひめ」というのは可愛らしい語感ですよね。私は緑の黒髪をした和服姿が思い浮かびます。桃色が似合いますよね。桃色……やはりひなまつりでしょうか。それでは、みなさんの作品お待ちしております。
 
※第31回の作品投稿期間は3月1日(土)からです


▼お題:第34回のお題は「嘘」です。
 嘘でした。


▼お題:最終回のお題は「魔法」です。
 奮ってご参加ください。


▼お題:第36回のお題は「友情」です。
 ネタでした。


▼お題:第37回のお題は「音」です。
 奮ってご参加ください。



▼日程(第32回)

1月1日       :お題発表
2月1日〜15日   :作品投稿期間
2月16日〜28日  :批評提出期間


▼日程(第33回) 

2月1日     :お題発表
3月1日〜1月15日 :作品投稿期間
3月16日〜30日 :批評提出期間


▼日程(第35回) 

6月1日     :お題発表
6月1日〜7月31日 :作品投稿期間
8月1日〜   :批評提出期間



▼注意もしくは削除対象となるお書きこみ
・荒らし
・荒らしへの反応
・自分や他人の小説の宣伝
・雑談、チャット化
・ルールに反するもの
・管理人が不適切と判断したもの

――――――――――――――――――――

>目次 >>001


>第32回 お題『種』参加作品(敬称略)

>>404 sakana:シロハの辻褄
>>405 伊達サクット:赤い種、青い種

================================================================================

▼リンク
小説講座/雑談所』(お礼や言い訳等はこちらへ)
旧お題小説スレッド』(前スレはこちらから)
ツイッター』(朔乱のアカウントです。お題の告知などをしています)

管理人:If 空人 朔乱  補佐:伊達サクット
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

蕾桜 ( No.121 )
   
日時: 2012/04/02 16:32
名前: にゃんて猫 ID:st8khiDk

※この作品は事実をもとにしたフィクションです。



「はぁ……」
まただ。家の中にずっとこもっているとため息ばかり出てしまう。
五月病というのはよく聞くけど、三月病というものはないのだろうか。
初夏の体育祭や定期テストで忙しい五月なんかよりも、春休みですることが何ひとつ無い三月末の春休みの方が、よっぽど暇だ。
僕は力なくノートパソコンを閉じる。
ネットというものはどうも苦手だ。
一方的な発言や嘘の情報が跋扈する無法地帯、それがネットだ。
現実でも人との接し方が分からない僕が、そんな世界でうまくやっていけるわけがない。
事実、僕はしばらくネットをしているとだんだんと頭が痛くなって止めてしまう。
ネット中毒ってよく社会で言われてるけど、こんな物にどうやれば中毒になれるというのか。
ベッドの上に投げ出されたままの漫画とケータイ、充電器。
布団をめくれば、つけっぱなしのゲーム機に音楽プレーヤー、文庫本。
春休みが始まって二週間弱、漫画と文庫本は何度も読み返して飽きてしまった。
メールをするような奴もいないし、ゲームは完全攻略を何度かした物ばかりでやる気になれない。
音楽も聞き飽きているし、本当にすることがないのだ。
「……はぁ」
自然とため息をついた。もう何度目かも分からない。

一階に降りる。
両親は仕事で家にいない。
時計の針が正午を指していたので朝御飯の余り、野菜炒めを軽く温め直してパンを焼く。
別段腹が減っていたわけではなかったが、無為にだらけたくなかった。
もそもそとパンを頬張りながらテレビのリモコンを手に取る。
チャンネルを適当に変えるがこの時間帯だ。
ニュース、ドラマ、映画、三流番組の再放送……そもそもテレビはあまり見ないのだが、本当にどれも面白くない。
「はぁ……」
電源を切り、リモコンをいささか乱暴に投げ棄てる。
うまい具合にソファーに落下したリモコンを見て、僕は何故だか腹立たしさがこみあげてきて、無意味に野菜炒めを焦がしつけた。
結果的に僕は、黒く炭化したそれを「不味い」と零して捨てることになる。


大体四時を回ったころだ。
やることがなく、ボーッとしていた僕をインターホンのチャイムが叩き起こした。
だるい体を引きずるようにして玄関へと向かう。
扉を開けると、白髪の薄い男の人が玄関口に立っていた。
「おじいちゃん……!」
白髪の老人……僕の祖父は手にリードとビニール袋を持って言った。
「ゲン、ちょっと散歩に行かないか?チロの」
「チロの散歩?何で俺が……」
当惑する俺の手を祖父が引っ張る。俺は否応なく外に出ることになった。実に十日ぶりの外出だった。

祖父母は、僕の家の隣の古い家に住んでいる。二人とも今年で七十歳だ。
チロというのは祖父母が飼っている犬のことで、雌のビーグル犬だ。
俺の生まれた年に飼いだしたというから、今年でまもなく十六。犬の年齢にしては中々長生きだと思う。
昔はよく祖父と三人で散歩に行ったものだったが、中学に上がる前ごろからめっきり行かなくなり
チロ、という名前を聞くことすら随分久しぶりだ。

「長らくゲンと散歩してなかったと思ってなぁ、久しぶりに行かないか?」
すでに俺を家の外にまで連れ出しておいてよく言ったものだ。
まぁ、ただ家でだらだらと過ごすよりは百倍マシだろう。特に断る理由もない。
「分かったよ……で、チロは?」
祖父はリードを手に「連れてくる」と言って一旦引き返して行った。
チロにも久しく会っていない。元気にしているのだろうか。
「はぁ……」
まだ開いていない桜の蕾を見て、僕はまたため息をついていた。
今年の桜は開花が遅いらしい。
現に、例年ならこの時期に桜の花びらでいっぱいになるこの並木道も、今年はまだひとつとして開いていない。
「ウォン!」
「ひっ!?」
突然の吠え声に驚いて振り向く。
見ると、祖父のリードの先に少し太ったビーグルが繋がれていた。チロだ。昔とほとんど変わっていない。
元気にしっぽを左右に振っている。顎を撫でてやると気持ち良さそうにうなった。
僕のことを忘れていないか心配だったが、ちゃんと覚えてくれているようだった。
「よし、ゲン。リードはお前が握れ」
祖父が赤い紐を僕に向かって差し出す。
今まで、リードはほとんど祖父が握って散歩していたため、この申し出は少し意外だった。
「お、俺が持つの……?」
「春から高校生なんだろ?このくらいできない訳ないだろ」
まぁその通りか。僕は少し緊張しながらもリードの輪っかになっているところへ手を通す。
チロはリードを持つのが僕に変わっても何ら変化を見せず、早く散歩に行きたいのかそわそわしている。
どんっと背中を祖父に叩かれて、俺は上体を起こした。
「ほら、行くぞ」
祖父とチロに先導されるような形で、僕はなつかしい散歩道を行く三十五分間の旅に出た。

道中、チロが他の犬と吠えあったり、車線に飛び出しそうになったりして、中々に大変だった。
犬の力は思ったよりも強く、僕は何度も引っ張っていかれそうになった。
散歩は、丘の上にある池のまわりをぐるっと廻って帰ってくるのがルートだ。
途中、池周りにある大きな木の影で休憩をとることになっていた。
「よし、あそこでちょっと休んで行こう」
祖父が丘を登り切った後、湖の向こう岸にある巨木を指差して言った。
やはり記憶の中の姿とあまり変わっていない。大きな木が一帯の空き地に影をつくっていた。

何とかそこまでたどり着き、僕は空き地の草むらに寝ころがった。
上を見上げると、たくさんの蕾が枝についていた。が、やはり開いているものはひとつもない。
そういえばこの木も桜だったか。チロとはこの木の下でよく遊んだ記憶がある。
「ゲン……高校の入学式は、いつだったかな」
祖父がベンチに座って言う。
「四月の……六日だけど」
「四日にはここいらの桜も満開になるらしい。楽しみだな」
「……そうだね」
祖父の発言の意図が掴めず、僕は曖昧にそれに答えた。

そうだ。

三月病だとか言って皮肉ってたけど、暇なのは今だけだ。
高校生活が始まってしまえば、また忙しい日々に早変わりするのだ。
こうして三人で散歩することなんて、まず無くなる。
チロの寿命を考えれば、本当にもうこんな機会は永久に来ないかもしれない。

「…………」
無言で蕾桜を眺める。
それが花開くまでには、まだ時間がかかるようだった。

休憩を終え、僕たちは来た道を折り返して家の前まで帰ってきた。
「お疲れさん、ほれ」
祖父がチロのリードを外し、庭へと放す。
祖父が「久しぶりだったろ?」と聞いてくる。僕は静かにそれに頷くと、条件反射のような素早さで口を開いていた。
「明日も、行きたい」
無意識のうちに出た本音だった。
祖父が一瞬驚いて目をしばたき、そして柔らかい口調で言った。
「もちろんだ。明日も行こう」


……しばらくの後
桜の花はまだ咲いていない。
が、蕾が割れて中のピンク色がうっすらのぞくようになっている。そう待たずに開花するはずだ。
「チロ」
名前を呼ぶと、足下のビーグル「ウォン!」と吠えて応えた。
日々だらけて無為に時間を過ごしていた自分を恨めしくさえ思う。
だが過去はどうしようもない。今をしっかりと生きなければ。
「おじいちゃん、ありがとう」
声はきっともう届いていないだろうけど、この想いが桜の蕾に宿り、花開いてくれたらと願う。
大きな桜の木の幹に触れる。
一瞬だけ、脳裏をあの優しい笑顔がよぎった。
「……行こうか」
リードを引いて、桜の木を後にする。

蕾から花へ、そして散りゆく桜の花びらに少しだけ想いを込めて……
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存