ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[181] 弱小校から始まる野球物語(キャラ募集)
   
日時: 2009/06/27 20:58
名前: アニメ統計学者

 初めまして、日向クギです。かなり前から自分の中で思い描いていた野球ストーリーを、ここで描きたいと思います。

 なお、現在松永のチームメイトを募集しています。前回は少人数の募集でしたが、今回は最大で4人採用します。但し、但し、ピッチャーは松永が居るため、今回は野手のみの募集となります。出来ればセカンド、サード、ショート、ライトが欲しいです。もちろん同じポジションは一人までしか採用できませんのでご注意下さい。なお、決勝戦が始まった時点で締切とさせていただきます。

追記:HNを「アニメ統計学者」に変更しました。
[1246103921-1.L8Yvgr2]
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 弱小校から始まる野球物語(キャラ募集) ( No.46 )
   
日時: 2009/07/10 17:49
名前: アニメ統計学者

ありがとうございます、bombさん。採用するかどうかの決定は決勝戦開始直前となりますのでご了承ください。セカンドでもっと強い選手が投稿されたからといってそれだけで採用見送りということはないのでご安心ください。逆に強すぎるために採用できないということもあります。
メンテ
Re: 弱小校から始まる野球物語(キャラ募集) ( No.47 )
   
日時: 2009/07/12 18:57
名前: アニメ統計学者

第24話〜川島の躍進〜

S工業の準々決勝が始まった。先攻はS工業。1番の安田がバッターボックスに入った。その安田、初球でいきなりセーフティバント。相手の守備も反応が遅れ、相手がボールを捕った時には、すでに安田は1塁に居た。この安田のスピードに相手チームの誰もが驚いた。テレビやスタンドから見ているときより遥かに速く感じたのだろう。そして安田の盗塁と送りバントでワンアウト3塁となった。ここでバッターボックスに入ったのは川島。スタンドからは「麟ちゃん」コールが鳴り響いた。このチームは非力な打者が多く、チーム2番目の長打力を持つ川島は、攻撃面においても貴重な存在なのだ。相馬の控えでありながらファーストを守っていたのもそのため。普通なら相馬が欠場しているならバッティングにはあまり期待せず、ピッチングに集中してもらうのがいいのかもしれない。しかし、川島は相馬が居ないマウンドを1人で守っていながらそれをよしとせず、今大会もチームの重要なポイントゲッターとなっている。その川島に対し、相手ピッチャーが投げたのは外角低めへの縦のカーブ。川島はそれを強引に引っ張り、これが犠牲フライとなった。安田の俊足と川島の長打力が生んだ先制点。スタンドからは「やってくれるぜ麟ちゃん」という声が上がった。さらに4番の守山がホームランを放ち、これでいきなりの2点先制となった。しかし、本来は5番を打っている相馬が不在なため、この後は繋がらずに、1回の表の攻撃は終了した。

その後は川島と立ち直った相手投手による投手戦となった。相手のバッターは川島のカットボールとストレートをことごとく打ち損じ、時折フォークを空振りして三振に倒れた。一方S工業は、安田は出塁するものの、安田を生還させることが出来ず、得点できずにいた。そして9回裏、ついに試合が動いた。相手チームの4番が川島のすっぽ抜けたフォークを打ち、本人曰く「人生初」となるホームランを放ったのだ。これにより1点差に詰め寄られた。さらにフォアボールやワイルドピッチでツーアウト2塁3塁としてしまう。この場面ではフォークは投げにくい。
そうなると、川島にはストレートとカットボールしかない。

1打サヨナラのこのピンチにS工業のベンチがついに動いた。この場面で相馬をマウンドに送り込んだのだ。川島はこのチームでの本来のポジションであるファーストに入り、これでチームは本来の布陣となった。その相馬の第1球は内角高めへのストレート。球速は復帰早々いきなり145キロ。これには相手も手が出なかった。2球目は内角をえぐるシュート。相手は何とかバットに当てるも、ファールボールとなった。これにより2ストライク。あっという間に追い込んだ。3球目は変化していなければ間違えなく相手に当たっているコースへのスライダー。相手もぶつかると思い、後ろに仰け反ってしまう。しかしボールは鋭く変化し、インコースギリギリに入った。球速は、142キロを計測した。この瞬間、S工業の準決勝進出が決まった。Gナインは震え上がった。鉄人琴堂に続き、またも怪物ピッチャーを相手にしなければならない。当然のことながらG商業にはこれほどのスライダーを持つピッチャーを相手にした事がある者は居ない。さらに、この試合では見せなかったが、相馬はチェンジアップでタイミングを外してくる。それだけではない。例え相馬を崩しても今大会これまで好投に好投を重ねてきた川島を打ち崩さなければならない。安田を始めとした流星軍団の機動力を活かした攻撃も厄介だ。こちらも足を絡めようにも相手には今大会ナンバー1と言われる名捕手守山も居る。こちらが相手に比べて確実に上回っているものといえば打線の破壊力。しかし、S商業は強打者に対する徹底的な敬遠策で有名なチームでもある。孫策や紅に対しても真っ向勝負を挑んできた鉄人琴堂とは全く違った戦いとなるだろう。

そこで監督は、敬遠の対象となると予想される孫策と紅を並べた打順を初めて組むことを決めた。その打順は以下の通りである

1番 レフト 孫策
2番 サード 紅
3番 セカンド 速水
4番 ファースト 池永
5番 ライト 石田兄
6番 キャッチャー 山田
7番 ピッチャー 割田
8番 センター 芝田
9番 ショート 桐生

チーム1・2を争う俊足でもある孫策を1番にすることで、相手が読みどおり孫策と紅を敬遠すれば、無条件で俊足のランナーが2塁に出ることになる。これを俊足のテクニシャン速水が掻き回し、池永が看破能力を活かして犠牲フライや内野ゴロで孫策を返すという作戦だ。速水はこれまで、凡退した打席も三振は無く、左ピッチャー相手でもバントはほぼ100%成功していた。このオーダーにおいて、上位打線唯一の左バッターである。そして相手が崩れかけたら石田兄と山田の2人でたたみかける。さらに8番芝田と9番桐生が出塁すれば、相手は押し出しか孫策と紅のどちらかと勝負することになる。果たしてこの試したことの無い打順は、機能するのか?

第24話完
メンテ
Re: 弱小校から始まる野球物語(キャラ募集) ( No.48 )
   
日時: 2009/07/16 21:29
名前: 野球小僧

キャラ募集に協力させて頂きます。

名前:藤田 一樹
投げ手:左
打ち手:左
ポジション:投手兼センター
スロー:スリークォーター
球速:135キロ
球質:球が重たい、打者の手元で微妙に変化するムービングボール(ストレート時)
変化球:チェンジアップ、フォーク
参照:腕が長く、肩の関節が軟らかい為、鞭のように腕を撓らせながらボールを投げる。ストレートは打者の手元で微妙に変化するムービングボールで強打が難しい。チェンジアップはフォークと悟らせ、落ちないと言う感じのフェイント&緩急に用いる。フォークはとてもキレる。


名前:山沼 大輔
投げ手:右
打ち手:左
ポジション:ファースト
スロー:オーバースロー
スタンス:クローズスタンス
打法:フラミンゴ打法
参照:ボール捌きが上手い。際どいショートバウンドも容易に捕球する事が出来る。打撃はマシンの球なら150キロでもツーベースコースに運ぶ事が出来る。しかし、変化球を苦手としている。特に肩口から入ってくる甘めもカーブや、内側に食い込んでくるシュートなど、自分に近づいてくる打球は全く打つ事が出来ない。これは一種の恐怖症。


名前:奥村 辰巳
投げ手:右
打ち手:右・左(スイッチヒッター)
ポジション:ピッチャー
スロー:オーバースロー
球速:152キロ
球質:球は軽いが、その分ボールがピンポン球の様に浮くと錯覚するぐらい伸びる
変化球:パームボール、フォークボール、カーブ
参照:投球フォームは投手のお手本となる形。全体重を指先に集約して放つストレートはまさに“魔球”と呼べるぐらい伸びる。ストレートは最高なのだが、コントロールが悪い。一試合に5回は四球をしてしまう。パームボールはチェンジアップと思わせ、引き付けて打とうとした所で落ちる。ナックルに近い。フォークボールはフォークと言うよりもSFF(スプリット・フィンガード・ファースト)に近く、ストレートと何ら変わらない急速で落ちる。球が一度上がって落ちると打者には見え、殆んど攻略不可。だが、コントロールの悪さ故に多用する事は無い。カーブは殆んど変化せず、変化球の頭数として揃えているだけである。


名前:後藤田 翼
投げ手:左
打ち手:左
ポジション:キャッチャー
スロー:オバースロー
スタンス:スクエアスタンス
打法:ノーマル
参照:戦略的な攻めのリードで常に打者の裏をかく。常に打者に対する第一球はビーンボール(頭近くの危険球)を投手に投げさせ、打者に「このピッチャーはコントロールが悪い」と頭に根付け、球を絞り難くさせると同時に球に対して恐怖心を抱かせる。肩も強い。打撃もリード同様に裏をかいたりする。左打席なのに右打席に立ったり、バスターを一度空振りにし、次もバスターに見せ掛けバントをするなどと、常に裏をかく。バントは球の力を殺し、一塁線に転がすのを得意としている。打撃はそこまで良くは無いが、ヒッティングは出来る。
メンテ
Re: 弱小校から始まる野球物語(キャラ募集) ( No.49 )
   
日時: 2009/07/17 10:35
名前: アニメ統計学者

野球小僧さん、ありがとうございます。でも今回は野手のみの募集なので、少なくとも奥村は採用できません。山沼は、設定を見ている限りでは割田からヒットを打つのはまず無理なので、採用は難しいですね。後藤田も、登場させてしまうと既に決めてある設定をもう一度見直すことになるので、採用は難しいです。そうなると藤田が一番採用の可能性が高いですね。出来れば野手としての能力(5ツールや得意とする場面、苦手とする場面など)も設定していただけると助かります。私のほうで設定しても構いませんが、そうなると野球小僧さんの想像とは全く違う選手になってしまう可能性があります。

私が設定したら、実在選手に例えると日本ハムの稲葉のような能力バランスにすると思います。ポジションは、松永との併用を考えるとおそらくセンターではなくライトに変更すると思います。
メンテ
Re: 弱小校から始まる野球物語(キャラ募集) ( No.50 )
   
日時: 2010/10/09 22:31
名前: 美憂 ID:i0lyXssI

キャラ募集参加します〜

  名前 :内藤 拓海
ポジション:ライト
 投げ手 :右
 打ち手 :右

背は小さくても、足はすごく速くて、ボールもすごく飛ぶ!!!!
瞬発力とコントロールの良さを試合で十分に発揮し、チームに貢献する。

すみません。野球部マネージャー女子からの意見です。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存