ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[4993] 【2016年度】お題小説スレッド【お題「去る」作品投稿期間】
   
日時: 2016/01/12 23:57
名前: 企画運営委員 ID:7PNV346o



『お題小説スレッド』へようこそ。こちらはあるお題に沿って読みきり小説を書き、その作品をみんなで批評し合う場です。
 初心者も上級者も関係ありません。うまくなりたいとお思いの方であれば、だれでも自由に参加することができます。一生懸命執筆し、一生懸命批評して、小説の技術を高め合いましょう。
 皆様のご参加をお待ちしております。

――――――――――――――――――――

>>002 【ルール説明】:必ず熟読して下さい。(※内容、一言の箇所を訂正しました。ご確認ください)
>>003 【批評のポイント】:批評をする際のポイントをまとめたものです。
>>004 【イベントルール説明】:イベントに関するルールです。必ず熟読してください





▼お題:第32回のお題は「種」です。
 二月に種をまくのか? と思いましたが、調べてみるとじゃがいもは二月にまくそうですね。……さらに調べてみると一年中、なにかしらの種をまいてるみたいです。
 そんなことは置いといて。「種」というお題には「たね」以外にも色々な解釈があると思います。みなさんがどのような作品を投稿してくるのか、楽しみにしております。
※第30回の作品投稿期間は2月1日(土)からです


▼お題:第33回のお題は「姫」です。
 三月なので(笑)
 というのはよくわかりませんが(ひなまつりだから?)「ひめ」というのは可愛らしい語感ですよね。私は緑の黒髪をした和服姿が思い浮かびます。桃色が似合いますよね。桃色……やはりひなまつりでしょうか。それでは、みなさんの作品お待ちしております。
 
※第31回の作品投稿期間は3月1日(土)からです


▼お題:第34回のお題は「嘘」です。
 嘘でした。


▼お題:最終回のお題は「魔法」です。
 奮ってご参加ください。


▼お題:第36回のお題は「友情」です。
 ネタでした。


▼お題:第37回のお題は「音」です。
 奮ってご参加ください。



▼日程(第32回)

1月1日       :お題発表
2月1日〜15日   :作品投稿期間
2月16日〜28日  :批評提出期間


▼日程(第33回) 

2月1日     :お題発表
3月1日〜1月15日 :作品投稿期間
3月16日〜30日 :批評提出期間


▼日程(第35回) 

6月1日     :お題発表
6月1日〜7月31日 :作品投稿期間
8月1日〜   :批評提出期間



▼注意もしくは削除対象となるお書きこみ
・荒らし
・荒らしへの反応
・自分や他人の小説の宣伝
・雑談、チャット化
・ルールに反するもの
・管理人が不適切と判断したもの

――――――――――――――――――――

>目次 >>001


>第32回 お題『種』参加作品(敬称略)

>>404 sakana:シロハの辻褄
>>405 伊達サクット:赤い種、青い種

================================================================================

▼リンク
小説講座/雑談所』(お礼や言い訳等はこちらへ)
旧お題小説スレッド』(前スレはこちらから)
ツイッター』(朔乱のアカウントです。お題の告知などをしています)

管理人:If 空人 朔乱  補佐:伊達サクット
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: お題小説スレッド【第8回:作品投稿期間】 ( No.55 )
   
日時: 2011/11/28 20:56
名前: 文旦 ID:tywxX3Vg

 初のお題参加です。はじめましての方もいらっしゃるかと存じますのではじめまして。
 多分に主観の混じった批評ですが率直を美徳に以下拙筆。


>>46 空人様:貴方に捧げる果実
 言い訳すると、読む前から自作に取り掛かっていたため、投稿して目を通したときはびっくりしました。ネタ被りをしれっと出してしまった! でも方向性が全然違うものですしセーフでしょうかね?

 ちょっとアダルティックなおとぎ話という感じであります。ヴァンパイアが今日まで創作題材に活用されるのは吸血行為から漂うフェティシズムであり、飢餓と性的欲求という非常に明快かつ普遍的な要素を孕んでいるからで、冒頭から繰り出される甘い文はまさにその体現。
 血は生の象徴であり、血を分け与えることは相手に自らの生を分け与えること。命を救い、衣食住も与え、なお自身を相手の内部に流し込もうとする。傲慢や狂気と断じきれない、いささか哀れな情念が窺えます。
 ただ行為自体はブッ壊れてるのでしょうが、いかんせん行為そのものに注目させたい作者の欲求が勝ってしまい経過がおろそかになっている印象です。「元気になった彼が離れていくという不安」もせっかく良質な供給場所を得た彼がそんなことするかなあ、とか。自らを「化け物」と呼称する彼、おそらく迫害されてきたろうと想像できる一文が先にあるため、かえってそんなの杞憂じゃんと自分は思いました。女は恋ゆえに通常の思考回路ができてないとか色々理由は付けられそうですけども。
 クロージングが好きです。さらに言えば「だから今は、この瞬間を楽しもう。」ですっぱり終わっていればもっと好きでした。現状維持って気持ち悪いですよね(褒め言葉です)。


>>47 かなちゃん王女様:胎児
 胎内って面白いですよね。臍帯は電話線状のゼリーのようですし、綿雲は羊水の不純物かな? グミは胎盤とかでしょうか。ジュースには「体液」「精髄」「活気」などの意がありますし色々と想像力を掻き立てられます。
 生まれる以前の世界をアリスで表現している辺りも興味深いです。永遠の少女の象徴たるアリスが魂とすれば性欲の権化たるウサギは肉でしょうか。
 全体を通して絵本らしく、この長さが丁度いいと思えますね。長すぎるとペースが崩れ短すぎると味がでない。難しい配合をうまく確立させていると思います。かわいらしい雰囲気ですが、どこかせつないような空気も含んでいる。胎内の暗さが胎児の見る夢の陽るさを引き立てているようです。この明暗が生死であり、つまりは出産なのかもしれません。ファンタジー。


>>48 如月 美織様:ジュースと陰謀
 「ロマンスグレーのおじさま」になんか笑いました。それまでの雰囲気と落差があったので。意図して転ばせたのならばいらぬ指摘ですが。
 設定はすごく面白いです。面白いんですが生かしきれてない印象も多々見受けられ、それが見えないところでなく見えるところに位置するため気になります。いや、物語じゃーんって言われればおしまいなのですが。とりあえず「機械かなんかを使って人工的に」ジュースを降らせるなら最初から王国全体を赤い雨で覆って、片っ端から魔物のいる世界に追い込めば楽勝って思ったんですけど、話的に駄目ですか。
 そもあの一文で疑問だったのは<『彼』がジュースぶっかけて現実に来た魔物→老人がジュース雨降らせる→現実に来た魔物雨に打たれる→魔物また異次元に移動する>とかなりません? 何のための雨でしょう。それともあれはやはり人間を移動させる雨なんですか? なら「泣き叫ぶ人間の声」は異次元にあるから聞こえないはずだよなあ…あれー? ここちょっと本気でわからなかったです。他にもちょいちょい引っかかるところがあり、話としては疾走してるはずが立ち止まりつつ読んでしまいました。嫌味のない皮肉は面白かったんですけどね。
 ついでにもうひとつ、子供に歌わせる必要あったのかなあ…最初の最初からどういう話か読めちゃうのは個人的には好きじゃないです。でなくともその辺の子供が異世界についてならまだしも、何でジュースのことについて知ってんでしょう。ロマンスグレーのおじさまが異世界に行きたい奴集めるため餌ばら撒いてたとか理由はつけれそうですが。


>>49 If様:うそつきなおいしゃさん
 すみません、状況が自分の周囲と被ってて笑っちゃいました。私見が入り乱れて純粋な目で作品を見れない!
 言葉のチョイスや語り口は洗練されていて、展開の持って行き方もさすがの一言。場面場面の切り取り方が実にうまいです。無駄がない。
 ただ、そつがないって感じもちょっとしました。話が話だけにもっとグチャッとした、消化しきれない気色悪さもほしかったなと贅沢な注文をしたくなります。おいしい作品だからこそもっとほしくなるんでしょう。
 手慣れている、という感じを読み手に意識させなければ「安易な鬱」にはならなさそうです。今回、実質二者択一なようで路線決まってたようなものでしたから。
 少女が精神年齢幼児のまま外観は大人、とか不毛すぎる年月が窺えたらさらに後味悪いよなーとふと思いました。

 ここからチラ裏:
 生きる力を失った生物は淘汰されるのは自然の習いで、自分で意思決定下せない人間を他人の裁量で無理に生かすのは自己満じゃねと俺は思います。心も死んでいて、肉としても薬物や補助剤無しでは生きる力が無い。それって生ける屍どころか腐ってるじゃん。命を救うって行為を『何が何でも生かす』と直結させるべきでなく、救済を重視するなら尊厳死も視野に入れるべきではなかろうか。尊厳なんてとうの昔に朽ち果ててたとしても。


>>50 自作:過分離
 血膿と血豆という名の姉妹の案は前からあって、特殊な名前にするなら特殊な人物にしようという思惑もありました。
 解題すると『俺』はジューサーでちうみ=血とちまめ=精液を中和する存在です。本来遺伝子情報をミックスさせる性交において卵子の時点で遺伝子の特徴ごと過分離した存在=人外双子を後天的に繋げる間男で、作中でも言ってるよう『俺』は恋人関係ではなく愛憎関係にある姉妹のダシにされています。「人に代わりはいない」の後の「潤滑油の代わりに攪拌機」はそういうことです。
 血と精液という組み合わせはレディーガガの香水でそこから発想を得、カクテル・ドラッグ・クラブミックス溢れるダンスフロアと芋蔓式に広がった感じです。曲は状況とシンクロさせてたり自己満。

 如月美織様の疑問については、双子は人外なので人間めいた死では死にません。人の基準では死んでますが人外の基準では生きていると言える、がより正しいかたちです。「またやりぁがったな」等ある通り、姉妹は殺し合いをするのが日常なのです。
 あくまでも無責任な一般人の一人称を貫きたかったため非現実な部分は最後を除いてぼかしてみたんですが、単なる説明不足ともなる板挟み。情報の開示基準は難しい…。
 なおインキュバスは男名であり、作中での明文化は親子関係を表したものです。インキュバス(父)とバンパイア(母)の娘たち(ちうみバンパイア、ちまめサキュバス←女名)です。


>>51 伊達サクット様:食の流動
 ストレートにお題に取り組んだストレートに面白いお話でした。王道の重要性がよくわかります。
 『食』というわかりやすい問題を挙げることでファンタジーにも関わらずすんなり世界に入っていけましたし、終始設定の面白さをうまく生かす話の盛り方で楽しく読めました。
 オーガニックVS化学調味料は終わりのない戦いですね。味の素にはお世話になってます。味覚音痴とか薬漬けとか言われようとすべての人間が口にするものみなオーガニックとなると生産がとても追いつかないでしょうし、オーガニックというブランド自体粗悪になっていくでしょう。エディアは志はともかくとして「安かろう悪かろう」の路にいき、ゼダはあくまで品質にこだわりいつか「高かろう良かろう」を「安いし良い」に変えられると信じており、その未来を弟子エディアに見出していたがゆえの失望なのでしょう。だが師匠、その荷は若人にはちと重すぎる。
 しかるに代用食の氾濫や、保存が効きすぎる得体の知れない食糧などは近代化の弊害ではなくむしろ必然。体内で直接血肉になるものに無頓着になる(ならざるを得ない)という状況は文明の発達がためある意味人間性を追求した結果なのでしょうが、生物的には三大欲求を蔑ろにしてまで生きるとは愚劣の極みであり人間って頭おかしいですね。ジャンクフードと同じで魔法糖にも中毒性があったりしそうです。こわ!
 現実とリンクした問題なだけにどう〆るか気になっておりましたが、答えはひとつじゃない、また問いは限定されていないという終わり方、とても広がりがあってよかったです。


 ようやくお題部屋に参加できたのは嬉しくありますが、同時に『読む』力が本格的になくなりつつあると痛感しました。いかんなー。もっと素直に物事に取り組めるようになりたいです。
 まあぐだぐだ言う前に書け読めって話なのでこれからもできうる限り参加させていただきたくあります。改めてよろしくお願いいたします。
 それでは皆様おつかれさまでした。
メンテ
Re: お題小説スレッド【第8回:作品批評期間】 ( No.56 )
   
日時: 2011/11/30 22:57
名前: 空人 ID:5rSMyth2

 先ず、今回自分のわがままで執筆期間が延び、それに伴って批評期間が短くなってしまった事を深くお詫び申し上げます。
 また、投稿し批評をくれた皆様に、心から感謝したいと思います。
 ありがとうございました。



>>47 かなちゃん王女様:胎児

 リズミカルな言葉選びに芝居がかった台詞回し。まるでミュージカルを読んでいるような感覚は独特の雰囲気で、読んでいてとても楽しい気分になりました。
 タイトルから考えて、これは母親のおなかに宿る以前の子供の魂の在り方を表現したのでしょうか。不思議で長閑でなのにどこか壊れやすい、そんな世界観がアリスの世界に良く合っていて素晴らしいと思いました。
 ジュースというよりは素材まるかじりって感じでした。


>>48 如月 美織様:ジュースと陰謀

 重なり合うもう一つの世界を利用して、世界に根付き根幹の一つにもなっている巨悪に戦いを挑む。けれど、その担い手は心に闇を宿していて。
 面白い設定だったと思います。短編としてしっかり読ませる構成になっているのが好印象です。
 だけど説明不足というか、設定が片寄っている様にも感じました。
 ただただ理不尽な大きな力として描かれている政府。これでは嫌悪するのに少し物足りないです。重なり合ったもう一つの世界。そこに生息する魔物たち。彼らは生き物として扱われていないように感じました。彼らが虚構なら、もう一つの世界が存在する意味がわかりません。
 ジュースに関してはしっかりとした設定があったものの、その設定は必要だったのか疑問に思うところもありました。
 主人公の今後についても、ただ絶望させるのではなく、どこかに逃げ道を見出せる方が主人公の性格を活かす事が出来たのではないでしょうか。
 果汁10パーセントくらいで、加糖有り着色料有りのジュースといったところでしょうか。


>>49 If様:うそつきなおいしゃさん

 辺境の小さな村の医療環境の厳しい現実。現状で手の付けられない病と対峙した時の医者の苦悩が良くあらわされていました。
 長年勤め上げた医者としての地位、村人たちからの信頼も深かったのでしょう。それ故に、“自分ではどうする事も出来ない症例”を抱え込んでしまった時の絶望は計り知れないものだったのではないでしょうか。
 仕事を引き継ぎが済んだ時に見せた涙は、少女への謝罪でも憐れみでもなく、自分への、肩の荷が下りたことへの安堵が滲んでいたように見えました。
 老医師の物語の描き方は秀逸だったと思います。
 ただ最後の終わり方は、物足りないように感じました。
 せっかく若い医師が引き継いだのですから、病状の改善を考える努力をさせるべきだったのではないでしょうか。そうではないのなら、より悪い状況へ少女と主人公をおとしめて終わるとか。
 不毛な状況をも、ただ引き継いでしまうのでは老医師の背負ってきた時間が無駄になっているように思えて残念でした。
 一種類の野菜を煮詰めた野菜ジュースかな? 苦いです。


>>50 文旦様:過分離

 酒と暴力と音楽とファッションと性と欲と。それはとても人間の闇の部分に密接に寄り添っていて。なのに登場人物は人外なわけです。
 なんだか小説を読んでいるというよりは、音楽を聞かされている様な感覚におちいりました。文章のリズムがそうさせたのかもしれません。それにしてはリズムが狂っているようにも感じたかもしれないです。
 どこかふらふらしていて危なっかしい主人公がどこに落としどころを持っていくのかなと思ったら、結局ああ最初っから終わってるんだっていう印象です。
 そうですね、ミックスジュースにアルコールを入れたらあんまり美味しくないという事を教えてもらえたという感じ。(褒めてます)


>>51 伊達サクット様:食の流動

 意見を違えた師弟の栄光と衰退。お互いの主張には頷けるところが有り、またそうでもないところも有り。だからこそ反目しあう二人。
 師匠には長年の研究に基づいた経験があり、弟子が言っている事も考えている事も理解できていたのだと思います。それを止められなかったのは弟子の成長を思ってのことだったのか、それとも説得できるだけの自論を持っていなかったのか。後に偉業を成し遂げて見せるのだとしても、どこか生前にその片鱗を見せて欲しかったです。
 弟子は弟子で、一応の成功を見せるまでに成長しているのですから、突然見せ付けられた本物に絶句と後悔を見せるだけでなく、奮起する姿も描いて欲しかったです。
 ……などといろいろ言っていますが、要するに国土中に認められた魔法糖という技術をまるで悪いもののように描かれてしまったのが残念だったなと思ったわけです。
 ストーリーは良く出来ていて完成度の高い作品でした。
 100%のジュースを作ったけど飲みにくかったから薄めて調整したら美味しかった様です。


>>46 自作:貴方に捧げる果実

 いつもとは違った雰囲気をと思ったんですが、出来ていたかは定かではありません。
 さて、最後に彼女が彼に飲ませたものはなんだったんでしょう?

 1.どろ〜り濃厚! 濃縮還元トマトジュース
 2.新鮮果実でサラサラ! 自分の血液
 3.元気一発! 赤マムシドリンク

 答えはWebで!


言いたい放題言ってますので盛大にスルーする事をオススメします。
次回は『誕生』ですね。
皆様がどんなものを生み出してくれるのか、とても楽しみです。
ではー。
メンテ
Re: お題小説スレッド【第8回:作品投稿期間】 ( No.57 )
   
日時: 2011/12/01 06:05
名前: 企画運営委員会 ID:OvhWyggI

【第八回総評】
 六時間ほど遅れてしまいました。申し訳ありません。
 抽象的な表現になってしまうかもしれませんが、今回は深みのある作品が多かったという印象です。読む人によって受け取るものも感じるものも違ったのではないでしょうか。私も読むたび考えさせられるものがあって、とても興味深い回になりました。
 しかしながら、前回同様物語の筋が弱いものが多かったのも今回のひとつの特徴と言えると思います。要約すると苦労せずとも一行や二行でまとまってしまうようで、もう少し工夫や“練り”が必要だったかもしれませんね。シンプルが良いこともありますが、あまりに飾り気がないものも寂しいものです。タイトルも同じく、もう一歩捻りがあってもよかったかもしれません。急遽執筆期間を延ばすこととなり、その影響が出てしまった部分もあるでしょう。しかし、延長によって多くの方のご参加を得ることが出来たのは、初参加の方も二名もいらっしゃいましたし、大変喜ばしいことでした。参加してくださった皆さん、ありがとうございます。
 執筆期間の延長について(毎月10日までではなく、もう少し長くすることを考えています)は、今企画運営委員会のほうでも検討しております。ご意見などございましたら、ぜひ雑談所にお寄せくださればと思います。よろしくお願いします。
 今月もまた執筆期間に入りましたね。テーマは誕生。今度もどのような作品が集まるのか、楽しみにしています。お題練習部屋は批評がいただける貴重な場です。みなさんぜひふるってご参加ください!
メンテ
Re: お題小説スレッド【第9回:作品投稿期間】 ( No.58 )
   
日時: 2011/12/01 19:06
名前: 企画運営委員会 ID:nSJ3MzeQ

 こんにちは。
 第9回「誕生」の作品投稿期間となりました。
 作品投稿期間は12月1日(木)〜12月10日(土)までとなります。
 ルール説明>>002 を熟読の上、ご参加ください。
 皆様の力作お待ちしております。
メンテ
真っ白カーッペット ( No.59 )
   
日時: 2011/12/02 23:32
名前: 夢華 ID:XHfUzBmY


 冷たい、風というものは、あたくしの頬を通り過ぎ、すぐに見えなくなりました。
 外に出たら、そこは、白い白いじゅうたんがしいてありました。
 
「これは、何でしょう?」

 はてさて、困ってしまいました。



 突然ですが、あたくしが住んでいるところは、ずっとずっと真っ暗なところでした。お昼も、夜もなくて、ただただ、真っ暗なところでした。
 お家の中にある電球たちが、ずっと忙しく働いているところでした。
 ずっとずっと昔の、あたくしのお婆様が子供の頃は、太陽というものと、月というものがずっとあたくしたちを照らしていてくれたそうです。
 けれど、その二つのものは、遠くに行ってしまったと、お婆様はあたくしに教えて下さいました。

「太陽さまとお月さまは、遠くへ行かれたのですよ」

 お婆様が昔、そういっておりました。
 お外には、美しいものがたくさんあるとお婆様は教えて下さいました。けれど、もうそれを見ることはないのだと、嘆いてもおりました。
 
「お外には、雪という、それはそれは美しいものがあるのですよ」
「お婆様、それはどういうものなのですか」
「美しく、綺麗な、白銀の世界です」

 お婆様は、白銀の世界を、もう一度見たいとおっしゃっておりました。
 あたくしは、お婆様の願いを叶えたいと思いました。
 そして、そして、――――。



 「ああ、これが雪なのですね」

 あたくしはやっと理解しました。そう、これが雪なのです!
 お婆様がおっしゃっていた、白銀の世界が、今、あたくしの目の前に広がっておりました。
 きっと、持ち帰ることができたら、お婆様は喜んでくれます!

「つ、めた、い!?」

 しゃがみこんで、雪の中に手を入れてみましたら、手がきゅううんと冷え込みましたので、あたくしは驚いてしまって、つい、雪にしりもちをついてしまいました。
 そうしたら、雪に当たった部分も冷えていって、初めての体験にあたくしはつい怖くなって、ほろほろと涙が出てしまいました。
 その時、また、あたくしの頬に何か冷たいものが当たりました。

「な、何ですの?」

 あたくしは上を見て、驚いて声が出なくなってしまいました。
 お空から、小さな白いものが、ぽつぽつと降ってきていたのです!
 ぽつ、ぽつ、とお空から溢れるように生まれるそれは、なんと、雪でした。

「冷たいです、これでは持ち帰れませんわ」

 つい、独り言を呟きましたが、吸い込まれるように音は消えていきました。
 ふと横を見てみますと、先ほどあたくしが手をついてしまって、手形が残っていたはずの雪が、新しく降ってきた雪と重なって、手形を消していました。
 雪は、ぽつぽつと降ってきておりました。



「と、いう夢を見ましたのよお婆様」

 あたくしは早速、先日の夢をお婆様にお話しましたの。
 そうしたら、「雪とはそういうものですよ」と言われましたので、あたくしは驚いてしまいました。なんと、あたくしの見ていた夢は、本当のことだったのです。

「お婆様、雪はどこから生まれますの?」

 あたくしは、思ったことをお話して見ました。そうしたら、お婆様はにっこり笑って、教えて下さいました。

「雪というものはですね、お空から生まれるのですよ」
「お空?」
「はい、雨が寒さで固まって、お空から落ちてくるのです」

 素敵でしょう、とお婆様は雨が雪へ姿を変えるのが美しいとおっしゃいました。
 あたくしもそう思いました。
 それに、たとえあたくしの夢でしても、外を見ることができたのが、とてもうれしゅうございました。
 また、雪を見たいと思いました。



 ぽつりぽつりと、真っ暗なお空から、真っ白な雪が降った日がありました。
 それはとても幻想的で、あたくしは、空から生まれた雪を、ただただ真っ直ぐに見つめていました。
 優しくて、温かさを感じる、冷たい白銀でした。
 
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存