ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[4993] 【2016年度】お題小説スレッド【お題「去る」作品投稿期間】
   
日時: 2016/01/12 23:57
名前: 企画運営委員 ID:7PNV346o



『お題小説スレッド』へようこそ。こちらはあるお題に沿って読みきり小説を書き、その作品をみんなで批評し合う場です。
 初心者も上級者も関係ありません。うまくなりたいとお思いの方であれば、だれでも自由に参加することができます。一生懸命執筆し、一生懸命批評して、小説の技術を高め合いましょう。
 皆様のご参加をお待ちしております。

――――――――――――――――――――

>>002 【ルール説明】:必ず熟読して下さい。(※内容、一言の箇所を訂正しました。ご確認ください)
>>003 【批評のポイント】:批評をする際のポイントをまとめたものです。
>>004 【イベントルール説明】:イベントに関するルールです。必ず熟読してください





▼お題:第32回のお題は「種」です。
 二月に種をまくのか? と思いましたが、調べてみるとじゃがいもは二月にまくそうですね。……さらに調べてみると一年中、なにかしらの種をまいてるみたいです。
 そんなことは置いといて。「種」というお題には「たね」以外にも色々な解釈があると思います。みなさんがどのような作品を投稿してくるのか、楽しみにしております。
※第30回の作品投稿期間は2月1日(土)からです


▼お題:第33回のお題は「姫」です。
 三月なので(笑)
 というのはよくわかりませんが(ひなまつりだから?)「ひめ」というのは可愛らしい語感ですよね。私は緑の黒髪をした和服姿が思い浮かびます。桃色が似合いますよね。桃色……やはりひなまつりでしょうか。それでは、みなさんの作品お待ちしております。
 
※第31回の作品投稿期間は3月1日(土)からです


▼お題:第34回のお題は「嘘」です。
 嘘でした。


▼お題:最終回のお題は「魔法」です。
 奮ってご参加ください。


▼お題:第36回のお題は「友情」です。
 ネタでした。


▼お題:第37回のお題は「音」です。
 奮ってご参加ください。



▼日程(第32回)

1月1日       :お題発表
2月1日〜15日   :作品投稿期間
2月16日〜28日  :批評提出期間


▼日程(第33回) 

2月1日     :お題発表
3月1日〜1月15日 :作品投稿期間
3月16日〜30日 :批評提出期間


▼日程(第35回) 

6月1日     :お題発表
6月1日〜7月31日 :作品投稿期間
8月1日〜   :批評提出期間



▼注意もしくは削除対象となるお書きこみ
・荒らし
・荒らしへの反応
・自分や他人の小説の宣伝
・雑談、チャット化
・ルールに反するもの
・管理人が不適切と判断したもの

――――――――――――――――――――

>目次 >>001


>第32回 お題『種』参加作品(敬称略)

>>404 sakana:シロハの辻褄
>>405 伊達サクット:赤い種、青い種

================================================================================

▼リンク
小説講座/雑談所』(お礼や言い訳等はこちらへ)
旧お題小説スレッド』(前スレはこちらから)
ツイッター』(朔乱のアカウントです。お題の告知などをしています)

管理人:If 空人 朔乱  補佐:伊達サクット
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: お題小説スレッド【第9回:批評提出期間】 ( No.65 )
   
日時: 2011/12/25 02:05
名前: 空人 ID:Btx8e5.k

メリークリスマス……になにやってたんだろうね僕は。


>>59 夢華さま「真っ白カーペット」

 夢と現実の狭間で描かれる幻想的な物語。
 暗闇の中の光明。冷たさの中の温かさ。その対比がとても上手く表されていました。
 柔らかな世界観がしっかりと構築されていたので、もしかしたら設定としてあったのかもしれませんが、『太陽さまとお月さまは、遠くへ行かれた』理由も作中にほのめかして欲しかったなと思いました。
 少女とお婆様とこの世界、それぞれの優しさがにじみ出てくるような物語でした。


>>61 saksnaさま「フォトグラフの施し方」

 sakanaさんの作品の設定の綿密さにはいつも感心させられます。
 特に今回は、登場する人物の個性がしっかりと描かれていて、秀逸でした。
 見知らぬ知識への羨望と畏怖。おぞましいまでの集団心理が上手く描かれていたと思います。
 だけど、民衆が集団となって糾弾するには、急にふってわいた“禁断魔法”が原因では少しだけ弱いような気がしました。『何らかの小さな事件があってその犯人かと疑われる』とかだったらすんなりと物語りも展開したかもしれません。
 この後、ヴァミアがどうなったのか描かれていないのも、少し寂しいような気がしました。


>>62 Ifさま「神様の生みの親」

 神様が死んだ世界から始まる神誕生の物語(笑
 会話劇のおかげで軽くなりがちな文章でしたが、物語の根幹はしっかり出来ていて楽しくストレスもなく読むことが出来ました。
 人の真摯なる想いで創り出された神が、人の傲慢で死んでしまい、人の浅はかさとほんの小さな親切と成り行きで復活してしまう。こういう人を小馬鹿にしたような話はけっこう、いやかなり好きです。ファンタジーなのに、現実味が深いのも興味深いです。
 Ifさんの『いつもの』テイストの作品も好きですが、違う風味の作品にも挑戦しようという気概は見習わなければいけませんね。


>>60 自作「レイクドレイク」

 丁寧に流暢に話し出す魔物がいたら面白いなーと思って書き始めた話でした。
 ドレイクくんの進化の過程や物語の展開を考えるのがとても楽しかったです。
 しかし、戦闘シーンではどうしても緩慢になってしまいますね。難しいです。
 最後の戦いで彼ともワイバーンとも違う、別の存在がいたことに気がついた人はどれだけ居たでしょうか? 戦闘シーンにスピードを出そうと(これでも)頑張った結果、ほとんど見えなくなってしまいましたが、ドレイクくんが最後に食べた肉はワイバーンではなくソイツのものだったんですよ実は、ってわかるわけ無いよなーと思いつつ、そのままです。
 竜言語を使える学者や、戦いを前にしてもどこか暢気な兵士やドレイク達など、掘り下げたら面白くなりそうなキャラも居たんですが、割愛してしまいました。その辺は技術が、というよりは書こうとする意思かな? が足りてないのだと思います。
 まだまだですね、自分。


 さて、来月。いや、来年ですね。
 イベントを利用して、自分の連載を大いに宣伝して欲しいです。
 たくさんの参加者が来てくれることを願いつつ。
 今年は大変お世話になりました。来年もよろしくお願いしますます。
メンテ
Re: お題小説スレッド【第9回:批評提出期間】 ( No.66 )
   
日時: 2011/12/27 14:14
名前: 夢華 ID:MbzZuX3Q

そろそろ年末ですねぇ。
え、クリスマス?クリスマスって一人でいるイベントじゃないんですか?(


>>59 自作:真っ白カーペット

 うわぁ、一人だけ文章が酷すぎる。お目汚しで申し訳ないです。
 誕生って見たときにふと雪を思い浮かべ、下書きも何もなくばばばっと書いてしまった駄作です。
 太陽と月については、一応設定はあったのですが、私の文章力ではうまく表現できずに泣く泣くカットしました。
 最後の三行については、どうして書いたのか自分でも疑問。
 そんな作品でした。


>>60 空人様「レイクドレイク」

 最後まで飽きずにすらすら読めることができて、読み終わりに「ああ、すごいなぁ」としか言えない素晴らしい作品でした。いや、ほんと、あの、すごいです(
 色々な設定がありましたが、とても分かりやすく表現されていて、展開に悩むこともありませんでした。
 ただ、改行がなかったため、私としてはしては少し読みにくかったなぁと。話の展開が変わるときや、少し大きく見せたい場所は、一度くぎって改行。という風にしてみてはいかがでしょうか?…あ、すいませんえらそうにいってしまってほんとごめんなさい(
 戦闘の描写もとても丁寧で、光景が目の前に浮かぶようでした。
 淡々としていたのもそれはそれで作品の味だろうなぁと思います。
 素敵な作品ありがとうございます。執筆おつかれさまです。


>>61 saksna様「フォトグラフの施し方」

 今回、私はなぜ参加したのだろうか(
 皆さんのレベルが高すぎて、おいてけぼり感がいなめない私←
 っと、冗談はここまでにして。
 とても綿密に話が造りこまれていて、sakana様の熱意を感じることができます。
 キャラの設定もとても細かく、関心というかもう憧れながら読みました。
 淡々としすぎた文ではなく、大量の文章量もさくさく読めました。すごいです、ああだからどうして私は参加してしまったの(
 最後までもうどっきどきしながら読ませていただきました。執筆お疲れ様です。


>>62 If様「神様の生みの親」

 だからどうして私は(ry
 読み終わったあとに「ああ、だから生みの親なんだ!」と納得しました、物語がしっかりできていると思います。
 読んでいる途中に「あれ?」となることもなく、「なるほど」と言いながら読んでいました。読んでいて楽しかったです。
 つまり神様は人の思いからできていると。小さな親切が大きなものに変わっていく、そんなこのお話が私は好きになりました。ふぉぉ(
 またif様の小説が読みたいなと思える作品でした。執筆お疲れ様です。




以上三作品(+自分)のレビューでした。
どれも素敵な作品(私を除く)で、読んでいて楽しかったです!
今年はお世話になりました。また来年もよろしくです。よろしければ次回も参加したいなぁ。
では皆さま、よいお年を!

 
 

 
メンテ
Re: お題小説スレッド【第9回:批評提出期間】 ( No.67 )
   
日時: 2011/12/31 20:39
名前: sakana◆092jpOU0d. ID:Djt3eoeo

 もう、お正月間近ですねー……。おもち食べたい。おもち最高、やっふうー!

※敬称略

>>59 夢華:真っ白カーッペット
 誕生というお題と、ちょうど今の季節を窺える内容が盛り込まれており、読みながらとてもにやにやしてしまいました。それに、何としても。語り手の女の子が可愛らしかったです。
 おばあさまも、女の子に似て(おばあさまに女の子が似たのでしょうが……)、雰囲気が柔らかく、全体を通して降りたての雪のようにふんわりとしていて、とても素敵でした。
 ただ、気になったところを上げてみると。太陽と月がなくなってしまって、だからおばあさまは暗い外の美しいものを目にすることができなくなったと窺えるのですが、最後の段落では、女の子は窓から外を窺っているように思えました(もしかしたら、窓からじゃないかもしれませんごめんなさい!)。夢でしたら、それで良いのですが。少しだけ、そこが気になりました。
 ですが、本当に。胸の奥にすう、と消えていくような余韻が心地良かったです。


>>60 空人:レイクドレイク
 先に主張。ドラゴン大好きです。触れませんが、トカゲも大好きです。とりあえず、爬虫類が好きなのかな、と自分に問答しつつ。もう初めから最後までどきどきわくわくと、胸を高鳴らせながら読んでいました。個人的で、とても主観的すぎるのですが……^^
 ドレイクくんの進化過程がとても丁寧で、早くランクアップ、早くランクアップ……! と目標のような楽しみを抱えて読むことが出来ました。初めから、ある種の目標が見えているということで、よりいっそう取っつきやすい作品になったのかな、と思いました。
 そして、文章の中に。ドラゴンになってからの回想であることを暗示するようなものも混じっており……空人さん凄いなあ、としかもう、はい。
 ただ、気になったところを上げてみると。ちょっとラストが呆気なかったように感じました。いえ、文字数も内容ももう本当に十分なのですが、何というか「誕生」で止めてしまった感がもったいなかったです。
 竜言語という設定が素敵すぎる。語り手はドレイクくんなのですが、その語り手の意志が人間側にも伝わるって本当にすばらしいですね。


>>62 If:神さまの生みの親
 この頃ifさんの短編は、本当に短編! と思えるように短いのだけれども、その中で一つのお話が綺麗に完結していたことに、もう感嘆ばかりです。
 にしても、ギャップが。神さまの生みの親が本人も言っているように、ぼったくりの医者というギャップが何だか清々しいです。神さまって、偶然の、出会いの積み重ねで産まれるんだよっていう思し召しですね^^
 一つ一つの場面も丁寧且つ読みやすく、素晴らしいですとしかもう本当に言いようがないです。
 神さまがいないがために、本当なら誰も気に留めない女性の小さな足掻きを。その過程が見えないがために、人々に奇跡だと思われて。そうして、神さまが産まれる。上手く言葉に出来ないのですが、奥深いお話でした。


>>61 自作:フォトグラフの施し方
 何というか、今回「写真」を。とにかく執筆時が、写真にハマってしまった直後のことだったので「これは、是非とも盛り込んでやろう!」と強引に誕生と結びつけて出来た作品でした。もうタイトルなんて、目も当てられないほど、てきとーすぎる……。
 内容全体の起因がそれだけでしたので、展開を考えるよりも先に、ある種の型に嵌めてしまった気もします。それに今回、キャラクターの暴走も起こってしまいました。ええ、本当はあのラストの後に続きが合ったはずなのですが、キャラクターたちがあの場面で納得してしまったので、それ以上動かせないという状態に……。ごめんなさい、言い訳です。
 ただ、ラストを書くのは楽しかったです。もう書きながら、心臓ばくばく。そして、初めからラストばかりに気を取られて、途中に盛り込んだ設定が手薄なものに。……はい、文章も設定も取捨選択が大切ですね。そんなことを、強く感じました。


最後に
 もうそろそろ、2011年も終わりますね。お題小説に参加し始めた当初は、こんなにも何度も参加して。尚かつ、多くの人と関わり合うとは思ってもいませんでした(といっても、まだまだショボイのですが)。
 毎回は参加できませんでしたが、こういった月一の機会があって、本当に楽しかったです。
 そして、前回と同様にぎりぎりまで批評を投稿しないって私……。来年は、改善、できたら、いいなー……。

 皆さんも、風邪には気をつけて年をお越しくださいね。
 そして、早めに。
 
 あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。(by明日の私)
メンテ
Re: お題小説スレッド【第9回:批評提出期間】 ( No.68 )
   
日時: 2012/01/01 00:37
名前: 企画運営委員 ID:eNBo.XXY

【第九回総評】
 あけましておめでとうございます! 去年の常連の方々はもちろんですが、去年は参加できなかった方も、今年はどんどん参加してくださればと思っています。お題小説スレッドの更なる発展を祈っております。
 第九回ですが、設定に凝った作品が多かったのが非常に興味深かったです。奥行きの深い物語が多く、もっと読んでみたいなと思わせる力がありました。舞台となる世界を自分の力で作っていこうとする力が強く感じられて、とても面白かったです。参加者は残念ながら四名と少なかったですが、常連さんだけではなく夢華さんの初参加もありました。これからもぜひご参加ください!
 誕生のテーマの表現の仕方も、みなさんオリジナリティがあって非常に面白かったです。今回は本当に個性が光る回であったと思います。今年の、これからのお題小説がますます楽しみになりました。一年を締めくくる回としてふさわしいものになったと思います。
 反省点を上げるとしたら、ラストの盛り上がりがもう一歩ほしいものが全体的に多かったということでしょうか。終わりよければすべてよし、なんて言葉がありますが、やはりクライマックスは作品の肝であるといえると思います。一番盛り上がる場所ですから、息切れせずに、さらに力を入れることができたらなあと思います。
 次回は連載作品の番外編ということで、私も長い間楽しみにしておりました。たくさんの物語が集まればなあと思っています。今年もどうか、お題小説スレッドをよろしくお願いいたします!
メンテ
3冊目の日記帳 ( No.69 )
   
日時: 2012/01/04 19:34
名前: 夢華 ID:PKaW4Huk


「新年あけましたおめでとうございますさぁ仕事しなさい」
「酷い!」
「お休みは!?」
「普段から仕事しないのに休みなんてありますか!」
「鬼や鬼!」
「畜生恋する暴君め!」
「ちょっと夢光さん表へ出なさい」



 皆さまどうもはじめまして、夢光です。
 さて、我々の事をご存じない方がほとんどだと思いますので、まず自己紹介しましょうか。
 あたし達五人はファンタジアワールドという国の中に存在するギルド【銀色孔雀】のメンバーです。
 自分でいうのも何ですが、あたし達はそこらへんのどこの馬の骨かも分からないギルドよりは知名度が高いです。ぶっちゃけちゃいますがファンタジアワールドでも指折りの実力家で有名です、人数少ないのも有名です。
 ……え? 何で銀色孔雀なんだって?
 そんなのあたしが知ってるわけ、いや、知ってるか。
 まぁうちのギルドの名前はリーダーが考えたらしいですよ。これ以上答える気はないんで引いてくださいます? ネタばれ自重って言葉がこの世には存在するんです覚えておいてください。
 まぁそれはそれ。とにかく、あたしは新年早々仕事しなきゃいけないなんて断固拒否! 普段仕事しないのはほっといてください、これがあたしなんです。
 あーでも、今回は彼女も本気で怒ってるみたいですね、やばい殺される許して下さい仕事はしないけど。

「実務だけが仕事だけじゃないんです! 報告書を提出しなさいどの依頼が片付いてないかわからないでしょう!」
「書類なんてめんどくさいわ! 口で教えりゃええやろ!」
「駄目です! サボろうとしないでください!」

 さて、あたし以外のメンバーも紹介しないと。
 独特の口調で仕事をしたくないと訴えているのは、雨天籠 柚刃。
 ファンタジアワールドの出身じゃないらしいから、言葉が若干こちらとは違うみたいで、初めて出会ったころはコミニュケーションに苦労したなぁ。
 そんな彼女は「ブシ」と呼ばれる男性が好んで着る黒い「ハカマ」というのを身にまとい、黒色のサラサラショートにまーるい黒の瞳と、中々可愛らしい顔立ちをしている。畜生め。そして腰には「ニホントウ」というらしい刀身の細長い刀をさしていて、その刀は「妖刀紅桜」と書き「ヨウトウベニオウ」と読むらしい。やっぱり彼女の出身地の言葉は複雑だと思うな。

「いやや! 仕事するくらいならすとらいき起こすで!」
「ストライキくらいまともに発音しなさい! そして断る!」
「いーやーやー! すとらいきするー!」

 そして一人仕事をしろと叫んでいる彼女は、実はリーダーではないんです。
 彼女はスカイ・オルトスク。
 この国の出身で、真面目でしっかり者の千里眼の持ち主、そして美人。何という非の打ちどころのなさ、畜生完璧超人め。
 そんなスカイさんは私より四つか五つ年上、もうすぐ柚刃の国でいう「ハタチ」である。
 金色の長いストレートをポニーテールで一つまとめにして、水色の迷彩柄のバンダナをつけています。前髪は目にかからない程度。瞳は綺麗なアメジスト色で若干吊り目。黒のタートルネックの上に水色のベストを着ていて、下は紺のミニスカ、水色のハイソックス、ショートブーツという、この冷え込む時期にあり得ない格好で一年を過ごしていらっしゃいます、さむそー。
 そんな彼女はリーダー補佐で、実質このギルドのナンバーツーはってます。めっちゃ強いです。
 彼女は仕事は真面目にこなすタイプで、新年? 何それおいしいの状態です。そしてこのギルドで唯一真面目に仕事をしている人です。
 さて、先日柚刃の国から送られてきた「コタツ」に入って蜜柑を食べながらその口論を見学していたんですが、どうやら飛び火してきそうな雰囲気なので、そろそろ自室に帰ろうかな、と思います。
 ではではさようなら!

「……いや、行かせねぇよ?」
「な、んだと……!?」
「なに満足げに帰ろうとしてんだバーローめ。道連れに決まってんだろ」
「ひっどい! リーダーなら見逃しなさいよ!」
「断る」

 あたしの手をがしぃぃぃっと勢いよく掴んで下さったのは、我が銀色孔雀のリーダーこと奏さん。
 彼こそこのギルドで一番仕事しないやつじゃないだろうか、くっそう巻き添えってことかい、あたしは帰る! その手を離せこの無駄美形! お前が仕事しろ!

「くっそ、はぁなぁせぇ! このサボり魔!」
「ははははははは断るー。俺達仲間だろー」
「嘘臭い棒読み乙!」
「仕事しなさい」

 そんな声が聞こえたとき、あたしの目の前が文字で埋め尽くされた。



「さっさと仕事すれば、実力行使なんてしなかったんですが」
「まさか、文字を見るだけで拒否反応で倒れるなんて」
「ええ、予想外でした」

 ……ああ、始まってたんですね、どうも、星和歌 香緒と申します。
 夢光ちゃんが気絶したので私が代わりに語り手になりました。そして新年あけましたおめでとうございます。
 さて、新年があけて新しい年になり、たくさんの始まりが生まれる時期です。
 私たちのところでは、依頼の処理が始まりました。めんどうです。帰りたい、国に帰りたい。
 紹介されなかったので自己紹介しますが、私は柚刃ちゃんと同じくファンタジアワールドの出身ではありません。
 私の家は代々柚刃ちゃんの家に仕える家系ですので、柚刃ちゃんがこちらの国に来るのと同時期にこの国にやってまいりました。
 まぁそんな柚刃ちゃんも今まで箱入り娘状態だったので、仕事なんて無理だよねぇ、ってことです。見事に文字の羅列を見て撃沈してました。
 私? 私は真面目に仕事をしてますよ。実務雑用お手の物、私の家では必然的に下につく側でしたので、割と雑用は慣れています。でも面倒です、ああ面倒、帰りたい。
 
「まさか全員倒れるなんて。香緒さんがいて助かりました」
「……ああ、そうですね。一人じゃこの散らかった部屋は片付けられませんからね」
「まったくです。仕事したくないから暴れるなんて、新年早々片付けすることになるなんて」

 半分くらいスカイさんの責任ですよね、何ていったら殺されるんで言わない事にしました、私賢い。
 足もとを見ると、茶色の短いポニーテールに暖かそうな白いダウンジャケット、黒のワンピースに黒タイツでショートブーツを身に付けた少女、もとい夢光ちゃんを見つけました。ぴくりとも動きません、ほんとに拒否反応が出てます、体中にじんましんでてます、そこまで嫌かこいつ。
 そんなこんなで私は彼女を起こしてみることにしました。
 ――――ゴッ



「いーっ!?」
「あ、おはよう」
 
 とんでもない痛みで目覚めたら、目の前に香緒ちゃんが居ました。
 むこうの国の独特の髪色でしょうか、柚刃と同じ黒色の肩上までの髪に、黒の瞳、グレーのパーカーに黒と青のチェックのミニスカ、そして同色のハイソックスに黒の運動靴。
 中々見ない美人なんだが、あまり笑わないのが残念なところ。
 っと、どうやら起きたら仕事を手伝わなければいけないらしい、後ろから、さ、さささささ、殺気がします、スカイさんに背後をとられました。
 
「年の始まりくらい、仕事をしなさい!」
「やだやだやだやだやだ! やーだー!」
「少しは香緒さんを見習いなさい!」

 スカイさんから溢れんばかり、てか溢れまくってる殺気が背後に見えます。
 …………さて、仕事しようかな。



「――――これまた、なつかしい日記だこと」

 夢光は手に持っていた分厚い日記帳をぱたんと閉じた。
 窓の外から淡い光がもれている、そろそろ初日の出の時間だろうか。
 夢光の手にある日記帳の日付は、三年前のものであり、きっと彼女が時間をもてあまして読んでいたのだろう。しばらく人目にさらされなかったのか、埃をかぶっている個所もあった。
 窓からの光がどんどん強くなっていく、本格的に日が出てきたのであろう。
 それを見た夢光は日記帳を座っていた椅子の前にあった机に置き立ち上がった。そして部屋の扉を開け、大広間へと出て行った。

「さぁて、新しい一年の始まりね」

 軽やかに新年のあいさつが交わされていく広間に、彼女は出て行った。


メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存