ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[4993] 【2016年度】お題小説スレッド【お題「去る」作品投稿期間】
   
日時: 2016/01/12 23:57
名前: 企画運営委員 ID:7PNV346o



『お題小説スレッド』へようこそ。こちらはあるお題に沿って読みきり小説を書き、その作品をみんなで批評し合う場です。
 初心者も上級者も関係ありません。うまくなりたいとお思いの方であれば、だれでも自由に参加することができます。一生懸命執筆し、一生懸命批評して、小説の技術を高め合いましょう。
 皆様のご参加をお待ちしております。

――――――――――――――――――――

>>002 【ルール説明】:必ず熟読して下さい。(※内容、一言の箇所を訂正しました。ご確認ください)
>>003 【批評のポイント】:批評をする際のポイントをまとめたものです。
>>004 【イベントルール説明】:イベントに関するルールです。必ず熟読してください





▼お題:第32回のお題は「種」です。
 二月に種をまくのか? と思いましたが、調べてみるとじゃがいもは二月にまくそうですね。……さらに調べてみると一年中、なにかしらの種をまいてるみたいです。
 そんなことは置いといて。「種」というお題には「たね」以外にも色々な解釈があると思います。みなさんがどのような作品を投稿してくるのか、楽しみにしております。
※第30回の作品投稿期間は2月1日(土)からです


▼お題:第33回のお題は「姫」です。
 三月なので(笑)
 というのはよくわかりませんが(ひなまつりだから?)「ひめ」というのは可愛らしい語感ですよね。私は緑の黒髪をした和服姿が思い浮かびます。桃色が似合いますよね。桃色……やはりひなまつりでしょうか。それでは、みなさんの作品お待ちしております。
 
※第31回の作品投稿期間は3月1日(土)からです


▼お題:第34回のお題は「嘘」です。
 嘘でした。


▼お題:最終回のお題は「魔法」です。
 奮ってご参加ください。


▼お題:第36回のお題は「友情」です。
 ネタでした。


▼お題:第37回のお題は「音」です。
 奮ってご参加ください。



▼日程(第32回)

1月1日       :お題発表
2月1日〜15日   :作品投稿期間
2月16日〜28日  :批評提出期間


▼日程(第33回) 

2月1日     :お題発表
3月1日〜1月15日 :作品投稿期間
3月16日〜30日 :批評提出期間


▼日程(第35回) 

6月1日     :お題発表
6月1日〜7月31日 :作品投稿期間
8月1日〜   :批評提出期間



▼注意もしくは削除対象となるお書きこみ
・荒らし
・荒らしへの反応
・自分や他人の小説の宣伝
・雑談、チャット化
・ルールに反するもの
・管理人が不適切と判断したもの

――――――――――――――――――――

>目次 >>001


>第32回 お題『種』参加作品(敬称略)

>>404 sakana:シロハの辻褄
>>405 伊達サクット:赤い種、青い種

================================================================================

▼リンク
小説講座/雑談所』(お礼や言い訳等はこちらへ)
旧お題小説スレッド』(前スレはこちらから)
ツイッター』(朔乱のアカウントです。お題の告知などをしています)

管理人:If 空人 朔乱  補佐:伊達サクット
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

嘘が二つ ( No.366 )
   
日時: 2013/08/27 22:26
名前: sakana◆092jpOU0d. ID:9yYvfpU6

 思わず耳を塞ぎたくなる光景だった。常に霞掛かった視界と軽いエフェクトの掛かった言葉。いつも通り異常である視界と聴覚。だというのにそれらは昨日まで感じなかった眩暈を誘発し、しかし頭を悩ませる暇もない。芝居掛った嫌らしい口調でものを言う人物を前にしたいま、怒りと苛立ち、更にはそれに伴い触発される激しい衝動に慄然とするしかなかったのだ。
 人形のように力なく血の気の引いた腕を絨毯の上に投げ出した姉の胸元から下。腰までの輪郭に沿う白いブラウスが赤く染まっていた。
 絨毯が吸収し損ねた体液は血溜まりとして板張り上に止めどなく広がっており、その上空数センチ。血液の垂れるナイフは次の瞬間しゃがみこんだ奴の手により服の裾で拭われ色を失う。姉の、目一杯のお洒落だったその服で。
「  」
 刹那、心は切り裂かれるような悲鳴を上げていた。そして出ない。音は無だ。常々想いと身体は切り離されており、且つこの光景が己のものではないためだ。声帯が存在するのかも知らぬ存ぜず。自らの意思で口を開閉することさえ許されず、ともかく生前の美しさを失った姉からしばらくの時間を掛けて目を逸らすことしかできなかった。果たしてそれは己の意思だったのだろうか。そうして唯一共有できる視界だけを頼りに、姉の胸や腹部を襲ったナイフの持ち主へと視線を移すのだ。瞬間上げそうになったのはまたもや叫声。
 見ている。彼は己を見ている。己の残像を見ている。
 狂気の孕んだ瞳と視線が合ったとき、彼は「どうだ、見たことか」そう言いたげに口の両端をつり上げ心底愉快そうに笑ったのだ。無機質だった表情は人間帯び、それを快感とし頬に朱を差す。嗚呼ーーこぼれる。零れてしまう。一番己がよく知り、恐れる感情が溢れてしまう。にくい、憎い、憎い。ぽつり、ぽつりと惨めで凶悪な忌避すべきそれを落とす。そうして心に染み渡り、以降決して濯がれることのない汚れへと変貌するのだ。出会った当初はそんな性質の人かと、次にどこか噛み合わずおかしな人だと、そして次第に心底汚らわしく、近日殺してやろうかという衝動ばかりが身体中を駆けた。
 死ねばいいのに。事故にあって事件にあって、自己責任で。姉に迷惑をかけなければそれで良い。ひっそりとただ死んでくれ。けれどいまではすべてが生温い。超えてはならない一線をヤツは超えたのだ。憎くて悔しくて、それでいてヤツが大層恐ろしくて、心の奥で燃え盛る様々な感情に身が焦がれる。ヤツに拳を振り下ろし、元の形が分からなくなるほど殴りつけてまいたい。己の持ちうる限りの身体機能を駆使し、獣の如くヤツの喉仏を噛み千切ってしまいたい。柔い眼球を抉るよう引っ掻き回し、あの強張った十指を踏みつけ砕き、あの嘘で塗り固められたヤツの表情をぶち壊し終いには頭部を捥いで四肢を切断し内臓を引き摺りだしそして! ……けれどそこまで考えたところでただただ虚しくなり、急激に冷却された想いが心に突き刺さる。空想の中でさえ、ヤツをどうこうできない自分が情けなく、次の手を模索する気力すらも失われ打ちひしがれていると、己を無遠慮に眺めていたヤツは最後に鼻を鳴らし部屋から去って行った。立ち尽くす己を空っぽの抜け殻だと思い込んでいるゆえの行動だった。

 翌朝、死体として発見された姉はヤツと同じ服に身を包む者たちに物のように運ばれる。昨日から続く胸の痛みに涙が零れた。

 ■

 ある新米刑事とその上司が共に殺人現場へと向かった時のことである。S地区の一角にあるマンションの一室。被害者は細身の男。年齢は四十代後半で、足が悪かったという。車椅子を使用するまではなく、いつも右足を引き摺るように歩いていた姿を隣人に目撃されている。
メンテ
魔法少女アクセルハート・第一速『魔法少女爆誕!』 ( No.367 )
   
日時: 2013/08/28 23:59
名前: 空人 ID:FiTihit2

「はっ!」

 気合とともに打ち出した回し蹴りが、怪人のタコ頭にヒットした。脳を揺らされ数瞬意識を飛ばした怪人から、バックステップで距離をとる。

「今だよ、ミコトちゃん!」
「うん!」

 どこか舌っ足らずなチャオくんの声にこたえ、わたしは右手に持った得物『竜の御幣』を怪人へと向けた。すると御幣の先にある竜珠が輝きを増し、紙垂がその力を受けてたなびく。場の空気が清められていくのを感じ、私は目を閉じ祝詞を唱える。

「トオツカエミタマエ、ワレ、ナンジガヤミヲウケイレンッ!」

 意識を取り戻したタコ怪人はすぐにわたしの放つ力に気付き、大木のように太い触手を振り上げると、まっすぐに降り下ろしてきた。
 目の前に迫る命の危機に、しかしわたしは慌てない。怖くないわけじゃない。だけど命の危機に面しているからこそ、わたしの力は効果的に発現するのだ。

「解き放つんだミコトちゃん! 鼓動の高鳴りは、君の力になるっ!」
「ときめいてわたしの心! キラめいてわたしの力っ! アクセル・シューーーーーーートッ!」

 竜株に込められた力は解放され、ひとまとまりの光となってタコ頭の怪人を打ち抜いた。



 周囲に展開していた結界を解くと、わたしが放った力や怪人に取り付いて暴走していた力もすべて竜株が飲み込んでいく。
 辺りが静寂を取り戻したのを確認し、竜の御幣を天へと掲げると、わたしの体からあふれていた竜気は竜株へと納められ、まとっていたリボンやフリルで装飾過多な『竜の巫女衣装』も解かれていく。
 怪人になっていた、いつもトラックでたこ焼きを売りに来るおじさんが電柱にもたれかかって眠っているのを確認して、わたしは胸をなでおろした。

「やったねミコトちゃん。この調子でドンドン竜気を回収していこう! 竜気は強すぎて人間には毒だからね」
「うん……」

 竜と呼ぶには少々体型がコミカルすぎるチャオくんが、そのずんぐりむっくりな体をくねらせてわたしのまわりを回っている。少し不安げな返事をしたわたしにつぶらな瞳を向けてくるチャオくんの背を撫でながら、わたしは思い出していた。

 平凡な中学生だったわたし『速見 命』が『魔法少女アクセル・ハート』になったきっかけの事を。



メンテ
蘇生パズル ( No.368 )
   
日時: 2013/08/29 04:50
名前: 白江 ID:K8PdYSRY

 その空間には、制服の少女がいて、木彫りの椅子に座っていた。
 彼女は、よく牧草をかき集めるために使う、長くて大きな三つ又のフォークを握っていた。ピッチフォークという名前だったように思う。僕は彼女の姿を認めると、ゆっくりと歩みを進めた。空間には床が無い。けれど、自分の足音ははっきりと響いた。彼女と向き合うようにして立ち止まると、少女は挑発的な瞳を輝かせた。
「やあ、少年……『ここ』に来たということは、誰かを生き返らせてほしいんだね」
 少女は、艶やかな長い黒髪をしていた。一見すれば、学校という場所ならどこにでもいそうな風貌なのに、その手に握ったピッチフォークの存在感が、その少女の外見に異様な感覚を植え付けている。酷く不釣り合いなものが、同時にそこに存在しているからだ。空間は、真っ白。どこまでも白い。少女の黒髪だけが浮き上がっている。そのピッチフォークの銀色も、黒い制服も。少女がこの空間に肯定されている。空間の白と少女の黒。少女がこの空間にいるのではない。この黒々しい少女のための居場所として、何処までも真っ白な空間が宛がわれたのだ。そう感じる。彼女の問いかけは、すっと胸に馴染んだ。
「はい。僕は、僕の先生を生き返らせるために、この空間にやってきました」
「ほう、先生ね。名前は?」
「島本先生と言います」
「うん、『見ていたよ』……修学旅行……グループで集まっていた時にトラックに轢かれて災難だったね」
「はい。僕を庇って……それで、死んだんです」
 ここは、どこか。
 白い空間。
 僕は望んでここに来たけれど、ここがどこか、はっきりとはわからなかった。でも、知っている。目の前の少女は、死んだ人間を生き返らせることができる。そのための空間であり、そのために少女がいる。そして、そのために僕はここにやってきた。だから、その言葉に躊躇はなかった。先生を生き返らせるために、この空間にやってきましたと。先生は僕のために死んだ。生き返ってほしかった。記憶ははっきりしないけど、もう一度生き返ってほしかったのだ。だからそのために、ここに来ようと思ったのだ。白い空間の『外側』は、現実の僕がいる。その僕が願ったから、ここにやってきた。
「いいだろう。だが、ひとつだけ忠告がある」
「なんですか?」
「先生が君を庇わなかったという運命に変えてあげるとする。すると、遠田くんという男子が君を庇ってしまう」
「……遠田、くん?」
「誰かわかるかい」
「クラスの委員長……ですけど、なぜ、遠田くんが……」
 遠田くんが、僕を庇う?
 なぜ……いや……。
 わかりきっていた。
 遠田くんは、非常に正義感が強くて、真面目で、何よりも仲間思いで……だから、もし先生が庇わなくても、彼は僕を庇うのだ……でも、そしたら、今度は遠田くんが……死ぬ? 先生が生き残り、僕も生き残る。しかし、今度は遠田くんがトラックの直撃を食らって死ぬ……? 僕たちのグループは僕を含め三人で、そこにはたまたま島本先生が一緒にいた。トラックが突っ込んできた時、そのトラックの一番正面にいたのは、僕。そう、この僕が本来トラックの直撃を食らうはずだったのだ。
 先生が僕を庇ったおかげで、僕は重傷で済み、他の二人も無事だった。そして、先生だけが死んだ。
 では、先生が僕を庇うという運命を変えれば、僕が死ぬだけで済んだのでは……。
 そう思い、罪悪のために、この空間にやってきた。
 それなのに、まさか先生が庇わなくても、遠田くんが庇うなんて……先生の代わりに、遠田くんが犠牲になるということか。となると、遠田くんだけが死に、僕ともう一人の女の子、そして先生が生き残る。僕は重傷だろうけど、でも、遠田くんが死んでしまうのには変わりない……。僕は唇を噛み締めた。
 それなら、同じだ……僕は、やっぱりその罪悪感で、遠田くんのためにこの空間に来るだろう。
 それじゃ駄目なんだ。
 どうにかして、僕が死ぬ運命に変えられないのか?
「それならば、先生と遠田くんが僕を庇わない運命に変えてくれないか」
「いいだろう。けれど、そしたらもう一人の女の子……村橋さんが、君を庇うよ」
「……馬鹿な。村橋さんが? なぜ僕を庇うんだ」
「さあ? 私も女だけど、私がそれを君に言っちゃ駄目だと思うんだけどね」
「…………」
 村橋さんは、男女ともに友達が多くて、人気者だった。だから、もっと仲のいいグループと一緒に研修グループを組むと思っていたのに、僕と遠田くんのグループに入った。僕は、なぜと聞いた。村橋さんはちょっとぶっきらぼうに、この研修グループが調べる企業に興味があると言っていた。僕と目は合わせてくれなかったが、遠田くんは僕と村橋さんを見て、笑っていた。それでも、村橋さんが僕の事を友達と思っていてはくれたのかもしれない。だとしても、どうして僕を庇う……? 村橋さんも友達思いだし優しい女の子だけど……でも、どうして僕なんかを庇ったのか。
 わからなかった。
 けれど、二人の運命を変えても、村橋さんが僕を庇ってしまうのなら。
 やっぱりそれも駄目だ。
 僕は、僕を殺さなければいけないのだ。
「それも……違う。村橋さんが死ぬのは、間違っている」
「そうか。それで、どうする?」
「三人が僕を庇う運命を変えてくれないか」
 少女が、ピッチフォークを少しだけ動かした。
「それで少年、君が死ねるはずだと?」
「そうじゃないのか? 僕のグループは、僕と遠田くん、そして村橋さんだけだ。たまたま近くで僕たちに指導していた先生。それ以外に、もう僕を庇う人はいないはずだ。近くに人はいなかった。トラックは完全に、僕たち四人に突っ込んだ。その三人の運命を変えれば、僕は死ねる。そうだろう?」
「言い忘れていた」
 少女は微笑んだ。
「運命を変えられるのは、一人だけなんだ」
「なんだって」
 一人――……。
 僕を庇ったのは、三人……。
 それじゃあ、一人は必ず死ぬ? 先生の運命を変えると、遠田くんが。遠田くんの運命を変えると、村橋さんが……。
「ごめんね少年。ルールはルールだ」
「…………」
「誰を犠牲にするか、決めろ」
「僕の運命は変えられないのか? 僕が先生を突き飛ばして、僕が犠牲になることは」
「できない。変えられるのは『行動』だけだ。君はあの瞬間、驚いて動かなかった。その静止状態をいまから行為に変えることは出来ない」
「どうしてだ! 先生が僕を庇った運命の場合、遠田くんも村橋さんも静止状態だったんだろう?」
「先生の運命を変えたら、そういった運命にすり替わったんだ。それは別の運命だ」
「じゃあ、僕はどうやったら死ねるんだよ!」
「何言ってるんだ? 君は先生を甦らせるためにやってきた。そう言ったじゃないか」
「でも、他の二人が僕を庇うだなんて、知らなかった」
「知らなかったじゃないだろう。鈍感が。何も見えてないんだな」
 少女は、ピッチフォークの先端を僕に向けた。
「さあ、選んでもらおうか。君が誰を犠牲にするのか。誰の運命を変えるのか」



メンテ
Re: 【九月期お題「旅」】お題小説スレッド【八月期冒頭祭後期お題「犠牲」作品投稿期間】 ( No.369 )
   
日時: 2013/08/31 14:09
名前: 企画運営委員 ID:cSrLe16k

作品のご投稿ありがとうございました。
29日(木)〜31日(土)は後期批評期間です。
作品をご提出なされた方は必ず全作品の批評を行ってください。
批評だけのご参加もお待ちしております。
前期で批評を投稿されていない方もこの期間に投稿していただけると嬉しいです。
*テンプレート有ります >>000

>冒頭祭後期『犠牲』参加作品(敬称略)

>>365 仮面覆面僕イケメン:廻るきざはしの
>>366 sakana:嘘が二つ
>>367 空人:魔法少女アクセルハート・第一速『魔法少女爆誕!』
>>368 白江:蘇生パズル
メンテ
Re: 【九月期お題「旅」】お題小説スレッド【八月期冒頭祭後期お題「犠牲」作品投稿期間】 ( No.370 )
   
日時: 2013/08/29 13:36
名前: 仮面覆面僕イケメン ID:FmCxC9i.

ふざけた名前でごめんなさい……。もしかしてひとりなんじゃないかって思ってたんですが、みなさんがいてくださってよかったです。
「廻るきざはしの」は、何年か前に、長編のプロローグのつもりで書きました。恥ずかしいですけど、よろしくお願いします。


>☆


<sakanaさん:嘘が二つ>

●続きが気になったか
気になりました。どんな理由で殺したんだろうとか、どんなひとだったんだろうとか。続きは刑事さんの視点でつづられるんでしょうか。最後まで読んでみたいです。

●印象に残った表現
「この表現、こだわって書いたのかな」と思う部分はたくさんあったんですけど、ちょっとやりすぎるところがある気もしています。もちろん、どういうことなのかは、読んでいてわかるのですが、たとえば、床の血だまりとナイフの説明に「上空」って言葉は似合わないんじゃないかな、とか。
表現とは違うんですけど、男の足が悪かったっていう最後の部分が、印象に残っています。なんだか寂しい。足を引きずりながら、うつむいて歩く猫背の男性の後姿を想像しました。

●物語は丁寧に書かれていたか
書かれていたと思います。物語の動きだけではなくて、心情やふしぎな感覚(「ヤツ」のこと)でも楽しめますよね。
ただ、だれがだれなのかわかりにくくて、少し混乱しました。冒頭だから仕方ないのかもしれないけれど、冒頭だからこそ、もっと入りやすいといいなと思いました。

●正しい文章表現だったか
特に気になるところはありませんでした。テンポがよくて読みやすかったです。文章そのものもおもしろい。

●まとめ
自分でもよくわからないので、うまく言えないんですけど、今回に限らず、sakanaさんの作品は惜しいなあと思うことがよくあります。物語をつくる力はあるけど、ちょっとだけ窮屈で、力んでいる印象が。文章のせいかもしれないし、構成のせいかもしれないし、私にはやっぱりよくわからないけど、もっとうまく書けそうって思うんです。
私自身、ものすごく未熟なのに、偉そうなことを書いてしまってごめんなさい。でも、ほんとうに期待しています。


<空人さん:魔法少女アクセルハート・第一速『魔法少女爆誕!』>

●続きが気になったか
おもしろそう! 気になりました。冒頭だけだと、よく見る魔法少女設定なんですけど、「竜気」とか「祝詞」って言葉は新しい気がします。

●印象に残った表現
だれにでも読みやすい、簡単な言葉を使ってありますよね。お話の題材にも似合っていて、とてもいいと思います。
表現っていうのかわかりませんが、必殺技(?)を出す前の「目の前に迫る命の危機に〜」の段落が好きです。お話が進行していくなかで、ふっと止まって、ミコトの気持ちが見えた部分。立ち止まってくり返し読みたくなりました。

●物語は丁寧に書かれていたか
前回も同じこと書いたので申しわけないんですけど、冒頭らしい冒頭でした。続きに向けて、まとまりのある入りかただったと思います。説明のさりげなさもよかったです。

●正しい文章表現だったか
気になる部分もなくて、読みやすかったです。情景描写や、結界を解いたときの様子が書いてあったら、もっとよかったと思います。

●まとめ
空人さんの作品は、ほんとうにとっつきやすいですよね。たまにモザイクが必要そうなこともありますけど、男女問わず、どんな年齢のひとでも楽しく読めそうです。
その反面、ベタだったり、お話がとても単純だったりするのも、特徴だと思います。和むんですけど、もう少し壮大な感じのお話も読んでみたいな。


<白江さん:蘇生パズル>

●続きが気になったか
すごく気になります。楽しく読み進めていって、「もう終わっちゃった……」って残念になるくらいでした。のめりこんで、あっという間に。
「僕」はどういう選択をするんだろう。謎ももちろん気になるけど、ほとんど気にさせない流れがつくれているというか、なに言いたいのかよくわかりませんが、読ませる力の強さがすごい。

●印象に残った表現
最初のほうの、少女と空間について書いてある部分が印象に残っています。ちょうどいい言葉の積み重ねができていて、読んでいるとしっくりくるのがふしぎ。白江さんの作品を読んでいると、よく味わえる感覚です。
それから村橋さんのところ! 表現というか、少女のセリフなんですけど、「私も女だけど、私がそれを君に言っちゃ駄目だと思うんだけどね」がとてもよかったです。

●物語は丁寧に書かれていたか
丁寧でした。運びがじょうずなんですよね。ちゃんとお話が進んでいくのに、乱暴じゃなくて、やりすぎでもなくて。舞台は「ここ」で、話しているのはふたりだけなのに、「僕」を庇おうとする三人のキャラクターの姿まで、くっきり見えてきました。

●正しい文章表現だったか
でした。凝っていて、個性があらわれているけれど、ごてごてしてなくて読みやすいです。文の構成もすごくしっくりくるんですよね。読みごこちなめらかというか。

●まとめ
批評というより、ただの感想になってしまいました……ごめんなさい。何度も言ってるんですけど、白江さんの作品だいすきです。物語も、文章も、独特な雰囲気も。今回もほんとうにおもしろかった。続きが読みたいです。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存