このスレッドは人気!です。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3476] Differences in Peace
   
日時: 2018/10/01 13:30
名前: あづま◆8kXyVF1umQ ID:1fl2iO3A

※更新鈍足!






◎はじめに
 この小説は、私が小学校高学年〜中学二年生位の間に書いたものを
 再編集したものとなっています。
 再編集とはいっても、ころころ変わる視点を統一(三人称化)したり、発見できた誤字を
 修正する程度であり、矛盾等は修正しきれていません。
 サイトに掲載するときに更なる修正や伏線の為に完全ではありませんが書き足したりしております。

 ジャンルはおそらくファンタジーです。
 常識の無い自分勝手な人物との共同生活のような内容が主となっております。
 この物語らは時代が前後していたり、複数の舞台が出てきますが
 世界観は全て同一となっています。
 稚拙な説明で申し訳ありませんが、どうぞお付き合いください。

◎次回予告
 更新は113話まで完了。
 次回114まで予定。いつ更新できるんでしょうか。
 
◎つぶやき
 取り急ぎ一話だけ。
 無事!内定をもらえました!!2年もかかった!
 本当に面接は万死に値している。
 データが本当に見つからないんだけど、どうしよう。

◎注意
 作品の中には流血や暴力、更には殺人描写があります。
 舞台となっている世界が地球の場合は特にありませんが、それ以外の場合は注意してください。
 また、一部エロのような物もあります。
 修正こそしていますが、考えれば推測可能なので苦手な方はご了承ください。

◎サイト
ブログ
 たまに更新予定なんかが書かれています
 
◎一覧
 Strange Friends      >>1-40
  かなり適当な設定   >>41-42
 Differences in Peace  >>43-

◎絵
 レイと奏音。このコンビは動かしやすい。
 スマホでも描けるもんですね。マウスが書きやすいけど、筆圧ではこっちに軍配。
 サイズがバカデカイかも。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: Differences in Peace ( No.153 )
   
日時: 2016/03/22 22:32
名前: あづま◆8kXyVF1umQ ID:VK8HM60s

「あ、あの、準備……。」
「いや凄い!ソラどうやってんの、これ?」
「だ、だからこう切れ目を……。」
「へーえ、…あ、切り過ぎた。」

桂剥きに感心され、ならばど皮を剥き終わった後、
自分たち女の食べる分だと除けられていた傷物や形の悪い物を飾り切りにしてみればこの様だ。
ある程度簡単なものを教えてしまったのが間違いだった。
手の空いたものからそれを習いにやってきてしまう。そして熱中し、料理が放置される。
今では想良が厨房内を駆け回り、分からなくなり教えを乞いに来た人にそれを教える。

「あの、後でしっかり教えるんで、お願いだから……!」
「いいんだよ、どーせ男たちは皿を叩いて待つことしかできないんだから。」
「そうそう、こういう凝ったものだせばこっちのモノなんだよ、ソラちゃん。」
「でも私、親方様?親方さん?に呼ばれてて……。」

想良がそう言った瞬間、厨房内の空気が凍った。
皆意外だと言う顔をして、かつ視線は想良とエステラの間を行き来している。
意味の分からない想良と、ばつの悪そうな顔をしているエステラ。
想良が戸惑っているとエステラが耳元でささやいた。

「技術者ってね、基本的に男の仕事なんだよ。
 女の人がやるのはサポートだけ。……こう本格的にやるのは、ラリーのお母さん以来だよ。」
「え、そうなの…?」
「どーりでこういう事ができるんだね、ソラちゃん。ここの仕事は任せて、ほらもう行く。」
「え、でも、まだ。」
「いいからいいから。」

そのままエステラに想良は厨房を追い出されてしまった。
他の女性たちもそれに異議を唱えないことから、想良は厨房に戻るに戻れない。
とりあえずナタリーが持たせてくれた簡単な朝食を素早く口に入れ飲み込んで、修行場へと行く。
ラリーが顔を腫らせ、後片付けをしていたあの場所だ。
自分もああいう指導を受けてしまうのだろうか、そう思いながらも想良の足は進んでいた。

「おう、来たか。」
「はいっ!」
「まだ型を作らせるわけにもいかねえ、力のコントロールだ。
 量だけはあることが分かった訳だがお前、今までろくにそれを使った事ねえだろう。」
「はい…。」

実際はそれなりに使っている方なのだが、やはり積み重ねはごまかせない。
同い年の女性――男性は徴兵されることが多く滅多に帰ってこない――と比較しても、格段に劣る。
さらに、この世界での力をつかってこなす仕事も、工夫次第ではそれを使わずにできてしまう。
なので、想良は力を使うことが少なく、それが親方には分かってしまったらしい。

「本当に、どうなってんだろうなぁ…?まぁいい、ついて来な。」
「え、ここでやるんじゃないんですか?」
「馬鹿野郎!んなとこでやったら思いっきりできねえだろうが!」

怒鳴りつけられたことにより、想良は一瞬で血の気が引いた。それ位親方には迫力があった。
彼もそれに気づき、やり過ぎたと気付いたらしい。
ポリポリと頭を掻きながら、修行場の奥の壁を思い切り押す。
するとそこは音も立てずに開き、中からは小さな子供たちの声が聞こえてきた。

「入んな、ソラ。ただし、ここの事はなにがあっても口に出すんじゃねえぞ。」
「はい。」

真っ暗な中を数分ほど進むと、急に明るくなった。
しかしその明かりは太陽や炎によるものではなく、天上にぶら下げられた数々の補助具からなっていた。
その下では数人の男、働き盛りとも言える三〇代くらいの男達に技術者の子供たちが挑みかかっている。
男も女も関係なく、体中に傷を作りながらも休んだり、弱音を吐くことはなかった。
パンッ、と親方が両手を叩くと皆が瞬時に動きを止める。そして大人たちが子供たちの手当てをした。

「どうだ、様子は。」
「それなりには進歩しているがね、まだまだだ。」
「そうか。……明け方、ナタリーが来た。」
「どうして?」
「……また、だ。」

その言葉で一瞬にして空気が固まった。
想良はどういう事かわからず、おろおろすることしかできなかった。
ただ、子供達からも強い憎しみのような雰囲気を感じてしまい、どうすることもできなかった。
想良の知っている日本では、普通のたった一言でここまで憎しみを露わにさせる状況などないし、
そもそもそうなってしまうほど子供たちが苦労することなどなかった。

「しかも女数名……らしい。」
「……畜生。」
「おい、それは本当かい?!」
「あぁ。」
「そんな……。」

一人の大人が崩れ落ちた。周りにいた子供たちが心配そうに彼に駆け寄る。

「え、あの…っどうしちゃったんですか…?」
「上の奴らが人をよこせと言ってきた。もうこっちには余裕が…ねえんだよ。」
「上のって……あの、大きい家の人、ですか?」
「そうだ。」

つまり、ナタリーにコンタクトをとったのはレイなのだろう。
しかしなぜここまでショックを……そう考えたことで想良は気付いた。
そういえば、自分はただラリーとの約束を果たすために弟子入りしたのではない。
集落の人たちが想良を騙す役割をおっていて、まだ彼らはそれが続いていると考えているのだ、と。
実際はそうではなく、彼らは本気で憤って、悲しんでいるのだがそれを想良が知る由もない。

「あの、上の人に呼ばれるのって…そんなに悪いことなんですか。」
「……そうだよ。あの人たちはね、自分だけよかったらそれでいいんだよ!」
「お兄ちゃんも、お父さんも、あの人たちが来てたたかいに連れて行っちゃったの。
 お父さんは助かったけどね、もう足が無いの。とられちゃった……お兄ちゃんは、死んじゃった……。」
「今、身ごもってなくて…手も空いてて、技術者じゃないのは俺の娘だけなんだ…。」
「お前、もう下がれ。しばらく娘と一緒にいろ。」

崩れ落ちた男は、もう一人の男に肩を貸されて外に出ていく。
心配そうにそれを見る子供たちに彼は笑って見せたが、どちらかといえば泣いているように見えた。

「数日貸せ……って話だったんだけどな。信用ならねえよ、あいつらは。」
「…え?つまり、戦に行くって限らないんじゃ……。」
「姫さ…ソラ。お前はあいつらを知らねえからそう言いきれる。あいつらは、俺達よりはるか上のお人様だ。
 そんな奴にはな、下々の感情なんてわからねえ。俺らもあいつらは分からん、平行線だ。」
「でも、本当のことを言ってるって可能性も…!」
「数日で帰って来るのは本当だ。今までもそういう事はあった。
 ……いわゆる、テストなんだ。基準は分からねえが、次引っ張っていくやつを選別するんだ。」

ここまでしか親方からも、残っている大人たちからも話を聞くことはできなかった。
仕切り直しだとでもいうように、親方がもう一度手を叩く。
その乾いた音は空気を振動させ、また気持ちを切り替えさせるのには十分な刺激だった。

「じゃあソラ。…そうだな、クルチアでいいか。こいつと思いっきりやれ。」
「やれ……って、え?た、戦い?!」
「そりゃそうだ。物だけ作っていっても、どうコントロールするかなんて覚えられねえ。
 一番は闘うことだ。それで臨機応変に、最小限の力で最大限の効果を生み出すのを覚えさせる。」
「で、でも……!」

想良は親方に指名され、一歩進み出てきた人物を見下ろした。
その子は先ほど父親が足に障害を負い、兄が死んだと涙ながらに告白した女の子だった。
そして想良の記憶が正しければまだ六歳である。
まだ遊びたい盛りの年頃だ。
想良にぴたりと狙いが定められたその武器――模擬刀ではあるが、
それの鞘には以前想良が教えたことのあるミサンガが括り付けられていた。

「ソラお姉ちゃん、仲間なんだね。私たちといっしょなんだね。」
「そ、そうだよ……。」

にっこりとほほ笑むと、もうクルチアの瞳からは子供らしさが消えた。
ただ獲物を狙い、期を窺う獣のような目に、想良は彼女の本気を知る。
仕方が無い、と自分に言い聞かせると彼女はクルチアに意識を集中させた。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存