このスレッドは人気!です。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3476] Differences in Peace
   
日時: 2018/10/01 13:30
名前: あづま◆8kXyVF1umQ ID:1fl2iO3A

※更新鈍足!






◎はじめに
 この小説は、私が小学校高学年〜中学二年生位の間に書いたものを
 再編集したものとなっています。
 再編集とはいっても、ころころ変わる視点を統一(三人称化)したり、発見できた誤字を
 修正する程度であり、矛盾等は修正しきれていません。
 サイトに掲載するときに更なる修正や伏線の為に完全ではありませんが書き足したりしております。

 ジャンルはおそらくファンタジーです。
 常識の無い自分勝手な人物との共同生活のような内容が主となっております。
 この物語らは時代が前後していたり、複数の舞台が出てきますが
 世界観は全て同一となっています。
 稚拙な説明で申し訳ありませんが、どうぞお付き合いください。

◎次回予告
 更新は113話まで完了。
 次回114まで予定。いつ更新できるんでしょうか。
 
◎つぶやき
 取り急ぎ一話だけ。
 無事!内定をもらえました!!2年もかかった!
 本当に面接は万死に値している。
 データが本当に見つからないんだけど、どうしよう。

◎注意
 作品の中には流血や暴力、更には殺人描写があります。
 舞台となっている世界が地球の場合は特にありませんが、それ以外の場合は注意してください。
 また、一部エロのような物もあります。
 修正こそしていますが、考えれば推測可能なので苦手な方はご了承ください。

◎サイト
ブログ
 たまに更新予定なんかが書かれています
 
◎一覧
 Strange Friends      >>1-40
  かなり適当な設定   >>41-42
 Differences in Peace  >>43-

◎絵
 レイと奏音。このコンビは動かしやすい。
 スマホでも描けるもんですね。マウスが書きやすいけど、筆圧ではこっちに軍配。
 サイズがバカデカイかも。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: Differences in Peace ( No.152 )
   
日時: 2015/12/06 09:12
名前: あづま◆8kXyVF1umQ ID:Y4UwpVLo

「お兄様……?」
「ロズか。お前さん、本気でやる気かい?」
「当然じゃないか!なんのためにロズはここまでやってきたと…!」

ロズは自室で声を落としながら話している。
一応、信頼のおける配下――もちろん、自分の味方に付く人間だけをおいているが、
それでも用心のためだった。
話し相手は兄のフィッツロイ。リキルシアの牢番であるが、今はルイテンにお忍びで来ている。

「ルイテンの連中はな、中々厳しい。」
「そうだね、今回の使者も微妙だったよ。でも仕方が無いじゃないか!」
「なんつうか、成功したら参戦する…だそうだ。」
「ふぅん、いいけどさ!」
「じゃ、予定通りかい?」
「うん!ロズが反旗を翻してお父様とフェビアンは始末する。」

ロズは既に決定事項だとでもいうように言った。これはもう揺らがないらしい。
しかしフィッツの返事がないことで動きを止めた。通話状態の維持ができなくなったのかと
思って機材を確認するが、それも大丈夫らしい。

「お兄様、まさか抜けるだなんて……。」
「いいや、そうじゃない。馬鹿女とペネロペはどうするんだい、お前さん。
 ベティはまだ生かしておくとして、他の兄弟はどうするのか考えてたんだよ。」
「あぁ、そんなこと。」

呆れたようにロズが声を出した。

「気にしないでよ。お兄様が考えることじゃないんだから。」
「そ、そうか…?ま、お前さんなら大丈夫だと思うがね……。
 とりあえず、そろそろ切らせてもらうぞ。これ、けっこう疲れるんだな…。」
「うん。しっかり休んでね。おやすみなさい、お兄様。」

今度こそ通話状態が切断された。ロズの味方も部屋を出ていってしまう。
愚鈍な兄を国王の座につけて、自分は好き放題する。
もちろん今まで築き上げられてきたリキルシアの威光を維持するのも忘れないが。
だが、今までなかったことをやると言うのはロズにとって楽しみ以外の何物でもなかった。
最古の国のくせに、内乱どころか王位継承の争いすらなかったらしい。
せっかく、自分達には兄弟が多いのだ。頭の回る邪魔者だって、確かにいる。
少しくらい遊び、支配する。
それだけのために、ロズはこの内乱を計画し、実行寸前まで来ていた。





「何をしているのだ!」
「ミラーさん、落ち着いて…。」
「このようななりで敷居を跨ごうなど不届き千万!」
「この者に説明を……。聞いてくれてる?」
「ミゲル、お前は黙っていろ!」

歩き続けて幾時間。人の気配と声が聞こえ始め、ついにジョナサンは開けた所に出た。
整備されたまともな道を歩けることに感動していたが、すぐさま警笛が耳に入ってくる。
侵入者であるから仕方が無い、そう思いできるだけ目立たずその場を去ろうと考えた。
しかし、それは薬が許してはくれなかった。
急いでやってきた兵士を一人、また一人と気絶させ戦闘不能にに追い込んでしまう。
思いがけぬ強敵に、ついには上級兵士も呼ばれてしまったらしい。
初めに倒した兵士とは身なりも雰囲気も貴いと感じされる彼らの武器に囲まれ、今は両腕を挙げていた。

「…私が聞き出すから。ミラーさん、ちょっと黙っててくれます?」
「お前はそうやって……!」
「すみません、お見苦しい所をお見せしました。
 あなたはしばらくは国内にいらしたようで。しかし警報が発せられたということは……。」
「私は捕虜になっていた…らしい。解放されたらしいのだが、どうも行く当てがない。
 気の向くままにこちらに来てしまった、なにか手順があり今からでも遅くないのならそれをやりたい。」
「捕虜ですか?……どなたの?」
「それを知っていれば、その人に復讐したいと考えているが。」

完全に役目をとられ、ミラーはミゲルの後ろで口を尖らせていた。
ジョナサンは、自分が何者かの支配下に置かれていることは黙っていた。
口が勝手に動かないことから支配者も正体を明かされることは望んでいないのだろう。
彼らの周りでは、戦闘不能になった兵士が目を覚まし始めており、受けたダメージの余韻に顔をしかめる。
特にダメージの酷い者は、他の兵士に肩を貸され退却して行った。
それ以外の者たちは、切っ先をジョナサンに合わせて一つもぶれていない。
流石にこれを振り切るのは無理そうだ、と彼は考え
目の前で今はもう珍しい紙――もちろん、なにかしらのまじないは掛かっているだろうが、
それで情報を照会するミゲルを眺めていた。

「本当に捕虜ですか?」
「正確には分からないが、私が負けて勝者にいいようにされていた。」
「……あなたの名前は?」
「っ……。どうやらあなた方には言えぬよう力が働いているらしい。」
「でしょうね。とりあえず分かった事は正規の手続きを踏んでいない捕虜ということ。
 ミラーさん、お調べですかね……。」
「そうだろうな、よし!ではさっそく準備だ。……おい、お前。」
「……はい。」

ミラーはそばにいた小柄な兵士に声をかける。
まさか自分にお鉢が回ってくると思わなかったのだろう。
一拍遅れて彼女――女性兵も出動するのか、とジョナサンは頭に入れた――が返事した。

「こいつを牢に入れておけ。」
「はい。…あの、どちらに入れれば……。」
「あぁ……地下の方にしておくか?あそこなら、反乱の心配もない。」
「ミラーさんの方が私より上なんだから、どうぞお好きに。」
「では、地下牢へ。」
「はい……。」

女性兵がジョナサンに対して、小さな錠をつきつけた。
それは痛みを伴わず体内に飲み込まれ、彼女の動きに従わされる。
幼いころ、一度だけしか見たことの無い能力をここで再び見ることがあるとは考えてもみなかった。
そして嫌でも自分で命を奪った友の事が思い出される。
子供たちはどうなっただろう、見せしめになったか、尻拭いをさせられることになったか。
その考えを振り払うように、ジョナサンは女性に話しかける。

「珍しい力だな。」
「……なんでも、私の家は…もうないと思うけど……古い血筋だったそうで。」
「もうない、とは?」
「没落したんです。プライドが高かったらしいので……。
 私を身ごもった母だけが逃げて、兄弟たちはおそらく……という訳です。これ以上は答えません。」

そう宣言した通り、彼女はジョナサンのいかなる問いに対しても口を開くことはなかった。
途中から目隠しをされ、どこかの建物に入り、その階段をゆっくりと下りていく。
そして意外に温かく暮らしやすい雰囲気の所に入れられると、目隠しをとられた。
地下牢というが、すばらしいとは言い難いが劣悪だとも言い難い。
尤も、扱いがましであると保証することもできないが。
目隠しをとり、腕から錠が抜かれたジョナサンはやっと、自分の思う通りの行動ができるようになった。
牢の中で動ける範囲で動き、音の反響で判断するにここは牢の中でも最も奥と言っていいだろうと推測した。
自分の他にはやつれた、おそらく四十を超えた女性が向かいの牢にいるのが見えるだけだ。
彼女はとっくの昔に壊れたのだろう、リアルな乳児の人形の口を自らの乳房に押し付けている。
がさついた声で、虚ろに歌われる子守歌は、その歌声はジョナサンの本能的な部分を恐怖させた。

「…ー、……のこぇ……は、今……」
「はぁ……。」
「子を…母の……ぃ、……。」

何の歌か、ジョナサンにはわからなかった。
所々母がどうしたとか、子がどうなったとか聞こえるだけだった。
彼女の中で、乳児は満腹になり、眠ったらしい。
背中を数回たたき、彼女は着ていた服のほとんどを人形のための寝床にした。
そしてまた、子守歌を歌い始める。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存