ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[4993] 【2016年度】お題小説スレッド【お題「去る」作品投稿期間】
   
日時: 2016/01/12 23:57
名前: 企画運営委員 ID:7PNV346o



『お題小説スレッド』へようこそ。こちらはあるお題に沿って読みきり小説を書き、その作品をみんなで批評し合う場です。
 初心者も上級者も関係ありません。うまくなりたいとお思いの方であれば、だれでも自由に参加することができます。一生懸命執筆し、一生懸命批評して、小説の技術を高め合いましょう。
 皆様のご参加をお待ちしております。

――――――――――――――――――――

>>002 【ルール説明】:必ず熟読して下さい。(※内容、一言の箇所を訂正しました。ご確認ください)
>>003 【批評のポイント】:批評をする際のポイントをまとめたものです。
>>004 【イベントルール説明】:イベントに関するルールです。必ず熟読してください





▼お題:第32回のお題は「種」です。
 二月に種をまくのか? と思いましたが、調べてみるとじゃがいもは二月にまくそうですね。……さらに調べてみると一年中、なにかしらの種をまいてるみたいです。
 そんなことは置いといて。「種」というお題には「たね」以外にも色々な解釈があると思います。みなさんがどのような作品を投稿してくるのか、楽しみにしております。
※第30回の作品投稿期間は2月1日(土)からです


▼お題:第33回のお題は「姫」です。
 三月なので(笑)
 というのはよくわかりませんが(ひなまつりだから?)「ひめ」というのは可愛らしい語感ですよね。私は緑の黒髪をした和服姿が思い浮かびます。桃色が似合いますよね。桃色……やはりひなまつりでしょうか。それでは、みなさんの作品お待ちしております。
 
※第31回の作品投稿期間は3月1日(土)からです


▼お題:第34回のお題は「嘘」です。
 嘘でした。


▼お題:最終回のお題は「魔法」です。
 奮ってご参加ください。


▼お題:第36回のお題は「友情」です。
 ネタでした。


▼お題:第37回のお題は「音」です。
 奮ってご参加ください。



▼日程(第32回)

1月1日       :お題発表
2月1日〜15日   :作品投稿期間
2月16日〜28日  :批評提出期間


▼日程(第33回) 

2月1日     :お題発表
3月1日〜1月15日 :作品投稿期間
3月16日〜30日 :批評提出期間


▼日程(第35回) 

6月1日     :お題発表
6月1日〜7月31日 :作品投稿期間
8月1日〜   :批評提出期間



▼注意もしくは削除対象となるお書きこみ
・荒らし
・荒らしへの反応
・自分や他人の小説の宣伝
・雑談、チャット化
・ルールに反するもの
・管理人が不適切と判断したもの

――――――――――――――――――――

>目次 >>001


>第32回 お題『種』参加作品(敬称略)

>>404 sakana:シロハの辻褄
>>405 伊達サクット:赤い種、青い種

================================================================================

▼リンク
小説講座/雑談所』(お礼や言い訳等はこちらへ)
旧お題小説スレッド』(前スレはこちらから)
ツイッター』(朔乱のアカウントです。お題の告知などをしています)

管理人:If 空人 朔乱  補佐:伊達サクット
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

時と光と ( No.35 )
   
日時: 2011/10/10 23:03
名前: 伊達サクット ID:0Ri04pik

 光の速さで移動する宇宙船が発明された。人類は技術の発展に歓喜した。
 その翌年、人類に更なる吉報がもたらされる。
 70年前に地球から、まだ見ぬ宇宙の隣人へ向けて飛ばした光電波。何と、そのメッセージが答えとなって帰ってきたのだ。これにより、地球の他にも文明を持つ星が宇宙に存在していたことが証明された。遥か宇宙の彼方から飛んできた電波信号を解読すると、こういった内容であった。

『初めましてストテラ。我々はあなたたちの星から光の速さで20年の距離に位置するストテラ星のエフバン人でストテラ。我々は宇宙で孤独な存在かと不安でしたが、遥か遠くに同じ宇宙の仲間がいると知って感無量ストテラ。地球という星は美しいそうですが、我々のストテラ星も負けずと美しいストテラ。現在我々は地球に飛び立つほどの科学力は持ち合わせていませんが、いつか出会う日を楽しみにしているでストテラ。ごきげんよう。ストテラ』

 その5年後、光速宇宙船でストテラ星へ飛び立つことが決まった。片道20年、往復40年、選りすぐりの宇宙飛行士たちは自分の人生を犠牲にし、地球人類の期待を載せて遥か宇宙へと旅立った。
 航海が始まり10年後、光速宇宙船に他の宇宙船がコンタクトをとってきた。初め乗組員はエフバン人とばったり出会ったのかと思ったが、接触してみると船から出てきたのは人間だった。しかも、彼らの代表者というのが祖国の政府の高級官僚であった。彼は松沢と名乗り、宇宙服越しに光速宇宙船の船長に事の次第を話し始めた。
「実は、君たちが宇宙を進んでいる10年の間に我々人類は空間を瞬間移動する方法を発見してしまったのだ。そのため20光年離れたストテラ星にも1日で行けるようになってしまった。技術の進歩の速さが光の速さを超えてしまったのだ。そして、既に我々はエフバン人との交流を始めている。君たちにとっては本当に残念な結果だが、この旅はここで終わりとなる。しかし、君たちは祖国に戻れば英雄だ。当然10年分の補償も国がする。さあ、我々と地球へ戻ろう」
 しかし、その話を聞いた船長はじめ乗組員は驚きもせず平然としていた。そして船長がゆっくりと口を開いた。
「そのことは知っていました」
「な、なんだって、そんなはずないじゃないか」
「いえ、未来の我々から聞かされたんです」
「未来?」
「はい、未来の私たちがタイムマシンに乗ってやってきたのです。10年前に。宇宙へ飛び立つ直前でした。そして我々に警告したのです。彼らは20年後の未来からやってきたと言いました。そして我々に、10年後にはワープの技術が実用化されてこの計画は頓挫すると伝えたのです。この光速宇宙船がストテラ星に着いた少し後に、ストテラ星でタイムマシンが発明されたとのことでした。そして、2つの星の友好の証として、地球のワープ技術、ストテラ星のタイムマシンの技術が交換されたのです」
「なんかややこしい話だな。それならそうと、なぜこんな不毛な旅にでたのかね?」
「誰も信じないでしょう。それに、我々はこの船に誇りを持っております。船乗りとしての。もちろん、この航海に自分の時間を犠牲にできないという乗組員は全員この計画から外しました、この船にいるのは全員志願者です。我々は是非この旅を成功させたいのです」
 松沢はしばらく考えていたが、決意が固いことを見取って彼らの意志を尊重することにした。
「分かった、宇宙局にはそう伝えておこう。必ず成功させろ、全員生きて帰ってこい」
 松沢が船長の肩をしっかりとつかんだ。互いに礼を交わした後、船長が思い出したように言った。
「松沢さん、話によると実は、地球製タイムマシンの初の乗組員って私たちなんですって。松沢さんが任命してくらたらしいですよ」
「馬鹿な、何で私にそんな権限があるんだ」
「科学省を引退した後、パイプのある宇宙局へ天下りするんですよ。そのおかげで我々は未来の自分達と会えたのです。感謝してます」
「我々の未来のためにも、軽率な発言は控えたまえ」
 松沢は苦笑して踵を返した。

(終)
メンテ
ヘッドフォン・マリー ( No.36 )
   
日時: 2011/10/10 23:59
名前: アリス ID:6W2YXxJU


「何なの、部屋に呼び出して」
「実は見せたいものが」
「だが断る」
「まだ見せてねーよ」
「え、指輪じゃないの?」
「ねーよ」
「早とちりしちゃった恥ずかしい」
「その恥ずかしがり方がまずねーよ」
「ウルセー」
「で、本題だけど」
「だが断る」
「何なの君」
「こんな質素な、男一人の下宿の部屋で見せられるものなんてロクなものじゃないわ」
「まあごもっともだけど」
「ばいばい」
「待て待て。質素なのは認めるけど帰るのは認めてない」
「何よ、早く本題に入ってよ」
「いや君だからね、本題に入るのを妨げたの」
「指輪だったら高級レストランの方が雰囲気あるわよ」
「だから違うって。見てくれ」
「なにこれ。ヘッドフォン?」
「そう。だがところがどっこい、実はこれ、ヘッドフォン型のタイムマシンなのさ」
「へえ。どうやって操作するの?」
「教えてもいいけど、別の時代に吹っ飛ぶよ」
「私、ジョン・レノンに会ってみたいわ」
「まあできなくはない」
「でも、時を超えるのって怖いイメージが」
「うん。失敗したら、二度と戻ってこれないぜ」
「なにこのポンコツ。リスクがでかすぎるわよゴミめ」
「ひでーよ」
「そうだ、野口英世も」
「お前のギャグがひでーよ」
「で、なんでこんなの私に見せてきたの?」
「君、ウェルズの『タイムマシン』読んでただろう。こういうのに興味があるのかなって」
「ねーよ」
「ねーのかよ」
「最近名作を読み漁るのにはまってて」
「なんだ、拍子抜け」
「で、タイムマシンを私に見せた理由はそれだけ?」
「それが違うんだ」
「早く言ってね。この後、教育テレビで『THE相対性理論と量子力学』を見なきゃいけないのよ」
「しっかり興味あるじゃねーか」
「教養よ教養。で、ほかの理由は?」
「実はね、君、将来僕と結婚するみたいだぜ」
「へー」
「うん」
「は?」
「ひ?」
「ふ?」
「へ?」
「ほんとうに?」
「昨日試しに未来に飛んでみたんだ。そしたら、僕と君、女の子を連れて公園を歩いてた」
「親戚の子かもしれないわよ」
「君にそっくりな子だったけど」
「実は七十歳年下の姪がいてね」
「何歳だよ君。それ、もはや曾孫だろ」
「私たち二人が歩いてた近くにたまたま私に似てる女の子がいただけかも」
「君の事、ママって呼んでたぞ」
「それ、私じゃないかもよ」
「ヘッドフォンしてた」
「えっ?」
「これを付けてたんだ」
「……」
「だから、今日は、これを君にあげようと思って」
「いいの? 大切なタイムマシンなんでしょう」
「いいんだよ別に。それに、未来の君、結構似合ってたしねヘッドフォン」
「……なによ。結局、これが指輪ってことになるじゃないの」
「まだわからないよ。あれはあくまで未来だから、変わるかもしれないぜ」
「変わってほしい?」
「さあどうだか。なるようになる」
「そうね」
「だけど、君にヘッドフォンを預けとく」
「どうして?」
「そこは、ご想像にお任せするよ」
「……変わってほしくないってことでしょ、それって」
「えっ?」
「なんでもない。わかったわ。預かる。大切にしてあげるわよ」
「よろしく」
「……」
「なんだその、不満足そうな顔」
「これからもよろしく、でしょ」




メンテ
Re: お題小説スレッド【第7回:作品投稿期間】 ( No.37 )
   
日時: 2011/10/15 20:02
名前: 企画運営委員 ID:/.dt6UGk

作品のご投稿お疲れ様でした。
 11日(火)〜31日(月)は批評期間です。作品をご提出なされた方は必ず全作品の批評を行ってください。批評だけのご参加もお待ちしております。


第7回『時間』:参加作品 >>32-36(敬称略)

>>32 空人:タイムパラドクスとミドルネームの関係性についての考察
>>33 sakana:境に佇む彼は
>>34 If:時守人:第二章一話
>>35 伊達サクット:時と光と
>>36 アリス:ヘッドフォン・マリー
メンテ
Re: お題小説スレッド【第7回:作品投稿期間】 ( No.38 )
   
日時: 2011/10/16 04:51
名前: If◆TeVp8.soUc ID:69.bh3MY

眠気に負けて間違えて雑談所に投稿しちゃったのは内緒の話。ということで、こんにちは!
学校ってなんでこんな疲れるんでしょうか! 毎日同じ時間に起きるとか無理すぎる。
学校には遅刻してもお題の締め切りに遅れるわけにはいかないので、時間があるうちに投下します。私にしては珍しく余裕な時期。いつもこうでありたい。いや、無理ですが^q^
私が一番乗りとか雪降るかもね、って言おうとしたんですが、そろそろ雪降ってもおかしくない時期ですね。昼夜の気温の差が激しいので、みなさんお風邪など召されませんよう。
前置き長くなっちゃった。では、批評の方に。批評というか感想です。


>>32 空人さん:タイムパラドクスとミドルネームの関係性についての考察
文章が、また読みやすくなっていますね。この上達速度は本当に羨ましい限りです。すごく努力されてるんだろうなあ。
ところどころ笑えて、楽しかったです。長いミドルネームは特に笑いました。そして直美さんかわいいです。本当に空人さんの女性キャラは毎度魅力的。
ただ、今回はお話の方が……ちょっと物足りなかったかなと思います。発想で押し切ってしまったような印象を受けました。だからこそ会話などで工夫を凝らしていらっしゃったんだと思いますし、それはもちろんとても良かったのですが、それでももう一歩何かがほしかったかなあと。(ご本人もチャットで仰ってましたが)
せっかくいい発想だったので、それを活かせるようなストーリー、話の展開があればもっと良かったかなあ。あと、終わりにも、もうちょっと何かあればよかったかもしれません。これから先が気になって気になって、そっちに注意が流れちゃう。短編とはいってもやっぱり物語ですから、終わりってインパクト欲しくなるんです。わがままです。私もできてません^q^
会話主体の話で読者を楽しませるのは、とても難しいと思います。「動」がほしかった。このタイプのお話では難しいとは思うんですが。
SF難しいですよね。私も挑戦してみればよかったかな。タイトルがいつもの空人さんらしくなくて、どんなお話なんだろうって興味を惹かれました。

>>33 sakanaさん:境に佇む彼は
いつもとはちょっと違うお話ですね。漂う雰囲気は一緒でいつものsakanaさんらしいんですけど、形式が違う。こういうチャレンジャーなところはすばらしいと思います。読んでみても、新鮮な感じがして、面白かったです。
個性豊かな登場人物たちの語りが小気味よくて楽しかったです。ついこっちまで微笑みたくなる。門番の心情は何も書かれてないんですけど、なんとなく話を聞けるうれしさと言うかそういう感情を共有しているような気分になります。
少し思ったのは、いつもより時間がなかったのでしょうか。sakanaさんのお話で物足りなさを感じることはそんなにないんですけど、今回はちょっと、特に最後急いでるなあと思ってしまいました。
旅人の話があって、それから町が滅びてしまうまでの間がかなり飛んでるように感じました。それまでがじっくりじっくり進んでいたので、それもその部分を際立ててしまった原因のひとつかもしれません。
門番に関してもう少し情報が欲しかったのも、もうひとつ。門番に何も語らせないところはすばらしかったので、語り手たちにあと少しだけ門番に関して喋らせてほしかったかなあ。
ラストの悲しさは強烈で、すごく印象的でした。最後の一文が特にすごい。心に響きます。

>>34 If:時守人:第二章一話
とりあえずタイトルが。夜通し書いてもう疲れてしまって、適当度が半端ない。言い訳しましたが、今考え直してみてもロクなものが思いつきません。これはなんてタイトルをつければよかったのかな。
薄味ですね、中身も。色々突っ込みすぎて失敗した感。いつかこれは長編で書きたいと思います。もっとしっかり練り直してから。
短編ってどうやればいいのかなあ。試行錯誤を繰り返していますが、中々上手くいきません。今回もちょっと新しい試みでした。始めから短編の中で収めきることを放棄して書いたので。でも、上手くいかなかった^q^
手厳しい批評をいただければ、と思います。

>>35 伊達サクットさん:時と光と
「ストテラ」とか展開とか、端的な文章と話の流れとか、全体的にサクットさんらしいお話だなあという印象です。
これだけ短いのに、ドラマチックでびっくりしました。光速宇宙船の乗組員たちの男気がかっこいいです。
たぶん好みの話になってしまうと思うんですが、さきほど「端的」と書かせていただいた文章のことで少し。
必要不可欠な情報はきちんと書かれていますし、一文一文が短くて率直な文はリズムよく読めるのですが、個人的には、ちょっと物足りないかなあと思います。
かなり登場人物と距離をとった三人称で書かれているので、その中で心理描写しろって要求するのは酷かもしれないですけど、読みたかったです。これもわがまま。
この場合は松沢さんに寄って書くのがいいのかなあ……誰かに移入して読みたかったなと思います。移入できないと、どうしても物語との距離を感じてしまうので。
ですが、絶対にそうしなくてはならないというのではなくて、やっぱりこれは私の好みの問題だと思います。神視点の物語だって存在しますし。

>>36 アリスさん:ヘッドフォン・マリー
いつも本当にアリスさんのタイトルはセンス抜群で羨ましすぎます。どこから出てくるんですかその発想は!
一回目のお題と一緒で会話文だけのお話になっていましたが、どうしてこうも面白いのかなあ。ちょいちょい横道にそれるのもいいです。はひふへほんとうに、とかリズムもいいし。
最後もとても微笑ましくて、良かったです。ただ、私はやっぱり地の文も書いてほしかったなあと思ってしまいます。というのは、物足りない。もっと読みたいと思っちゃう。
例えば男の人が未来の女の子を見つけた瞬間とか、そのときの気持ちとか、あとはプロポーズまがいのことをされて女の人側はどう思ったのかとか……今のままでもすごく想像させてくれるし、それがこの形式の物語の魅力だとも思うんですけど、アリスさんの文章でそういうのが読みたいと思うんです。(時間がなかったのは知ってるので、無理な要求ですが)
ただ、もともと会話形式で書こうって決められてから書かれてたのも知っています。最初から会話形式として見るなら、かなり完成度の高い物語であることは間違いない。さすがです。
しばらくアリスさんの物語が読めないと思うと寂しいです。また春、戻ってこられるのを楽しみにしています。大変かと思いますが、がんばってください。



面白かったですが、今回は前回と比べるとちょっとみなさんお急ぎモードかなという印象でした。もちろん私も含めて。
みんなお忙しいのかな。参加者数も控えめですね。月一ですから参加しましょうぜ! 短編なのでお手軽ですよ!
では、勧誘もしたことですし、今回はこれにて! 参加者と管理の皆さんお疲れ様です。作品と批評を読んでくださった方、ありがとうございました!
メンテ
Re: お題小説スレッド【第7回:作品投稿期間】 ( No.39 )
   
日時: 2011/10/26 20:13
名前: 空人 ID:musrRkKQ

一ヶ月以上やってないと、批評の仕方も忘れますね。
えと、おかしなところがあったら教えてください。


>>33 sakana様「境に佇む彼は」

 小さな繁栄を見せる街で、それを見守る存在を周りの視点から導き出すその手法は、見事だったと思います。ただ、台詞のみで表現されていたので、門番さんに話しかけている人物がどんな人物なのか、どういう動きでどういう表情をしたのかが読み取りにくかったです。
 門番さんが今の状態に成るに至った経緯も、もう少し明確にしても良かったのではないでしょうか。
 ストーリーは温かく、そして切なく。とても良かったと思います。話しかけてくる人物が少しずつリンクしているのも上手く描かれていて、面白かったです。


>>34 If様「時守人:第二章一話」

 歴史の改変に対する危険性を軸に良く練られた作品だったと思います。世界観、時間遡行の必要性、登場人物の性格、過去の話など、物語にとてもよく合っていて素晴らしかったです。
 本当に長い話の一部分だけをくり抜いて出された感じがしますね。第二章の一話というタイトルはなるほどという感じでした。ただ、それが短編お題に適しているかと問われれば、首を捻るしかないのですが。
 この話の結末に何が待っているのか、教えて欲しいです。


>>35 伊達サクット様「時と光と」

 長距離の宇宙航行における危険性と、仕事に誇りを持つ男たちの思いを描いた作品でした。
 40年という歳月が無駄になるとわかっていても、宇宙へと旅立った彼らは、誰にも褒められる事も無く。ただ自分たちの仕事に対するこだわりは尊敬に値するものなのかもしれません。
 オチも秀逸。


>>36 アリス様「ヘッドフォン・マリー」

 会話だけの文章で、これほどの完成度を出せることがまず素晴らしいです。
 物語がしっかり出来ているし、掛け合いも面白いです。それに、台詞からでも彼らの表情は詳細に伝わってくる。変に凝らず、ハッピーエンドな感じが良かったんだと思います。
 楽しく読むことが出来ました。ありがとうございます。


>>32 自作「タイムパラドクスとミドルネームの関係性についての考察」についての考察

 出オチですね。ワンアイデアではじめて、終わらせるには勢いだけではダメと思い知らされました。ちゃんと締めてあげたかった、ただそれだけです。



そろそろ受験シーズンも近付いて、ストテラはますます寂しくなるのかもしれません。
だけど、人も活気もきっと帰ってくるものだと信じてます。
だから僕は、懲りずに次回も参加するのですよ。

※茶野さんからラフ画を頂いたので、それを元に少しずつ描き進めています。(←結局描く事になった人
 もし、自分も茶野さんのキャラクター描きたいという方が居ましたら、ラフ画をお渡ししますので僕が居る時にチャットの方へ来ていただけると嬉しいです。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存