ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1351] 中世ヨーロッパ風魔法ギルド物【新山場がアップされました】
   
日時: 2012/12/26 09:18
名前: ゆみたん ID:HJHNE7HQ

  今回の会議 

 風雨さんの山場まとめ
>>126


 まずはクリックありがとうございます。スレ主兼中世ヨーロッパ風魔法ギルド物発案者、ゆみたんです。
 ここはリレー小説(ファンタジー板提出予定)を書きたいとおもい立てさせていただきました。


 リレーメンバー。
風雨/蓮華/MAZ/ゆみたん/クロス(敬称略、テンプレ順)




 小説のルール、募集内容。

  1. やる気があるかた。小説完結した、完結してない。などの問題ではなくやる気がある方を募集いたします。なるべく暇が多い方がいらしてくれると嬉しいです。
  2. 一人一人に自分の分身となるキャラクターを作成。
  3. 疎遠になる場合は一言申し上げてもらいます。もし長期間に渡る疎遠になりますと脱退とさせていただきます。未定ですが、六名ほどリレーメンバー様を募集させていただきますのでよっぽどなことがなければ再募集はいたしません。



*回答してほしいレス*



 会議チャット
 毎週月曜午後九時会議開始いたします。なお、メンバー以外の方は入室を禁止です。


>>33 ギルドランクについて

>>41 魔法について

>>60 大陸について

>>61
>>97 時の女神について

>>65 リレー形式について

>>66 依頼の種類について

>>95
>>96 過激派について

>>98 用語集  編集はこちらから


 キャラクターテンプレ。

【名前】
【性別】
【年齢】
【性格】
【好き】
【嫌い】
【ギルドランク】
【容姿】
【魔法】
【人称など】
【その他】
【サンプルボイス】


 例兼ギルドマスター。
【名前】ヴェルヴェル・ヴァンガード
【性別】♀
【年齢】78歳
【性格】めんどくさがりやで男勝りでとりあえずむちゃぶりしたいやりたいほうだい。しかし、命は大切にする人。ギルドのメンバーたちをまるで子供のように愛している。
【好き】ギルドメンバー、酒。
【嫌い】医師、薬。
【ギルドランク】ギルドマスター
【容姿】巨乳ババァ。いつも口をへの字にしているのが特徴的で、ぴっちりとした黒いタイツを身に付けている。
 なお、姿と顔は若々しく、それでいて美人さん。右目の黒い眼帯と真っ白なロングの髪が特徴。
 容姿はだいたい二十歳ほど。
【魔法】主に虚を操り、時空を歪め存在したことを無くす。
【人称など】一人称:ワタシ。 二人称:呼び捨て。 主な語尾:〜かい、〜よねぇ。
【その他】魔法の力により、歳を取ることを虚にした結果が今の容姿になってしまった。後悔はしているが、いまはギルドマスターとして楽しく暮らしている。
【サンプルボイス】
「ワタシになにかようかい、小さな魔法使いさんっ?」
「あんた酒もいける口かいっ?」
「そうよねぇ、このごろの魔法使いは肝が座ってる奴がいないのよねぇ」

 SS、おためしリレー一覧


 キャラクター一覧

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 中世ヨーロッパ風魔法ギルド物【十月中に一話投稿お願いします】 ( No.141 )
   
日時: 2012/12/24 03:15
名前: ゆみたん ID:5BPNWzb2


 今まで出た案と私の脳内補完まとめ


  世界
 マルクパージェと言われる大陸が存在する地球とは違った世界。魔法と呼ばれるものが存在しており正体はよくわかっていない。

 大きな大陸にさまざな気候が存在しており、気候により国の位置の境界線が施されている。
 北に位置している寒冷地帯は「オルヴィン」という国で冷たい気候とは違い、そこに住む者たちは心が暖かいとされている。王が全政権を握っている。

 中心に位置している人間に最も適した気温を保っている国は「マルクス」と呼ばれており、どの国よりも人工が多い。また、鉱山が多くほかの国から出稼ぎに来ている者が多く働いている。

 南に位置する国、「カーライズ」はほかの国とは違い熱帯雨林、砂漠などがあり熱帯には代わりはしないものの気候が異なる場所が多いが人が少なく、魔物が多いため通常の人間ならば足を踏み入れることは出来ない場所とされている。だが古代の文明を持つ村があるとされているが一度も村は確認されていない。

 世界の果てを探しに海に出た者は帰ってこないとされており、今のところこの大陸しか存在していない。


  国
・オルヴィン
 貴族というものが居ない代わりに王族が存在しており、国の財政を握っている。主に食料の宝庫とされており、酒類がもっとも豊富。
 現在の王は威厳があるものの心優しい。ギルドは数少ないものの商業ギルドと魔道士ギルドが共有の場があり、村一つ一つに依頼箱と呼ばれる郵便ポストのようなものが設置されているため国に不備は見られない。だが、極寒地帯とされており、年間を通して降雪が確認されており、平地が多く河や湖が凍っている。
 寒冷対策のために火の魔法を覚えるものが多く、全体的に民衆の魔力差が安定している。

・マルクス
 貴族が政権を持っていて最も経済力がある国とされている。産業、技術が最も発展している。だが、そのせいか過激派と言われるテロリストが存在しており、何時危険が起こるかわからない。ギルドが数多いものの、それぞれのギルドは単独体制を取り、ライバル争いが多い。
 放棄された鉱山など、魔物もテリトリーが存在しておりダンジョン内は特にレベルが高い魔物が確認されている。
 仕事が多い。

・カーライズ
 様々な気候が存在している既に一つのダンジョンのような国。古代に近いとされ、魔具や財宝が眠っているとされているが魔物など、熱帯のために多くの冒険者たちは攻略を挫折したとされる。
 古代文明をそのまま生かした村などが存在しているとされている。


  魔法
 元々ある潜在魔力に、詠唱など魔方陣など超常現象(魔法)を起こすためのそれ相応のものが必要となる。
 潜在魔力は鍛え方次第で増えるものなのでどんなに低くても自暴自棄になることはないが魔法にも相性というものがあるので注意してほしい。
 なお、様々な魔法があるのは古代の最初の魔法使いのおかげとされている。


  魔物
 低い知能を持った人間の倒すべき存在とされているが、人間と共存をする魔物など食用など様々な用途がある魔物が多い。
 しかし、危険な魔物は素早く仕留めなければ人里に入り込み暴れるものもいる。主に雑食とされており、取り込んだものの魔力を吸い取り強くなるとしている。


  貴族と王
 それぞれ国の政権を握る者である。
 貴族は魔道士ギルドで言われるランク付けによるとB、Cランクに位置しており常人よりも強いとされており、過去に魔法で手柄を立てた者の家系。普段は国の政策に魔法を使う公務員のような存在であり、戦闘慣れしているものが少ないとされているが対魔法使いのために訓練されたものもいる。マルクスも昔は王政だったとされるがギルドの高戦闘力化に伴い反乱を恐れた国が取り入れたとされる諸説がある。


  ギルド
 商業ギルド、魔道士ギルドに別れており、商業ギルドは商業を中心に取り仕切ったり、売買を中心に様々なサービスを目的に作られたギルド。
 それとは違い魔道士ギルドは対魔物を主に活動していた機関であったが時代を重ねるごとに様々な依頼が受注され便利屋となっていた。
 魔道士ギルドにはランクがあり、依頼ごとにランクが必要なものがある。強いとされる順からS、A、B、C、D、E、Fとある。
 E、Fランクはあまり報酬は良くないものの比較的簡単な依頼が多い。
 C、Dランクは一般的とされているが一般人にとっては辛い依頼が多い。
 A、Bランクは人知を超えた強さを持つ魔力を主に戦うことが多く、今までこなしていた採取などの任務が少なく討伐が多くなっている。
 Sランクは主にカーライズの探索を任されており、帰還には何ヶ月もの歳月が必要となる。
 依頼の種類としてはダンジョンにある目的物を取ってくる採取、目的の魔物の討伐、商業ギルドや要人などの護衛、物資を配達する輸送、愛玩動物など一部のコレクターのための捕獲、消失した人間の捜索、Sランクにのみ依頼されるカーライズの調査などがある。
 ランクの基準として
S:一国を揺るがす力を持つらしい。ギルドランクはギルドマスターによって与えられるが、このランクに到達した人物は僅か。
A:個人で軍隊に善戦することができるレベル。巷では英雄などと呼ばれるかもしれない。
B:達人と呼ばれるレベル。ここまでくると逆に認知度が下がる。危険なダンジョンを攻略することもあるようだ。
C:ギルドで討伐系の依頼を多くこなせるような人物。街でも頼りになると認知される。街クラスの依頼を受ける事もときたまあるようだ。
D:危険を伴う可能性の高い採取物をとりに行くようなランク。報酬金も子供でもなんとか払えるくらいになる。
E:幼い子供に多いようだ。お使いクラスの任務が多い。外の危険とは隣り合わせではあるが、魔法使いなら命を落とすことはないだろう。外での任務での単独行動は禁止されている。
F:新人、失敗も目をつぶってあげよう。E同様単独行動は禁止。


  過激派




メンテ
Re: 中世ヨーロッパ風魔法ギルド物【十月中に一話投稿お願いします】 ( No.142 )
   
日時: 2012/12/28 18:24
名前: 風雨 ID:OuXLdJAE

新山場

序盤
ホーネスのまじめで頭堅いエピソードをしたいです。子どもの報酬少ない任務優先して受けたりとか。
奔放すぎるアレックスを放置して一人で任務を進めたりして窮地になって助けられたりとか。
軽く貴族であることをにおわせる?

中盤
ジェミニの護衛任務を受ける。
(テロが起こる予定であれば)そのときにジェミニがグランに殺される。ジェミニの亡霊化。
グランに対して敵対心。以後過激派撲滅を目標に据える(ジェミニを成仏させたいのと私怨が理由)。

終盤
ジェミニと共闘してグランを倒す(ジェミニ成仏)。
メンテ
Re: 中世ヨーロッパ風魔法ギルド物【十月中に一話投稿お願いします】 ( No.143 )
   
日時: 2012/12/26 09:04
名前: ゆみたん ID:HJHNE7HQ


 新山場


 ミルク

 序盤
 いつも一人でいるミルク。時折ある、みな危険だとしって受注しない任務に単独出張り、依頼は成功するものの大怪我を負うことが多い印象をあたえる。
 心配をかけても突き放す姿勢のミルクにみな呆れつつもアーチヴォルトだけは本気で心配している。

 中盤
 ミルクとともに依頼へと出かけると、セデスサデス教団と自称する組織が現れ、ミルクを直接的に狙ってくる。この時からアーチヴォルトの挙動が怪しくなる。
 セデスサデス教団の元を探っているうちに拠点がオルヴィンにあると知る。
 移動するもその度に狙われるクリームたちは教団の狙いがわからない。そして、慣れないことで不安になるミルクを支える仲間たちに心を開きかけるも、やはり突き放す。(この時、ミルクも振る舞いがおかしくなる)

 終盤
 突き放したあと、ミルクは教団に捕まってしまう。
 そして組織の教祖こそが初恋の人間、アーチヴォルトだとわかる(ミルク自体は中盤あたりにわかっていた)。教団は古代の魔道士の復活とその力を取り戻すことであり、魔書単体では力がしれているがその一部を身体に取り入れることにより膨大な魔力を手にできることを話す。だが、問題の魔書はミルクは持っておらずギルドに置き忘れていた。
 魔書の中には「アーチヴォルトへの想いと魔書を渡す」ことが書かれている手紙が挟まっており、それを見たクリームたちが杖を使い(魔具探知)、アーチヴォルトを探し当て、決戦。
 山場目的:アーチヴォルトを倒すこと。(虚無魔法で取り込んだ魔書の無力化)

 なんとかアーチヴォルトを倒し、ミルクは自分の思いの丈を伝えると、アーチヴォルトもまた、ミルクへと伝えられなかった思いを告げ、教団のことについて口を開こうとするとどこかから放たれた魔法により、死去する(過激派と教団の繋がりをにおわせる)


 クリームリップ(完全未定)

 序盤
 皆で依頼を受けにいくと過激派に杖を奪われる。そして、呪文を唱えると杖が覚醒する。そして、杖の力を使いオルヴィンとマルクスに魔物が放たれるとされ、メンバーたちはそれぞれ移動する。

 中盤
 オルヴィン組 ミルク
 巨大な魔物が現れ、苦戦する。そして、死んだはずのアーチヴォルト(バイヤの実験によりゾンビ状態)が現れる。ミルクとタイマンをはりたいです。
 マルクス組 クリームリップ、ホーネス
 こちらもまた小さいものの魔物の軍団が現れ、苦戦する。そして、死んだはずのグラン(同上)が現れ、ホーネスとタイマン。

 終盤
 杖の力を使い、最強の力を手に入れたバイヤと召喚された古代の魔法使い(未定)と戦うメインメンバー。

メンテ
Re: 中世ヨーロッパ風魔法ギルド物【新山場がアップされました】 ( No.144 )
   
日時: 2013/01/31 21:38
名前: クロス ID:aRe4Vb/c

【名前】シンプ・ルナリィ
【性別】男
【年齢】20
【性格】興味のある・ないがはっきりとしている。感情よりも理屈で動く。ただし、感性は普通。必要とあれば努力を惜しまない。プライドが高く負けず嫌い。しかし、得意分野以外は何をしても妥当な結果しか残せない。利己的に思われがちだが、実は仲間思い。ツンデレ言うな。
【好き】研究・魔法・理屈・甘いもの・仲間
【嫌い】感傷的なコト・天才・苦いもの・研究の邪魔をするやつ・文化を馬鹿にするコト
【ギルドランク】C
【容姿】紫色の前髪をピンで留めている。黒縁メガネ。背はやや低い。年中同じようなローブを着ている(本人いわく違うものらしい)。童顔。姉ほどではないが普通。
【魔法】
純粋な「雷」と、古代魔法「紫雷」の魔法を使う。
雷魔法
発動までにタメが必要。ただし、タメながら動くことは可能。
「オブ・ボルト」
狙った場所に電気を帯電させる。
「レクト・エレキ」
手のひらから一直線に飛ぶ雷を放つ。雷は超高速だが発生までの隙が大きい。
「ジグ・ライジング」
地面を電撃が這う。ジグザグに移動し、触れたものを高圧の電流が襲う。
「スト・サンダー」
雷雲を呼び寄せ、周囲を無差別に落雷で攻撃する。

紫電
紫色の雷の魔法。伝導体・非伝導体関わらず感電させる効果がある。
紫色の魔法陣をシンプの足元に展開したあと、詠唱が終わると発動する。どの魔法も高威力だが、どの魔法も使用に条件があるほか、発動までに時間がかかるのが難点。
・サンダーブレイド
「紫電よ、敵を打ち砕く剣となりて具現せよ! サンダーブレイド!」
巨大な紫電の剣を具現化し、空中から敵を攻撃する。当たると貫かれるのではなく感電し、地面に刺さると地面を紫電が伝って広がっていく。

・ライトニングスピア
「響け、轟け、紫電の極光! 我が敵に恐怖の槍を撃ち込まん! ライトニングスピア!」
巨大な紫電の槍を具現化し、まっすぐ飛ばす。目視が困難な程高速で敵を貫き、数秒後紫電の電撃を受ける。

・ボルトアクス
「我が放つは、全てを切り裂く紫電の一撃! 受けよ、ボルトアクス!」 
巨大な紫電の斧を具現化し、空中から敵を攻撃する。刃は触れたものを物理的に切り裂き、その斧の衝撃によって発生した傷や切れつに電圧を流す。

【人称など】
僕・君・貴方。目上や年上の人には敬語。
【その他】
ノーマの弟にして魔法学者。時折研究結果を魔法学会に発表し、賞を受賞したこともある秀才。
極々普通な家庭で育ったが、姉と違い大きな夢を持ち、死ぬまでに何かを成し遂げたいという野心を持っている。が、どうしても常識にとらわれがちなので学者としての発想力に欠けている。
しかし、常人の数倍の努力を積み重ねることで学会の天才達と互角の成績を誇り、特に古代語の解読に大きく貢献している。
何事も理屈で判断し、学者としての研究を一番に考えているように思われがちだが、実はとても仲間思いで、表に出さないだけで裏でフォローに回っている「縁の下」な人物。ツンデレ。
「理に適っていないな」「理屈だろう?」が口癖。

【サンプルボイス】
「僕はシンプ・ルナリイ。よろしく。」
「古文書が見つかった? ……詳しく聞かせてくれないか」
「その考えには同意できないな。仲間を見殺しにするのは僕の理に適っていないからな」
「研究を手際よく進めるために、仲間を助ける。……理屈だろう?」
「……ふん。僕に礼を言う位なら、彼に言ってあげなよ。」
メンテ
Re: 中世ヨーロッパ風魔法ギルド物【新山場がアップされました】 ( No.145 )
   
日時: 2013/02/01 00:09
名前: クロス ID:08N8lijM

新山場

アレックス編

・【燃えよ闘魂】
アレックスは闘技大会に参加し優勝商品【炎の輝】を手に入れる依頼を請け負うことになった。だがしかし、アレックス以外にも依頼を請け負ったギルドによる妨害を受けることになる。それでも負けじと勝ち進むアレックスは準決勝に到達。そこで、妨害していたギルドに所属する魔道師と対決するが勝利する。そして迎えた決勝戦、いままでのどの敵よりも強く熱い漢が立ちはだかった。
燃える対決を繰り広げる両者は観客を沸かせ、会場の盛り上がりは最高潮になったその時。妨害していたギルドが乱入し、優勝商品を横取りしようとしたのだ。しかし、二人の闘志は俄然燃えだし、瞬く間に敵を蹴散らし、呼び出された巨大な償還獣でさえ二人の敵ではなかった。
会場が破壊され、うやむやになってしまったため大会は中止になってしまったが、アレックスは大会主催者と漢から優勝商品を譲り受ける。
いつかまた再戦するという約束を交わし、漢と別れるのであった。

 炎の輝石:炎のように紅い石。不思議な魔力を持つとされる。

 強く熱い漢:アレックスと同じ炎の魔法を使い、体術を駆使する強敵。金髪に学ランと、いかにも「不良」を彷彿させる容姿をしているうえに口が悪い。だが、非常に強い心を持ち、「漢」という概念の元自分に絶対の自信を誇る。曲がったことが大嫌いな正義の不良。


・【ブレス・オブ・バーニング】
アーシェ、ジル、ホーネスと共にアレックスは近年寒冷化の進む島へ調査の依頼を受けやってくる。町の住民の話によると、ここ数年活動していない火山が原因らしく、アレックス達は火山へと向かうがその最中、【ダイヤモンド・ダスト】を名乗る氷魔法使いの妨害・警告を受ける。そして、彼の魔法によりもうじき雪崩が発生することを知るとアレックスは仲間にその場を任せ、たった一人で火山の復活を目指し山を駆け上る。
吹雪のなか、山頂に辿り着いたアレックスは、グランドバーストで火山活動の活発化を図るが失敗し、他の魔法も叩き込んでみるが効果は薄い。それでも諦めずに続行しようとするが、隙を突かれダイヤモンド・ダストの召喚獣「ユキメ」の魔法により凍らされてしまう。
 勝利を確信し、喜ぶユキメ。だがしかし、アレックスは途絶えた意識の裏側で、炎の精霊、「イフリート」と対面していた。イフリートは言う。「炎とは、心。魂。命。全てを燃やし、盛るもの。強き者よ、力を貸そう」アレックスのズボンのポケットにしまわれていた炎の輝石が熱を帯び、一瞬で氷を溶かし、アレックスは復活を遂げる。
 困惑するユキメの目の前には、炎の精霊イフリートの姿があった。主人のためにと攻撃するが反撃に会い、あえなく消滅してしまう。そして、イフリートはアレックスと同化し、アレックスにより強い炎の魔力を宿らせる。
 だがしかし、初めての同化でアレックスは体内に魔力を溜め込むことが出来ず、勝手に外に漏れ出してしまう。それならいっそ、一気に放出してしまえばいい、ということで、アレックスは火山のそこに向かって口から炎の魔力を全開放し、魔力を浴びた火山は活動を再開した。
一方ダイヤモンドダストも戦況を不利に進めていたが、火山の復活を知りとうとう退却。一連の騒動は幕を閉じることになった。

 ダイヤモンド・ダスト:雪や氷の美しさを追求するあまり、他のものに対する美学を理解できなくなってしまった氷の魔法使い。世界氷結を野望とし、最終的には自身も氷となると言い出す始末。

・【ゴーグル・ゴーグル】
ある日突然、行方を眩ましたレオンを探すため、アレックスは無断でギルドを飛び出し捜索を開始する。ようやく見つけ出し問いただすと、レオンは自分のゴーグルが奪われたこと、己の出生を初めとする過去、そして誰にも話さなかった眼について語りだす。そして真実を知り驚愕するアレックスを置き去りにし、レオンは「もう二度と戻らないと言い残し」再び逃走する。ショックを受けるアレックスだったが仲間達に叱咤激励され、いつもの調子に戻った彼は再び探しだすことを決意。そして、自力でゴーグルを奪い返したレオンの元へ辿り着いたアレックスは、レオンの今後をかけて勝負を挑む。

・【たった一つの誇れるもの】
 レオンを連れ戻すため、レオンの捜索任務を志願するアレックス。だがしかし、Bランクであるレオンの捜索には、同じくBランク以上の実力が必要だった。Cランクのアレックスに受注する資格はないと言われてしまうが、アレックスは何度もヴェルヴェルに頼み続ける。結果、特例でBランクへの昇格試験を執り行うことになった。その内容は、「拘束された仲間数名をとある山の山頂まで連れて行き、貴重な実を持って帰ってくること」だという。果たして、アレックスはこの試練を乗り越えることが出来るのか。

・【精神と感情の鼓動】
レオンとの決着をつけたアレックス。だが、疲れ果てた二人を『あの時の魔道師』が強襲。アレックスをかばったレオンが消されてしまう。怒りに燃えるアレックスだったが敵はそれをあざ笑い、アレックスを消すことなく空間魔法で痛めつけ、最後には押しつぶそうとするが、仲間達の救援を受け難を逃れる。だが、空間魔道師の圧倒的な力を前に、仲間達でさえも窮地に追い込まれていた。あえてトドメを刺さず、空間魔道師は『あともう少しで、私の研究は大成する!そのときが世界の最後だ!』と言い放ちその場を後にする。そして数日後、一つの町が消し飛ぶ事件が発生。調査に向かうアレックスと仲間達だったが、待ち受けていたのは空間魔道師が作りだした魔物だった。戦闘を開始するが、アレックスは罠にかかり、単独で空間魔道師の根城に飛ばされ捕らわれてしまう。
気が付けばアレックスは一人、牢屋に囚われていた。その後、救援に来た仲間達の手によって開放される。
しかし仲間達は牢屋の門番を始めとする強敵に消耗を強いられ、まともに戦える状態ではなかった。アレックスは決意新たに、一人空間魔術師の下へと乗り込んでいく。

シンプ・ルナリィ

【始まりの遺志】
古代の遺跡の調査依頼を受け、仲間たちとともに意気揚々と調査に繰り出すシンプ。しかし、遺跡の罠によりメンバーは離れ離れになり、シンプは一人になってしまう。合流を果たすべく移動を開始するシンプだったが、徐々に遺跡の謎に気づき始め、気づけば最奥の祭壇にたどり着いていた。
古代語の文字の列が壁一面に並び、シンプは夢中になって解読していく。しかし、徐々に意識が遠のいて行き……
しばらくして、他の仲間たちがシンプの姿を発見する。声をかけると、シンプは憑りつかれたように壁の文字を音読し始める。
「炎」「紫電」「空間」「氷」四つの古代魔法の存在、そしてこれらが世界に広く伝わらなかった訳、そして始まりの魔法使いの想いがつづられた壁の文字を読み終えると、シンプは我を取り戻す。
学者として、魔導師としてこの上ない喜びを感じたシンプ達は遺跡を後にしようとするが、とある別の魔導師ギルドの攻撃により、遺跡が破壊されてしまう。
怒りに燃えるシンプと仲間たち。交戦し、見事勝利するが遺跡は無残にも破壊されてしまった。

【戦慄の魔女】
ある日、馬車の護衛の依頼を受けていたノーマは、何事もなく順調に進めていた。だが、かつて遺跡を破壊してきた魔導師ギルドが報復としてノーマを強襲、結果馬車の積荷は無事だがノーマが重傷を負ってしまう。












アレックス

序盤……「燃えよ闘魂」にあたるストーリーを外部で進行。よって序盤は姿を現さない。

中盤……「ブレス・オブ・バーニング」

中盤その2……「ゴーグル・ゴーグル」「たった一つ誇れるもの」

終盤……「精神と感情の鼓動」最終決戦一個前の事件希望。
    この戦いでアレックスは片腕を失い、最終決戦において主戦力から外れる。

シンプ

序盤……「






メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存