ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[4993] 【2016年度】お題小説スレッド【お題「去る」作品投稿期間】
   
日時: 2016/01/12 23:57
名前: 企画運営委員 ID:7PNV346o



『お題小説スレッド』へようこそ。こちらはあるお題に沿って読みきり小説を書き、その作品をみんなで批評し合う場です。
 初心者も上級者も関係ありません。うまくなりたいとお思いの方であれば、だれでも自由に参加することができます。一生懸命執筆し、一生懸命批評して、小説の技術を高め合いましょう。
 皆様のご参加をお待ちしております。

――――――――――――――――――――

>>002 【ルール説明】:必ず熟読して下さい。(※内容、一言の箇所を訂正しました。ご確認ください)
>>003 【批評のポイント】:批評をする際のポイントをまとめたものです。
>>004 【イベントルール説明】:イベントに関するルールです。必ず熟読してください





▼お題:第32回のお題は「種」です。
 二月に種をまくのか? と思いましたが、調べてみるとじゃがいもは二月にまくそうですね。……さらに調べてみると一年中、なにかしらの種をまいてるみたいです。
 そんなことは置いといて。「種」というお題には「たね」以外にも色々な解釈があると思います。みなさんがどのような作品を投稿してくるのか、楽しみにしております。
※第30回の作品投稿期間は2月1日(土)からです


▼お題:第33回のお題は「姫」です。
 三月なので(笑)
 というのはよくわかりませんが(ひなまつりだから?)「ひめ」というのは可愛らしい語感ですよね。私は緑の黒髪をした和服姿が思い浮かびます。桃色が似合いますよね。桃色……やはりひなまつりでしょうか。それでは、みなさんの作品お待ちしております。
 
※第31回の作品投稿期間は3月1日(土)からです


▼お題:第34回のお題は「嘘」です。
 嘘でした。


▼お題:最終回のお題は「魔法」です。
 奮ってご参加ください。


▼お題:第36回のお題は「友情」です。
 ネタでした。


▼お題:第37回のお題は「音」です。
 奮ってご参加ください。



▼日程(第32回)

1月1日       :お題発表
2月1日〜15日   :作品投稿期間
2月16日〜28日  :批評提出期間


▼日程(第33回) 

2月1日     :お題発表
3月1日〜1月15日 :作品投稿期間
3月16日〜30日 :批評提出期間


▼日程(第35回) 

6月1日     :お題発表
6月1日〜7月31日 :作品投稿期間
8月1日〜   :批評提出期間



▼注意もしくは削除対象となるお書きこみ
・荒らし
・荒らしへの反応
・自分や他人の小説の宣伝
・雑談、チャット化
・ルールに反するもの
・管理人が不適切と判断したもの

――――――――――――――――――――

>目次 >>001


>第32回 お題『種』参加作品(敬称略)

>>404 sakana:シロハの辻褄
>>405 伊達サクット:赤い種、青い種

================================================================================

▼リンク
小説講座/雑談所』(お礼や言い訳等はこちらへ)
旧お題小説スレッド』(前スレはこちらから)
ツイッター』(朔乱のアカウントです。お題の告知などをしています)

管理人:If 空人 朔乱  補佐:伊達サクット
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: お題小説スレッド【二月期:批評提出期間】 ( No.85 )
   
日時: 2012/02/29 22:51
名前: sakana◆092jpOU0d. ID:H3HRPK4Y

※敬称略


>>77 If:のちに彼は
 希望に満ちあふれ、自らの期待を映した未来。現実とはかけ離れすぎたそれに憂くユベル。その様子が、冒頭部で語られたキャラの背景によりいっそう伝わってきました。それに、失敗せずアイリアさまの要望を叶え続けるユベルにはプレッシャーが掛かっていたんでしょう。冒頭部では、アイリアさまとの口調に温度が感じられませんでした。ええ、もう何とも言えません。表面と内面のギャップの効果が素敵すぎます。……あれ、何を言いたいのかよく分からなくなってきました。
 少し贅沢をいうと、あとちょっと。印象的なタイトルが欲しかったです。ネーミングセンスのない私が言えることではないのですが、何というかこう……短編っぽいタイトルを、かな?
 とにかく、一文一文が流れるように丁寧で、もう本当に感嘆ばかりです、とだけ。
 今回は特に、この物語の彼等キャラクターに魅せらてしまったように思います。
 それにしても何だか素敵な衝動(今回もお題に参加していふさんの感想絶対に書くんだ!)を頂きました。ここで暴露してしまってすみません^^


>>78 天パ:リア充爆発しろ
 何だか天パさんといえば、リア充という印象が出来上がってしまったようです。連載の作品の方も、今回のお題も(題名からして思いっきりリア充!)。ですが、内容はど肝を抜かれてしまうような感じです。では以下から批評です。
 愛ちゃんとユウくん、自転車の乗っていた少年と少女、高校生のカップル、他のリア充の人たち、そして老人。モニターに映る人はどんどんと変わり、更にリア充少年が爆発する度に喜ぶ老人の様子と交えるのですが、そのくるくるとテンポ良く彼等の様子を描写ていることが、かなり効果的で印象強かったです。一文一文が本当に凝縮されていて、もう感嘆ばかり。
 それに、壁にパンチを繰り出して半回転など、細かな設定が素敵。物語自体はシリアスなのですが、そういうところにはお茶目心が見え隠れして楽しかったです。
 ただ気になったところを上げると、黒山さんのリア充理由が不明瞭だったのが心残りでした。彼女や妻がいたからそうなのか、はたまた老人をリア充と認定されたことに幸福を感じたためか(……これもリア充になります、よね?)。もう少しその辺りの暗示をどこかに入れて欲しかったように思いました。
 それにしても、リア充たちが爆発する仕組みが壮大すぎる。老人、どんだけリア充を恨んでいたんだー。


>>79 空人:カウントダウン!
 見事にやられました。夢オチとはつゆ知らず、あああ主人公ー……などと思い、同様に心拍数上がっていったところで――落とされた私って←

 鼓動と共にカウントダウン。いやもう焦るなというのは無理ですね。その主人公の真逆の葛藤にどきどきしながらも何だか微笑ましく思いました。
 それにしても芽衣ちゃんの描写がちょっとえろい。私からしても、主人公の視点に何だか新しい境地が芽生えそうです。本当に眩しいよう。
 ただ気になったところを上げると、冒頭部に比べてラスト部分が少し手薄になってしまっているかなと感じました。けれども、本当にお話のどきどき感はやばい、やばいです。それに何だかこの二人互いを分かり合っているという点が、お似合いに見えてくる理由かな。
 当初の訳の分からないまま死にたくない、という思いから。恋によって死んでもいいや――と幸福感にまみれるまでの流れがとても良かったです。
 また夢から起きた主人公。彼の話が突拍子過ぎて、告白したことを後回しにされているようです。そんな不憫な主人公にエールを送ります^^


>>80 自作:それは邪道です!
 初めに一言。ご め ん な さ い … … !
 何も考えずに書いてしまいました。手抜き感が見え見えです。ちょっと頭湧いてました。ものすごく主観的すぎます。あのおにぎりは忘れられません。と、反省点が盛りだくさん。
 何も考えずに書いたら、こんなに短くなるものなんだなあ、と新たな発見ができました。それは良いことなのかな。
 バレンタインデーのノリって恐いですね←
 あと死体ごっこなるものは。探偵ごっこなどのときの被害者で、話が進むのを待って待って待ちまくって、それでも生きている人たちの会話が終わってなくて、動こうに動けない人たち……などと、今設定を考えてみたり。


最後に
 何だかこの頃は、批評を書く度にどういう風に書くものだっけ……? と混乱してしまいます。この頃は、手が止まってしまうこともしばしば。もしかしたら、スランプ気味なのかもしれません。書きたいネタだけはたくさんあるのにー、とぼやいてみます。
 それにしても、締め切り間近に批評提出……うわあ、ごめんなさい! 次回からはもっと早く提出するように努力……します!
メンテ
Re: お題小説スレッド【二月期:批評提出期間】 ( No.86 )
   
日時: 2012/02/29 23:40
名前: 企画運営委員 ID:3dyvhr22

【第十回総評】

 今回はテーマが『爆発』だったこともあってか、勢いのある作品が多かったのが印象的な回でした。ぐいぐい読ませる力が強く、どの作品もとても楽しんで読むことが出来ました。参加者が少なかったのは、少々難しいテーマだったからでしょうか。しかし、今回は初参加の天パさんの参加がありましたね。これからもたくさんの方に参加していただければと思います。
 課題としては、ストーリー展開が単調なものが多かったかもしれません。勢いと取ればそれは確かにそうでもあるのですが、もう一歩踏み込んだり、工夫が効いていればよりいっそう盛り上がったのではと思います。また、最後の片付け方に課題が残る作品も多かったですね。クライマックスを迎えた後の処理、もしくはそもそもクライマックス自体の盛り上げ方。特に短編は息切れしたくなるときに迎えるところなので、なかなか難しいのですが、重点を置いて書くことができればなと思います。
 次回のテーマは「魔法」ですね。私も一年前を思い出して恥ずかしくなったりしているのですが、ご自身の上達を実感されるために、もしくはこれから実力の向上を目指していくために、ぜひふるってご参加ください。F板のこの盛り上がりと一緒に、お題板も盛り上がればなと思います。ありがとうございました。
メンテ
まぎかる ( No.87 )
   
日時: 2012/03/01 00:00
名前: ゆみたん ID:ruzrDVA6


 私は魔法使いだ。
 決して、神聖を貫いたまま年を老いたわけではない。それに、これでも脱ゆとり世代のいまどき中学生だ。しかし、まぁ、だが、私は、まぁ、まだ神聖だ。当然といえば当然なのだが……あ、でも彼氏の一人や二人! 彼女の三人や四人いるし! ……あぁ……ごほん、いや、こんな話はどうでもいいだろう。そうだ。そうに違いない。
 話を戻すが私は魔法が使える。だから魔法使いだと自分でも思う。
 火が出せるとか、時を戻せるとか、そんな害や欲をもたらすものではない。
 だけど、そんな私利私欲のための魔法じゃなくて、人のための魔法を私は昔からつかえた。
 それは魔法ではない、という人もいるかもしれない。それもまぁ一つの答えだ。そして、その魔法は誰でも使える。つまりだ、人類生けとし生けるもの全て魔法使いだといえる。話を掘り返すようだが決して、童貞を貫いたからとかではない。決してない。
 だけど、そんな誰でも使える魔法はとてもとても偉大だと私は思う。
 私は、思うのだ。





 今日も私は魔法を使う。
 学校で。
 家で。
 明日も使うだろう。
 明後日も使うだろう。
 私は魔法を使うのが得意だ。
 魔法を使うのは楽しい。
 だから、今日も私は魔法を使う。










 あっ。


「おはよう」

「おはよう」



 今日も、私は魔法を使う。




 ――あいさつの魔法を。



 ――あいさつの魔法は、とても偉大だ。





 ぽぽぽぽ〜ん。
メンテ
Re: お題小説スレッド【二月期:批評提出期間】 ( No.88 )
   
日時: 2012/03/01 00:18
名前: 企画運営委員会 ID:nSJ3MzeQ

第11回「魔法」の作品投稿期間となりました。
作品投稿期間は3月1日(木)〜3月15日(木)までとなります。
ルール説明>>002 を熟読の上、ご参加ください。
皆様の力作お待ちしております。
メンテ
魔法少女襲来 ( No.89 )
   
日時: 2012/03/01 00:49
名前: 黒猫 ID:M4XlPArE



 この世界では皆が魔法に頼って暮らしてる。
部屋の明かりもお風呂を沸かすのも料理をするのも全て魔法。
魔法が無くなれば生活ができなくなってしまうと言っても過言ではない程、魔法に頼り切っている。
生まれた時からそうだし、別にそれが不思議とも思わない。
でも魔法を使って全世界に一つの放送が流れた。

「この世界にある魔法の根源である魔力が底を尽きてしまう」

 すぐに受け入れることはできなかった。
生まれてから当然のようにある魔法。それが無くなってしまうなんて想像できないし、したくもない。
もし本当に無くなってしまえば、生活は出来なくなってしまうから人間は全滅に近い状態になってしまうだろう。
人類相続の危機と言える程の出来事。
しかし放送は続いた。

「皆様はこことは別の異世界というものがあるのをご存じだろうか」

 さっきから嘘か本当か分からないような事を連発する放送だ。

「かつて謳われた伝承の中にこんなものがある、枯れた大地に人間の血肉を与えることで大地は生を取り戻す」

 大地から魔力が流れてきているというのは当然の知識で、この場合に言っている大地とは魔法の事だろう。
なんとなくだが解釈すると「魔力が枯渇すれば人間の血肉を大地に与えればそこにある魔力は再び復活する」とかそういうこと。
でも、そんなもの伝承に過ぎなかった。

「異世界への扉は既に開かれつつある、異世界の住人全てを要に世界を復活させようという案が出ているのだ」

 放送はまだまだ続く。
何処の誰がこんな変な宗教染みたことを言っているのか知らないが、こんなことバカげてる。
まともに聞く人間なんて一人もいるわけない。
大体、魔力が枯渇寸前って時点で誰も信じていないと思う。
でもだったら一体何のために世界的な放送をしているのか、大ボラを吹くためにこんなことをするだろうか。
私はふと考えた。
それから月日を重ねるごとに、心なしか魔法の力が弱まってきている気がする。
何故だろう。そう思い始めた人々の中にあの放送が思い出された。
本当に魔力が枯渇しているのだろうか。だとすれば存続のために異世界の扉をくぐり、その住民たちを全て殺してしまわなければならないのだろうか。
様々な想いが全世界に住む民衆の頭を駆け廻る。

 ああ、世界は滅んでしまう――。
全世界、数えきれない程の人間が史上初、同様の事を考えた瞬間であった。
勿論、魔法少女である私も同じことを考えていた。



「と、いう夢を見ました」
「何それ、バカみた〜い」
学校に行く途中、私が話した夢を聞いて大爆笑するユーちゃん。
転校してきて間もない私に話しかけてくれた親友で、今は何でも話せる仲。
夢の話で高笑いをあげながら楽しく学校の校門をくぐり、ユーちゃんは他の友達と会って様々な人に挨拶を交わしていく。
一人で取り残された私。今なら小さく呟く程度誰にも聞こえない。


 ごめんね、私、本当は――――。



メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存