ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[4993] 【2016年度】お題小説スレッド【お題「去る」作品投稿期間】
   
日時: 2016/01/12 23:57
名前: 企画運営委員 ID:7PNV346o



『お題小説スレッド』へようこそ。こちらはあるお題に沿って読みきり小説を書き、その作品をみんなで批評し合う場です。
 初心者も上級者も関係ありません。うまくなりたいとお思いの方であれば、だれでも自由に参加することができます。一生懸命執筆し、一生懸命批評して、小説の技術を高め合いましょう。
 皆様のご参加をお待ちしております。

――――――――――――――――――――

>>002 【ルール説明】:必ず熟読して下さい。(※内容、一言の箇所を訂正しました。ご確認ください)
>>003 【批評のポイント】:批評をする際のポイントをまとめたものです。
>>004 【イベントルール説明】:イベントに関するルールです。必ず熟読してください





▼お題:第32回のお題は「種」です。
 二月に種をまくのか? と思いましたが、調べてみるとじゃがいもは二月にまくそうですね。……さらに調べてみると一年中、なにかしらの種をまいてるみたいです。
 そんなことは置いといて。「種」というお題には「たね」以外にも色々な解釈があると思います。みなさんがどのような作品を投稿してくるのか、楽しみにしております。
※第30回の作品投稿期間は2月1日(土)からです


▼お題:第33回のお題は「姫」です。
 三月なので(笑)
 というのはよくわかりませんが(ひなまつりだから?)「ひめ」というのは可愛らしい語感ですよね。私は緑の黒髪をした和服姿が思い浮かびます。桃色が似合いますよね。桃色……やはりひなまつりでしょうか。それでは、みなさんの作品お待ちしております。
 
※第31回の作品投稿期間は3月1日(土)からです


▼お題:第34回のお題は「嘘」です。
 嘘でした。


▼お題:最終回のお題は「魔法」です。
 奮ってご参加ください。


▼お題:第36回のお題は「友情」です。
 ネタでした。


▼お題:第37回のお題は「音」です。
 奮ってご参加ください。



▼日程(第32回)

1月1日       :お題発表
2月1日〜15日   :作品投稿期間
2月16日〜28日  :批評提出期間


▼日程(第33回) 

2月1日     :お題発表
3月1日〜1月15日 :作品投稿期間
3月16日〜30日 :批評提出期間


▼日程(第35回) 

6月1日     :お題発表
6月1日〜7月31日 :作品投稿期間
8月1日〜   :批評提出期間



▼注意もしくは削除対象となるお書きこみ
・荒らし
・荒らしへの反応
・自分や他人の小説の宣伝
・雑談、チャット化
・ルールに反するもの
・管理人が不適切と判断したもの

――――――――――――――――――――

>目次 >>001


>第32回 お題『種』参加作品(敬称略)

>>404 sakana:シロハの辻褄
>>405 伊達サクット:赤い種、青い種

================================================================================

▼リンク
小説講座/雑談所』(お礼や言い訳等はこちらへ)
旧お題小説スレッド』(前スレはこちらから)
ツイッター』(朔乱のアカウントです。お題の告知などをしています)

管理人:If 空人 朔乱  補佐:伊達サクット
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

それは邪道です! ( No.80 )
   
日時: 2012/02/14 19:16
名前: sakana◆092jpOU0d. ID:hORHvzwY

 窓の外に青々と広がっている空を見上げ、ぼくは心の中で泣きます。
 そして思うのです。これはもらい物の愛だから、そうなったのだと理由づけます。
 そうです、ぼくは往生際が悪いのです。

 ■

 皆さん初めまして、こんにちは。ぼくはしがない男子高校生です。
 男子AでもZでも、アイツでもコイツでも。好きなように呼んでください。あと、不必要な情報かもしれませんが、高校のクラスではまとめ役なんてものをしています。ただ、学級委員長ではありません。しがない男子高校生です、と繰り返します。
 実はぼく、秘かに「番長」と呼ばれているとかいないとか。そんな噂を耳にしたことがあります。友人に聞いてもぼかされました。ですので、はっきりしたことは分かりません。ただ、ぼくは自分の顔が厳ついということは自覚しています。そう呼ばれても仕方がないと思っています。
 と、ぼくの紹介は此処までにして、一つ回想をしてみますね。
 しかし、その前に。皆さんも気になっていると思われることの答えを先に言ってしまいます。
 影で「番長」とまで呼ばれるぼくが、何故このように丁寧な言葉遣いをしているかということ。
 それは、つい先日あった出来事。ぼくの先入観をはり倒し、心に思いがけないダメージを与えられたことが原因です。
 
 
 ぼくは、某県の特産品であるカキノタネは邪道だと思います。いえ、そのスナック菓子そのものは素晴らしいものだと思いますが、そのときぼくの目についたものは言い表すことの出来ないほど、ぼくの心に衝撃を与えました。
 塩気が利いたスナックとそれを覆うチョコレート。
 これは邪道です邪道。何故、甘いものと塩気あるものを一緒に食べなければいけないのですか。むしろ、チョコレートの甘みを感じることができないじゃないですか。それに、あの手のチョコレートの層は、厚いと感じてしまいます。
 少々甘みを感じて、直ぐさま塩が口内に広がり……何とも言えぬ胸焼けを体験することができます。
 修学旅行で「おみやげにー!」と、はしゃいで買うクラスメイトや友人が信じられませんでした。
 そのカキノタネ以外にも、チョコレートに包まれた塩というものはありますが、ぼくはその全てを拒絶してしまいます。
 要するに、ぼくはそういったものが好みではなかったというだけの話です。
 また、よくお祭りの屋台で売られているチョコバナナ。あれは、チョコレートと同類の糖分を包んでいます。一応食べることはできます。しかし何故、歯ごたえのあるチョコレートと、ある国では離乳食とされているバナナが一緒になっているのですか。バナナのエキスがチョコレートの表面を覆い、そのものの味を感じなくなってしまうじゃないですか。
 バナナの味だけを噛みしめ、……何とも言えぬ寂しさを体験することができます。
 おそらく、チョコレートに限らなければ。固いものの中に、柔らかい食べ物を含むものは世の中にたくさん流通しているのだと思います。けれども、チョコレート。あれだけは、純粋に食べたいです。
 要するに、ぼくはそういったものが好みではなかったというだけの話です。

 前置きはここまで。それではレッツ回想。
 それは、一昨日過ぎ去った2月14日。ある男子高校でのバレンタインデーでの出来事でした。

 ■

 いつものような平日でした。バレンタインデーという秘かなイベントを意味する2月14日であったとしても、男子校では意味のないものです。ただし、塾や部活、中学校での繋がりを維持したままこの年になり、他校の女子からチョコレートをもらうリア充なヤロウ共は例外です。
 ぼくだって男ですから、女子との関わりには憧れるものがあります。何故男子校に入ってしまったのか、と自分を責めるときもあります。ええ、ぼく自身の頭がそれほど宜しくなかったために発生した現実ですからね。第一志望の共学には行けませんでしたからね。しばしば、そのことを思い出し後悔してしまいます。
 昼休み。その時間帯にお昼ご飯を食べます。
 運動部の友人とお昼を食べようと、その隣り席を拝借したときのことでした。
 ぼくは目を見開き、しまったと呟きました。この日は、お弁当を持ってくるのを忘れてしまっていたのです。
 2月14日はくたばれ、と散々口にして着床したのが昨日でしたから、その恨み言の所為でしょうか。朝寝坊してし、親からお弁当を受け取ることを忘れていたのです。
 お財布の中を覗いてみると、残金は27円しかありません。これでは食堂はおろか、売店でパンの耳すら買えません。ぼくは昼は抜きになるのか、と危惧します。そしてその時、友人はそっと大きなバスケットを取り出しました。ぼくの困惑する不可解な行動の理由に気がついたのでしょうか。
 おにぎりを一つ、ぼくに差し出します。
 その優しさに、ぼくは感動しました。そしてお礼を言い、おにぎりを受け取ったのです。その時の、彼の様子をぼくは覚えていません。ただ、後からでもこれだけは断定できます。友人は真っ青な表情をしていたのだと。彼のお昼は、そのバスケットいっぱいに詰められたおにぎりのみだったのだと。そして、彼はぼくにその処分の荷担をさせたのだということを。
 ぱくり、と食べます。具は何かな、と楽しみです。
 ぱくり、と食べます。具はまだかな、と楽しみます。
 ぱくり、と食べます。
 ぱくり、と食べます。……ぱくり、ぱくり。
 喉に詰まりました。水筒のコップに、慌ててお茶を注ぎ飲み干します。おにぎりはようやく半分食したところでした。
 そして友人の顔を見たのです。
 彼は、ぼくから視線を逸らし、バスケットの中に詰まったおにぎりを睨みつけていました。そして「不必要な愛だ……」と何かを悟ったように呟きます。
 誰から、とぼくは問いました。誰から持たせられたのだと聞いたのです。
 姉ちゃんから、と友人は答えました。全部食べないと殺されると続けたのです。
 ぼくは無言で立ち上がりました。友人は申し訳なさげに眉を下げていました。それに、この世の終わりを見てしまったような絶望をも織り交ぜます。
 ぼくはそんな友人の様子を無視して声を上げます。
 女子からの愛、受け取れー! と。
 休み時間にもかかわらず、机に向かい勉強をする者。音楽再生プレーヤーに引き込まれ別世界に行っている者。ただクラス内でじゃれ合っている者。読書をしている者。死体ごっこをしている者。運動場や体育館でスポーツをする者がいないあたりから、このクラスには不健全な人が多いようです。
 友人のバスケットに入ったおにぎりは、ちょうどひとクラス分の数ありました。もしかしたら、友人の姉は全てを知っていたのかもしれません。
 バスケットを抱え、誰にも彼にも。友人のおにぎりを配り与えます。そしておにぎりを手に持ち、呆然としているクラスメートに、ぼくはもう一度声を張り上げます。
 ××の姉からの差し入れだー! さあ、喰え!
 そして彼等は、女子からの差し入れということで、喜びながらそのおにぎりを食べ始めたのです。教室は各々の歓喜で溢れかえります。さあこれで、ノルマは一人一つ。友人の負担は減りました。ぼくの負担だって減りました。クラスメートに対して、申し訳ない気持ちもないことはなかったのですが、もう見て見ぬふりです。
 そして、少し時間が経つと。この教室は呻き声で埋め尽くされていきました。
 ぼくも、チャレンジとして。もう一口、ぱくりとおにぎりを食べます。
 無理です、邪道です。ぼくには無理です。
 胸を押さえつつ、椅子に座っている友人を見ると、彼は全身全霊で幸せのオーラを発していました。
 それほど食べたくなかったのでしょう。ですが、このおにぎりは友人の姉の愛の形です。バスケットに有り余ったおにぎりを持ち帰っていると、後に悲惨な運命を辿ることになっていたのでしょう。ぼくも自然に頬がほころびます。しかし、おそらくぼくの顔も、大部青ざめていたことでしょう。

 
 そのおにぎりは、一つの爆弾を抱えていたのです。それも決して爆発しない不発弾。ただ、身体の中を蝕んでいくという愛の形。
 ぼくはその半分になったそれを見つめ、手元に残る透明のラップへ、そっと戻しました。辺りを見回すと、ぼくはあることに気づきました。どうやらこのクラスメイトたちは、もらったものを残すのはいけないのだという想いが強い人ばかりのようです。ぼくと友人が配り与えたおにぎりを、涙目になりながらも懸命に食べていました。
 そうです。そのおにぎりは、ぼくの可能性を遙かに上回るほどの邪道だったのです。

 なかにはえきたいのちょこれーとたっぷり。

 む、胸焼けが……!
 待て吐くな! ××さんの言いつけだぞ!
 あ、これ意外においしいかも。
 え?
 え?
 え?
 え?

 ・
 ・
 ・

 ・
 ・
 ・

 
 決して奇抜なものを作らない、料理上手な女子からの手作りチョコレート。
 押しつけではないそんな本物の愛が欲しいと思います。
 2月14日が、ぼくたちにとって非道な日であったとしても。そのお零れを素直に受け取ることをするぼくら。
 何たって、そんな気さくな人が好かれるのですから。はいそこ、男子校では関係ないだなんて禁句です!
――……そんな無難なものを、いつか食べたいと切実に思った日でした。
メンテ
Re: お題小説スレッド【二月期:批評提出期間】 ( No.81 )
   
日時: 2012/02/16 12:09
名前: 企画運営委員会 ID:sol8ZDAs

作品のご投稿お疲れ様でした。
16日(木)〜29日(水)は批評期間です。作品をご提出なされた方は必ず全作品の批評を行ってください。批評だけのご参加もお待ちしております。


第10回『爆発』:参加作品 >>77-80(敬称略)

>>77 If:のちに彼は
>>78 天パ:リア充爆発しろ
>>79 空人:カウントダウン!
>>80 sakana:それは邪道です!
メンテ
Re: お題小説スレッド【二月期:批評提出期間】 ( No.82 )
   
日時: 2012/02/24 21:37
名前: 天パ◆5eZxhLkUFE ID:o8yeVxps

どうも、前髪天然パーマ野郎、略して天パです。
文の書き方が上手い人は批評も上手とかどこかで聞いたことがあります。
つまりは逆を返せば批評が下手だと文の書き方も下手だと。人事とは思えない、というか自分のことですねー。

>>77 If様:のちに彼は

わがまま王女の召使いとして生きてきたやるせない、苦労の日々が、最後の魔法と一緒に弾け飛ぶ。
青春物のような、爽快な終結。見事でした。
人生も同じで何か自分を縛っていたものを完全に破壊しつくした時には爽やかな気持ちなのでしょうね。よし明日学校破壊しよう。
何と言うか、見失っていた何かを発見できた良いお話だと思います。

>>79 空人様:カウントダウン!

一行目から唐突に突きつけられるシュールな出来事と何の変哲もない日常が程よく絡み合い、それが主人公のユーモア溢れる語りで表現され、読みやすくおもしろい作品でした。
ラストの夢落ちもありがちなんだけど意表をつかれました。定番ネタだからこその妙技ですね。
それと果てしなくどうでもいいんですが読み始めてからハンターハンターのあの能力を思い出した方は自分だけなのでしょうか。

>>80 sakana様:それは邪道です!

丁度バレンタインデーに読んだので「あれ?これお題関係なくね?」と最初は思ったのですが、ラストに行くにつれて納得することができました。確かにそれは爆弾ですね……
これもまた軽快な一人称で読みやすく、全体的に哀愁漂う作品でした。
ちなみに自分は超甘党なのでたぶん食すことができると思い(ry

>>78 自作:リア充爆発しろ

ああもう駄作。自分の趣味と欲望を「爆発」させた結果がこれです。
メンテ
Re: お題小説スレッド【二月期:批評提出期間】 ( No.83 )
   
日時: 2012/02/24 18:18
名前: 空人 ID:6DS2AMe2

十回以上やってるのに、批評が上手くなってる気がしないのはなんでなんでしょうね?


>>77 If様:のちに彼は

 エリートであるが故の悩みということで共感を生むのは少し困難でしたが、現状の仕事に満足できないと考えることはどんな世界にでもありえる事なのだなと思いました。なんだか寂しい気持ちにもなりましたが。
 少しずつ溜め込んだどこにも吐き出せない思いは、友人の導きで活路を見い出し、純真な瞳のお願いと思わぬ告白に引き鉄をひかれ、溢れ出す。
 爆発を象徴するような物語の構成は、面白かったと思います。だけど溜め方も解放の勢いも、もう少しギリギリまで追い込んでやったほうがメリハリがついて良かったかもしれません。
 エリートとして歩んできた青年と、世間知らずのお姫様。どう考えても困難しか待っていない二人の行く末に、二人の幸せが待っていることを願わずにはいられませんね。


>>78 天パ様:リア充爆発しろ

 ある種の復讐劇、なのでしょうか。「リア充爆発しろ」をそのまま実行したらこうなった、ですか。命が軽いですね。人がゴミのようです。
 爆弾やシステムの開発費、新生児への手術費、病院ほか各所への手回し等を考えると、莫大な時間と費用がかかってますね。しかしその結末はあまりにも無残でした。リア充への怒り妬みを他の方向へ向けられていたら、それこそこの老人が思い描いていた真のリア充な生活を送れたのではないでしょうか。
 燻っていた残り火が一瞬大きく燃え上がり、また小さな火種にもどり、もっと大きくと思ったら消されてしまった。そんななんとも言えない後味の悪さを感じました。


>>80 sakana様:それは邪道です!

 チョコレートおにぎりを最初に創ったのは誰なんでしょうね。ネタだったのか、ただのチョコ好きだったのか。否、チョコ好きならば絶対にやらないですね。
 ポテチや柿の種にかかっているあれは、実は食べた事が無いのですが、主人公やおそらくsakanaさんとも同じように、食べたいとは思いません。邪道、そう邪道ですよね。
 話の構成としては、序盤でおにぎりの中身はバレバレだったので、どうにか衝撃の告白チックに説明しようとする事が、文章を少し緩慢にさせていたのではないかと思います。こういう話の持っていき方は本当に難しいですよね。キャラクターの見せ方が上手かっただけに惜しかったなと思いました。
 不発弾という表現はこの話に合っていて良かったです。
 ところで死体ごっこってなんですか?

>>79 自作:カウントダウン!

 夢オチは微妙だろう、と自分でも思いますよ。
 最後のセリフも、もう少し何とかならないものかと。まぁ、あれです。告白のきっかけにするには唐突すぎる話だったかもしれないですね。


 さて、次回は『魔法』お題小説スレも一周年ということで、一年前と同じお題です。
 今まで参加してくれた全ての皆様と、これから参加しようとわずかでも思ってくれている全ての皆様に、心からの感謝を。
 ありがとうございます。
メンテ
Re: お題小説スレッド【二月期:批評提出期間】 ( No.84 )
   
日時: 2012/02/29 02:29
名前: If◆TeVp8.soUc ID:3dyvhr22

やっぱりギリギリなのです。すみません^q^ 閏年万歳!
連載の執筆が進まない……っ! 久しぶりの行き詰まりです。ということで批評やってみました。
私もいつまで経っても批評が上手くならない。うーん。精進します。

>>77 If:のちに彼は
割と本気で「たまには王道書いたっていいじゃない」ってタイトルにしようかどうか迷いました。
一夜漬けの勢いだけでできた作品です。ごめんなさい。もう読み直すのも恥ずかしい^q^

>>78 天パさん:リア充爆発しろ
序盤笑いました。もうスイッチ出てくるところから、いい意味で先が予想できて、しかもその予想をいい意味で裏切らない進行で、また笑いました。いいぞもっとやれ、って感じです。
ところがびっくり、中盤から、蓋を開けてみればシリアスな物語でした。そうきたかって本当に驚いて、どうなんだろう、そのまま麻痺しちゃった感じです。それがいいのか悪いのか分からない。
序盤の勢いそのままにギャグに走っても良かった気もするし、それじゃありきたりだからこうしてシリアスにしてみるのも面白いといえばそうかもしれません。私としては前者がよかったかなって思いますが、たぶん趣味の問題でしょう。
これ、暗に、「リア充爆発しろなんて言ってるとそのうち自分が爆発するぜ!」ってメッセージ含んでません?^q^ ごめんなさいもう言いません。でも、一杯でてくるリア充カップルたちには、つい「爆発しろ」って言ってしまいたくなりますね! 爆発させたのが男子ばっかりなのは、天パさんの優しさの表れなのかどうなのか。
天パさんはシリアスもギャグも書きこなすことができそうだなあ、と思いました。ぜひまた別の作品も読ませていただきたいなと思います。

>>79 空人さん:カウントダウン!
「終われ」に笑いました。なんだろう、これは元々夢オチで終わらすつもりだったのか、それとも収拾がつかなくなって夢オチにしたのか、どっちなのでしょう。
初っ端からぶっ飛んだ展開にはドキドキしました。続きが気になって、どんどん先へと読ませる力を持っていたと思います。
けれども、たぶん、空人さんご自身もお気づきのことでしょうけれど、最後は少々強引だったかなと思います。
夢オチにするにしても、もう少しその準備を整えてから終わらせて欲しかったかなあと。せっかくの面白さが最後でぶつりと切れてしまったような気がして、とてももったいない感じがしました。
空人さんは書くたび文章がスムーズになっていきますね。羨ましい発展速度です。とても読みやすかった。

>>80 sakanaさん:それは邪道です!
笑いました。まさかsakanaさんのこんな話が読めるなんて驚きです。いつもとはちょっと違った新しい味わいですね。
思いっきりのよさとノリのよさが伝わっていて、いい意味ではっちゃけていました。でもなんだかほんのり温かくて、やっぱりその辺りにはsakanaさんらしさが見える作品です。
ただ、前述した思いっきりのよさに引っ張られて、物語が少々軽くなってしまった印象は受けました。工夫された軽快な読み口の語りのおかげで退屈さは感じなかったのですが、ワンアイデアで突っ切ってしまった感じがします。
もう少し、物語の方に何か工夫があればより楽しめたんじゃないかな、というわがままでした。挑戦心の感じられる一作でした。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存