ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[4993] 【2016年度】お題小説スレッド【お題「去る」作品投稿期間】
   
日時: 2016/01/12 23:57
名前: 企画運営委員 ID:7PNV346o



『お題小説スレッド』へようこそ。こちらはあるお題に沿って読みきり小説を書き、その作品をみんなで批評し合う場です。
 初心者も上級者も関係ありません。うまくなりたいとお思いの方であれば、だれでも自由に参加することができます。一生懸命執筆し、一生懸命批評して、小説の技術を高め合いましょう。
 皆様のご参加をお待ちしております。

――――――――――――――――――――

>>002 【ルール説明】:必ず熟読して下さい。(※内容、一言の箇所を訂正しました。ご確認ください)
>>003 【批評のポイント】:批評をする際のポイントをまとめたものです。
>>004 【イベントルール説明】:イベントに関するルールです。必ず熟読してください





▼お題:第32回のお題は「種」です。
 二月に種をまくのか? と思いましたが、調べてみるとじゃがいもは二月にまくそうですね。……さらに調べてみると一年中、なにかしらの種をまいてるみたいです。
 そんなことは置いといて。「種」というお題には「たね」以外にも色々な解釈があると思います。みなさんがどのような作品を投稿してくるのか、楽しみにしております。
※第30回の作品投稿期間は2月1日(土)からです


▼お題:第33回のお題は「姫」です。
 三月なので(笑)
 というのはよくわかりませんが(ひなまつりだから?)「ひめ」というのは可愛らしい語感ですよね。私は緑の黒髪をした和服姿が思い浮かびます。桃色が似合いますよね。桃色……やはりひなまつりでしょうか。それでは、みなさんの作品お待ちしております。
 
※第31回の作品投稿期間は3月1日(土)からです


▼お題:第34回のお題は「嘘」です。
 嘘でした。


▼お題:最終回のお題は「魔法」です。
 奮ってご参加ください。


▼お題:第36回のお題は「友情」です。
 ネタでした。


▼お題:第37回のお題は「音」です。
 奮ってご参加ください。



▼日程(第32回)

1月1日       :お題発表
2月1日〜15日   :作品投稿期間
2月16日〜28日  :批評提出期間


▼日程(第33回) 

2月1日     :お題発表
3月1日〜1月15日 :作品投稿期間
3月16日〜30日 :批評提出期間


▼日程(第35回) 

6月1日     :お題発表
6月1日〜7月31日 :作品投稿期間
8月1日〜   :批評提出期間



▼注意もしくは削除対象となるお書きこみ
・荒らし
・荒らしへの反応
・自分や他人の小説の宣伝
・雑談、チャット化
・ルールに反するもの
・管理人が不適切と判断したもの

――――――――――――――――――――

>目次 >>001


>第32回 お題『種』参加作品(敬称略)

>>404 sakana:シロハの辻褄
>>405 伊達サクット:赤い種、青い種

================================================================================

▼リンク
小説講座/雑談所』(お礼や言い訳等はこちらへ)
旧お題小説スレッド』(前スレはこちらから)
ツイッター』(朔乱のアカウントです。お題の告知などをしています)

管理人:If 空人 朔乱  補佐:伊達サクット
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 【八月期冒頭祭お題「海」「見る」「犠牲」】お題小説スレッド【七月期「祈り」お題投稿期間】 ( No.341 )
   
日時: 2013/07/16 00:32
名前: 企画運営委員 ID:MnaWayK2

作品のご投稿お疲れ様でした。
16日(火)〜31日(水)は批評期間です。
作品をご提出なされた方は必ず全作品の批評を行ってください。
批評だけのご参加もお待ちしております。

>第26回『祈り』参加作品(敬称略)

>>335 にゃんて猫:赤いテントウムシの点々数えながら、
>>336 伊達サクット:祈れ明日へ
>>337 かなちゃん王女: 不器用な勇者
>>338 8823:無垢
>>339 空人:星に願いを
>>340 風雨:シスターの祈り方
メンテ
Re: 【八月期冒頭祭お題「海」「見る」「犠牲」】お題小説スレッド【七月期「祈り」お題投稿期間】 ( No.342 )
   
日時: 2013/07/27 20:56
名前: 伊達サクット ID:sgeINBrw

みなさんお疲れさまでした。
批評をさせて頂きます。

※敬称略です。

◆にゃんて猫「赤いテントウムシの点々を数えながら、」

「綿飴」「器」「涙」といった比喩表現が面白く、細かいところを気にしながら読み返すごとに、広がる風景の楽しさが増す感じでした。
 雨や向日葵といった自然物の移り変わりが、子供達の画用紙とリンクしているようで、不思議な感じがしました。涙の後にはまっさらになる。子供の画用紙が空のようです。そんな営みの中で、ふと手の甲にとまった小さなテントウムシ。その小さい背中に描かれるテントウムシの細かい点々を数えるという、細微な世界にズームさせることで、読者を興味を幻想的な世界から切り離して、終着点というか落としどころを設けているのもよかったです。
短い文章量の中で、子供達の雨を願う祈りや、黒ずんだ画用紙への涙など、想像に委ねるしかない部分が大半になってしまった印象です。例えば、神のような視点の語り口じゃなく、縁側から子供達を見守る大人としての視点に固定させるなど、もっと読者をこの世界に入り込ませる工夫がもうひとつあればよかったです。


◆自作「祈れ明日へ」

 実はサッカーのルール、よく知りません。
 こんな文章量の多い作品を投下してしまって申し訳ありませんでした。存分に指摘して下さい。
 

◆かなちゃん王女「不器用な勇者」

 久しぶりに参加して頂いて嬉しいです。
 今まで読んできた絵本のような世界観からガラリと変わった話で、少し意外に思いました。世界観だけは「魔王を探す」一行という、古風なステレオタイプなものを用意して、どっかの中ボス戦か雑魚戦であろう小さな舞台であっさりとその物語を切り捨ててしまうシナリオに、王道の成功譚の裏にこのような悲劇が幾百とあるのだと感じました。リヨを女っぽい名前に、シン様を男っぽい名前にしているのも、あえてそうしているんですかね。もしかしてシン様も男だったとか(笑)。
 祈りより力に意味を見出し、一人で歩きだすリヨ。まるで俺達の戦いはこれからだみたいな結末ですけど、短編である以上、この物語はシンと共にここで終わるのです。
 シンはまだ『歩く薬草』としての経験が少ないのかもしれませんね。この物語で僧侶が「神への祈りの力で傷を治す」と定義付けされている以上、まさにリヨにとって「祈り」こそ「力」なのです。そして、所詮歩く薬草は、戦闘中は剣を持って戦う前列メンバーを、後列から回復させ、勝利を祈ることしかできないのです。それなのに、祈りなんて意味がないと思ってしまうのは、シンの死が彼の考えを狂わせてしまった結果なのかもしれません。果たして、彼は歩く薬草の道を捨ててしまうのか、それとも、神への祈りを否定した回復役となるのか。
 シナリオを立てるに当たって、彼の劣等感とお題の「祈り」を絡めながら、そういった部分を突きつめて書くと、もっと読者にリアルな人間を見せられると思うし、シンの死の悲劇性も自然に際立ってくると思いました。


◆8823「無垢」

 凄く参考になりました。「語らずに語る」の好例だと思います。
 自分は短編であるにも関わらず、まるで長編向きのような設定や世界観を盛り込んで、文章量の肥大化を避けながら無理矢理短編の文章量に突っ込んでしまう事態を招くことが多々あります。しかも字の文で一気に説明をやってしまうため、漢字の単語が多くて分かり辛かったり、前半部に情報を凝縮させすぎて読者を置いていってしまったりといったことが多いのです。しかし、8823さんの本作は、情景描写や人の何気ない台詞などで読者に情報を与え、おのずと物語の背景がなんとなく頭に入るようになっていました。
 これは大いに学ばなければならないと思いました。
 情景描写や字の文、台詞やストーリーのバランスがとてもよく、短編としてすっきりと収まっていると思いました。無理して難しい言葉を使おうとせず、読み手を意識した作りであることが窺える、とても丁寧で読みやすい文章でした。
 物心ついてない少女が意図せず大人の事情を垣間見て、大人が気付かないところで成長していく(=大人の世界に嫌悪を示す)というほろ苦い展開も、個人的には好きでした。久しぶりに参加して頂いてありとうごさいました。またご一緒できれば嬉しいです。


◆空人「星に願いを」

 個人的には、前回の「その手に白き花束を」よりは遥かに評価が高いです。
 いい具合にSFショートショートになっていて、ちゃんとオチもついている。自分は星新一ファンなので若干贔屓目が入っているかもしれませんが。
 善悪も、作者の主義主張も、意味すらもなく、ただ話の妙だけで勝負するアイディア主義は個人的には凄い好きなのです。
 ただ、後半のベントラーの連発、「く@ジュ☆○れ×△ks区」、「おはr■_」は、あえてギャグでそう書いていることは分かっているんですが、もし原稿用紙で手書きで書いているとしたら、こうは書かないんじゃないか?って思うと、少々安易な方へ走ったかもしれません。
 どっちにしろ一度やったら使いづらいネタだし、今後は視覚に訴える文字化け以上に奇をてらった表現が、地の文で見れることを期待していいんでしょうか(笑)。


◆風雨「シスターの祈り方」

 やはり、女性の心情描写を書くのがうまいと思いました。本当にリアルなのかどうかはさておき、読者にそう感じさせるだけの力は十分にあると思います。
 男の方も、いかにも風雨さんが書きそうな、地に足がついていないような弱い男で、いい具合に「駄目だこいつ」って思わせてくれるのが心憎い。名前確認しないで電話に出る描写とか腹立つほどリアルに、細かいところで駄目な奴っぷりを物語ってる。
 個人的には、お題の使い方が今回の6作品中、群を抜いて上手かったと思う。最後の一文で全てを持っていかれた印象を受けました。極論言えば、この作品は、最後の一文以外の部分は、そこまで導く為のアクセサリーのようなものであって、今回他の誰もが挑戦していないアプローチの仕方にセンスが光っていました。
 指摘するとしたら、ストーリーそのものが平坦過ぎて面白みにかけること。ファンタジー要素がないから、悪い意味で現代小説って感じがしました。もっと何か一山あってもよかったなあ。
 文章は、歯切れよく、小奇麗にまとまっていてよかったと思います。
メンテ
Re: 【八月期冒頭祭お題「海」「見る」「犠牲」】お題小説スレッド【七月期「祈り」お題投稿期間】 ( No.343 )
   
日時: 2013/07/31 22:27
名前: 8823 ID:a/ilr9vI

「祈り」は短編で書くには重いテーマでしたね。
八月の冒頭祭はどんな作品が並ぶのか楽しみです。
それでは批評↓


>>にゃんて猫さん「テントウムシの点々数えながら、」
 印象的な書き出しですね。子供が口ずさむようなテンポの文章とマッチしたのどかな春の風景を描いた、小説というよりはむしろ叙事詩に近いでしょう。
 構造が不思議です。最初の場面の視点は誰でしょうか。子供かそれとも擬人法か。
 次の場面で一転、何者かによる叙述。それから三つ目の場面はおそらく絵を描いている子供のものでしょう。手の甲に止まったテントウムシを見てるし。二つ目と三つ目の冒頭が「それから」で共通しているのが少し気にかかります。
 言えることはそれだけです。ごめんなさい。

>>伊達サクットさん「祈れ明日へ」
 それほど数を読んできたわけではありませんが、伊達さんの作品は、熱気や活力に満ちた勢いのあるものが多いみたいです。作者ものりのりで書いたんだろうなと自然に思える。
 少年誌の読みきりのような健全な疾走感が作品を貫いています。設定や展開に多少の詰め込みがあろうが、ぐいぐい読者を引き込んでいく。半ば開きなおったような迷いのなさが、ある種皮肉っぽいシュールなおかしさと、何より心地よさをもたらしている。
 「ここちょっとおかしいよね」「それが何か?」みたいな。そういう強引さに対して、一周回った好感が持てます。
 そしてそれがなぜかというと多分、その引っ張っていく力に読者が反発を感じないための努力がきちんとされているからだと思います。整った文章や筋のはっきりしたストーリー展開があるからこそ、多少強引な展開でも読者がついてこられるんだろうな。
 詰め込みの段階で失敗してると言えばその通りだし、そういう意味で、上の指摘は話がずれていると言えばそうなのですが。

>>かなちゃん王女さん「不器用な勇者」
 最もストレートな形で「祈り」のテーマを伝えてきた作品でしたね。
 ただ、その意図と「シン」というキャラクターを主眼に置いた(「不器用な勇者」とはおそらくシンのことでしょう)展開の構成とがうまく噛み合っていません。
 僕は僧侶→怖いご主人→恋しい自由→実は優しかったご主人死んじゃった→力が欲しい
 このように、最後に無理やり「祈り」を加えた印象が否めません。
 ところで主人公は女の子なのかな? 一人称が「僕」なので男だと思っていましたが、抱きしめたりキスしたりしてるし。どちらでもまあ……構わないんですけれども。

>>自作「無垢」
 割と早くから書き始めていたのですがテーマの扱いに困り、書いてはやめて書いてはやめてで三つの失敗作を残した末にぎりぎりで書き上げた作品です。
 でもそのわりには気に入っています。時間のなさゆえの展開の早さ慌しさは別として、けっこううまくまとめられたんじゃないかと思っています。

>>空人さん「星に願いを」
 オチが唐突に感じられました。何というか、書きながら考えついた結末って感じがする。どうしてかというと多分、表現の仕方が内容とマッチしてないからだと思うんですね。
 ホラーを書こうとすれば、できるだけ内省や比喩を排した、客観的で無機質な表現が求められるのが一般的ですが、今回のこの作品では文章は一人称で(これは結末上仕方ないのかもしれませんが)主人公の心情に多くの字数が割かれています。書き出しでは多くの詩的とでも言うべき比喩表現が散見されます。そういう意味で「く@ジュ☆○れ×△ks区」という表現も適切じゃないかなあ。ラノベなんかだとこういう表現は時々見られますがやっぱりコメディの場合がほとんどだし、ホラーを書こうとしたときにはどうしても文章が軽くなる。
 文章が軽くなると、いざ怪奇現象が起きた場面でそれを仔細に描写しようとして必然的に文章が重くなったとき、読者としてはちょっと気持ちが悪い。曲調がいきなり変わったときの不快さに似てる。 
 もしかしたら、そういう唐突さを狙ってやったのかもしれない。あえてそういう素振りを見せない書き出しで初めて、オチで読者をあっと言わせる。そういう意図だったとしたら成功ですが、この取り残されたようにすっとしない読後感はあんまり好きじゃないかなあ。

>>風雨さん「シスターの祈り方」
 いい意味でも悪い意味でもない、「それらしさ」の印象が強烈。
 素材が素材なだけに「しかし実際の様子とどれだけ違っているか」という指摘を受けそうですが、それに意味は無いでしょう。SFの世界観設定につべこべ科学的実証性を確かめることが馬鹿馬鹿しいのと同様に、この「らしさ」は「らしさ」として、現実との対応を必要としない独立した「創作」として評価されるべきものでしょう。
 ただ、やっぱりそれ一本で勝負してきた感があって物足りないのは事実です。
メンテ
Re: 【八月期冒頭祭お題「海」「見る」「犠牲」】お題小説スレッド【七月期「祈り」お題投稿期間】 ( No.344 )
   
日時: 2013/07/31 22:50
名前: にゃんて猫 ID:sZy11If2

夏だ! 海だ! 焼き肉d…………か、海水浴d…………祭りッ…………花火d…………か、課題だあああああああああ(ハモリ:うおおおおおおおおおおおおお(TAT) SE:ドンドンドンパフーパフー)
死にたい(願望)
と言うわけで絶対に終わる予定のない課題をパソコンの隣に重ね置きつつ、批評らしきものを書いております。夏バテでテンションもろもろがマッハなので、稚拙な表現が多々にありますがどうか生温かい目で見守ってやってください。
※敬称略




祈れ明日へ(伊達サクット) >>336

やっぱり夏と言えばスポーツですね!(いや秋?)
何にせよしゃにむに頑張って汗かいて努力してる少年少女の姿を見るのは気持ちが良いです。バリバリ文化部の私に一切隙はなかったのだ……。
取り憑いた悪魔と聞いて思い出すのはデスノートのリューク君ですが、彼に比べて今回出てきたウォードたんは極めて人間的ですね。普通に「情」とか使ってるしイイ奴っぽいし……なんかフツーにお友達になれそうな雰囲気がします。
主人公の高雄クンの真っ直ぐな性格も、読んでいて爽快でした。話としてはやや盛り上がりに欠ける部分もありましたが、丁寧に流れを追っている点や描写が割と細かくて丁寧だったおかげですすすっと読むことが出来ました。
色々と裏設定やその後話がありそうで続きが気になってしまいます。人を楽しませる話を書くのって難しいと最近よく思うのですが、気がついたらどっぷり浸かってしまいました。ザ・青春といった具合の小説を読むのも久方ぶりだったので、中学の頃運動部だったのを思い出してなんだか懐かしい気持ちになりました。
これなら冒頭祭は圧勝なんじゃないでしょうか。と言って次回に期待。





不器用な勇者(かなちゃん王女) >>337

お久しぶりです。最近姿を見なかったので、まだ現役でよかったと安堵しています。
リヨとシン様の会話がぽわぽわ浮いてるみたいで楽しいですね。やっぱりこういう味はかなちゃん王女さんにしか出せない独特なものだと思います。
少し残念だったのは地の文が足りてないと感じたところでしょうか。以前までのものと比べて地の文が減っていて、なんとなく世界観が伝わりにくくなった気がします。
出てくるキャラは少ないけどそれぞれ個性的だと思ったので、もうちょっと丁寧に描写してくれたら良かったなあと思います。
ラストが少し残念な感じがしましたが、お題に忠実な気もしました。次回も参加されるのでしょうか。でしたら楽しみです。




無垢(8823) >>338

最近はほぼ毎回参加されているようで、尊敬します。
情景描写が上手いです。ただ的確に表現されているだけじゃなく、ちゃんと文全体の流れとか脈に沿った感じで書かれているのが好印象でした。おかげで一見長く感じる地の文もあっという間でした。
中盤からのストーリーも、少年が健気に庇ったり、腕輪と交換したりとテライケメゲフンゲフン格好良く仕上がっていて気に入りました。
名前とか、そういったものが一切出てこないのも良かったです。最後まで気にならずに読めたし、どことなくボーイミーツガール調な流れの方が強調されて、余計なものを挟まずに流れきった感じがしました。また、名前が無かったことが「マラム派」などの数少ない他の固有名詞を目立たせて分かり易くなったのかなあとか。
首飾りを棄てようとした少女に「それはだめだ」と言った少年の台詞が印象的でした。次回も期待してます−。




星に願いを(空人) >>339

ベントラー、ベントラー!これで私もUFOを呼びよせt(殴
何かここまで狂気じみてくると「祈り」じゃなくて「召喚魔法」って気が露骨に……いや全てのものは「祈り」から生じると言った意味合いも兼ねているのでしょうか(謎)
ちょっと思考が定まってないのでおかしなこと書いてたらゴメンナサイなんですが、空人さんは【女子学生×先生】がお好m(絞殺
行間の空きはどうしてこんなにあるんだろうとか、ベントラーってどういう意味?とか、異形と化した生徒達の生態をもっと詳しく知りたいとか、とにかく謎だらけで面白かったです。
批評になってなくてごめんなさい。あと、やっぱりラストの「私たち」って表現はミドリちゃんが田口センセにぞっこn(十段蹴




シスターの祈り方(風雨) >>340

タイトルの真意がいまだに掴めない私に読解力なんてありません(迫真)
とあるドラマのワンシーン、みたいな感じがしました。どんどん人間関係もつれて昼ドラみたいになりそうな雰囲気が出てます。特に前半。
男女関係、というのを書きたかったのかなあと感じました。さすが風雨さんはリアzy(爆破)男女関係って難しいですね。表現もかなり推敲されているみたいで、何とも奥ゆかしい感じがしてそれがまた面白かったです。
特に美雪の行動や言動のひとつひとつが「本物」らしくてリアリティーを感じました。浮気のことで鎌かけたり、上司にお詫びのメールを入れたり、何やらかんやら。でもやっぱり優しいって言う。こんな彼女出来たら普通浮気なんてしないと思うんだけどウンヤッパリ彼ハシヌベキインヤバクハツスベキダウンキットソウダ
一つ気付いたのは「彼」がずっと「彼」という表記であるのに対し、相談した上司がちゃんと「木下」と名前が出ていたこと。このことの真意はちょっと分かりませんが、おかげで「美雪の彼」という印象が深くなったのかなあ、という気はしています。
風雨さんの作品の中でもかなり好きになりました。次回の冒頭祭にも期待しております。




自作 >>335

死にたい。とても死にt(大事なことなので二回言いました)
描写表現の練習兼ねてやるぞーってなって書いたらとんでもないものになりました。短いだけならまだしも、ストーリーはおろか、会話の欠片もない。こんなもんのどこが面白いんだろうと自分で読み直しながら思いました。こんな駄作を投下してしまって非常に申し訳ないです。割と本気で。
ちなみに私の住む県は全国でもダントツに水不足が多くて、台風の来ない夏場などは「取水制限」がかなり高い確率でかけられます。昭和の頃には水道から一切水が出ない砂漠状態になったとかかんとか。今年は近年稀にみる猛暑になりそうとか、おまけに太平洋高気圧が不安定で台風がいつも通り来るかも分からないとのことなので、水不足を心配してたらこうなりました。命の水を大切に。
人が何を祈るかって、結局個人個人の話になっちゃうとは思うんですけど、やっぱり「人間」という「種」として考えた時、真っ先に思いつくのが「生きたい」か「死にたい」だと思ったんです。それで、どうせ書くなら「生きたい」方を描きたいな、と。
いつもと違って割と頑張って書いたはずなのに全然思ってたものと違う感じに仕上がってしまったのが残念です。何か付け加えようかとも考えましたが、半端に手を加えるくらいなら書き直した方がマシだと思い、でもその時間もなく、結果的に早い段階で短文投稿と言う形になってしまいました。申し訳ない(大事なことなので二度(ry




次回からは夏休み突入ということで「冒頭祭」だそうで。課題終わんねえ。
参加できるかかなーり微妙ですが、頑張ります。ではまた。
メンテ
お題「祈り」総評 ( No.345 )
   
日時: 2013/07/31 23:13
名前: 企画運営委員 ID:gOgAxTgI

 今回は、比較的お題に対して正面から取り組んだ作品が集まったように思えます。宗教でお題を表現した8823さん、祈りを他人の傷を癒す力に還元するファンタジー系僧侶を描いたかなちゃん王女さん、雨を祈る子供達をどこか離れた場所から見つめる、言わば風景として捉えたにゃんて猫さん、宇宙人との交信をテーマにした空人さんなど、お題に正面から取り組む中でそれぞれの個性が出せていました。
 その中で、付き合っている男に対する複雑なようで虚無的な感情を「祈りに似ているもの」として物語を締めくくる風雨さんの作品は、異彩を放っておりセンスを感じました。
 繰り返しますが、全体として良かった点は、それぞれが個性的にお題を作中で表現できた点。残念だった点は、6作品を連ねてみると、自作「祈れ明日へ」を含む多くの作品が悪い意味で省エネ的で、突貫作業的な寄せ集め感が出てしまっていること。
 ここでは文章量の多い少ないは関係なく、ざっくりと

・ワンシーンの切り取りのよう。「物語」してボリュームが薄い。
  →かなちゃん王女さん、にゃんて猫さん、風雨さん
・勢いで書いた感があり、おおざっぱな印象がある
 →自作、空人さん

――といった感じに分類できるのではないでしょうか。その点、8823さんは丁寧にバランス良く作られていたと思われます。
 また、小説というよりは、詩と表現してもよさそうなにゃんて猫さんの作品は、今後こういった傾向の作品をどう受け止めてどう批評するか、批評する側としてどう切り込んでいくかを考えるよい契機となりました。
 次回は三つのお題を順番に書いていくという、実験的な試みを行います。とっつきにくい部分があるかとは思いますが、意欲的に参加して頂ければありがたく思います。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存