ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[4993] 【2016年度】お題小説スレッド【お題「去る」作品投稿期間】
   
日時: 2016/01/12 23:57
名前: 企画運営委員 ID:7PNV346o



『お題小説スレッド』へようこそ。こちらはあるお題に沿って読みきり小説を書き、その作品をみんなで批評し合う場です。
 初心者も上級者も関係ありません。うまくなりたいとお思いの方であれば、だれでも自由に参加することができます。一生懸命執筆し、一生懸命批評して、小説の技術を高め合いましょう。
 皆様のご参加をお待ちしております。

――――――――――――――――――――

>>002 【ルール説明】:必ず熟読して下さい。(※内容、一言の箇所を訂正しました。ご確認ください)
>>003 【批評のポイント】:批評をする際のポイントをまとめたものです。
>>004 【イベントルール説明】:イベントに関するルールです。必ず熟読してください





▼お題:第32回のお題は「種」です。
 二月に種をまくのか? と思いましたが、調べてみるとじゃがいもは二月にまくそうですね。……さらに調べてみると一年中、なにかしらの種をまいてるみたいです。
 そんなことは置いといて。「種」というお題には「たね」以外にも色々な解釈があると思います。みなさんがどのような作品を投稿してくるのか、楽しみにしております。
※第30回の作品投稿期間は2月1日(土)からです


▼お題:第33回のお題は「姫」です。
 三月なので(笑)
 というのはよくわかりませんが(ひなまつりだから?)「ひめ」というのは可愛らしい語感ですよね。私は緑の黒髪をした和服姿が思い浮かびます。桃色が似合いますよね。桃色……やはりひなまつりでしょうか。それでは、みなさんの作品お待ちしております。
 
※第31回の作品投稿期間は3月1日(土)からです


▼お題:第34回のお題は「嘘」です。
 嘘でした。


▼お題:最終回のお題は「魔法」です。
 奮ってご参加ください。


▼お題:第36回のお題は「友情」です。
 ネタでした。


▼お題:第37回のお題は「音」です。
 奮ってご参加ください。



▼日程(第32回)

1月1日       :お題発表
2月1日〜15日   :作品投稿期間
2月16日〜28日  :批評提出期間


▼日程(第33回) 

2月1日     :お題発表
3月1日〜1月15日 :作品投稿期間
3月16日〜30日 :批評提出期間


▼日程(第35回) 

6月1日     :お題発表
6月1日〜7月31日 :作品投稿期間
8月1日〜   :批評提出期間



▼注意もしくは削除対象となるお書きこみ
・荒らし
・荒らしへの反応
・自分や他人の小説の宣伝
・雑談、チャット化
・ルールに反するもの
・管理人が不適切と判断したもの

――――――――――――――――――――

>目次 >>001


>第32回 お題『種』参加作品(敬称略)

>>404 sakana:シロハの辻褄
>>405 伊達サクット:赤い種、青い種

================================================================================

▼リンク
小説講座/雑談所』(お礼や言い訳等はこちらへ)
旧お題小説スレッド』(前スレはこちらから)
ツイッター』(朔乱のアカウントです。お題の告知などをしています)

管理人:If 空人 朔乱  補佐:伊達サクット
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

小説の海 ( No.351 )
   
日時: 2013/08/07 23:33
名前: エシラ ID:Dxf.PZlY

 わたしの所属する文芸部の部長は、変な人である。
 なかなか上手な文章を書く人で、物語も普通に面白い。さすが部長である。地味な風貌で眼鏡を掛けており、決して女の子からちやほやされるような爽やかな容姿とまでは言えないのだけど、生真面目さの中に小さな華があるというか、何かしら一つ一つとっても抜きんでているわけでもないのに、中庸を依然として貫くような佇まいが微妙に魅力的だと思っている。
 部長がパソコンに向かってかたかたと文字を打ち込む姿は、微笑ましいというよりも、緊張してどきどきする。
 どきどきするって、決してそういう気持ちではなく、あまりにも機械のように打ち込むから、見ていて落ち着かないのだ。普通の人は文字を打って行くとき、決して全力で、一度も立ち止まらずに書き切ることなんてできやしないだろう。いや、できるひともいるのかもしれないけど、部長のように極端な例はきっとごく稀だと思う。小説だったらなおさらだ。論理的な文章は構わないけれど、物語には物語がある。それをどう語るのか、キーボードを打ち込むその過程で、少しずつその物語を埋めていく、だから時間が掛かる。そういうものである。しかしここに、まったくありえない人がいる。部長は一度小説を書き始めると、一切指が止まらない。短編なら短編、長編なら長編、完結まで一切立ち止まらないのだ。まるですべての解答が分かっているテストを埋めていくかのように、息継ぎも休憩もせず、とにかく文字を打ち込んでいく。
「部長、短編だったら別にいいんですけど、長編でかなりの枚数だったとしたら、ご飯っていつ食べてるんですか? あと、寝ないんですか? 授業は?」
「ご飯は食べない。別に食べなくったって、三日くらいは生きれるだろうし。眠りもしないな。というか、眠れない。授業はサボるに決まってる」
「えっ、サボるんですか」
「サボるよそれは」
「でも部長、かなり真面目そうな感じなのに、普通にサボるんですね」
「見た目で判断してるだけじゃないかそれ。でもまあ、いいんだよ。小説が書ければそれでいい」
「いいんですか? 留年の危機とか」
「まあ、僕は長編でも長くて四日で書けるから。その程度サボったくらいじゃ留年はない」
「今まで倒れたりとかしなかったんですか? 寝不足とか、空腹で」
「ないね。君じゃあるまいし」
「えっ いや、わたし別に小説書いてて寝不足になったり空腹になったことありませんが」
「ないのか、いやカマをかけたつもりだったんだが」
「部長の尺度でカマをかけても……」
 こんなやり取りが多い。
 では、なぜ部長はそんなにも、こう言っては聞こえが悪いけど、小説執筆マシーンが如く、一切の停止無くして小説が書けるのか。わたしと部長が出会って少し、部長が部室のパソコンで三日間長編を書いたのをわたしが目撃した頃、そのことについて部長から一つ教えてもらった。部長は疲れた素振りも見せないで、仕方ないなあと言った。
「僕は頭の中に『小説の海』があるんだ」
「はい?」
「目を瞑って、集中する。すると僕の体は、広大な海の中にある。そこには言葉が浮いていて、文字が浮いている。それらを見つめ続け、泳いで捕まえる。そういう行為の積み重ねが、頭の中に物語を作り出していく。それが完成したら、そいつをキーボードに向けて一気に吐き出すのさ」
「へー、そうですか。これ、頭痛薬です」
「消しゴムじゃねーか。いや、頭は別に大丈夫だよ。でも、これは本当の話なんだ」
「本気で言ってるんですか?」
「本気だ」
 でも、確かに部長の異常な小説の執筆姿勢は、それくらい非現実的な部分が無いといけないのかも。ちょっと信じがたいけれども、まあ部長が嘘を吐いているとは思わない。第一、嘘を吐いて意味があるのか。だって誰がどう見たって、部長は変だ。あんなにも続けて、寝ず食わず、授業にでも出ずに部室に籠って小説を書き続けるなんて。その理由として『小説の海』なんてものがあるというのか。頭の中には、水着で海に潜り、浮いている文字やら抽象的な何かをとにかく捕まえようと泳ぐ部長の姿があった。なんか虚しい。
「じゃあ、一応信じます」
「証明する手段がないから、別に信じなくてもいいけど。信じてもらいたいわけじゃないし」
「わたしが教えてくださいと言ったんですから、そこはきちんと受け止めますよ」
「そう、ありがとう」
 部長は笑った。
 それから今の今まで、そんな部長の変な姿を何度も見てきたのだった。


 ある日の事である。
 珍しく部長からメールが入っているので、詐欺か? と思いながら本文を開いた。
 しかしそこには、深刻な一文が簡潔にまとめられていた。
「『小説の海』に鮫がたくさん出て、文字が食われ、物語が食われ、僕も喰われた。助けてくれ。アイデアが浮かばn』」
 鮫? 
 部長の頭の中にある『小説の海』とやらに、鮫が出たということか。
 喰われた。
 最後の文字も、歯切れが悪い。
 どういうことだろう。


 それから数分後、知り合いから、部長が突然死亡したという連絡が入った。


 
メンテ
春に咲く花 ( No.352 )
   
日時: 2013/08/07 23:45
名前: にゃんて猫 ID:CWBd.IBQ

 マーガレットが枯れていた。
 白くのびていたはずの花弁は、今はもう茶色く変色してしまっている。頭を垂れるようにして干涸らびた小さな太陽には、少しの生気も感じられない。
 或る夏の日の、なんでもない街の道の脇に、そいつは誰にも見られることなく立ち枯れていた。空き地の端々に咲いているはずの白い花たちは、どれも焦げたキャラメルのように黒く、変わり果てた姿で人々の目に映る。
 ああ、なんて暑いんだろう。
 思わずそんな声が聞こえてきそうな、ひどい猛暑だ。陽の下に立っているだけで頭がくらくらしてくる。加えてサウナの中にいるような、じめじめとした感触が体中にまとわりついて離れず、せいぜい五分歩いただけで重吾は汗だくになってしまった。
「暑い……」
 呟いたところで何かが変わるわけでもあるまいし、そんな無為なことは決してしないと心に誓ったはずなのに、頭のどこかが堪えかねて音を上げたらしい。朝はあんなに五月蠅かった蝉どもも、あまりの暑さに辟易してしまい、すっかりなりを潜めてしまっていた。
 車道を走る車は多いが、帽子も被らず日傘も差さずに歩道を歩いている人間は自分を除いて皆無だ。そんな最中、ふと道ばたに目をやってみたところに現れたのが、この見事に立ち枯れたマーガレットだった。ひとつの例外もなく茶色い花をつけたその姿は、さながら「暑いのは俺もだ」と言っているようで、半ば惨めな思いをしているのが自分だけではない気がしてくるのだ。
「よいしょ」
 肩にだらしなく提げていたハンドバッグから、重吾はカメラを取り出した。一眼レフでも何でもない、時代遅れの旧式デジカメだ。本体のあちこちでコーティングが剥がれかかっているのか、金属が剥き出しになった部分を触ると思いの外熱かった。どうやら鞄の中も蒸されてそこそこ暑くなっているようだ。
「まあ熱で壊れるなんてことはないだろうが……」
 御老体を労るように厚めのカメラを両手で優しく構え、ピントをマーガレットに合わせた。レンズ越しに見たその姿は、花を象った銅像に見えなくもなかった。
 シャッターを下ろす。一回、二回。少し角度を変えただけで、特にいい感じに撮ろうといった意識はなかった。何となく気になったから撮った、それだけだ。
「ふう……」
 突き刺さるような日光に、思わずタオルを取り出して額に付流れる汗をぬぐった。学生時代から自分は汗をかかない方だとばかり思っていたが、単に運動しない性格だったからかもしれない。滝のように流れる汗がその証拠だ。それとも、自分の体質など問題にならないほど暑いのだろうか。はたまた両方だろうか。
 日が照り返して眩しいアスファルトを見るのが嫌になり、少しマーガレットの方を見やった。
 下を向いて曲がった力尽きて死に絶えていく戦士のように見えた。灼熱の空の下、地に沈んだ己の黒い影を見ながら力尽きてゆく、そんなイメージが頭に浮かんだ。
 立ち上がって帰路を見据える。さっさと帰らなければ、鞄の中のコンビニ袋に入ったアイスが溶け出してしまう。自分の分のハーゲンダッツはまだいいとして、ジャンボアイス最中が溶け出してしまうのは問題だ。アレを怒らせると考えただけで、とんでもなく憂鬱な気分になる。
 干涸らびたマーガレットを残し、重吾はその場を後にする。一瞬だけ吹いた西風が、その花弁をパラパラと崩して真夏の太陽へと消えて行った。

 海辺の街の、喧噪の中。


  ■
メンテ
葬送 ( No.353 )
   
日時: 2013/08/08 00:02
名前: ひかげ ID:X1qqcnIw


 波が寄せ地を食す町に少女は一人住んでいた。
「ここは、いずれ海に飲まれます」
「ええ、存じております」
 街からきた女性は、困ったように少女を見つめた。
「わたしは、ここで死にます。ですから、どうぞ他の町へ行ってください」
「あなたをわたしの町へと導くのが、わたしの仕事なのです」
 可憐な少女だった。海風に吹かれ、朽ち果て錆ていく町で、少女だけが磨き上げられた鉄鋼の輝きを保っていた。
 少女は微笑む。
「どうぞ、出て行って。ここを離れれなくとも、どの道わたしは死ぬのです」
 女性はその笑顔に気おされて、少女の家から立ち去った。


 翌日、女性は再び少女の家の前に立っていた。
 錆び付いた線路の前に立つ、小さな家。家の背後には山がある。枯れ木ばかりが並ぶ、死んだ山。錆と枯れ葉のせいで、町の景色はくすんで見えた。
「またいらっしゃったのですか」
 ノックしてからドアを開けると、少女は椅子に座り小さな窓から外を眺めていた。
「何度いらしても無駄です」
「……あなたが行かないのであれば、わたしもこの知に骨をうずめることになります」
 少女は困ったような顔をして、小首をかしげた。
「それでは仕方ありません。共に死ぬしか」
 少女は肩をすくめて言った。
「飲み物、どうですか? せめてもの手向けです」
「ありがとうございます、でも、わたしも仕事なので」
 女性は丁寧に礼をいって、そして家を後にした。
 少女は女性が去ってから、しばらく彼女がくぐったドアを見続けた。
 最低限の生活品しかおいていない家は、少女が死ねばそのまま墓となりそうな、そんな気配がした。


 その翌日、女性がきたとき少女はいなかった。
 立ち去ったわけではないと、なんとなくそんな気がした。
 家の裏にまわると、少女はそこにいた。
「あなたもこりませんね」
「仕事ですから」
 少女はひざまずき手を合わせていた。
「わたしは死ぬためにここにいるのです。ですからどうぞ、わたしを生きてる者として数えないで」
「仕事を完遂できないのであれば、死んだほうがましです」
 女性は少女が祈りを捧げている墓を見つめていった。
「では、どうかご検討願います」
 女性は歩き去った。

 日暮れの光が、ぼんやりとオレンジ色に家を浮かび上がらせていた。
 それは、ろうそくの先の光に似ていた。
メンテ
Re: 【九月期お題「旅」】お題小説スレッド【八月期冒頭祭前期お題「海」お題投稿期間】 ( No.354 )
   
日時: 2013/08/08 00:32
名前: 企画運営委員 ID:OWx3XoLc

作品のご投稿お疲れ様でした。
8日(木)〜10日(土)は前期批評期間です。
作品をご提出なされた方は必ず全作品の批評を行ってください。
批評だけのご参加もお待ちしております。
*テンプレート有ります >>000

>冒頭祭前期『海』参加作品(敬称略)

>>349 修羅雪姫:深淵リデンプション
>>350 空人:茜色に染められて
>>351 エシラ:小説の海
>>352 にゃんて猫:春に咲く花
>>353 ひかげ:葬送
メンテ
Re: 【九月期お題「旅」】お題小説スレッド【八月期冒頭祭前期お題「海」批評提出期間】 ( No.355 )
   
日時: 2013/08/10 23:34
名前: ひかげ ID:iL1mvekI

>修羅雪姫さん「深淵リデンプション」

●続きが気になったか
人魚と魔女と戦争と、物語の要素をきちんと説明していて、このジャンルがすきな人はきっと続きが読みたくなるだろうなあと感じました。
●印象に残った表現
ぜんはんの荒涼とした世紀末な世界感から二人の少女の描写への転換がとても美しかったです。人魚いいですよね。さいごの「人魚と魔女」というフレーズがとても印象的でした。
●物語は丁寧に書かれていたか
非情に丁寧にかかれていたとおもいます。知りたいことをきちんと順序だてて説明していて、それでもしつこくなくてすごく上手だなあとおもいました。
●正しい文章表現だったか
前半で少し肩を張りすぎてしまったでしょうか。特に「凄まじく使われた」という箇所には少し首をひねってしまいました。後半は内容と文面がリンクしていたとおもいます。
●まとめ
ぼくが修羅雪姫さんのことを存じているせいか、ゲームのプロモみたいだなあとおもいました。FFとかでありそう。ぼくはこういうプロモーションを見るのがすきなので、とても楽しめました。魔女に角とかつけて悪魔と人魚のほうが対比としてはそれっぽいのかなあと一瞬おもったんですが、「人魚と魔女」のほうがやっぱりいいなあとおもいなおしました。

>空人さん「茜色に染められて」

●続きが気になったか
正統派なラブコメって感じでした。欲を言えばもう少しヒントを出して欲しかったです。
●印象に残った表現
主人公がにぶいのが面白かったです。この手の話はやりつくされてる感があるので、少し難しいジャンルだったのではないかとおもいます。
●物語は丁寧に書かれていたか
物語というよりは、人物紹介になってしまったのが残念でした。軽妙な主人公と恵との掛け合いは面白かったんですが、主人公の情報をもっと多くかいてもよいのではないかとおもいます。
●正しい文章表現だったか
「熱を放出する」というところでいっしゅんつっかかってしまいましたが、ほかはすごく読みやすかったです。特に序盤の後半の文の音に関する描写がきれいでした。
●まとめ
選んだテーマが冒頭祭でするには難しかったんじゃないかとおもいました。空人さんの書くラブコメっていちゃつくところとかくっつけよとか心の中で思いながら読むのが楽しいので、余計に。
最後まで読みたかったです。

>エシラさん「小説の海」

●続きが気になったか
なりました。がぜんなりました。没作品って聞いてふざけんなよってなるくらいなりました。
●印象に残った表現
必要なことばだけはきれいにつかってて、長々とした描写がない分ひとつひとつのことばが際立っていました。
●物語は丁寧に書かれていたか
部長に関する情報が主人公の掛け合いで楽しく読み取れました。エシラさんは頭のネジが二、三本多いようなキャラ書かれることが多いと思うんですが、すごく好きです。
●正しい文章表現だったか
一人称でところどころはいるわたしの心情がおもしろかったです。
●まとめ
すごくおもしろかったです。普通に最後までかいてほしかったです。

>にゃんて猫さん「春に咲く花」

●続きが気になったか
正しい冒頭って感じでした。主人公の趣味と考え方をきれいな描写と、ちょっとだけ存在をにおわせる相方的だれか。そのだれかにパシられてる様子だったんですが、どんな人物なのかが気になりました。
●印象に残った表現
最後の「アレ」という代名詞で、重吾をパシらせてるのがだれなのかというのがすごく気になりました。ありがちな、勝気女の子となよなよ男子かよと思わせないのは、重吾が被写体として選んだのが死んだ花というところと、全体的に陰鬱な描写のおかげでしょうか。
●物語は丁寧に書かれていたか
海ではなかったですが、おもしろくよめました。
●正しい文章表現だったか
にゃんて猫さん村上春樹すきなんでしょうか。ふだん女性的な文章かかれてるイメージがあるんですが、今回はすごく男性っぽかったです。
●まとめ
現代モノで、特殊能力の描写もないので、これからどういうふうな展開になるのかが気になりました。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存