ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[4993] 【2016年度】お題小説スレッド【お題「去る」作品投稿期間】
   
日時: 2016/01/12 23:57
名前: 企画運営委員 ID:7PNV346o



『お題小説スレッド』へようこそ。こちらはあるお題に沿って読みきり小説を書き、その作品をみんなで批評し合う場です。
 初心者も上級者も関係ありません。うまくなりたいとお思いの方であれば、だれでも自由に参加することができます。一生懸命執筆し、一生懸命批評して、小説の技術を高め合いましょう。
 皆様のご参加をお待ちしております。

――――――――――――――――――――

>>002 【ルール説明】:必ず熟読して下さい。(※内容、一言の箇所を訂正しました。ご確認ください)
>>003 【批評のポイント】:批評をする際のポイントをまとめたものです。
>>004 【イベントルール説明】:イベントに関するルールです。必ず熟読してください





▼お題:第32回のお題は「種」です。
 二月に種をまくのか? と思いましたが、調べてみるとじゃがいもは二月にまくそうですね。……さらに調べてみると一年中、なにかしらの種をまいてるみたいです。
 そんなことは置いといて。「種」というお題には「たね」以外にも色々な解釈があると思います。みなさんがどのような作品を投稿してくるのか、楽しみにしております。
※第30回の作品投稿期間は2月1日(土)からです


▼お題:第33回のお題は「姫」です。
 三月なので(笑)
 というのはよくわかりませんが(ひなまつりだから?)「ひめ」というのは可愛らしい語感ですよね。私は緑の黒髪をした和服姿が思い浮かびます。桃色が似合いますよね。桃色……やはりひなまつりでしょうか。それでは、みなさんの作品お待ちしております。
 
※第31回の作品投稿期間は3月1日(土)からです


▼お題:第34回のお題は「嘘」です。
 嘘でした。


▼お題:最終回のお題は「魔法」です。
 奮ってご参加ください。


▼お題:第36回のお題は「友情」です。
 ネタでした。


▼お題:第37回のお題は「音」です。
 奮ってご参加ください。



▼日程(第32回)

1月1日       :お題発表
2月1日〜15日   :作品投稿期間
2月16日〜28日  :批評提出期間


▼日程(第33回) 

2月1日     :お題発表
3月1日〜1月15日 :作品投稿期間
3月16日〜30日 :批評提出期間


▼日程(第35回) 

6月1日     :お題発表
6月1日〜7月31日 :作品投稿期間
8月1日〜   :批評提出期間



▼注意もしくは削除対象となるお書きこみ
・荒らし
・荒らしへの反応
・自分や他人の小説の宣伝
・雑談、チャット化
・ルールに反するもの
・管理人が不適切と判断したもの

――――――――――――――――――――

>目次 >>001


>第32回 お題『種』参加作品(敬称略)

>>404 sakana:シロハの辻褄
>>405 伊達サクット:赤い種、青い種

================================================================================

▼リンク
小説講座/雑談所』(お礼や言い訳等はこちらへ)
旧お題小説スレッド』(前スレはこちらから)
ツイッター』(朔乱のアカウントです。お題の告知などをしています)

管理人:If 空人 朔乱  補佐:伊達サクット
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

光の中に眠る想い ( No.386 )
   
日時: 2013/10/16 23:20
名前: 空人 ID:mtDcEMDs


 世界に満ちる光をかき分けて、目的の場所へと進む。傍らに居る、まだ少女らしさを残したままの連れが不安げな表情でこちらを窺っているのがわかります。無理もないでしょう。私でさえ、気を抜けば前後の感覚を見失ってしまいそうなのですから。それだけの力がこの場所を支配している。それなりに大きな力を持っていると自覚しているはずの自分が、ここではあまりにも小さな存在なのだと気付かされるのです。
 連れが私の手に触れる。初めての感覚に不安を覚えたのでしょう。しかし、実のところ私と彼女にそれほど大きな差などないのです。この光の中心。力の源が何なのか。それを知っているかどうかの差でしかありません。
 私は安心させるように彼女に笑顔を向け、光の中心を示してみせます。この光が私たちに害意などないことは、彼女も気付いているのでしょう。まだ眉が中央に寄ったままではありましたが、進行に滞りはなく、私たちは程なくして目的の場所へとたどり着くのでした。

「……これはいったい何なのですか?」

 私たちの目の前に在ったのは、世界を覆うほどの光量を放っているとは思えないほど小さな小さな光です。

「これは勇者の魂。我々が知る限り最も古い。最初の勇者。それがこの光なのです」

 説明を受けて、彼女の目は驚愕に押し広げられます。

「こ、これが人間の魂なのですか? こんなに強く光る魂なんて聞いたことありませんっ。それが勇者とはいえ、人間のものだなんてっ!」

 事実を飲み込めない彼女に私は首を振って答えます。

「いいえ、確かにこれは勇者の、人の魂なのです。それだけ最初の魔王は凶悪でした。そして当時の人間たちには、まだ彼らに抗うすべがほとんど無かったのです。金属を固めただけの武器と、狩猟のためだけの魔法では魔王の眷属たちと戦うことも困難でした」
「……では」
「もちろん彼らを救うため、神々は力を惜しみませんでした。力と知恵と正義を持った、人間たちの導き手を創り出したのです」
「創った? 人間に力を与えたのでも、より高次元の世界から呼び出したのでもなく?」

 目を伏せ、質問を肯定します。

「当時の人間は神の力に耐えられるような器ではありませんでした。また神々の方にも他次元との交流が無く、その手段も確立されていない状態でした」
「一から創るしかなかったのですね」

 その理解の早さに思わず笑みがこぼれます。我々の中でも年若い彼女が今ここに居る理由のひとつがその頭の柔軟さでした。

「そう、そして神々はその人の器に様々な加護を与え、力を注ぎました。大きな力を得て生まれた勇者は、かくして魔王討伐を成し遂げることになります。しかしそれは孤独な戦いでした。人々を率い、その頂点に立つ存在でありながら、彼について来られる存在は人間の中には居なかったのです」
「…………」

 その悲しい運命に、強いられた孤独に、何か思うところがあったのでしょう。沈黙を返した彼女の瞳には哀しみの色が浮かびます。
 しかしそれではいけない。勇者の孤独な戦いを哀れむだけにしておいてはいけないのです。

「……戦いの後、勇者は神になれるはずでした」
「でも彼は神になっていない……?」
「はい、自分は人間に生まれたのだから、人間のまま生きたい、と」
「しかしそれには神の与えた力が邪魔だった」
「そう、だから勇者は眠りにつきました。長い長い眠りに。その中で勇者の身体は朽ちてしまいましたが、その力は未だ衰えず、光を放ち続けているのです。少しずつ、少しずつその力を世界に馴染ませながら」

 そのおかげでこの世界には神の力が溢れ、魔法は大きく進歩を遂げていきました。人間同士の争いも増えましたが、次代の魔王への対策も彼ら自身で出来るようになってきました。
 今、神々は彼らを補助する程度の存在です。それで良いのだと思います。

「後は彼が目覚めるのを待つだけです」
「それが、わたしの仕事……」
「そう、人としての普通の生活をほとんど体験していない勇者には、多くの助言が必要でしょう。この光を放ち終わるのを待って、彼を導いてほしいのです」

 全容を話し終えたわたしたちの間に、もう差なんて存在しないのかもしれません。あたたかな光に釘付けになっていた彼女はゆっくりとこちらに向き直ると、その意思のこもった瞳でわたしを捉えました。

「謹んで、承ります」

 決意とともに膝を折る彼女の表情には、最初の不安など微塵も感じられませんでした。そして、勇者の魂を見つめる目にはもう、哀しみはなく、むしろ喜びや畏敬の念すら感じられました。いえ、もしかしたらもっと別のなにかかも知れません。


 勇者のことは全て彼女に任せ、私は早々にこの場を離れることにしました。
 いつか始まる人間として生まれ変わった勇者の物語に、彼女の影が少なからずちらつくのを予感しながら。


__
メンテ
Re: 【十一月期お題「果実」】お題小説スレッド【十月期お題「フリー」作品投稿期間】 ( No.387 )
   
日時: 2013/10/16 23:14
名前: 企画運営委員 ID:mtDcEMDs

作品のご投稿お疲れ様でした。
16日(水)〜31日(木)は批評期間です。
作品をご提出なされた方は必ず全作品の批評を行ってください。
批評だけのご参加もお待ちしております。

>第29回『フリー』参加作品(敬称略)

>>384 白江:あなたの好きな色の橋
>>385 伊達サクット:水金火木土天海冥
>>386 空人:光の中に眠る想い ※(期間超過)
メンテ
Re: 【十一月期お題「果実」】お題小説スレッド【十月期お題「フリー」作品投稿期間】 ( No.388 )
   
日時: 2013/10/28 23:20
名前: 白江 ID:2RwcHiUY

 こんにちは。参加させていただきました。よろしくお願いします。



>>384 自作:あなたの好きな色の橋

 書いている途中の時点ですでに、なんて面白くないんだろう……と、すごく情けなくなっていました。メッセージ性とか、そういうのは別になくてもいいから、とにかく楽しめるものが書きたいのになあと考えているのに、どうしてこんなものを書いてしまったのか。もっと展開で魅せられるものとか、設定とかで勝負ができるお話が書きたいのです。どんでん返しもないし、理屈並べているだけの意味不明な話。自分で自分にがっかりしました。次はリベンジしたいです。


>>385 伊達サクットさん:水金火木土天海冥


 素晴らしいです。理想的な掌編ですね。遊び心に溢れているのに妙にニヒルな感触もあり、それでも一つの星の顛末をこういった発想で語るというのはものすごく面白いです。タイトルも秀逸。「地」が無い、という疑問を読者に抱かせて、察しが良ければ地球崩壊が予想できるのですが、中盤まではただの埋蔵金発見物語であって、帰着の仕方がまったく予想できないのですね。この展開からどうやって地球が終わるのだろうか? と来たところに、マグマの噴射で地球が動くという、ダイナミックなトリックで物語を動かして見せる手腕が見事です。こういう発想は普通は浮かばない。噴射は噴射であり、それが地面側に向かって反作用するということを理論的にわかっていても、「埋蔵金を打ち出す」という計画が、マグマが地球を動かすという展開に読者を誘導しないためのミスリードとして巧く機能しています。というか、ミスリードとか難しいこと抜きに、単純に発想がいいのです。やられました。最後の火星金星のネーミングに至る流れもすごくいい。あー、上手だなあ……と、しみじみ思うエピローグです。「マグマ噴射」という事象で起こった「地球を動かす」「埋蔵金を打ち出す」という二つの「動き」が、どちらもそれぞれ別の運命として収束しているのがいいんですよ。「地球を動かす」なんてオチはそれは浮かばないのですが、もし浮かんだとしても、そちらを大オチとして用意しがちで、きっと打ち出してしまった埋蔵金の方には何のオチもつけずに放っておいてしまうでしょう。それを金星に絡めてきちんと落ち着かせると言うのはすごいことです。これがこうなって……というドミノ倒しにも見えるけど、そこに一切余計なものが無くて、完成度の高い纏まり方をしています。こういうのを収斂されているというのでしょうか。本当によくできたお話です。それにしても「感動の涙を流したという」のくだりは面白すぎる。
 読ませていただいてありがとうございました。すごく楽しい物語でした。


>>386 空人さん:光の中に眠る想い


 投稿ミスかと思いました。
 それはともかく、雰囲気の操作がやはりお上手ですね。文字の反転は遊びか、もしくはお題がフリーだから自由でいいじゃないか、ということでやってみせただけなのかもしれませんが、こちらは反転して読んでいると、なんだか眩いような感じがしますし、それこそ物語のようにふわふわした前後不覚の、光に包まれた感覚がして、これもまたある種の成功かなとも思うのです。物語自体はとても穏やかで、勇者と魔王というワードの選び方も良かった。下手に複雑な設定を出されるより、読者の頭にすでに根付いているファンタジーの王道をここで持ち出しておくのは、他の部分に読者を誘導するにはいい手段でしょう。大切なのは、勇者の光が強いことであるとか、彼が人間として生きるために眠りについたことでしょうからね。個人的なことですが、名前を出さなかったのも好きなところです。雰囲気に見合っている。いったい「私」や連れは誰なのか、そういった部分にも惹かれます。それにしても、神の如き力を持った勇者が人間として生きるために眠るというのは面白い設定です。邪魔な神の力から「解放」されるために眠ったと考えると、勇者としての「自由」はここに在るのかもしれませんね。そして、眠りから覚めることでやっと「自由」になる。ただその勇者に焦点を置かず、敢えてずらして、それを導く役目を受けた少女、そして彼女をまたここに連れてきた「私」という物語の構造がまた面白いです。いったい彼女たちはなんなのでしょうか。想像もまた楽しい。役目を背負った女性がどのような想いを秘めているのかも、色々と考えさせられます。
 素敵な物語でした。読ませていただいてありがとうございました。



メンテ
Re: 【十一月期お題「果実」】お題小説スレッド【十月期お題「フリー」作品投稿期間】 ( No.389 )
   
日時: 2013/10/31 23:13
名前: 空人 ID:3HznHZX.

批評まで遅刻するわけにはいくまいよ。



>>384 白江さま:あなたの好きな色の橋

 村の出入り口にかかる珍しい色の橋は、世界を越えるための色。
 旅人の言葉に心は開き、少女は決意する。空を越えて行くことを。
 少女が橋に対して抱いていた嫌悪感は、そこを越える勇気の無い自分に向けてのものだったのではないでしょうか。
 この橋が自分の自由を奪っているのだと。
 しかし旅人は簡単にこの橋を越えていく。そしてそれは決して何かを縛るものでは無く、むしろ旅立ちを祝福するものなのだと知る。
 開かれていく少女の心の成長が、とてもうまく描かれているお話でした。
 ただそれはとても静かで穏やかで、少々盛り上がりには欠けていたかもしれないですね。


>>385 伊達サクットさま:水金火木土天海冥

 日本経済を救うはずの一大計画は地球滅亡を促す超展開。
 突っ込みどころで突っ込ませないほどの勢いで語られるサクットワールド全開のストーリーで、楽しく読むことができました。
 ここまではっちゃけていても物語が破綻しているわけではないという脅威のバランスが素敵です。
 首相が無謀とか、噴火のエネルギーがピンポイントで埋蔵金にとか、宇宙速度とか、燃える惑星とか、地球の質量はどうなったのかとか、星を覆うほどの金って……とか。
 まぁ、そんな事はきっとどうだって良いのです。楽しかったです。


>>386 自作:光の中に眠る想い ※(期間超過)

 考えていた話は書く時間が無くて、期間も過ぎたのに一行も書けてなくて。
 本気で白紙投稿を考えていたりしたのですが、『自由』とはいえさすがにまずいだろうと。
 だったら、短い話を考えて白文字で投稿してやれと思い立ったしだいであります。
 で、思いついたのがこんな話。
 投稿した後に修正もしたのですが、結局誤字やおかしな表現は残ったまま。
 お粗末な作品になってしまいました。申し訳ないです。

さて、次回は『果実』。
どんな実を味わえるのか楽しみにしたいと思います。
最近少々忙しいのですが、次回は遅れないようにしたいです。
ではー。
メンテ
Re: 【十二月期お題「雪」】お題小説スレッド【十一月期お題「果実」作品投稿期間】 ( No.390 )
   
日時: 2013/11/01 01:34
名前: 伊達サクット ID:4fFpaarE

遅れてすみません。


※敬称略です。


◆白江「あなたの好きな色の橋」

 白江さんはご謙遜なさってますが、ストーリーの作り方はとても丁寧だと思います。『水色の橋』という話の中核に、主人公や旅人、建築感の思いを映し出し、自然に移り変わる様々な色の変化とリンクさせている技術が凄いと思いました。
 旅人が去り、ストーリーを畳む段階になっても、「群青が闇に降りてきた」など、油断せず色にこだわっているところにも好感が持てます。そして、「わたし、いつか王都へ行くよ」で閉めるのもいい。
 単なる水色の変な橋に、果てしなく広がる空を見出し、渡った先の世界に壮大な自由を感じさせる一作でした。


◆自作「水金火木土天海冥」

 悟ったっ……! あまりに自由に書き過ぎると、批評する側は不自由極まりないという現実っ……!
 ざわ…… ざわ……


◆空人「光の中に眠る想い」

 真っ白やがな!(笑)
 本当に「世界に満ちる光をかきわけ」るような心持でした。眩しかったですw
 壮大なバックグラウンドを提示して、個々のドラマに切り込んだ形でしょうか。よく言えば雰囲気作りができているけど、反面、話に動きがないように思えたのが少し残念でした。
 それにしても「私」の存在が謎です。もしかしてこの人が神か、あるいはそれに近い存在だったりするのかもしれません。「人として普通の生活をほとんど体験していない勇者」というフレーズが面白かったです。勇者が生活力なさそうでニヤリとさせられました。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存