ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[4993] 【2016年度】お題小説スレッド【お題「去る」作品投稿期間】
   
日時: 2016/01/12 23:57
名前: 企画運営委員 ID:7PNV346o



『お題小説スレッド』へようこそ。こちらはあるお題に沿って読みきり小説を書き、その作品をみんなで批評し合う場です。
 初心者も上級者も関係ありません。うまくなりたいとお思いの方であれば、だれでも自由に参加することができます。一生懸命執筆し、一生懸命批評して、小説の技術を高め合いましょう。
 皆様のご参加をお待ちしております。

――――――――――――――――――――

>>002 【ルール説明】:必ず熟読して下さい。(※内容、一言の箇所を訂正しました。ご確認ください)
>>003 【批評のポイント】:批評をする際のポイントをまとめたものです。
>>004 【イベントルール説明】:イベントに関するルールです。必ず熟読してください





▼お題:第32回のお題は「種」です。
 二月に種をまくのか? と思いましたが、調べてみるとじゃがいもは二月にまくそうですね。……さらに調べてみると一年中、なにかしらの種をまいてるみたいです。
 そんなことは置いといて。「種」というお題には「たね」以外にも色々な解釈があると思います。みなさんがどのような作品を投稿してくるのか、楽しみにしております。
※第30回の作品投稿期間は2月1日(土)からです


▼お題:第33回のお題は「姫」です。
 三月なので(笑)
 というのはよくわかりませんが(ひなまつりだから?)「ひめ」というのは可愛らしい語感ですよね。私は緑の黒髪をした和服姿が思い浮かびます。桃色が似合いますよね。桃色……やはりひなまつりでしょうか。それでは、みなさんの作品お待ちしております。
 
※第31回の作品投稿期間は3月1日(土)からです


▼お題:第34回のお題は「嘘」です。
 嘘でした。


▼お題:最終回のお題は「魔法」です。
 奮ってご参加ください。


▼お題:第36回のお題は「友情」です。
 ネタでした。


▼お題:第37回のお題は「音」です。
 奮ってご参加ください。



▼日程(第32回)

1月1日       :お題発表
2月1日〜15日   :作品投稿期間
2月16日〜28日  :批評提出期間


▼日程(第33回) 

2月1日     :お題発表
3月1日〜1月15日 :作品投稿期間
3月16日〜30日 :批評提出期間


▼日程(第35回) 

6月1日     :お題発表
6月1日〜7月31日 :作品投稿期間
8月1日〜   :批評提出期間



▼注意もしくは削除対象となるお書きこみ
・荒らし
・荒らしへの反応
・自分や他人の小説の宣伝
・雑談、チャット化
・ルールに反するもの
・管理人が不適切と判断したもの

――――――――――――――――――――

>目次 >>001


>第32回 お題『種』参加作品(敬称略)

>>404 sakana:シロハの辻褄
>>405 伊達サクット:赤い種、青い種

================================================================================

▼リンク
小説講座/雑談所』(お礼や言い訳等はこちらへ)
旧お題小説スレッド』(前スレはこちらから)
ツイッター』(朔乱のアカウントです。お題の告知などをしています)

管理人:If 空人 朔乱  補佐:伊達サクット
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 【九月期お題「旅」】お題小説スレッド【八月期冒頭祭前期お題「海」批評提出期間】 ( No.356 )
   
日時: 2013/08/10 23:53
名前: エシラ ID:mtonEpZo

 こんにちは。

>>349 修羅雪姫さん:深淵リデンプション

●続きが気になったか
 気になりました。長編みたいな雰囲気がします。とても壮大ですよね。

●印象に残った表現
 魔女と人魚の描写が素敵だったと思います。

●物語は丁寧に書かれていたか
 物語というよりも説明的すぎた気もしますが、戦争の流れから二人に焦点が当たる流れは丁寧だったように思います。

●正しい文章表現だったか
 気になるところは特にありませんでした。

●まとめ
 すごい物語の幕開けという印象でした。またどこかで、こういったお話を書いて欲しいです。


>>350 空人さん:茜色に染められて

●続きが気になったか
 気になりました。でも、どうして天使を探す必要があるのか、その流れがわからない感じもしました。それも、なぜ海辺なのかというところも。そういう意味でも気になります。

●印象に残った表現
 前半の描写がとても綺麗でした。二人の会話も楽しかったです。

●物語は丁寧に書かれていたか
 とても丁寧だったと思います。このお話を読むと、「天使」がお題だったような気がしてしまいます。もう少し海に近寄った物語でもよかったと思うのですが、人魚ネタをやられてしまったと困っていたので、仕方ないのかなと

●正しい文章表現だったか
 気になるところはありませんでした。

●まとめ
 もうちょっと読みたかったです。二人の会話が可愛らしいので、そういうところでも魅せれると思います。これってつまり、続きが気になるということですね。


>>352 にゃんて猫さん:春に咲く花

●続きが気になったか
 淡々としていて、冒頭の冒頭という感触がします。「アレ」がどんな人か気になりますね。

●印象に残った表現
 マーガレットの描写が特によかったです。カメラもそうですし、小道具の描写が好きです。

●物語は丁寧に書かれていたか
 丁寧でした。地の文に力が入っていながら、描写と心の内が気にならない程度に混じっていてよかったです。

●正しい文章表現だったか
 「帽子も被らず日傘も差さずに歩道を歩いている人間は自分を除いて皆無だ」って、自分だけが帽子を被って日傘を差していることになってしまいませんか……? 

●まとめ
 展開に引っ張っていく力はないものの、細かいところに物語の冒頭らしさが伺えてよかったです。マーガレットが中心に据えられているのも好きでした。


>>353 ひかげさん:葬送

●続きが気になったか
 もっと二人のことが知りたくなりました。少女が海に残るのは、お墓のためなのでしょうか。誰のものなのかも気になります。

●印象に残った表現
 短い文が続いて、柔らかい印象を受けました。最後のろうそくの表現が好きです。

●物語は丁寧に書かれていたか
 とても丁寧だったと思います。物語もですし、言葉に気を遣われている気もしました。

●正しい文章表現だったか
 特に気になるところはありませんでした。

●まとめ
 なんだか不穏な冒頭でした。綺麗なのですが、二人の頑なな精神が細かに見えていて、どうしてだろうと気になります。
メンテ
Re: 【九月期お題「旅」】お題小説スレッド【八月期冒頭祭前期お題「海」批評提出期間】 ( No.357 )
   
日時: 2013/08/11 00:56
名前: 空人 ID:2ddLVp4c

今回は、実験的に点数を付けてみてます。個人的なものなので参考程度で考えてくれると嬉しいです。


>>349 修羅雪姫さま:深淵リデンプション

・続きが気になったか:5点
 ここからどんな方向にでも展開できる止め方ですが、ある意味これで完結しているようにも見えます。

・印象に残った表現:3点
 安定はしているものの、惹かれるほど凝った表現は多くありませんでした。

・物語は丁寧に書かれていたか:7点
 丁寧では有ったと思います。だけどせっかく対比できるものが有るのだからもっと強調しても良かったのではないでしょうか。

・正しい文章表現だったか:8点
 間違った表現は無いと思います。しかし、物語を壮大に書こうとしすぎていて少しだけ浮いている感じもありました。

・まとめ:計23点(各10点満点)
 完成度は高いと思います。それ故にベタな展開が待っているのかな、と思ってしまいます。
 キャラクターにも意外性が無く、それなのに終戦後という廃退した世界からは浮き出していて、ちぐはぐな印象。もっと世界観を壊すような性格付けをしても良かったかもしれないですね。


>>350 自作:茜色に染められて

・続きが気になったか:2点
 ベタ過ぎますね。

・印象に残った表現:1点
 冗長。なのに陳腐というダメさ。

・物語は丁寧に書かれていたか:2点
 雑です。日本語でおk。

・正しい文章表現だったか:3点
 むしろ狙いだったと信じたい。

・まとめ:計8点
 もっと練れ。


>>351 エシラさま:小説の海

・続きが気になったか:7点
 安易な死ネタは良くないですが、この場合は成功してるのかな、と。
 部長の海の中で何が起こったのかは、すごく気になりますね。

・印象に残った表現:7点
 部長が魅力的だと言いながらも、そういう意味じゃないと否定してみたりする、主人公の心の中が可愛らしかったです。

・物語は丁寧に書かれていたか:7点
 設定が面白く、二人のやり取りや、語り手の思考など、とても丁寧に作りこまれている印象。
 ただやはり、部長が死んでしまうと、物語の完結後の世界に発展性が無く、残念に思いました。

・正しい文章表現だったか:10点
 見る限り、おかしな部分はございません。とても読みやすかったです。

・まとめ:計31点(各10点満点)
 文句無しに面白かったです。続き書いて欲しいです。よろしく。


>>352 にゃんて猫さま:春に咲く花

・続きが気になったか:7点
 まだ物語が何も始まっていないようにも感じます。
 どんな話になるのか、気になりますね。

・印象に残った表現:8点
 ところどころに詩的な表現が混じっていて、とても綺麗でした。

・物語は丁寧に書かれていたか:7点
 表現、比喩に凝っていて、とても丁寧な印象。
 「海辺の街」はぶん投げすぎかと。

・正しい文章表現だったか:8点
 間違いはないと思います。ただ、話の方向性が示されていないので、物語としての魅力はもう一つ足りていないかな、と。

・まとめ:計30点(各10点満点)
 どこにでもありそうな風景が、すごく魅力的に描かれていたと思います。着地地点をどこに持っていくつもりだったのか知りたいです。


>>353 ひかげさま:葬送

・続きが気になったか:9点
 二人の関係、物語の顛末、希望は残しながらも漂う退廃的な雰囲気。
 すごく気になります。

・印象に残った表現:9点
 人物に対しての薄い色彩と対比するように最期の鮮やかに描かれたオレンジがとても印象に残ります。

・物語は丁寧に書かれていたか:8点
 終わりそうな世界を、ハッキリと描写せずに表現できていることが、とても素敵です。

・正しい文章表現だったか:5点
 地の文のほとんどが「た」で終わっているのは、狙いなんでしょうか。
 物語の雰囲気には合っていたのですが、ブツブツと途切れる印象でした。
 「この知に骨を」→「この地に」でしょうか。

・まとめ:計31点(各10点満点)
 会話では平行線を辿りながらも、二人が徐々に近付いていけるのではないかと思わせる文章はとても魅力的で、物語の中に惹きつけられてしまいます。
 続きが読みたいと自然に思わせてくれる展開の仕方が素晴らしいです。


え、このスケジュールはちょっときついかも、と思ってしまいました。
全部に参加するのはきついかもしれないです。
あと、今回批評が間に合わなくても、中期後期に間に合えば、その期間に投稿しても良いんじゃないかな、と思っています。
よろしく><
メンテ
Re: 【九月期お題「旅」】お題小説スレッド【八月期冒頭祭中期お題「見る」作品投稿期間】 ( No.358 )
   
日時: 2013/08/11 22:18
名前: 企画運営委員 ID:9Cb1Pfh2

「冒頭祭」の作品投稿期間となりました。中期のお題は「見る」です。
作品投稿期間は8月11日(日)〜8月17日(土)までとなります。
ルール説明>>002 及びスレトップの「冒頭祭ルール」を熟読の上、ご参加ください。
皆様の力作お待ちしております。
メンテ
気にしたら負け ( No.359 )
   
日時: 2013/08/17 20:05
名前: 空人 ID:ixa4Qf/E

 気になる異性が居る。
 それは、思春期の学生諸君になら見に覚えのある、ごく普通な日常のひとコマであるだろう。
 しかしそれが、恋愛感情ではないとしたらどうか。
 否むしろ、そうであるからこそ、そこから恋に発展するのを期待するのかもしれない。
 別段目立つわけでもないその人物を、何故か目で追ってしまい、気がつくと居場所を探って視線をさまよわせ、声のする方へ振り返ってしまう。
 つまり俺には、クラスにちょっと気になる異性が居るのである。

 彼女は明るい性格ではない。むしろ暗いと言ってしまってもいい。いつも机に顔をうつむけて、猫背のまま何かを読みふけっている。
 友人と呼べるほど仲の良い人物と接触した場面を、ここひと月は見ていない。目鼻立ちはぼんやりとしていて、度の強い眼鏡がそこに覆いかぶさるために表情もハッキリせず。まぁ、笑顔なんかは見たことも無い。
 いや、読んでいた本によほど趣のある事が書いてあったのか、口角を緩める事は有ったのだが、それを笑顔と呼ぶには少々勇気が必要だと言わざるをえないだろう。
 髪は丁寧とはけっして言えぬ編み方の三つ編みで、二つに分けてはいるが高さが違うのか長さも違って見える。華奢な身体は肉付きが悪く大きめの制服がその野暮ったさに更なる拍車をかけるのだ。
 ある意味目立つ容姿ではあるものの、クラスメイトへの印象は一様に芳しくなく、意図的に彼女の方を見ないように勤めている者も少なくない。

 そんな少女の何が気になるのか説明せねばなるまい。
 俺には彼女がずれて見えるのだ。

 クラスから浮いている、会話のタイミングが遅れているなどと言うのではない。
 否それも有るのかもしれないが、俺が言っているのは実際の見た目の事である。
 それはまるで、レイヤー分けしていた線画と下塗りの部分をコピー&ペーストでずらしてしまったかのように、彼女の輪郭からはほんの少しだけ色がはみ出しているように見えるのだ。
 他のクラスメイトに聞いてみても、そんな現象は確認できず、見えているのは俺だけらしい。

 今日もおしゃべりな友人に行くてを遮られる心配も無く、黙々と帰り支度を進めている彼女を、特にこちらからは好意らしい感情も無く眺めている。
 すると不意に、彼女が底が知れない眼鏡の奥からこちらを睨みつけ、颯爽とは言い難い足取りで向かってくるではないか。
 その眉間には深く不快な縦じわが、釣りあがった両眉によって打ち寄せられており、不覚にも俺の心の臓は通常の三倍は高い音を奏で始めるのだった。
 主に、恐怖とか畏怖とか呼ばれる感情によって。
メンテ
死してひとの子 ( No.360 )
   
日時: 2013/08/18 19:47
名前: 変幻自在フード仮面様 ID:n101Butk

・中期の期間すぎてますが、一人しか参加者いないようだったので急きょやってきました。ルール違反ということであれば教えてください。

---------------------------------------------------------------------


 死にたくない。それしか頭になかった。
 たしか、勝っていたはずだった。そういう知らせを受けたから、安全な魔法陣のなかから飛び出して、手柄取りに戦場にやってきたはずだった。それが上官の嘘で、自分たちは騙されたのだと気づいたときには、私の部隊は、ほぼ壊滅状態に陥っていた。
「俺は貴族だぞ」後ろのほうで、誰かが、うめくように言った。「負け戦なんかに、どうして俺が」
 彼の言葉をきっかけに、似たような泣き言が、うるさい足音にまじって、次から次へと飛んできた。いっそ、彼らの口を削ぎ落して、炎のなかに放り込んでやりたい気分だった。
 私だって貴族だ。私だって、負け戦に引っ張り出されるような、くだらない扱いはごめんだ。愛する家族だっている。蓄えた金がまだたくさん残っている。四十を超えて、身体が思うように動かなくなったら、息子たちにあとを任せて、妻とふたりで余生を楽しむつもりだった。
 ふいに、右手の民家が爆発して、私たちは紙くずのように飛ばされた。とっさに頭を抱えたものの、かたい地面に、したたかに全身を打ちつける。私は痛みに泣いた。どこもかしこも、じいんと痺れて、自分の身体ではないようだった。
 顔を上げると、分厚い熱気が、むわっと押し寄せてきて、汚れた肌をぬらした。あたりの民家は、どれも炎に包まれて、私たちの前に後ろに、壁のように立ちはだかっている。
 あちこちに吹き飛ばされていた部下たちが、狂ったように剣を振りまわし、助けを求めて走り出した。逃げ場など、どこにもない。ここから離れたところで、また新たな火の手が、あるいは鋭い雷が、彼らを襲うことだろう。帝国は殲滅が好きだ。降参の旗を揚げてもなお、攻撃され続けた国々を、私はいくつも知っている。それらの国の兵が、どんなにむごい殺されかたをするのかも。
 踊るように燃え盛る明るい炎を、私は、ふしぎなほど静かな心で見つめていた。曇天には、帝国軍の召喚士が呼び出したらしい醜い獣たちが、うじゃうじゃと群れている。やつらは、私に気づくだろうか。おおきな翼を広げ、隕石のように飛んできて、私の肉を、ひとかけらも残さずに食い荒らすだろうか。
 ふしぎなほど、生き残れる気がしない。だからこそ、上官は私を騙した。
 目の縁に、また涙が盛り上がってきて、かわいた頬を伝い落ちる。唇が震えた。私は、腕に顔をこすりつけて、死にたくない、と繰り返した。知らなければよかった。負けていることにも、騙されたことにも、気づかずにいればよかったのだ。
 息苦しさにもがくと、足先が、なにか硬いものに触れた。私はびくりと目を見開いて、すぐさまそちらに目をやった。
 それは、だれのものかもわからない、骨だった。たった一本転がっているだけだから、人間のものだとも限らない。ちょうど、私の腕と同じくらいの長さだった。
 私は、ずるずると地面を這って、それをじっと見つめた。表面に、半透明の細かい虫が、びっしりとくっついて、うごめいている。悪寒が走った。だらしなく開いた口のはしから、唾液がこぼれた。虫は、葉がこすれるような、さあっという音を立てて、今度はそれに群がった。私は、ぎゃっと悲鳴を上げて、宙を引っ掻きながら、その場を逃げ出した。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存