Re: 新・お題小説スレッド【準備中】 ( No.3 )
日時: 2011/08/20 23:39
名前: 企画運営委員◆dQO3LlCLQE ID:DTHzun2k

【批評のポイント】

「批評」ってなんでしょう。どういうことをするのか、よくわからない。なんだか難しそうなイメージがある。そんな方のために、批評をする際のポイントをまとめてみました。
 できないかも、なんて心配しなくても大丈夫。やっている内に自然と身につきますから、あわてたりせず、少しずつ慣れていきましょうね。



[はじめに]

 ここで言う「批評」とは、「作品を様々な観点から見つめ、指摘を交えてその感想を述べること」です。内容だけでなく、文章や構成にも目を向けましょう。
 大事なのは丁寧に取り組むことです。作品をよく読まなければ、ちゃんとした批評は書けません。じっくり読んだ上で、思ったことを丁寧に素直に、そして具体的に書いて下さい。一作品につき一つは良いところを見つけられると良いですね。
 また、批評に実力は関係ありません。必ずしも小説を書くのがお上手な方は批評もお上手、というわけではなかったりします。ですから、「自分よりもお上手だから」「自分でできていないことを指摘するのは偉そうだから」のような理由で、あなたの思いをなかったことにしてしまわないで下さい。素直な感想は相手方の力にもあなたの力にもなり得ます。ぜひ自分の意見に誇りを持って、堂々と批評を行って下さい。
 ただし、あまりに断定的な物言いや挑発的な発言はしないようにしましょう。ご覧になられた方が不快な思いをなさる場合が御座います。言葉遣いにはくれぐれもお気をつけ下さいますよう、お願い申し上げます。


[観点]

 それでは本題に参りましょう。批評するに当たって気にすると良い項目は以下の通りです。よろしければご参考になさって下さい。

>>タイトルはどうか
 まずはぱっと見てどう思ったか、という第一印象。タイトルは小説の顔ですから、印象的で興味を惹くものだと良いですね。本文を読んだ後、内容に合っているかどうかを確認するのもお忘れなく。

>>ストーリーはどうか
 いわゆる感想のことです。本文を読んでみてどう思ったかを具体的に書いて下さい。もしもわからない箇所や矛盾点があれば指摘してあげましょう。

>>キャラクターはどうか
 キャラクターは魅力的でしたか。性格や言動、心境にリアリティがあったでしょうか。人間ならば人間らしさ、怪物ならば怪物らしさが表現できるのも良いことです。

>>世界観はどうか
 舞台となる世界に魅力はありましたか。世界観が不鮮明だと読み手は混乱しやすくなりますので、設定がしっかりしているかどうかもポイントです。

>>文章や描写はどうか
 この二つには個性や工夫が強く出ます。文章にどのような印象を抱いたか、読みやすいか、整っているか、描写はわかりやすいか等を見て下さい。作品の雰囲気に合ったものであることも大事です。
 ついでに、誤字脱字はときに文章を壊してしまう場合があります。あれば教えてあげましょう。

>>視点がぶれていないか
 物語が進むにつれて、語り手の視点がぶれてしまうことがあります。視点のぶれは読者を混乱させるので、あればすべて指摘してあげましょう。

>>伝わるものがあったか
 作品全体を通して、なにか伝わるものはありましたか。読んでみて気づいたことや考えさせられたことを書いてみましょう。

 以上の点に注目して作品を読み、批評してみて下さい。
 また、「おもしろかった」「上手かった」だけではなく、そう思った理由を詳しく書くようにしましょう。