ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[4993] 【2016年度】お題小説スレッド【お題「去る」作品投稿期間】
   
日時: 2016/01/12 23:57
名前: 企画運営委員 ID:7PNV346o



『お題小説スレッド』へようこそ。こちらはあるお題に沿って読みきり小説を書き、その作品をみんなで批評し合う場です。
 初心者も上級者も関係ありません。うまくなりたいとお思いの方であれば、だれでも自由に参加することができます。一生懸命執筆し、一生懸命批評して、小説の技術を高め合いましょう。
 皆様のご参加をお待ちしております。

――――――――――――――――――――

>>002 【ルール説明】:必ず熟読して下さい。(※内容、一言の箇所を訂正しました。ご確認ください)
>>003 【批評のポイント】:批評をする際のポイントをまとめたものです。
>>004 【イベントルール説明】:イベントに関するルールです。必ず熟読してください





▼お題:第32回のお題は「種」です。
 二月に種をまくのか? と思いましたが、調べてみるとじゃがいもは二月にまくそうですね。……さらに調べてみると一年中、なにかしらの種をまいてるみたいです。
 そんなことは置いといて。「種」というお題には「たね」以外にも色々な解釈があると思います。みなさんがどのような作品を投稿してくるのか、楽しみにしております。
※第30回の作品投稿期間は2月1日(土)からです


▼お題:第33回のお題は「姫」です。
 三月なので(笑)
 というのはよくわかりませんが(ひなまつりだから?)「ひめ」というのは可愛らしい語感ですよね。私は緑の黒髪をした和服姿が思い浮かびます。桃色が似合いますよね。桃色……やはりひなまつりでしょうか。それでは、みなさんの作品お待ちしております。
 
※第31回の作品投稿期間は3月1日(土)からです


▼お題:第34回のお題は「嘘」です。
 嘘でした。


▼お題:最終回のお題は「魔法」です。
 奮ってご参加ください。


▼お題:第36回のお題は「友情」です。
 ネタでした。


▼お題:第37回のお題は「音」です。
 奮ってご参加ください。



▼日程(第32回)

1月1日       :お題発表
2月1日〜15日   :作品投稿期間
2月16日〜28日  :批評提出期間


▼日程(第33回) 

2月1日     :お題発表
3月1日〜1月15日 :作品投稿期間
3月16日〜30日 :批評提出期間


▼日程(第35回) 

6月1日     :お題発表
6月1日〜7月31日 :作品投稿期間
8月1日〜   :批評提出期間



▼注意もしくは削除対象となるお書きこみ
・荒らし
・荒らしへの反応
・自分や他人の小説の宣伝
・雑談、チャット化
・ルールに反するもの
・管理人が不適切と判断したもの

――――――――――――――――――――

>目次 >>001


>第32回 お題『種』参加作品(敬称略)

>>404 sakana:シロハの辻褄
>>405 伊達サクット:赤い種、青い種

================================================================================

▼リンク
小説講座/雑談所』(お礼や言い訳等はこちらへ)
旧お題小説スレッド』(前スレはこちらから)
ツイッター』(朔乱のアカウントです。お題の告知などをしています)

管理人:If 空人 朔乱  補佐:伊達サクット
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 【六月期お題「祝日」】お題小説スレッド【五月期「食事」お題投稿期間】 ( No.321 )
   
日時: 2013/05/17 00:24
名前: 茶野◆EtTblie50o ID:oXz2Gk2I

 前回(12年8月)で力尽き、ご無沙汰してました。
 今回はちょっとさみしい人数ですが、おもしろい試みをした作品ぞろいで楽しかったです。来月も参加したいです! っていうと参加しないジンクス持ちなので、来月は参加するつもりがありません、と言っておきます(笑) 批評されるのはほんとうにひさしぶりなので、どうぞお手柔らかにお願いいたします。


>>316 kaiaさん:お残しは許しまへんでぇ
 タイトルと冒頭でオチはわかってしまうんですけども、やっぱり心にぐっとくるものがありました。こたろーの
思いはかなえちゃんに届かず。飼い主の気持ちもよく書けていて、せつなかったです。肉牛がどう殺されるかとか、わたしは詳しく知らないので(牧場物語レベルでしかわからない)、イメージだけで書いたのか知識があるうえで書いたのかはわかりません。普通の人が知らないリアルな牧場の描写があれば、牛たちと何も知らない人間の対比が強調されるのではないでしょうか。牛たちの知識にばらつきがあるのが気になりました。「派手な棒」の正体を知らないのに「引き金」は知っている、とか。

>>317 茶野:流れ星のスープ、わたしたちの魔法
 自作。苦しかったです。本当は前回出そうと思って書いていたものです。冒頭部分だけ、先月書きました。結果、書きたいものとすこしずれてしまったのが残念でした。
ほんとうの魔女はおばあちゃんだけで、カナコもヒナノもただの人間なのですが、最初はヒナノにあたる人物はおらず、カナコも魔女の力を持つという設定でした。それがカナコが幽霊になったり、おばあちゃんがぼけてスープをつくるだけの機械になってしまったりと迷走し、こねくり回した結果無難な話になってしまいました。ぬいぐるみやハナやカップラーメンが生かせないまま放置してしまい、今となっては冒頭も書きなおしておけばよかったと後悔しています。
とにかく、終始ダサい雰囲気なのがいちばん気がかりです。とくに「流れ星スープ」の字面はダサすぎて、もう二度と見たくないですね! 作中でツッコミたかったのですが、うっかり忘れました。

>>318 空人さん:狼さんはレアが好き
 転生前の記憶を持つ妹と、完全な狼の兄とのちがいが生肉を食べられるか否かくらいしかないのが気になりました。人間の記憶と今は狼である事実はそう相容れるものではないと思うのです。兄と妹の差異が目立たないため、兄狼に狼らしさを感じられませんでした。
 ストーリーは符合性にやや欠けているように思います。きょうだいが狩りに連れ出されたことと、妹が生肉を食べられないことと、母の死と、母の肉を食べることがうまく結びついていません。命の尊さやはかなさを学んだような描写もなく、全体的にちぐはぐした印象を受けました。また、魔力という要素がまったくストーリーに絡んでこないのであれば、わざわざ出す必要はなかったと思います。どうせなら、もっとファンタジーっぽさを組み込んでほしかったです。
 冒頭の「肉の持ち主」という表現は避けたほうがいいと思います。最初、別の意で読み取ってしまい、少し混乱しました。「死骸」や「食料」ももうちょっと別の書き方があるのではないでしょうか。
 愛する者の肉を食べるということをさらに深く切り込んでいたら、もっとおもしろかったかもしれません。

>>319 宮塚さん:龍の肉
 ドラゴンを倒すところまではすごくおもしろかったです。これからどんな物語が始まるのだろう、とわくわくしながら読み進めたらあっけなく終わってしまって肩すかしをくらいました。未完成作なのでしょうか。まるでジャンプの打ち切りまんがのようです。
 描写が細かく、わかりやすく、かっこよかったです。固有名詞の出し方がうまく、魅力的な世界観を出せていたと思います。
 ……と書きましたが、完全版の存在を知り。
 消えてしまっていた部分を読むと、ちゃんとしたひとつの物語になっていました。ドラゴンを倒す動機などがわかったおかげで、ものたりないと思った後半部分がいきてきました。完全版を読めてよかったです。ちなみに。冒頭が変なふうに切れているのは、一文が抜けた程度だと思ってました。まさかこんなに消えていたとは。


メンテ
Re: 【六月期お題「祝日」】お題小説スレッド【五月期「食事」お題投稿期間】 ( No.322 )
   
日時: 2013/05/26 19:32
名前: 伊達サクット ID:e4N12MFg

今回、総評を担当させて頂く伊達サクットです。
ひとつひとつの作品に関しても、批評させて頂こうと思います。ほとんど読書感想文のようなもので申し訳ありません。的外れなことを言ってたらどうかスルーしてやって下さい。

※敬称略です。

◆kaia「お残しは許しまへんでぇ」

 まるで忍たま乱太郎の食堂のおばちゃんのような題名ですね(笑)。
 人間からしてみれば、畜生にすぎない家畜の牛が、人間のような思考を持ち、どこか離れた視点で客観的に自分達の状況を見ているところが何ともファンタジーでした。徹底的に救いを排した話の流れで、「悲しいかな、人間には私たちの言葉なんか理解できない。私たちが人間の言葉を理解できても人間は私たちを理解しない。」って大前提が辛いですね。
 特に、どうせすぐ死ぬのにわざわざみずきの形見をそうたに持たせる飼い主の行動が残酷すぎて笑えます。「ドナドナ」の歌を牛側の視点から見たような雰囲気で、寓意性があるので、絵本にして小さな子に読ませたらいいんじゃないかと思ったりしました。
 オチに関しても、悲劇の奥にさらに悲劇をぶつけるって考えれば、綺麗にまとまっているのと思います。読んでいる途中から「ああ、みんな肉になって終わるんだなあ」って分かってしまうというのはあるのですが。


◆茶野「流れ星のスープ、わたしたちの魔法」

 作品全編を通して、何か心に訴えてくるものがありました。悲しさだったり、暖かさだったり。
 読んでいて、漢字とひらがなの使い分けに高い技術とセンスを感じました。作品全体の柔らかくて切ない雰囲気を作るのに、一役買っているのだと思います。自分は、そういったところにあまりこだわらず、片っ端から漢字に変換したりするので、こういった言葉隅々への気配りは見習いたいです。
 短い話だけど、物足りなさは感じないし、緩やかな心持ちで読めました。こんな短編が書けるなんて羨ましいです。「スープ」なのもまたいいんですよねえ。もう、おばあちゃんのスープってだけでグッときます。
 何か指摘するとしたら、「いつもひとをいじめて楽しんでいる子とわたしがちがうところは、ごはんの時間だと思う」ってくだりが唐突で、一体何の話だって少し首をかしげるところがあった程度(今まで学校に行っていなかった背景とも取れるけど、そうじゃないとしたら若干偏狭な思考にも見えてちょっと気になる)です。またこのような茶野さんらしい作品に出会えることを期待しています。
 

◆空人「狼さんはレアが好き」

 Kaiaさんの作品と設定が似ていますが、こちらは人間のときの記憶があるって明言しているのが面白いです。狼の母親と兄弟達のキャラも、それぞれが個性的で、短い話の中で個性を活かした活躍をしているのが良かったです。
「あなたたちがわたしを食べなさい。他の誰でもないあなたたちが。明日を……生きる為に」
「あなたが私を食べてね。他の誰でもないあなたが。明日を……生きる為に」
 導入部分が物語の結末になっていて、その結末へ導くのがそれ以降の部分という構成が、かなり器用ことをやっていると思ったのですが、それゆえ少し分かりにくい部分があった気がします。
 どうして分かりにくいか考えた結果、冒頭の「俺」視点が原因なのではないか、と思いました。ただ、締めくくりの部分で妹の思いは書き尽くしているから、最初で妹の視点にすると蛇足だったり、説明しすぎで雰囲気が損なわれることになりそうです。
 そこら辺の、ドラマ性を維持しながら、かつ分かりやすくするようにできればホントしっくりくるのですが。凄く惜しいです。
 冷風が吹き荒れる冷たい銀世界。生命を感じさせるグレイウルフの灰色の体毛と、鮮烈な赤い生肉の色彩のコントラスト。鮮やかな光景が想起されて素晴らしい。


◆宮塚「龍の肉」

 雑談所の完全版の方で批評させて頂きます。
 渋くて男くさい、緊迫感が溢れるいい作品でした。あの少年がいたおかげで、主人公は「殺戮」を行わずに済み、結果的にシャム爺の教えを破らないで済んだのだと思います。そして、最後に村のみんなで龍の肉を食べるという結論。だからこそ最後まで主人公を「猟師」として留めておくことができたので、お題のストーリーへの絡め方がうまいと思いました。結果論と言ってしまえばそれまでだけど、我が身を省みず少年を助けた主人公は「生きるためと、食べるため以外に命を奪っちゃあなんねえ」という教えをしっかり守っていたと思います。流れが直線的なようで、裏に考える余地を残してくれているのがよかったです。
 後は、ドラゴンの肉を食べてみんなが腹を壊さないように願っています。

 総評はまた後ほど投稿します。お待ち下さい。
メンテ
Re: 【六月期お題「祝日」】お題小説スレッド【五月期「食事」お題投稿期間】 ( No.323 )
   
日時: 2013/05/27 00:54
名前: 企画運営委員 ID:sgeINBrw

【第二十四回総評】

 今回のお題は「食事」でした、当初個人的には、「食事」という行為は、単に何かを食べるという行為だけではなく、人間の営みというか、文化のようなものを考えていましたが、今回は生きる為に他者の肉を食べる行為という捉え方が多かったと思います。
「食事」というお題にそのような方向からアプローチしたのが、茶野さん以外の三作品でした。それぞれ、牛、狼、龍と、生き物の種類は違っていても、フォーカスが「肉」に絞られていたこと。その「肉」とは「弱肉強食」の「肉」。生きていく為に、他者の肉を食して栄養を摂取しければならない意味での「肉」だったということでした。それは、家畜の飼い主にしろ、共食いする狼にしろ、食べる為に命を奪う猟師にしろ。あやめにしろグレイウルフにしろ、ドラゴンを狩る猟師にしろ、その行為そのものに人と動物の境界線は感じられない。牛や狼の視点にも関わらず、まるで人間からの視点で物語が語られるかのように。どれも「食」という行為が生と死に深く関わった印象の強い作品ばかりでとても楽しめました。
 一方、茶野さんの作品は、スープという「料理」にたくさんの野菜と若干のファンタジー色を入れて読者に何かを訴える力を持たせていました。スープを食べた主人公の心に、何か揺れ動くものがあって彼女自身が変わっていくのは、紛れもない、ただの栄養の摂取という行為からワンランク上の精神性を備えた、人間の文化としての「食事」の捉え方だったのではないかと思います。「たった一杯のスープが一瞬にして、わたしの心を晴れやかにしてくれた」という一文に、その方針が凝縮されていたように思えました。
 四作品と少し少なめの回となりましたが、対照的な捉え方が存在し、各作品がしっかりとお題の消化に取り組めているのはよかったと思いました。
 ただ、「食事」というお題ゆえか、どの作品もしっかり書ききれている一方、ストーリーの流れそのものはどれも落ち着いたようになってしまっている印象がありました。もっと、読者に先を読み進めたくさせるような、素直に「凄い!」って思わせてくれる発想が盛り込まれたストーリーを持つ作品がほしかったところです。
 次回のお題は「祝日」となりますが、次回も皆様の素晴らしい作品が寄せられることを願っております。
メンテ
Re: 【六月期お題「祝日」】お題小説スレッド【五月期「食事」お題投稿期間】 ( No.324 )
   
日時: 2013/05/31 23:30
名前: 空人 ID:YDlUwEv.

批評の前に一つ。
先月今月と作品を投稿してくれた方で、先月の批評をしないまま、今月も参加している方が居ります。
作品を投稿してくれるのは大変ありがたいのですが、参加者様は批評が義務なのですよ。
ペナルティーとかは無いのですが、これは、しっかりと作品を読み批評をしてくれている他の参加者様に失礼な行為だと思います。
ご注意くださいませ。

そんな訳で批評です。


>>316 kaia:お残しは許しまへんでぇ

 人間の食料となるために生きた、牛たちの一生。
 自分たちが食料だと知ってからの彼らの絶望がよくあらわせていたと思います。
 序盤のほのぼのとの対比も上手く描けていました。
 人間らしい思考を持った牛たちは、お話を盛り上げるのに十分に活躍していたと思います。だからこそ、人間である飼い主さんの台詞や感情は要らなかったのではないでしょうか。
 食肉を育成している人間が、牛に名前をつけることはまず無いでしょう。これから死んでいく牛に形見を渡すのもおかしな話です。
 一日一頭ずつしか処理できないというのもどうかと。
 オチには皮肉も込められていて良かったと思いますよ。
 

>>317 茶野:流れ星のスープ、わたしたちの魔法

 やわらかな思いとやさしい魔法の込められたスープの世代を越えて伝わる味は、なみだ味。
 登場人物たちにはどこかくせが有るものの、その棘は柔らかで優しさに包まれた作品だと感じました。
 場面移動も激しい展開もなく過ぎていく日常と、流れるような幕引きは、読む人に強く印象を残すものではないかもしれません。
 それでも、読ませる力とまとめ方の美しさには、目を見張るものがあったと思います。
 この後も続いていくんだと感じさせる終わり方が素敵ですね。
 

>>319 宮塚:龍の肉

 一応全文で批評しますよー。
 自分を取り戻すため、猟師はその矜持を捨て、無謀なる戦いに挑む。
 大事な人の死を乗り越える為、彼にとってこの行動は意味のあるものだったのでしょう。たとえそれが、自分の師の教えに反していても。
 ドラゴンの行動を調査し、罠を張り、好機を待つ。猟師としての知識を総動員しての戦いの準備に、わくわくしてしまいました。
 ただ実際の戦闘にはいると、ドラゴンという名詞の多用や、重複表現などもあり、やや鈍重だったように感じます。省略や別の表現に置き換えるなどが出来れば、より臨場感のある描写が出来たかもしれません。
 時折顔を見せる一人称ならではの感情表現は、良い味が出ていて面白かったです。
 最期に師であるおじいさんの教えに立ち戻る流れが、すんなりと描けている部分が秀逸だったと思います。


>>318 空人:狼さんはレアが好き

 グレイウルフは魔物なので知力が高いのだ、とか。魔力を持っていて身体強化できるぞ、とか。黒い毛の仔は魔力が高いんだ、とか。
 設定はあったのに書かず、結局意味不明に終わった描写が多すぎます。
 今回は反省点がよく見えているのに修正しなかった自分はダメダメなのです。
 反省しております。後悔も、ね。

来月は「祝日」ですね。
何書けば良いやらまったく浮かんでこない状態です。
『あー六月の祝日どうしようかなー』
とかいう、頭のおかしい人みたいな発言をしそうな勢いです。
皆さんの投稿お待ちしておりますよー。
メンテ
Re: 【六月期お題「祝日」】お題小説スレッド【五月期「食事」お題投稿期間】 ( No.325 )
   
日時: 2013/06/01 00:21
名前: 宮塚◆tdu/XtyVrs ID:RscLuBts

遅れましたが批評です!
たびたびすみません。

>>316 kaiaさん:お残しは許しまへんでぇ
 やっぱり忍たま乱太郎の食堂のおばちゃんがどうしても頭にちらつく……。
 それは良いとして、悲しげなお話でした。
 ただ、「悲しげ」という以上のものはなかったかな、というのが少しもったいないです。
 肉を食べる、ということに限らず食事をするというのは、生き物を殺して生きることであり、その当たり前のテーマを今回はほとんどの参加者が描いたわけですが、当たり前のテーマである以上何かひと捻りが必要だと思うのです。
 必要っていうか、僕がそういうのを読みたいだけなんですが(笑)
 個人的には、牛たちの恋愛模様を見た時点で冷めてしまいました。ダメですねー、歳をとると心がねじ曲がってしまって……。あれを見ると別にこの物語、牛が主人公じゃなくていいじゃんと思ってしまったんですよね。人間を食料とする国で人間を描いちゃダメなの? と。そういう話は、藤子F不二雄氏の名作に『ミノタウロスの皿』というのがあるので似通ってしまうかもしれませんね。でも、食料(牛)が最期まで救いなく絶望しているというのはオリジナリティのあるポイントだったと思います。

>>317 茶野:流れ星のスープ、わたしたちの魔法
 さすが茶野さんですよね。
 さっきkaiaさんの批評のところでも言いましたが、僕を含めた他三人の参加者は「弱肉強食」というか「食べることは殺すこと」みたいな精神がテーマになっていたのですが、この作品は「料理」の話。
 ああ、その手があったかと手をうちました(笑)
 愛情は最高の調味料とか言って。作品の端々に感じられる柔らかなイメージを意図的につくっているな、というのが伝わってきました。こういう技巧派なところは見習いたい。
 この作品で僕がいいなあと思ったのは舞台が現代なところですね。中世ファンタジーの世界でもヨーロッパでもなく、現代の日本っぽい(十中八九日本だろう)。カップラーメンという単語も出てくるし。ファーストフード、ジャンクフードが一般的なこの世の中で時間をかけて優しい“魔法”入りのスープをつくるおばあちゃん。
 ほっこりします(*´ω`*)
 ただ、悪い部分もそこかもしれませんね。世界観を伝える描写が足りなくて、ちょっと練不足といった感じ。

>>318 空人:狼さんはレアが好き
 いっつああっきーずわーるど。
 断章断章を繋げるお話好きですよね空人さん。そして今回もその手法がしっかりとはまっていました。
 妹狼の葛藤が面白い。ただでさえ、母の肉を食うという選択を迫る状況に人間の記憶までもがあるというこれでもかと言ったキャラクターイジメ。妹狼は自分が生肉をたべるないのは自分の我侭と言っていましたが、グレイウルフに生まれてしまった以上ホントその考えは我侭以外の何物でもねーな、と私も読みながら呆れました。そして、その我侭のせいで起こったといっても過言ではない悲劇。この構成がうまいです。
 ただ断章断章をつなげる手法がはまっていたと言いましたが、途中の兄狼の視点って実はいらなかったんじゃないかとも思います。でもあれがないとないで、“普通の”グレイウルフの心情がわからないので問題になってきますか。難しいですね。いっそのこと、母狼視点も追加してしまえばよかったのかもしれません。そのあたりの視点の選び方には改善の余地ありと感じました。
 個人的な話ですが、この作品で思い出した漫画は『ジャングル大帝』です。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存