ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1078] 吐き出し場
   
日時: 2011/12/16 11:00
名前: 春姫 ID:e/5nCrcI




 溜めた小説を吐き出す場所。
 関連性のない、小説(?)みたいなものしかないです。
 それでも宜しい方は、へぼい小説ですが拝見いただけると、とても嬉しいです。



メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 吐き出し場 ( No.15 )
   
日時: 2014/09/02 01:29
名前: 春姫 ID:u2IJ9Igs

 終わりの世界と始まりの君



 人間と呼ばれていた生き物は絶滅しました。
 それは正確ではないけれど、結果的にはそうなるので問題はありません。
 だって生き残った最後の人間は一人しかいないからです。一人じゃ繁殖できないので絶滅するしかないですよね。
 最後の一人の名前はテテ――これは自分でつけました。
 起きたら自分一人だけだったので、本当は名前なんて必要ないけれど、なんとなく名付けてみました。
 自分のことは一切覚えていないけれど、人間という生き物のことは少し覚えていました。

 人間は地球で一番強い生き物でした。
 それが正確かは判断できませんが、自分の思う人間とは、弱いくせに傲慢で、優しいくせに卑劣な、相反する性質を併せ持つことができる歪な存在でした。
 自分は人間を正義や悪で推し量ることはしません。というかできません。
 だって人間という生き物はもう自分しかいないからです。人間の犯した罪と呼べるべき行いはもう過去のことだからです。

 自分は人間です。
 この地球で最後の人間です。

 それはなんて頼りなく、心細いことでしょうか――と、思いつつ草原に寝ころんで空を見上げました。
 人間がいてもいなくても地球は変わらないんですね。
 大気は汚染されていないし。
 海は干上がってないし。
 空は青いままで。
 風は吹いて。
 草木は揺れて。
 太陽は月と入れ替わり、夜が来る。

 自分はいつか死ぬ……そんな当たり前のままの世界が、変わらずに続いていくんです。


「初めまして、ボクはテテです」


 地球に挨拶してみました。
 返事はありません。いえ、もしかしたらあったのかもしれません。ただ自分が感じれないだけで、地球は常に人間に語りかけているのかもしれません。
 どうして草木はおしゃべりできないんでしょうか。
 それとも自分が草木の言葉を理解できないだけなんでしょうか。うん、きっとそうなんだろうと思います。


「人間はきっと地球で一番バカなんですね」


 だから人間は絶滅します。
 遠くない未来――もしかしたらすぐにでも滅んでしまいます。

 瞼を閉じれば、人間がたくさんいた頃を簡単に思い描けました。
 そこに自分がいたかは覚えてないけれど、人間は確かにここにいました。
 みんななにをして生きていたんでしょうか。
 人の行きかう交差点のように、その答えは掴みどころのないまま通り過ぎていきました。

 自分はなにをして生きていたんでしょうか。


「……風、気持ちいいです。ボクは眠いです。お腹がすきました。歌でも歌いたい気分です」


 ……ん。


「ああ……そうか、これだけだ。きっと、みんなこれだけなんです」


 一人ぼっちになっても人間は変われないみたいです。
 自分は草原から起き上がって、大きく大きく伸びをしました。


「とりあえず、歩き出しましょうか。目的地を世界の果てにでも設定して……」



 ボクは耳に覚えのある曲を口遊みながら歩き出しました。

 人間の世界は終わりを告げ――今、ボクの世界が始まりました。






end
メンテ
Re: 吐き出し場 ( No.16 )
   
日時: 2015/11/23 01:59
名前: 春姫 ID:MzZj3cbo

 神さまは、どうして私に涙をお与えになったのでしょう。
 私はとても泣き虫で、痛くても、悲しくても、辛くても、嬉しくても、涙を流してしまいます。
 子どもの頃から、変わらずに私は泣き続けました。
 涙はどこから出るのでしょう。調べれば分かる事でも、私には不思議でたまりません。
 涙が出るとき、目の奥にそれを感じるのです。
 喉が燃えそうなほど熱く感じます、そして、涙は零れだします。
 人は私に、泣くな、と言います。
 ならどうして、人は涙が出るようになっているのでしょう。
 なぜ、神さまは私に涙をお与えになったのでしょう。
 これは罪なのですか。
 試練なのですか。
 辛いです。
 どうしようもなく、辛いんです。

 人の言葉が、態度が、行為が、存在が、なにもかもが私を傷つけるのです。
 私の言葉が、態度が、行為が、存在が、なにもかも全て、間違っているのです。
 神さま、どうして私をこの世に創造なさったのですか。
 もう言葉がでてこないんです
 悲しみを表す言葉がないんです
 私、いていいんですか?
 役に立ってますか?
 ちゃんとできてますか?
 間違ってませんか?
 おかしくありませんか?
 人と違ってませんか?
 いい子ですか?
 優しい子ですか?
 優秀な子ですか?
 大人ですか?
 社会人ですか?
 私って、なんなんですか――?








 神さま、いるんなら、答えを、下さい。
 私には、もう、自分を、肯定できる、ものが、ありません

メンテ
Re: 吐き出し場 ( No.17 )
   
日時: 2017/09/06 13:33
名前: 春姫 ID:2KsoeIkI

 わたしはいつも両親の顔色を窺っていました。
 母はわたしの話を聞いてくれません。
 父はわたしの話を聞いてくれません。
 二人ともいつも自分の話をします。
 わたしが話そうとすると迷惑そうな顔をします。
 わたしが学校で習ったことを話すと「そんなことは知っている」と言います。
 わたしが友達と遊んだことを話すと「頼むから家には連れてくるな」と言います。
 父も母も仕事で忙しいから遅くに帰ってきます。
 わたしは家の前でランドセルに座って待っています。
 早く帰ってこないかな。
 早く帰ってこないかな。
 マンションの非常階段から外を見下ろしては母の姿を探していました。
 父はいつも些細なことでわたしを叱りました。
 わたしが生意気で言うことを聞かない悪い子だから躾していました。
 「jkじゃいおjgはお:pv」
 父の言葉は暴力で意味なんて分かりませんでした。
 ただふさぎ込み耐えていました。
 けれどそんなわたしは更に父の怒りを誘い、廊下に投げられたリ、家から放り出されたり、ベランダに閉じ込められたりしました。
 母はわたしを庇っていたような気がします。
 けれどやっぱり母も、父が悪いと言いながら、私が父を怒らせないようにすればいいんだと言いました。
 結局父を怒らせる私が悪いのです。
 わたしには妹がいます。
 妹が父に怒られているとすごく悲しくなります。
 まるでわたしが怒られているみたいな気持ちになります。
 だからわたしは父に蹴られる妹を一生懸命守りました。
 父に髪を引かれる妹を、父に首を絞められる妹を、いもうと、いもうと、いもうと、いもうとかわいいいもうとごめんね守り切れないバカな姉でごめんね。
 でもだんだんわたしも父の扱い方を知りました。
 怒った父の対処法も知りました。
 でもそれでもやっぱり父は怒ります。
 わたしのわからない何かが父を怒らせます。
 母に甘えていると父は怒ります。
 テレビを見ていると父は怒ります。
 物を食べていると父は怒ります。
 父をほめないと父は怒ります。
 わたしがなにをしても父は怒ります。
 父の望む私じゃないと父は怒ります。
 母もつかれていました。
 でもわたしは母にしかワガママが言えなかったのに母はそんな私に「おまえはそんなんだからめんどくさい!!」と言われました。
 母にまで捨てられたらわたしは生きていけないと思いました。
 だからわたしは母の機嫌もうかがうようになりました。
 二人の気に入るような発言しかしなくなりました。
 二人の望む娘として振る舞うしかなくなりました。

 どれだけ大人になっても、わたしは子供のままです。

 なぜこの家から出ていけないのでしょう。

 お金を稼げないから?

 世間を知らないから?

 家族しか頼れる人がいないから?

 でもどうかわたしを許してください。
 父の気に入るように振る舞い続ければ父はわたしを愛してくれます。
 母の気に入るように振る舞い続ければ母はわたしを愛してくれます。
 家族しかいないんです。
 他の誰かに愛されたって幸せになれないんです。
 わたしはただ二人に愛してほしかった。
 二人に必要とされたかった。
 わたしを生んで幸せだと思ってほしかった。
 ずっとずっと……。

 外から見ればわたしは恵まれているくせに文句を言うクソ野郎でしかありません。
 親の庇護下に甘え怠惰に言い切る愚図でしかありません。
 一度家も出てもダメでした。
 母はわたしを心配してくれます。
 父はわたしがいなくて寂しがってくれます。
 離れられないんです!!!
 わたしって、なんなんですか?

 どうしたらよかったんでしょうか。
 なにをしたらよかったんでしょうか。
 もう今更手遅れなような気もするし、ここから何とかできるような気もします。
 でもわたしは変われません。
 わたし自身が変われないと決めつけているからです。

 だからここに吐き出して終わり。
 泣いて終わり。
 今からまたいつものわたし。

 パパ、ママ、愛しててください。

 どんなわたしでも愛してください。
 あなたたちの気に入るわたしじゃなくても愛してください。
 あなたたちの娘じゃないわたしも愛してください。

 それができないんなら産まないでください。
メンテ
Re: 吐き出し場 ( No.18 )
   
日時: 2018/01/25 12:44
名前: 春姫 ID:ITGFIrxw

心の痛みは見えないから治しようがありません。病院に行っても、あなたのそれは病気ではありませんよ、大丈夫です、じきに良くなりますよ、というだけで薬一つだってくれません。だから私は自分で治療することにしました。まずは心の痛みを見えるものにしなければいけません。見えなければ触れることもできないからです。そのために私はて身近な物を手にとって自分の頭を殴りました。痛かったです。次にお腹を殴りました。苦しかったです。次に足に投げつけました。痣になりました。良かった。やっと治せると私は思いました。体の痛みはいつか癒えます。良かった良かった。もっと傷つけないとと私は思いました。もっと、もっと、もっともっともっともっともっともっと、いっぱい痛くなりますように。

人の痛みがわかる人になりなさい、誰かの声がいつも頭に響きます。
人の痛みがわかる人になりなさい、誰かの声がいつも頭に響きます。
それじゃあ、ねえ、私の痛みは誰がわかってくれるの?
メンテ
Re: 吐き出し場 ( No.19 )
   
日時: 2018/01/25 12:50
名前: 春姫 ID:ITGFIrxw

7年経っても何も良くならないどころか悪化しているような気がする。
時間とは偉大だ。
過去の痛みは綺麗さっぱり癒してくれた。
時間とは残酷だ。
新たな痛みと試練を飽きることなく与えてくる。
癒す先から傷つけていく、無間地獄だ。
もしこれがアニメの世界ならとっくに滅んでいたっておかしくない。
人間なんて滅ぶくらいがちょうどいい。
喜びも悲しみも、心なんてなくなっちゃえばいいのにね。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存