このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[715] 夢舞台〜甲子園にかける思い〜
日時: 2010/10/24 10:44
名前: 丘剣 ID:EicN8Ohk

こんにちは。丘剣です。
僕は、あまり野球の事は知りませんが、頑張って書こうと思います。
よろしくお願い致します。


≪目次≫
>>1新実高校一年
>>2Prologue


>>3―Tイニング―
>>4―Uイニング―
>>5―Vイニング―
>>6―Wイニング―
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 夢舞台〜甲子園にかける思い〜 ( No.7 )
日時: 2011/03/20 14:42
名前: 丘剣 ID:svk/hehM


 ―Xイニング―

二〇一六年、八月一八日、岡皆家

洋介たち、吉野原高校野球部は一週間の休み。その間洋介は、実家に戻り休む。

「洋介、お前、甲子園のマウンドに立ってどうだった?」

岡皆は聞いた。その返答が返ってくるのに間が少し空いた。

「甲子園、最高だったよ。オレのせいで負けたけど……。」

洋介は、暗い表情で答えてくれた。岡皆は質問をしてしまって少し後悔をした。
なぜなら、自分のせいで負けたと洋介が言ったからだ。そんなはずはない。野球はチームプレイだ。
一人のせいじゃない。チームみんなのせいだ。

「なぁ、亮祐……。俺たち二人、甲子園の決勝のマウンドに立たないか?」

「どういう意味だよ……」

あまり意味が理解できなかった。

「だからさ……。俺たち二人が決勝に言って、決勝のマウンドに立って、甲子園の決勝で勝負がしたい!!!」

照れ臭そうに、洋介が言った。

「あぁ……。じゃあ、これからお前と俺はライバルだ。2人が決勝に立てるようお互い頑張ろう」

「だな!!」


二〇一六年、八月一六日

亮祐と洋介は試合へ向かっている最中に、トラックにぶつかり死んだ。




メンテ
Re: 夢舞台〜甲子園にかける思い〜 ( No.8 )
日時: 2011/06/01 23:30
名前: 丘剣 ID:lKgY1.7.

 ―Yイニング―

その後、作者は悩んだ。

どうしたら物語が上手く描けるのだろうか?

その結論が出た。


……もう、描くのをやめよう。

だいたい登場人物がトラックにはねられ死んだというのが投げやりだからな。

もうやってられないよ。

こんなくだらないもの、終わりにしてやる。


終わり。


P.S.苦笑は受け付けないぜ。



メンテ
Re: 夢舞台〜甲子園にかける思い〜 ( No.9 )
日時: 2011/06/10 00:51
名前: 丘剣 ID:LahY26MQ

―Zイニング―

亮祐と洋介は天国に来ていた。

そこでは、広大なグラウンドで楽しそうに野球をやっている連中がいた。

「お〜うい、俺たちも混ぜてくれよ〜!!」

亮祐はグラウンドに駆け寄り、さっそく連中たちと溶け込んだ。

それを見て洋介も続く。

「あ〜、巨人のコーチだった木村拓也さん!それにベーブ・ルースさんに沢村栄治さんも!みんなあの世でも野球やってんだ〜!」

「君も、野球やらないか?」

「はい!!」

こうして二人の野球物語は再び幕を開けた。
メンテ
Re: 夢舞台〜甲子園にかける思い〜 ( No.10 )
日時: 2011/06/10 00:59
名前: 丘剣 ID:LahY26MQ

―[イニング―

対戦チームも、やはり事故で死んだ人たちばかりだった。

「亮祐、あのピッチャー、上杉和也さんじゃないか?」

「俺たちと同じで、交通事故で亡くなられた…?」

和也のピッチングセンスは、見る者をも魅了した。

そんな亮祐と洋介の背後から、監督らしき老人が怒鳴り声をあげた。

「オラオラ、さっさと守備につかんか!!ノック行くぞ!!」

「ゲェーーーッ!あんたは大沢親分!!」

「喝〜〜〜〜〜〜〜〜ッッッ!」

こうして地獄のノックの後、試合が始まった。

メンテ
Re: 夢舞台〜甲子園にかける思い〜 ( No.11 )
日時: 2011/06/15 22:48
名前: 丘剣 ID:Ac1x8zvk

バ〜カ偽物は引っ込んでろ!>>8-10
勝手に書いて何様のつもりじゃ、とっとと失せやがれ!!

沢村栄治 木村拓也に失礼だろーが!!!

じゃっ!!!一生ここに触れるな見るな気色悪い!!!偽物
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成