ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[4993] 【2016年度】お題小説スレッド【お題「去る」作品投稿期間】
   
日時: 2016/01/12 23:57
名前: 企画運営委員 ID:7PNV346o



『お題小説スレッド』へようこそ。こちらはあるお題に沿って読みきり小説を書き、その作品をみんなで批評し合う場です。
 初心者も上級者も関係ありません。うまくなりたいとお思いの方であれば、だれでも自由に参加することができます。一生懸命執筆し、一生懸命批評して、小説の技術を高め合いましょう。
 皆様のご参加をお待ちしております。

――――――――――――――――――――

>>002 【ルール説明】:必ず熟読して下さい。(※内容、一言の箇所を訂正しました。ご確認ください)
>>003 【批評のポイント】:批評をする際のポイントをまとめたものです。
>>004 【イベントルール説明】:イベントに関するルールです。必ず熟読してください





▼お題:第32回のお題は「種」です。
 二月に種をまくのか? と思いましたが、調べてみるとじゃがいもは二月にまくそうですね。……さらに調べてみると一年中、なにかしらの種をまいてるみたいです。
 そんなことは置いといて。「種」というお題には「たね」以外にも色々な解釈があると思います。みなさんがどのような作品を投稿してくるのか、楽しみにしております。
※第30回の作品投稿期間は2月1日(土)からです


▼お題:第33回のお題は「姫」です。
 三月なので(笑)
 というのはよくわかりませんが(ひなまつりだから?)「ひめ」というのは可愛らしい語感ですよね。私は緑の黒髪をした和服姿が思い浮かびます。桃色が似合いますよね。桃色……やはりひなまつりでしょうか。それでは、みなさんの作品お待ちしております。
 
※第31回の作品投稿期間は3月1日(土)からです


▼お題:第34回のお題は「嘘」です。
 嘘でした。


▼お題:最終回のお題は「魔法」です。
 奮ってご参加ください。


▼お題:第36回のお題は「友情」です。
 ネタでした。


▼お題:第37回のお題は「音」です。
 奮ってご参加ください。



▼日程(第32回)

1月1日       :お題発表
2月1日〜15日   :作品投稿期間
2月16日〜28日  :批評提出期間


▼日程(第33回) 

2月1日     :お題発表
3月1日〜1月15日 :作品投稿期間
3月16日〜30日 :批評提出期間


▼日程(第35回) 

6月1日     :お題発表
6月1日〜7月31日 :作品投稿期間
8月1日〜   :批評提出期間



▼注意もしくは削除対象となるお書きこみ
・荒らし
・荒らしへの反応
・自分や他人の小説の宣伝
・雑談、チャット化
・ルールに反するもの
・管理人が不適切と判断したもの

――――――――――――――――――――

>目次 >>001


>第32回 お題『種』参加作品(敬称略)

>>404 sakana:シロハの辻褄
>>405 伊達サクット:赤い種、青い種

================================================================================

▼リンク
小説講座/雑談所』(お礼や言い訳等はこちらへ)
旧お題小説スレッド』(前スレはこちらから)
ツイッター』(朔乱のアカウントです。お題の告知などをしています)

管理人:If 空人 朔乱  補佐:伊達サクット
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 【七月期お題「祈り」】お題小説スレッド【六月期「祝日」お題投稿期間】 ( No.331 )
   
日時: 2013/07/01 00:15
名前: 空人 ID:zFYoq9JE

ごめんなさい、遅刻です。



>>328 エシラさん:祝日の悪魔

 王国を蝕む呪いは平和に暮らす姉弟にまで魔手を伸ばす。
 国の、そして自分たちの生活ため王となった姉が打ち出した対抗策とは。
 突然始まる説明と文章量には少々尻込みするものの、その力量と面白おかしい物語でいつの間にか引き込まれてしまいます。 
 ファンタジーミステリーでしょうか新しいジャンルっぽくてドキドキします。謎解きに重きを置いている為か、文章もやや重めだったでしょうか。後からでも説明の機会はあったと思うので、冒頭の設定文は多少削っても良かったかもしれないですね。
 むしろ姉に訪問者が来たシーンから始まっても、読者を引き込む演出としてよかったかもしれないです。
 順序だてて推測と実験を重ね、事件を解決に導く道筋はとても楽しかったです。姉と弟のキャラクターも上手く活かせていたと思います。
 ただ、最後に一気に説明をするのなら、途中での説明を書き過ぎているような気もします。読者としては弟くんに感情移入しやすいと思うので、推理段階での姉の行動理由を解りにくくしてモヤモヤさせたまま最期まで引っ張っても良かったかもしれないですね。
 解説も二人の会話を混ぜた方が読みやすかったかもしれません。
 まぁ、推理モノなんて書いたことが無いので、そのバランスが難しいんだろうなっていう投げやりな感想しか出てこないわけなのですが。
 あと気になったのは、『祝日の悪魔』が呪いだったわりに、思想にも行動にも強く想いが乗っていないように感じたことでしょうか。殺された王族の恨みも重なって――とか、王国に恨みを持つ呪術師が操っていて――とかのほうがそれらしい雰囲気が出たかもしれませんね。
 中世と現代の間くらいの世界観は面白く、この話に丁度良く合っていたと思います。



>> にゃんて猫さん:虫と布団と僕

 布団の中で過ごす無為なる一日、と思いきやその事件は頭の中で、そして既に過去の中で。
 うだうだと語られる意味の無い思考。止まない限り眠る事は出来やしないのに。
 結局彼に何が起こったのか、それを知っているのは彼自身のみで、なのに彼は語ってくれず、そもそももう彼は語れない。モヤモヤしたまま文章は進み、モヤモヤしたまま終わってしまう。
 コレはコレでまとまっているんだと思います。
 飛び交う羽虫、重く動かない身体、働かない頭、涎。たぶん彼は死んでいて、思考だけ最期の日を繰り返しているのだと読み取れましたが、合っているんでしょうか。
 葛藤しか残されていない状態はとても気持ち悪かったです(褒め言葉)。


>>327 自作:その手に白き花束を

 今回は一人称を利用して、どれだけキャラクターの(設定の)情報を与えずに物語を成立させる事が出来るか。に挑戦してみたわけです。
 成立していたかどうかはぶっちゃけ読者に委ねられてるわけでぶん投げも良いとこですが、比較的上手くいったのではないかと思い込んでいるみたいです。
 詳しく説明する気はありません。あなたが感じたそれが答えです。たぶん。


今回は六月に『祝日』ということで、虚実入り混じった作品が集まったように感じました。
参加人数も少なく、ややすっきりとしない今日この頃です。
さて、次回は『祈り』です。
たくさんの方が参加してくれることを祈りつつ。
おつかれさまでした。
メンテ
Re: 【八月期冒頭祭お題「海」「見る」「犠牲」】お題小説スレッド【七月期「祈り」お題投稿期間】 ( No.332 )
   
日時: 2013/07/01 01:27
名前: 企画運営委員 ID:zFYoq9JE

第26回「祈り」の作品投稿期間となりました。
作品投稿期間は7月1日(月)〜7月15日(月)までとなります。
ルール説明>>002 を熟読の上、ご参加ください。
皆様の力作お待ちしております。
メンテ
Re: 【八月期冒頭祭お題「海」「見る」「犠牲」】お題小説スレッド【七月期「祈り」お題投稿期間】 ( No.333 )
   
日時: 2013/07/07 00:50
名前: 伊達サクット ID:WUShricQ

 伊達サクットです。今回もピンチヒッターで、前回より連投で急遽総評を担当させて頂くことになりました。また、せっかくなので総評に加えて、各作品の批評も投下させて頂きます。本来、期限が過ぎていたら雑談所の方に投下すべきだとは思いますが、総評の投稿も兼ねており、総評だけこっちで批評が雑談所というのもなんなので、勝手ながら両方こちらに投下します。
 ともあれ、遅くなり申し訳ありません。

※敬称略です。

◆空人「その手に白き花束を」

 ハナの、どこか現実から切り離したような描写と、超然とした態度。読者のミスリードを誘って、最後に落とす構成ですね。
 読み終わった印象は、「えっ? これで終わり?」って感じです。起承転結の、「転」の部分でオチが読めてしまい、そこから垂直落下で終わってしまった感じで、肩透かし感がありました。うーん……やっぱ話の肝となるストーリーの回し方が致命的だなあ。「目を閉じて」終わっているので、物語の締めくくりでスイッチをオフにしてしまい、そこから読者に解釈をさせる余地がないというか。
 リコが目を閉じた後、そこにあった光景が何なのかは描写してよかったと思います。読者に考える余地を与えるという意味でも。自分はリコもハナも姿を消しているのではないかと思います。ハナは「来季からこの学校に通う」って言ってたけど、多分ハナは人間とは別の存在のような気がします。


◆エシラ「祝日の悪魔」

 短編で、推理ものという野心的な取り組みが凄いと思いました。
 しかも、いい意味でそれほど難解にせず、ファンタジー要素を交えた一つのジャンルに仕上げている。しかも、お題をちゃんとストーリーの主軸に絡めて消化できている。
 種明かしの場面でも、読み手に分かりやすく論理を展開しており、ツッコミどころがないように押さえられていると思います。
 姉は、祝日の悪魔の正体が規則的に動く怨念だったことに救われたような気がします。もし、自律した意思と狡猾な知能を持っていて、王家の人間を死の恐怖で苦しめることが目的の悪魔だったら、推理だけじゃ太刀打ちできない。もしそんな奴が敵だとしたら、姉はどう対抗する気だったのかが気になりました。
 あと、これほど優れた頭脳を持っていて、美人で、長らく王国を渦巻いていた惨劇を解決した女王が、そう簡単に退位して元の家に戻れるものでしょうか。多分周囲に支持されてそう簡単に退位させてもらえないと思うし、仮に退位したとしても、元々王だった者を市井の真っただ中の元の家に戻すということは、国家としてあり得ないのではないかと思いました。
 

◆にゃんて猫「虫と布団と僕」

 空人様と同じく、実は死んでた系の作品。
 心理や身体の描写にこだわった書き方とか、一度全部読んでから読み返すと分かってくる、カレンダーの赤い日付や、周囲を飛ぶ虫の伏線とか、凝って書かれている部分に好感が持てました。
 この話で問題があるとすれば、主人公の心理描写の節々が大仰で、狭い世界・空間に不釣り合いで違和感があること。あと、終盤まで話が動かなすぎること
 具体的に挙げるとすれば「建設的行動」や虫との「戦闘」や「皮膚防衛」や「普遍真理」といった言葉の面々。もっと地に足のついた、気だるい学生が考えるような、口語的で生活感のある言葉をチョイスして地の文を書きつづれば、読者に対してもいいミスリードになって、「転」と「結」の凄惨さと非現実的感を温存できると思います。
メンテ
お題「祝日」総評 ( No.334 )
   
日時: 2013/07/07 00:55
名前: 企画運営委員 ID:WUShricQ

 最初に、7月7日という遅れての投稿になったことをお詫び申し上げます。

 今回の「祝日」も、なかなかアプローチのし辛いお題だったと思います。
 三作品のどれも、その中でよくアイディアを出して書けていると思いました。どの作品にも、それぞれ話の核となる大切な秘密要素があり、その正体を結末で明かしていくストーリーだったので、参加された皆様の、話を作る上での技術向上に繋がって頂ければ幸いです。
 ただ、気になるのはやはりお題の消化の仕方。エシラ様の作品はお題が話の中核に据えられていましたが、空人様とにゃんて猫様の作品は、かなり「祝日」の存在感が薄いのが残念でした。書き辛いお題だけに「制約の強い中でも書きたいことを表現できるんだ!」というところを、もっと見せてほしかったです。
 全体としては、私自身が書かないタイプの話ばかりで、批評する側としても、心理の描写の仕方や、伏線の置き方など、普段意識しない部分を考える機会を得られ、勉強になりました。
 次回(もう投稿期間に入って大分経ちましたが……)は「祈り」です。力作をお持ちしております。
メンテ
赤いテントウムシの点々数えながら、 ( No.335 )
   
日時: 2013/07/13 10:23
名前: にゃんて猫 ID:5cQlDEJ6

 夏の青空が大きく揺らいでマーブリング。
 綿飴みたいな入道雲は下の方から焦げてきてる。不安定で落ち着きのない色彩。
 庭に咲いた向日葵は、さながら土に生えた光のようだ。
「まだかな、まだかな」
 だれかがそう言って伸びをした。細い、細い腕がカマキリみたいにすっと持ち上がって、ばっと下ろした。
「もうすぐよ」
 だれかがそっと呟いた。西瓜の半月を抱えて、縁側に腰を下ろす。子どもたちは必死になって黒い種を飛ばし合う。
 風が、ひゅうらり。背の高い葉茎を超えて渡ってきた。
「ほら、来た」
 溶けた綿飴が溢れ出して、灰色に濁って拡がっていく。空の器をみるみる満たしていく。
 生温い風は向日葵に当たって萎み、草木がざわざわと騒がしくなる。
 やがて、器に小さな穴が開いて
 如雨露のように落ちてきた澄んだ雲の色をした粒が、葉の緑と混ざって滴る。
 穴はますます拡がって、粒はだんだん多くなって、向こうの畑で麦わら帽子が泣いてる。
「降れ、降れ、降れ」
 降る降る雫の群れに、彼等は合唱する。肌を冷やして消えていく風にのせて、彼等は何度も唱え続けた。
「降れ、降れ、降れ」
 器の底が抜けて、浮かんだ雲の流した涙が、全部、滝みたいに降ってきた。
 向日葵が折れて、日が沈む。
 景色が塗り替えられた、その日も。


 それから、真っ白な画用紙だけが残された。
 子ども達は好き勝手に絵を描いて、消して、また描いて、また消しての繰り返し。
 いつか、黒ずんでしまったそれを見て、泣いて、その涙で洗い流して。
 また、真っ白な画用紙にもどるのだ。


 それから、芽生えた緑に、黄緑の線足して。
 大きな緑になったら、てっぺんに黄色い円を添えて。
 目の前の風景を見ながらそんな風に描いてると、ふと、手の甲に止まってた

 そいつの背中をじっと見つめて
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存