このスレッドは人気!です。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3476] Differences in Peace
   
日時: 2018/10/01 13:30
名前: あづま◆8kXyVF1umQ ID:1fl2iO3A

※更新鈍足!






◎はじめに
 この小説は、私が小学校高学年〜中学二年生位の間に書いたものを
 再編集したものとなっています。
 再編集とはいっても、ころころ変わる視点を統一(三人称化)したり、発見できた誤字を
 修正する程度であり、矛盾等は修正しきれていません。
 サイトに掲載するときに更なる修正や伏線の為に完全ではありませんが書き足したりしております。

 ジャンルはおそらくファンタジーです。
 常識の無い自分勝手な人物との共同生活のような内容が主となっております。
 この物語らは時代が前後していたり、複数の舞台が出てきますが
 世界観は全て同一となっています。
 稚拙な説明で申し訳ありませんが、どうぞお付き合いください。

◎次回予告
 更新は113話まで完了。
 次回114まで予定。いつ更新できるんでしょうか。
 
◎つぶやき
 取り急ぎ一話だけ。
 無事!内定をもらえました!!2年もかかった!
 本当に面接は万死に値している。
 データが本当に見つからないんだけど、どうしよう。

◎注意
 作品の中には流血や暴力、更には殺人描写があります。
 舞台となっている世界が地球の場合は特にありませんが、それ以外の場合は注意してください。
 また、一部エロのような物もあります。
 修正こそしていますが、考えれば推測可能なので苦手な方はご了承ください。

◎サイト
ブログ
 たまに更新予定なんかが書かれています
 
◎一覧
 Strange Friends      >>1-40
  かなり適当な設定   >>41-42
 Differences in Peace  >>43-

◎絵
 レイと奏音。このコンビは動かしやすい。
 スマホでも描けるもんですね。マウスが書きやすいけど、筆圧ではこっちに軍配。
 サイズがバカデカイかも。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: Differences in Peace ( No.151 )
   
日時: 2015/06/29 15:42
名前: あづま◆8kXyVF1umQ ID:HtEQvDR.

輪の中心は酷い有様だった。
外側からもあまりの醜さにうんざりしていたが、それはまだまだ可愛い物だった。
宿の娘が昨日の優しさはどこへやら、涙にぬれた顔で医者にむかって怒鳴っている。
それに対し、いつもの口調ではあるものの埒が明かないことに苛立ちを募らせているであろう
ジークの刺々しい口調が、更に火に油を注ぐ結果となっていた。

「あなたが来なければ!あなたが来なければ両親も死ななかった!」
「お前の主張は間違っている!それは私が賊と組んでいなければ成り立たないものだ!」
「あなたが来てからおかしくなったの!この宿場町は!
 わたくしは貧乏でもよかった!平和に暮らしていければ!その日暮らしでも!」
「もともとならず者がいる事でこの宿場町は有名だったではないか実際周辺で死者も出ている!
 今回はたまたま宿場町の中まで入ってこられたのだろう!」
「それはあなたが内通しているから入ってきたのよ!あぁ、喜んでいるからって遠慮しなければよかった!
 あの医者が怪しいって言えばぁ!みんな死ななかったああ!」

両親をたった今亡くしたか弱い女性と、苛立ちの隠せない男のどちらに人は同情するだろうか?
この宿場町にいる人は、普段の彼女を知っている。どんな優しい人だったかを知っている。
その彼女が人目も憚らず号泣し、またとある男を責めている。
そしてその男とは、今現在皆少なからず憎たらしいと思っている男である。
ジークの言動でただでさえ彼の信頼度が低い時に、この状況でだ。
むしろ、客たちは医者を責める口実ができたことに内心、気付かないところで喜んでいた。

「あなたはお金が欲しかったのよ!自作自演だわ!
 人の命なんて金次第なんて、そんなの医者じゃないもの!金だけのために、ここに来たんだわ!
 病人もけが人も関係ない、あなたは目の前の人間を金としか見ていないの!」
「相手にするのもバカバカしい!お前に一つ教えてやろう!
 よく知らぬものに根拠のない否定をするとき人は自らの欠点を言うのだとな!」
「何が……何が言いたいの!」
「お前自身が目の前の人を金としか見ていないということだ!」
「酷い…ひどいいい!この人殺し!」

ついに娘は突っ伏して、わぁっっと泣き出した。
それに対し侮蔑の表情を浮かべながら、医者は呟いた。

「このジークワルト、医者と呼ばれてから殺そうと思って人を殺した事などない……。
 まして、自分の利得の為に殺して何になる……。」
「何が、言いたい……。」

周りがしんとなった。ただ、宿屋の娘が泣いているだけだった。
その他の音と言えば、人の事情など露と知らない獣たちの起こす音だけである。

「……命を救うことだけに専念してきた、命の持ち主など関係なしに。
 ただ平等に与えられた命だけを救ってきた、それだけだ。」
「てめえ、言い訳になると思ってんのか!」
「私は医者ということに誇りがあると言っている!救う命は救うだけ。」
「金だ金だって、金がなきゃあ救える命すらお前は見捨てるんだろう!命は金じゃねえ!」
「金がなければと言うが何故金を作ろうと努力しない!
 私ならば本当に救いたい者の命には金などいくらでもくれてやれる!例え私自身が死んでもな!」
「黙れ!金に目の眩んだ人殺しが!どうせ金さえありゃあ医者のフリして毒でも盛るんだろう!」
「私の行為で人を殺してなるものか!誇りをなぜ欲に眩んで穢さねばならないのだ!」
「話にならねえ、顔を見るのも不快だ!……ほらよ、纏めて払うからとっとと消えろ!」

男が上着の下から金貨と宝石を取り出すと、ジークに対して投げつけた。

「…多い分は迷惑料としよう。」

中身を確認したジークは、それを懐に入れると荷物を運び出し、宿場町を後にした。
彼の姿が見えなくなったことに客たちは胸をなでおろしたと同時に、あることに気付いてしまった。
この怒りをぶつける相手がいなくなってしまった事を。
金を払った男を責めることはできない。被害の少なかったものをなじる事もできない。
ただ、涙を流し続ける娘を見て、彼女を慰め、医者の悪口を言うだけしかできなかった。
そうして『宿屋の娘より自分はマシ』と言い聞かせることしか、術は残されていなかった。



「見送りに来るのが俺だけで済まないね、まぁ状況を察してくれや。」
「こんな時に、……なんか、気を遣わせてしまったみたいで。」
「奏美は固いんだよ…あたしは寸前でお預け食らったし、足まだ痛いし。」

宿場町を発つ三人を見送りに来たのは、最後まで手伝ってくれた男だけだった。
被害が無いといってもいい彼は、医者の悪口を言っていなければ妬まれる立場にあった。
それを理解し、もうすぐ彼も発つらしい。
荷物を積み込んだエドが、奏音と奏美に対して手招きする。
見送りに来てくれたことに対しお礼を言って機体に乗ると、エドが言った。

「で、どれくらい儲かったんだ?」
「は?」
「とぼけるな、お前が主犯だろう?」

男が笑う。
エドのまさかの問いと、肯定と言ってよい男の反応に人見姉妹は互いに顔を見合わせた。

「言わないかい?」
「あぁ。」
「ま、死んだ奴がいるのと、治療費も合わせりゃほんのちょいっとだな。」
「そうか。ま、そんなもんだよな。」
「こっちからも質問だ。なんで気付いた?」
「伊達に戦場に出ていない。第一に、お前が屋根に上って逃げたということ。
 屋根で戦って落ちた奴もいた。屋根に行ったっていた奴のお前以外が敵に見つかっている。」
「あぁ、そうか。」
「第二に、なんで荷物を全部持ってかれるんだ?価値が無い物だってあるだろう。
 大方理由をつけて逃げおおせるつもりだったんだろ。というか、俺達に最後まで付き合って道の確認をしてただろ?」
「ご明察。」

男は言った。隠す必要のないことだという雰囲気だ。

「あいつらも馬鹿だ。医者を追い出して、そのあとの治療をいったいどうするつもりなんだか。
 罪をかぶって貰った分、あの医者が良い旅路になるように祈ろうかね?」
「お前の好きにするがいいさ。俺には関係ないんでな。」
「平和って一種類みたいな雰囲気で、あのお嬢さんは嫌いだね。俺達賊にとっては今の感じが平和だな。
 戦いこそあるものの、それなりに飯が食える。戦が無けりゃ、平和だと言えねえ。」
「それはお互い様だ。じゃあな、会うことが無いのを願うよ。」

未だに起こったことを理解できない奏美と奏音を乗せ、危なっかしげに機体は舞い上がった。
男は機体が見えなくなるまで手を振り続けた。

「見破られたなぁ、ミューガ兄?」
「ルカか。さて、俺もおさらばするかねえ。」
「ミューガ兄貴…よかったのか、殺さないでさ。あの医者、治療法を聞いたんだし殺しても……。」
「おっかねえよ、医者も、あいつらも。」

ルカとヒロイチを後ろに従え、ミューガは森の中に消えた。
彼がいなくなったこと、真の黒幕、これから怪我人たちをどう扱えばいいのか知らない、
ということに宿泊客達が気付いたときはもうすべてが遅かった。





水辺の土を掘り返すと、冬眠している虫が見つかった。
動きの遅いそれを針に刺し、突然の刺激に身をよじるのに罪悪感を感じつつ水に投げ込む。

「はぁ……。」

ラリーはため息をついた。彼は今、人気のない小さな池のほとりにいる。
いつもならばここに来るのは暑い季節、補助具を作る材料を一度に集めるときか、
どこかのお偉いさんから直々に注文されたときくらいのものである。
自分に才能が無いと感じてから、ここに来ることはなかった。
技術者の家に生まれ、技術者になる為だけに勉強してきた。
特に一度戦に出てからは、その思いが強くなっていた。
しかし結局果たせなかった。自分の後釜として出陣し死んだ者の顔も浮かんでくる。
才能が全てなのを理解しているが、努力で補える部分もあると信じていた。
しかしどんなに努力しても、根本的な技術がなければ意味のないことだった。
そしてその技術とは、才能以前の問題である。

「どうしようかなぁ、おれ……。」

想良の言っていたことが思い出された。興味はある。
しかし自分ごときにできるのか、という疑問と不安の方が大きい。
ラリーは時間のあてもなく悩んでいた。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存