ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[4993] 【2016年度】お題小説スレッド【お題「去る」作品投稿期間】
   
日時: 2016/01/12 23:57
名前: 企画運営委員 ID:7PNV346o



『お題小説スレッド』へようこそ。こちらはあるお題に沿って読みきり小説を書き、その作品をみんなで批評し合う場です。
 初心者も上級者も関係ありません。うまくなりたいとお思いの方であれば、だれでも自由に参加することができます。一生懸命執筆し、一生懸命批評して、小説の技術を高め合いましょう。
 皆様のご参加をお待ちしております。

――――――――――――――――――――

>>002 【ルール説明】:必ず熟読して下さい。(※内容、一言の箇所を訂正しました。ご確認ください)
>>003 【批評のポイント】:批評をする際のポイントをまとめたものです。
>>004 【イベントルール説明】:イベントに関するルールです。必ず熟読してください





▼お題:第32回のお題は「種」です。
 二月に種をまくのか? と思いましたが、調べてみるとじゃがいもは二月にまくそうですね。……さらに調べてみると一年中、なにかしらの種をまいてるみたいです。
 そんなことは置いといて。「種」というお題には「たね」以外にも色々な解釈があると思います。みなさんがどのような作品を投稿してくるのか、楽しみにしております。
※第30回の作品投稿期間は2月1日(土)からです


▼お題:第33回のお題は「姫」です。
 三月なので(笑)
 というのはよくわかりませんが(ひなまつりだから?)「ひめ」というのは可愛らしい語感ですよね。私は緑の黒髪をした和服姿が思い浮かびます。桃色が似合いますよね。桃色……やはりひなまつりでしょうか。それでは、みなさんの作品お待ちしております。
 
※第31回の作品投稿期間は3月1日(土)からです


▼お題:第34回のお題は「嘘」です。
 嘘でした。


▼お題:最終回のお題は「魔法」です。
 奮ってご参加ください。


▼お題:第36回のお題は「友情」です。
 ネタでした。


▼お題:第37回のお題は「音」です。
 奮ってご参加ください。



▼日程(第32回)

1月1日       :お題発表
2月1日〜15日   :作品投稿期間
2月16日〜28日  :批評提出期間


▼日程(第33回) 

2月1日     :お題発表
3月1日〜1月15日 :作品投稿期間
3月16日〜30日 :批評提出期間


▼日程(第35回) 

6月1日     :お題発表
6月1日〜7月31日 :作品投稿期間
8月1日〜   :批評提出期間



▼注意もしくは削除対象となるお書きこみ
・荒らし
・荒らしへの反応
・自分や他人の小説の宣伝
・雑談、チャット化
・ルールに反するもの
・管理人が不適切と判断したもの

――――――――――――――――――――

>目次 >>001


>第32回 お題『種』参加作品(敬称略)

>>404 sakana:シロハの辻褄
>>405 伊達サクット:赤い種、青い種

================================================================================

▼リンク
小説講座/雑談所』(お礼や言い訳等はこちらへ)
旧お題小説スレッド』(前スレはこちらから)
ツイッター』(朔乱のアカウントです。お題の告知などをしています)

管理人:If 空人 朔乱  補佐:伊達サクット
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 【八月期冒頭祭お題「海」「見る」「犠牲」】お題小説スレッド【七月期「祈り」お題投稿期間】 ( No.346 )
   
日時: 2013/07/31 23:44
名前: 空人 ID:8cGLhPxk

ギリギリやん


>>335 にゃんて猫さま:赤いテントウムシの点々数えながら、

 どこかで見たような懐かしい夏の風景。夕涼みに降ってくる恵の雨。塗り替えられていく画用紙。
 それらを通して何かを表現したいのだということはわかりました。ただそれが何なのかは理解出来ませんでしたが。
 やわらかい言葉で綴られた文章には、どこか哀愁が漂っていて優しい雰囲気に包まれていました。
 夏という季節や雨の後の冷気を生かし感じさせたいのなら、序盤にもっと暑さを感じられる言葉を入れると良かったかもしれませんね。



>>336 伊達サクットさま:祈れ明日へ

 サッカー名門校の衰退と苦悩、そして栄光を取り戻そうと努力する行程をファンタジーを交えて描いた意欲作。
 スポーツものにファンタジーを取り入れて、しかも違和感の無い設定で書ききったその手腕は見事というより他ありません。
 サッカーのルールには詳しくないとの事でしたが、試合運びは熱く語られていましたし、最期も負けてしまうもののそこに悲壮感は無く、清々しいスポーツものの良さが上手く描けていました。
 主人公の最期の願いが何だったのか語られていない事は気になりましたが、読者に考える余地を与えるものだと思えば間違いではないと思います。
 主人公と悪魔との出会いが『偶然』とだけ記されているのは、ちょっとつまらないかなと思いました。



>>337 かなちゃん王女さま: 不器用な勇者

 望まれないかたちで始まったたった二人の冒険の旅。しかし半ばで希望を背負いし者は倒れ、しかし歩みは止まらない。
 互いに言葉には表さず、心さえも裏腹で、なのに思いはつながっている。そんな二人の関係がとても微笑ましかったです。
 勇者が背負っていた重さが描かれていたら、僧侶が立ち上がるための力にもっと輝きを与えられたかもしれないですね。



>>338 8823さま:無垢

 祭りの夜に突然の出会い。崇めし神様の後ろから垣間見た世界の淀みに、少女は少しだけ大人になる。
 宗教のことは詳しくないのですが、こういう事があるんだろうという説得力がありました。
 その危うさを読者は気付いていて、主人公だけが理解していない。物語をドキドキして読むことが出来ました。
 説明として書かれていないことを台詞や行動できちんと説明できていることに感服します。素晴らしいです。
 最期に鳴り響いた笛の音に少年の祈りが込められていて、清々しいのに物悲しい。素敵な終わり方でした。


>>340 風雨さま:シスターの祈り方

 浮気をされた彼女はやりきれない思いの中、それでも彼は許される。その心理さえシスターの祈りに似て。
 一人称での女性の心理が上手く表現できていたと思います。問い詰め方や彼氏の言動もリアルで、彼女の苦悩がうかがえます。
 ただ、物語としては山場不足で、少々物足りない気がしますね。目に止まるような設定も無く、印象が薄いです。
 もっとクズな彼氏にしても良かったかもしれないですね。
 彼女はウェイトレスに何か恨みがあったんでしょうか。


>>339 自作:星に願いを

 世界観が上手く描けませんでした。
 ただ、書いてて楽しかったです。
 ベントラー

今回はお題が良かったのか、力作ぞろいだったように思います。(自作以外)
自分の得意な表現を生かした作品が多かったのではないでしょうか。(自作以外)
これからの未来に「祈り」を捧げているものが多かったからかもしれないですね(自作以外)

さて、次回は冒頭祭です。
読者の目を引き、続きが読みたいと思わせる素晴らしい書き出しを期待しています。
暴投祭にならないことを祈りつつー
おつかれさまでした。
メンテ
Re: 【八月期冒頭祭お題「海」「見る」「犠牲」】お題小説スレッド【七月期「祈り」お題投稿期間】 ( No.347 )
   
日時: 2013/08/01 00:02
名前: 風雨 ID:SKzJDA8Y


にゃんて猫さん
タイトルの読点、最後の二文に句点がないのはなにか意図してのことでしょうか。
夏の強烈なイメージがそのまま切り取られてる、太陽に熱せられた蒸し暑さとか、土とか。ノスタルジーな感じ。思い出のような過去の日ばかりが飛び交うばかりで、よくわかりません。一番最初に連想したのは焼酎のCMでした(ぼくが住んでいるところには、こういう感じのCMがあります)。
絵に描いたような世界なのか、世界を描いた絵なのか。どちらにせよ絵と世界がリンクしているのはすごくおもしろかったです。
ただ、これはお題だからこそ出来る形であって、批評が前提でない、なんの予備知識もない状態でこの作品をよんでも、なにかを読み取ろうとはおもえなかったとおもいます。すみません。
にゃんて猫さんは音楽っぽい作品をよくかかれますが、この作品は逆に無音という印象をうけました。
作品自体がとても短かったので、世界感に入り込む前にぶつりと切られてしまったような、そういう短さを感じてしまいました。こういうやり方で長いものを書くなるとまた陳腐さが出てしまうことがあるのかもしれませんが、それでもやはりぼくはもう少し長いものが読みたかったです。
批評しづらいとは正直おもったんですけど、でもすごく面白いとも思いました。しづらかったからいやってわけでもないし、むしろ楽しかったです。

伊達サクットさん
勢いがありました。どちらかというと、短編小説いうよりは読みきり漫画でしょうか。少年誌っぽい。
これだけの文章が説明のために用いられているからなのか、少し読みにくい部分はありましたが、全体を通しては流れが途切れることなく読みきれました。
「祈り」と「願い」は完全に別物だとおもうんです。物語中盤時間を巻き戻した願い、その後試合中の吉木の心中が非常にその対比があらわれていて驚嘆しました。
ウォードがいるのだから他にも悪魔がいて、きっと羽舞イレブンの中に悪魔に願った人物がいたんだと勝手におもってたんですけど、ぜんぜんそうじゃなかったですね(笑)。
ただ、勢いだけで終わってしまった感はぬぐいきれなかった。悪いことじゃないとおもうんですけど、ネタとネタが上手くかみ合ってないのが原因でしょうか。悪魔や常軌を脱した個人技など、現実味がないのに舞台が現代でしかも多数の人にとって身近なサッカーというスポーツだった。伊達さんの作品ではおかしなことがあってもそれはそれでリアリティというか説得力のようなものがあったのですが、今回はちょっと腑に落ちなかったです。
最後までおもしろく読めました。

かなちゃん王女さん
ストレートな祈りの作品。
後半の「もし神様がいるのなら」というところが鍵なんでしょうか神に祈る僧侶が神の存在に対してもしなんてことばを使ってしまったから、祈りは届かなかった。残酷な話だとおもいました。傷が深ければ深いほど、治癒の魔法が効力を発揮するかへの疑問が生まれやすくなり、しかし疑問が生まれてしまった時点で祈りは不純なものになって効果は現れない。
絶対的な信心を要求するところが、宗教らしくてとてもよかったです。
ただ、リヨの自分語りからはじまってシンへの偏愛に終わってしまったので、どうも話ぜんたいのバランスがとれていないように感じてしまいました。いっそ旅の記録といった体にするとか、逆に三人称にしてしまったほうがよかったのではないかと、ぼくはおもいます。
おもしろい作品ではあったのですが、人物の描写の浅さ目に付いてしまいました。

8823さん
完成された作品でした。
最初の数行から、物語へと引き込まれまして、すごくセンスを感じました。
最後の笛の音に少年のいいがたいおもいが含まれていて、砂漠の風にまじる音が見えたようでした(砂漠を実際に見たことはないけど)。
「マラム派」という単語ひとつで、後は特に固有名詞がないところが、一番すきです。子どもの世界がすごくうまくあらわされてるなと感じました。
主人公の心理描写を()でくくったのにはなにか意味があったのでしょうか。お祭りの雰囲気に飲まれると、自分を上から見ているような感覚になることがありますが、それを表そうとしたのでしょうか。無駄のない文章だけに、()や――のような記号が目立ってしまっていました。ぼくは必要なかったのではないかとおもいます。
少女リンネがいつか、めぐりめぐって旅の果てにこの街へ帰る日にまた何かが起こるような、そんな予感が残りました。素敵でした。

空人さん
これまた一気に書かれたのかなっておもいました。
「祈り」なのかなって感じはしたのですが、おもしろかったからいいですよね。
田口先生がよかったです。ぼくは規律に縛られてるとか監督すべき義務があるとかそういう設定がすきなので余計にそうかもしれないんですが、彼がいい味をだしてました。
ただ、オチは決まってたけど途中で妥協した感じがぬぐえません。もっと色々ネタを絡ませられたんじゃないかとおもいます。こういうSFはよくあるから余計に。安心して読むことはできました。
ラストはよかったです。とくに先生に抱きつくところが。マイペースなのであろう女生徒のああいうシーンはほんとにいいですよね。すごくすき。
キャラと着想とラストはすごく好みだったけど、ちょっと粗が目立ってしまった。そんな感想です。
メンテ
Re: 【九月期お題「旅」】お題小説スレッド【八月期冒頭祭前期お題「海」お題投稿期間】 ( No.348 )
   
日時: 2013/08/01 02:39
名前: 企画運営委員 ID:zb.Vw/yk

「冒頭祭」の作品投稿期間となりました。前期のお題は「海」です。
作品投稿期間は8月1日(木)〜8月7日(水)までとなります。
ルール説明>>002 及びスレトップの「冒頭祭ルール」を熟読の上、ご参加ください。
皆様の力作お待ちしております。
メンテ
深淵リデンプション ( No.349 )
   
日時: 2013/08/01 18:52
名前: 修羅雪姫 ID:RNMOXh0E

 その日、戦争は終わった。


 永きに渡り続いた戦争で多くの人々が他界し、傷つき導いた終戦。
 終戦の先に待ち受けていたのは絶望だけだった。戦争により凄まじく使われた資源は枯渇という絶望のゴールが見え始め、戦争により出兵等を理由にして循環していたそれらの資源も終戦により行き渡らない国も出てきた。終戦後、餓死者の総数は倍増し出兵後帰ってきた兵達は行き場が見つからず流浪人が多く国中に蔓延り始める。
 そして何より甚大な被害だったのは人間の精神だった。
 戦争により受けた傷は赤十字団体より無償での治療が約束され、兵達は肉体的にこそ回復に向かっていたがその精神はズタボロ。殺すか殺されるかの環境に身を投じていたために発生した鬱。人を殺した罪悪感からも同様の症状が検出された。行き場を無くし流浪の身となった者達も精神的には大ダメージを受け、他にも兵だけではなくその家族や一般市民。身近な人間が殺され大きな心の傷を受けている者は多い。
 人の手で外傷こそ治療できても心の傷は決して治療することなどできない。
 終戦後、絶望に暮れる世界にやってきたのは白く透き通った肌を持つ少女。月のように金色の輝きを放つ艶やかで長い髪と瞳。美しすぎはしたものの人間と変わらない容姿。ただ違うのは――下半身。上半身こそ人間そのものだが下半身はうろこに包まれた尾鰭と魚のそれと同様。
 蒼白の海から世界を見ると彼女は一滴の涙を零した。
 一度瞳を閉じ、海の中へ潜っていくと近く似合った岩場にひょっこりと顔を出す。そして岩に腰をかけると自らの胸に手を当てながら喉を開く。
 彼女の美しい歌声がたちまち世界を包んだ。

 唯一、人の心の傷を癒す術。それこそ人魚が美声にて奏でる『希望の歌』

 同刻、誰もいない海底奥深くに足を運んだのは闇に等しい漆黒の長い髪と瞳を持つ少女。彼女は世界を目の当たりにして口元を吊り上げ微笑んだ。
 彼女もまた美しすぎるだけで外見のそれは人間と変わらないもの。しかし決定的に違うのは魔術。銃や戦車などでしか戦うことを知らない人間に対し彼女は魔術を操ることができた。
 そして彼女は微笑みながら低い声で笑い出す。その笑い声はたちまち世界を包んだ。

 世界を混沌へと陥れる術。それこそ魔女が浮かべる『絶望の笑み』

 二人の美しすぎる少女。人魚と魔女は互いに希望を歌い、絶望を笑った。
メンテ
茜色に染められて ( No.350 )
   
日時: 2013/08/07 23:15
名前: 空人 ID:mfMWKGmI

 世界を染める落日の陽は白い砂浜までもを紅に浸し、昼間あれだけ撒き散らした熱を放出する。風は日に焼けた頬をなで、塩のにおいの染み付いた髪を揺らす。それなのに。僕の中の熱はいまだ冷めえず、鼓動をさらに跳ね上げる。
 目の前に広がる海もそうなのだろうか。波は足元へ繰り返し手を伸ばし、触れられずにまた戻っていく。水際に立つ、彼女へと。
 白い薄手のワンピースは、海からの潮風で揺れる度にその細身の肢体をなめらかに描き出す。目深にかぶるつばの広い帽子はしかし、薄桃色に染まる頬やくちびるまでもは隠せず。長くやわらかな髪が乱れるたびに白く細い指は彼女の表情をほんの一瞬だけこちらに見せてくれる。
 潮騒だけが鳴っていた。どんなに振り絞ろうと、僕の喉からは声が出てこなかった。目の前の風景があまりにも綺麗で。壊したくないと思ってしまったのだ。
 しかし視線にはあまりにも熱がこもっていたのだろうか、彼女は自分を見つめる僕に気が付くと、恥ずかしそうに頬を染め、砂浜を駆けて行ってしまったのだ。





「彼女は天使か人魚の変化した姿だったのかもしれない」
「アホか」

 熱に浮かされて妄想を垂れ流す僕に、従姉妹は惜しげもなく悪態を付いてくれる。
 きつめに結い上げた三つ編みとひどい乱視を補う為にかけている眼鏡のおかげで、見てくれは純情な文系少女に見えるが、その性格と態度、そしてくたびれたTシャツと学校指定のジャージ姿というまるで異性を感じさせない格好のおかげで、僕と彼女を今でも気安い関係のままで居させてくれている。
 幼いころは同じ町に住んでいて、それこそ姉弟のように育った二人だったが、おじさんの転勤でこの海辺の町に越して来てからは、夏休みの間の数日だけ顔を合わせる存在になっている。
 そのためか、恋の話など微塵もしてはこなかったし、彼女の性格を考えるに友人とそのジャンルの相談をする事も多くはないのだろう。

「恵もそれなりの格好をしたらそれなりに見えるんだろうけどさ」
「うっさい、死ね」

 うっかり褒め言葉を言ったつもりの僕の背中を容赦なく蹴り飛ばし、恵は自室に戻っていった。
 このくらいの軽口は日常茶飯事だ。だから顔を赤らめていたのはやはり、この手の話に慣れていないからだろう。


 次の日からは、僕の海辺の天使探しが始まった。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存