ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[4993] 【2016年度】お題小説スレッド【お題「去る」作品投稿期間】
   
日時: 2016/01/12 23:57
名前: 企画運営委員 ID:7PNV346o



『お題小説スレッド』へようこそ。こちらはあるお題に沿って読みきり小説を書き、その作品をみんなで批評し合う場です。
 初心者も上級者も関係ありません。うまくなりたいとお思いの方であれば、だれでも自由に参加することができます。一生懸命執筆し、一生懸命批評して、小説の技術を高め合いましょう。
 皆様のご参加をお待ちしております。

――――――――――――――――――――

>>002 【ルール説明】:必ず熟読して下さい。(※内容、一言の箇所を訂正しました。ご確認ください)
>>003 【批評のポイント】:批評をする際のポイントをまとめたものです。
>>004 【イベントルール説明】:イベントに関するルールです。必ず熟読してください





▼お題:第32回のお題は「種」です。
 二月に種をまくのか? と思いましたが、調べてみるとじゃがいもは二月にまくそうですね。……さらに調べてみると一年中、なにかしらの種をまいてるみたいです。
 そんなことは置いといて。「種」というお題には「たね」以外にも色々な解釈があると思います。みなさんがどのような作品を投稿してくるのか、楽しみにしております。
※第30回の作品投稿期間は2月1日(土)からです


▼お題:第33回のお題は「姫」です。
 三月なので(笑)
 というのはよくわかりませんが(ひなまつりだから?)「ひめ」というのは可愛らしい語感ですよね。私は緑の黒髪をした和服姿が思い浮かびます。桃色が似合いますよね。桃色……やはりひなまつりでしょうか。それでは、みなさんの作品お待ちしております。
 
※第31回の作品投稿期間は3月1日(土)からです


▼お題:第34回のお題は「嘘」です。
 嘘でした。


▼お題:最終回のお題は「魔法」です。
 奮ってご参加ください。


▼お題:第36回のお題は「友情」です。
 ネタでした。


▼お題:第37回のお題は「音」です。
 奮ってご参加ください。



▼日程(第32回)

1月1日       :お題発表
2月1日〜15日   :作品投稿期間
2月16日〜28日  :批評提出期間


▼日程(第33回) 

2月1日     :お題発表
3月1日〜1月15日 :作品投稿期間
3月16日〜30日 :批評提出期間


▼日程(第35回) 

6月1日     :お題発表
6月1日〜7月31日 :作品投稿期間
8月1日〜   :批評提出期間



▼注意もしくは削除対象となるお書きこみ
・荒らし
・荒らしへの反応
・自分や他人の小説の宣伝
・雑談、チャット化
・ルールに反するもの
・管理人が不適切と判断したもの

――――――――――――――――――――

>目次 >>001


>第32回 お題『種』参加作品(敬称略)

>>404 sakana:シロハの辻褄
>>405 伊達サクット:赤い種、青い種

================================================================================

▼リンク
小説講座/雑談所』(お礼や言い訳等はこちらへ)
旧お題小説スレッド』(前スレはこちらから)
ツイッター』(朔乱のアカウントです。お題の告知などをしています)

管理人:If 空人 朔乱  補佐:伊達サクット
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 【五月期お題「食事」】お題小説スレッド【四月期「死」作品投稿期間】 ( No.311 )
   
日時: 2013/04/26 02:47
名前: 目覚まし時計 ID:4u.E8ABo

 ※匿名投稿ですみません。今回読んだ僕の感想です。


・にゃんて猫さん

○第一印象
 偏愛と言うのでしょうか。いっそ真っ黒とすら呼べる愛情ですが、どこか清潔で清浄なものを感じました。僕は淡白で重い愛情は苦手ですが、ここまで愛されたらいっそ男冥利に尽きるような気もします。他者に対して拒絶的でサディスティックな愛情は文章にも色濃く出ていて、個人的にはなかなか面白い作品でした。

○良かったところ
 上記でも述べましたように、清潔で清浄な雰囲気が好きでした。しーちゃんと前半の女性が同一人物なのかは、最後まで悩まされました(多分、同じ女性だと思うのですが、節々に別の女性を匂わせるような文章があったので……)
 人形に魂が宿って、その人形と愛し合って、晴れてお互いは幸せになりました。めでたし、めでたし。になれたら、みんな嬉しかったかもしれませんが、読者としてはそれではつまらない。「他人の不幸は蜜の味」といった感じのドラマティックな感じは割と好きでした。

○悪かったところ
 内容が分かりにくかったこと、ネタが浅かったこと。
 内容ですが、ネタの発想はとても面白かったです。ただ、読者に伝える過程で構成や文章に配慮が浅かったような気がします。二人称で、物語をもっと全面に出して欲しかった。一人称でも十分に面白いけど、終盤などは特にお粗末で特徴や個性に欠けています(文章が、ではなく、ネタがという意味で)
 そうではなくて、もっと読者に分かりやすく書かないといけないと思います。最後は解説のシーンを入れて、伏線を回収するとか、登場人物の関係を明示的に示唆するとか。読者に分かりやすく書いて初めて、共感が得られるんじゃないかなと思います。


・あやかし様

○第一印象
 『死』のダークファンタジーの王道、といったイメージでした。死とは、人生のリセットボタンを押すこと。そう語る一方で、前世の時に好きだった人や楽しかった事柄には異様なまでの執着を見せ、欲望のままに実行する。嫌なことは嫌だと言い、死神は前世の罪を力強く罰する。欲深く、本能のままに行動する人間を想像しました。

○良かったところ
 スピーディーでリズム感がある文章で詰まることなく読み進められました。「いやだ」「殺したい」と言葉を何度も繰り返し発言し、欲望のままに生きてきた主人公に焦点が当てられていましたが、終盤では打って変わって死神の幼女が「間違っている」と力強く否定しています。
 幼女の場合は好きな人を殺された恨みもあると思いますが、二人が双璧のように立ちふさがり、鋭利なナイフで斬り合う様は、一人の人間の葛藤のように感じました。

○悪かったところ
 ネタの幅が狭かったことや、作家としてのズルさが無かったことだと思います。この作品には真面目なイメージを抱きました。
 葛藤を描いたのはなかなかに面白かったですが、鬱々とした暗いシーンがなかったこと。とにかく激しく、激しく、と刺激を求めていましたが、そういう物語にこそ緩急が必要だと思います。そのせいで置いてきぼりを食らった感じがしました。
 また、幼女は主人公とは違った意見を持っていますが、基を辿ればただ立場が違うだけで主人公とかなり似通っています。折角『死』に関して語っているのだから、もっと別の登場人物も入れて欲しかったですね。そう考えていくと、この物語は真面目な人間が考えた意見を感情のままにぶつけたような、浅はかさと若々しさを感じました。


・kaiaさん

○第一印象
 最初は前世の行いを語る話かな、と思っていたのですが(眠るとここにくる、と書いてあったので)、いざ、読んでみるととても爽やかで感動しました。一度、僕もこういった体験をしてみたい気もします。もちろん、死にたいって意味ではないですよ。

○良かったところ
 なんか、のほほんとしていて落ち着いて読めました。全体的に纏まりすぎていたのは残念でしたが、展開が読めていても暖かい作品は何度読んでもまた読みたいと思ってしまいます。最期の不意打ちには恥ずかしながら笑ってしまいました。
 あと、ピエロがお金で相手を天国や地獄に振り分けるシーンは好きですね。人生は所詮お金なのかもしれません。

○悪かったところ
 物語の起伏が悪かったところ、もっと深く言えば全体的に纏まりすぎていて意外性がなかったのが残念でした。
 どことなくkaiaさんはピエロの不気味さや可笑しさを表現したいように感じましたが、どうでしょうか。僕はもっと色んなエピソードや言葉を尽くして彼の残酷さや意外な優しさを表現するべきだと思いました。過激かもしれませんが、物語の立ち上がりには乱闘シーンを入れたり、主人公がピエロから間違えて地獄宣告を受ける、といった牽引力のあるシーンを入れるのもいいかもしれませんね。
 後半部の展開は良かったのですが、やはり意外性がなかった気がします。様々な言葉を尽くして、伏線や力点を作るだけでも小説の完成度が上がることもありますよ。(どことなく手抜き感があったように感じたのは、僕だけでしょうか?)


・空人さん

○第一印象
 どうしても、スライムと聞くとドラクエを連想します。善人の皮を二枚も三枚も被った腹黒スライム、しかも4v……ちょっと斬新でした。と行書きの作品でしたが、アップテンポで面白可笑しく読み進めることができました。

○良かったところ
 突っ込みどころ満載でした。ドクターの解説にスライムの合いの手があったので助かりました。最期の展開にも実はかなり驚かされました。伏線などもちらほらと隠れていて、一度読んでからまた読み返してみるとなかなか面白かったです。悔しかったです。

○悪かったところ
 ストーリーがまったく動かなかったことでしょうか。最後で思わぬどんでん返しがあり、序盤から中盤にはそれを示唆する伏線がちょくちょく挙げられていました。そこは面白かったのですが、やっぱり完成度が低い気がしてなりません。
 数千字で台詞形式で書くのは僕も経験がありますが、難しかった気がします。ネタも凝っていて面白かったですが、エンタメ性が弱く、なんとなく学会の発表、アニメのedソングの後のおまけコーナーで終わってしまった感じでした。でも、読者としてはもう少し頑張りが欲しかったですね。次回の作品こそは期待しています。



・総評
 いつもはROM専門ですが、今回は飛び入り参加をさせていただきました。部外者なのにすみません。もうしません。ストーリーばかり上げたのは単純に文章に関してあまり頓着しない性格だからです。



メンテ
Re: 【五月期お題「食事」】お題小説スレッド【四月期「死」作品投稿期間】 ( No.312 )
   
日時: 2013/04/25 22:33
名前: にゃんて猫 ID:AW2dRDa2

時間がない。でも批評は絶対。
なんだかいつも自分の批評だけ見劣りしてる気がしますが、もう質を上げるのは諦めました。精々感想程度と思ってくださればと。



(敬称略)

あやかし様 「リセットボタンをおしました。」>>306

まず批評とは関係ない話から。ボカロ廃の私は真っ先に「人生リセットボタン(kemu)」を連想してしまいました。腐っててすみません。
さて本題。
まず「死」というお題に対してのあやかし様のイメージを読み取るに、何らかの信号の連続といった感じでよろしいでしょうか。
文中ではいくつかの単語が大量に連ねられているのが特徴的……というかこれしか特徴が無い気がします。
作家さんの中にもこんな風に単語を連続して使用する人がいますが、これは使い時を間違えば文章全体の流れを止めて味を無くしてしまう技法であると私は思います。
やるのは簡単、という理由から初心者作家が混乱やら覚醒やら何やらといったシーンで頻用してしまう手法だと認識しています。事実、私がそうでした。
あと、句読点がほとんどないのが気になりました。台詞にはあるのに、地の文にはほとんど付いていない。そのくせちょっと長い文もあったりするので、適度に置いておかないと読むときに息切れしてしまいます。
描写にもしっくりこないところがありました。例えば序盤の「この世界にいると自分がいるのかいないのかわからなくなる。」など、矛盾した説明がされていると、たとえ故意だったとしても疑問を感じます。
それと、ここから先はすごく個人的な意見になるので、それを前提に聞いて下さればと。
最後の「死は人生のリセットボタンよ、所詮ね。」という〆。異論は山ほどありますが、それは個々の価値観の違いなのでとやかく言うつもりはありません。
ただ、終盤に差し掛かったあたりから、これに類似した内容もしくはこれを示唆する中身の文や台詞が山ほど出てきます。それを踏まえた上で敢えてこの言葉を最後にいれる意味はあったのでしょうか。タイトルと内容だけ用意して、あとは読者の見解に任せる形式にすれば、もっと読み手側に考察の余地が生まれるのではないかと思います。この文を載せたことによって、この作品の意味が一気になくなってしまったように感じるのです。
あくまで個人的な意見ですので鵜呑みにはしないでください。しかし小説という媒体を使っている以上、それを使った上で読み手に何を伝えるかという部分が小説の小説たる所以だと(私は勝手に)思っています。
もう少しそのあたりも考えて構成してみてはどうでしょうか。
私とは違う「死」に対するイメージが直球で伝わってきたので、それはタメになりました。話も断片的ではありますが、そこそこ面白かったと思います。
次回に期待。




kaia 「いんぐingイング」>>307

こちらも批評と関係ない話から。ずっとing形はbe動詞とくっつけて現在進行形にするだけが役割なんだと思ってました。現在分詞さんゴメンナサイ。
さて本題ですが、なぜ地獄の通貨が日本円なのか……はツッコんじゃ駄目なんですよね、はい。
この作品も、全体的に句読点がない。おそらくkaiaさんの中では区切る箇所が頭の中で決まっているのでしょうが、読み手は句読点がないといちいちどこかで切って読まないといけなくなります。それは読む上で非常に邪魔になる作業なので、面倒臭がらずに付けてほしいです。特に台詞。
?や!といった記号のあとはワンスペース開けるのが基本だと思います。ただ、これは私の中ではあくまで「暗黙のルール」なので実際どうなのかまでは保証しかねますが。
人生の値段、というのが「死」に対するある種の解? であるとしているって解釈していいのでしょうか。
設定は非常にユーモラス、でも重いテーマを背負ってる。ただそれを前面には出さず、ショート劇のようにゆったり内部完結させている。その手法と話し運びは大変上手だと思います。
ただ、もう少しシリアスであるとか人生に対するもっと踏み込んだ価値観だとか、そういった重い問題提起を作品の中でしておいても良かったのではと思います。これをすると作品の密度やバランスは多少崩れるかもしれませんが、このままではお題に対して明るすぎる気がしたので。
何も直球でお題を拾う必要はありませんが、もう少し掘り下げた内容にした方が良かったと思います。次に期待。




空人 「第一回スライム学講座「とあるスライムの誕生秘話(バースデイ)」」>>309

スライム可愛いよスライム(ぇ
あ、脱線してましたすみません。スライム可愛いよね。さすがにこれだけでは批評になりませんが。
何とも難解な作品だと思いました。一読してもサッパリ頭がついていけてなくて、結局五回くらい読み直しましたが今でも内容を理解できた自信がありません。
適当な批評になってたらごめんなさい、と先に予防線を張っておきます。
スラミンくんの生態の話から、「死」や「意識」の話へ自然に運んでいく流れは、すごくまとまっていて読みやすかった。気付きにくいけど、こういう違和感のない話運びって大変ですよね。特に台詞だけの場合は。
「死」は同時に「誕生」でもある……このお題では「死」と「誕生」という対極を結びつけたのは空人さんだけだったと思います。あやかし様は「輪廻」という言葉を使ってはいましたが、二つセットで捉えることで新しい見え方になってくる……。こういうお題の消化もあるんだなあと思いました。
形式については、特にコメントできません。モノがモノなだけに。
本音を言うと少し批評しにくいです。私のものを含めて他の作品と明らかに違うオーラが漂ってますし、何より台詞だけとなるとその運びさえ気にならなければ、あとは内部完結しててオッケー、っていうのが私の台詞劇に対する価値観なので。
またチャットとかで話す機会があればいっしょにスラミンくんの可愛……批評について語りましょう。機会があればですが。




自作 「fix doll after glow」

後半死んだ。と言うのも、もともとかなりの量を書いていたんですが、おそらく年齢規定設けないといけないレベルになっていたので全カットしました。
この作品を書こうと思ったきっかけが、某動画サイトで自作アニメーション巡りをしていた時に女子高校生がひたすら教室で馬乗りになって刃物を振り下ろしているのを見てしまって、それで頭の中でこれ書きたいって思ったんですよね。勢いって危険。
これ、もし何も考えずに全編投下してたらひどいことになってたと思うので、最後に消去して良かったと思ってます。
ただまあ、どちらにせよ出来については釈明の余地がないくらいひどいです。前回のお題に参加できなかった悔しさからどことなく「少女」も含んだ感じで書いたのですが「人形」の方を表現的に押してしまった気がします。
お題の消化についても最後の方は稚拙なまとめになっただけで、正直言ってこちらもカットしておけば良かったと今になって後悔しています。
あと題名ですが、即興で考えて付けた割には結構気に入ってます。fixって動詞、響きが何となく好きなんです。
勢いで書いてもやっぱり消化不良な気がしますが、それも含めて力量なのかなあ、とか何とか。自分で自分を満足させれる作品が書けたら、それに越したことはないですね。読み手を満足させる以上に自分自身を充足させるために書く小説というのも、個人的にはアリだと思います。




今回は作品数が四作と少なかったので総評のようなものは書けませんが、みなさんお題に対して様々なイメージを持っていて、決して似通っているわけじゃないことが分かりました。その点は非常に面白かったです。
ただ、小説作品としてはいつもに比べてイマイチだった気がするので、来月はもっと面白く読める作品が出てくることを期待しています。
最後に。
参加していないからといって、批評してはいけないわけではありません。書いてなくてもどんどん批評してくれて構いません。批評って、書いてると不思議とその作品のことがはっきりと分かってくるし、それなりに楽しいです。時間は少々取りますが・・・。
というわけで、皆さんもどんどんお題に参加してスレを盛り上げていきましょう!
来月も頑張ります! 間に合う気はしませんが! だれか精神と時の部屋貸してください! 
でわでわ!
メンテ
Re: 【五月期お題「食事」】お題小説スレッド【四月期「死」作品投稿期間】 ( No.313 )
   
日時: 2013/04/29 22:04
名前: 空人 ID:6KDx4DLM

死人が意外と少なかった印象(おい


>>305 にゃんて猫:「fix doll after glow」

 狂った思考に狂った関係。はじめから狂ってしまった狂おしいほどの愛情は、狂ったまま結末を迎える。
 裁判風に構成された文章は面白い試みだったと思います。作品の質とも上手く融合していて素晴らしい仕上がりだったと思います。
 ただ、独白で長文なため物語の動きが読み取りにくく、いざ第三者が現れたときに説明不足が出てきたり、根幹に有ったはずの互いの認識の齟齬がわかりにくくなっていました。
 弁護人証言として、第三者視点を入れても良かったかもしれないですね。
 ヤンデレを書ききった手腕、互いを人形へと貶める結末など、まとまりは良かったです。もう少し余韻めいたものがあっても良かったかも知れないですね。
 『死』はあまり感じなかったかも知れません。


>>306 あやかし様:リセットボタンをおしました。

 何度も死を繰り返し、何度もそれを望むなら、自らを、そして世界を破壊するより他にそこから進む手段も無い。
 死が軽いですね。
 狂った世界狂った精神を描こうとしたのなら、失敗していると思います。
 なぜなら彼は、はじめから狂っていたから。
 愛も無く、憎悪も無い。
 はじめから狂ったままなのなら、それは彼にとって普通な事なのではないでしょうか。
 普通の世界で普通の生活で、普通に展開して普通に終わりを迎えているなら、やはり面白い話だったとは思えませんでした。
 死んでも記憶を残している理由、その思いに至った経緯、死神や閻魔の縁者を殺した方法。等等。大事な描写が足りていないのだと思います。
 こういうのは、しつこいくらい行動のの描写が有った方がそれっぽいのではないかと思われます。


>>307 kaia:いんぐingイング

 生と死の狭間、そして現実と幻想の狭間にて、それは日常として描かれる死。
 全体的にほのぼのな雰囲気で、あたたかな話の展開と結末がとてもほほえましいです。
 キャラクターの特徴を上手く生かせていて、ストーリーがまとまっていますし、とても読みやすい文章だったと思いました。
 人の生き様を金額に換算するシステムは解りやすくて良いと思います。しかし、その計算方法に関しては、やや疑問が残ります。案内人の匙加減のように見えますし、なにより比奈さんへの金額の割り振りがおかしいように思えます。
 人間が生きていれば、誰か彼かに迷惑はかかってしまうものです。医者や看護士が定期的に診なければならないでしょうし、両親への金銭的負担もあったはずです。病院のベッドを独占すれば他の患者へも迷惑がかかるでしょう。
 何か彼女に善行があって、その分と相殺している事にする方が読者への好感も良かったのではないでしょうか。プラマイ0な事に神秘性も付加するかもしれません。
 細かい事はともかく、優しい語り口で好きな作品でした。彼女が「生きたい」と自ら口にしたところが良かったです。
 

>>309 空人: 第一回スライム学講座「とあるスライムの誕生秘話(バースデイ)」

 なんだこれ。
 完全にネタでした。
 スライムの生と死については、アメーバで同様の説があったはずだったと記憶しています。
 ……だからなんだと言われても困りますが。
 重い話を書きたくなかったという意思だけはわかってくださいませ。

さて、次回は『食事』です。
誰が食べるのか、何を食べるのか、どうして食べるのか。
いろいろな食材といろいろな調理法が集まる事を期待しましょう。
では
全ての食材に感謝を込めてー
メンテ
Re: 【六月期お題「祝日」】お題小説スレッド【五月期「食事」お題投稿期間】 ( No.314 )
   
日時: 2013/05/01 01:11
名前: 企画運営委員 ID:OHU7fDrM

【第二十三回総評】


 『死』というお題は書く側の思想を強く引き出すものなのかもしれません。なぜなら、誰も本物の死を体験していないのだから。

 新学期を向かえ、新・お題小説スレッドにも新しい名前がチラホラ見えるようになってきました。
 そのためか今回の作品も勢いのあるものが多く寄せられたように感じます。
 タイトルも個性的で楽しませていただきました。
 作者自身の熱い思い、感情、こういった物が書きたいんだという強い意思が素直に出てくるのは大変素晴らしい事だと思います。
 ただ、そのままの勢いで書いてしまっては、どうしても読者に伝わらない部分も出てきてしまうのではないでしょうか。
 一度読者目線に立って読み直したり、細部にこだわった装飾をしてみるのも面白いかも知れません。
 どんなに吟味しても、その効果が実感に変わるのには時間がかかるでしょう。新しい力を本物にするために、じっくりと磨いていきましょう。

 皆さんのますますのご活躍を信じて、短いですが総評に代えさせていただきます。
メンテ
Re: 【六月期お題「祝日」】お題小説スレッド【五月期「食事」お題投稿期間】 ( No.315 )
   
日時: 2013/05/01 01:13
名前: 企画運営委員 ID:OHU7fDrM

第24回「食事」の作品投稿期間となりました。
作品投稿期間は5月1日(水)〜5月15日(水)までとなります。
ルール説明>>002 を熟読の上、ご参加ください。
皆様の力作お待ちしております。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存