このスレッドは管理者によりロックされています。記事の閲覧のみとなります。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[8] 第五回短編コンテスト【結果発表】
日時: 2012/01/01 19:39
名前: 新短編コンテスト ID:eNBo.XXY

 あけましておめでとうございます。今年も新短編コンテストをよろしくお願いいたします。今回は2012年最初のコンテストになります。たくさんの方のご参加を待っております! 初心者の方も常連の方も、みなさんどんどん小説書きましょう!

●第五回短編コンテスト
 今月の管理者:葵

 こちらは短編コンテスト、作品投稿スレッドです。短編コンテストに参加される方はこのスレッドに作品をご投稿ください。
 執筆・投稿される前に、規約・企画説明スレッドをお読みください。
 今回は通常コンテスト回になりますので、以下に発表されるテーマを取り入れた原稿用紙20枚以内の短編を執筆するようにしてください。
 なお、ご質問等がございましたら、談話室の方にお願いいたします。

 ☆今回は初旬が冬休みということもありまして、二週間ほど早いテーマ発表となりました。発表は早めましたが、作品投稿はこれまでどおり15日からになります。万が一それ以前に投稿された場合も参加は承認いたしますが、ご遠慮いただくようお願い申し上げます。
 ☆作品提出期間は1月15日〜31日までです。余裕を持った投稿をお願いします。たくさんの方のご参加をお待ちしております!

●今回のテーマ 『ファンタジー』
 今回はテーマというより、ジャンル指定のような形になってしまうかもしれませんが。ファンタジー、大好きです。書いている間は自分が新しい世界を作っているような気持ちになれますし、読んでいる間は新しい世界を旅しているような気持ちになれます。素敵ですよね。何にも囚われず、ただ自由に書いてくださればと思います。個性的で夢のあるお話を待っております。今年最初の執筆は、ぜひ短編コンテストで!

●提出作品(敬称略)
>>2 Raise:『幽霊たまご』(13枚)
>>3 鈴一:『王語り』(6枚)
>>4 春姫:『フォンドネスドール』(6枚)
>>5 オムさん:『三キロメートルの無』(18枚)
>>6 かに:『召喚術師アラベス』(20枚)
>>7 宮塚:『ファンタジア』(20枚)

以上六名の参加を承認いたします。

>>10 結果発表
>>11-13 投票詳細
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 第五回短編コンテスト【結果発表】 ( No.13 )
日時: 2012/02/11 02:14
名前: 宮塚(投票) ID:EhNjvu1E

 みなさんこんにちはこんばんはおはようございます。
 宮塚です。久しぶりのコンテスト参加でした。
 まずは投票から。

1位 かに:『召喚術師アラべス』
2位 オムさん:『三キロメートルの無』
3位 春姫:『フォンドネスドール』

Raise:『幽霊たまご』
 とりあえずひとつだけ言わせてください。
 女の子かわいい! なんでさ、こんなに女の子かわいく書けるんだろ。秘策を教えてください←
 それはさておき。幽霊たまごって題名、インパクトあるよね。坂の上からたまごを転がす習慣を持ちながらも、友達にはそれは「幽霊の仕業」だと話すはるちゃん。はるちゃんがたまごを転がす理由は何なのだろう、と考えると幽霊のことを持ち出していたりするし、寂しさからなのかな、と僕は読んだ。最後にたまごを転がすことをやめたはるちゃん。ずうっと続いたその習慣をやめたのはたまごが海についたからだろうか、それとも母のおかげだろうか。なかなか面白い小説だと思ったのだけれど、急いで書いたからなのかそもそも設定がぶれているように感じます。正直、わかりづらい。文章はいつも通りキレイだし、ほんわかとしたドラマみたいな雰囲気は嫌いじゃないのだけれど、ちょっと練りが足りなかったかな。それとファンタジーのテーマに何か掠ってはいるのだけれど、でも消化はしきれてないんじゃないかな、というのも痛い。Raiseんなら20枚という括りの中でももっと面白いものを書けたと思うんだけど。そんな感じで次点です。

鈴一:『王語り』
 「その名は、そのためにつけたのだから、な」のフレーズが印象強すぎて、ジャンヌという名前に何か物語上の暗喩でもあるんだろうか? とか頭ひねって考えたんですけど、だめでした。ただわからないにもわからないなりに印象づけちゃう強引さはまあいいよなあ、と変に感心したりもする。
 愚かな王をその息子・娘が倒す。かなりベタな展開で、ファンタジーというテーマも消化しているのだけれど、流石にわかりやすすぎると思う。確かにまさに王道のファンタジー展開なのだけれど、そういう展開を紡ぐときというのは何かしらのエッセンスがほしい。そのエッセンスがこの作品では弱すぎた。小説に成る前のプロットを読まされている感覚、というか色のあるリアルな情景を浮かべることができなかったです。

春姫:『フォンドネスドール』
 閉じ込められた姫君。とこれもにやにやするほど“ファンタジーな話”ですよね。ただ題名には考えさせられた。
 フォンドネスドール。溺愛人形といったところでしょうか。主役たる地下に閉じ込められた女がそれなのだけれど、女につくメルディはラスト、その女にお人形のように扱われる。話も文章もすごく荒削りなのだけれど、その物語に意味を持たせようとする意図がすごく好印象で、なんだか今後の作品を見るのが楽しみに思わせてくれました。……なんで上から目線(笑) さらりと読むと流しちゃうけど、主役の女(メルディは影の主役かしら)すごいと思うんだよね。産まれてから村に住んでいるときから王様に気にいられて地下に閉じ込められなくたって、この女はひとりで生きて行くことはできなかった。それどころか他人にアクションを起こすことなんかほとんどできないだろう。いつまでも受動態の人生。しかも王家が滅んでもちゃっかりそこでは生きていられてる。どんだけ美人なんだろう。一目みたい。しかし、その女が最後自分の意思でメルディを逃がす「人生初の大仕事」をしでかす。こうした人物設計にプロットの丁寧さを感じました。や、全体的に荒削りなんだけども。これはもっとうまく描写すればいい物語になる。そういう面を考慮しての三位です。面白かった。

オムさん:『三キロメートルの無』
 ファンタジーについて語る物語、ってその発想はなかった。
 確かに。人文学部のレポートでも読まされてんのかと思ったけど、この切り口は面白いと思う。それだけでこの作品は三位以内にはいれよう、と思えました。実際その発想だけじゃなくて、それを読ませる話も書けていますし。
 僕はオムさんの作品をはじめて読んだのですが、相当ひねくれた方なんじゃないかと思いました。テーマの消化方法もそうだけど、文章の書き方も何か素直じゃない(笑) 物語は殺人的なまでに退屈な日曜日の昼にはじまり、殺人的なまでに退屈な月曜日の昼に終わる。いつまでも退屈じゃねーか。起こることは観察されたことでしかない、って量子論じゃないんだから。とはいえそのことばは(書き手が描写する以外には)全く観察されることなかった車の事故にかかっているような気がして鼻で笑えない。
 情景描写からファンタジー概論、ファンタジー概論から情景描写、展開というより文章そのものがめまぐるしく変わっているのだけれど、なぜか切り替えはそんなに苦に感じずに読める。小説ならではの表現方法でしっかり魅せてくれるその手法には脱帽
 ところで作品内に作家志望の父親が(冗談かもしれないけど)、息子の本だなから本読みの傾向を当てるシーンがありますが、ほんと人の本棚で性格わかりますよね。僕の正直な本棚はあまり見せたくない!← 

かに:『召喚術師アラべス』
 今回のコンテスト作品の中で一番「ファンタジーを読ませてくれた」と思ったのがこの『召喚術師アラべス』です。一番今回のテーマを消化していた。短いながらもこんなにも世界観を語ることができるんだな、と感心しました。そうですね、20枚で語ろうとするとこれくらいが限度、ちょうどいい気がします。たかが20枚でファンタジー世界の歴史を雄弁に語る。全体的に話のバランスがよかった。本当にちょうどよかった。自分にかにさんの爪の垢を煎じて飲ませたい。
 魔法、ドラゴン、魔物、召喚、オーラ、ワープ、オカリナ、剣士。話の材料は他作品と同じで王道のファンタジーなんだけど、独創的にしかも無理なく料理できている。完成度が高い文章とは言い難いのだけれど、しっかりと物語を読ませる力があって、本当にすごいなあ、と思いやした。主人公に立ちはだかる父親とか、ラブロマンス繰り広げる女性キャラとかもう王道でしかないんだけどやっぱ王道面白いんですよね。とはいえ贅沢を言えばもっと捻ったものが見たかったなあ、と思ったりもする。欲張りです。


 今回、ファンタジーという単語から連想したのは“中二病”でした。じゃあ中二病世界のファンタジアをまじめに書いてみよう、と思ったらあんな作品に。題名はもっと捻るべきだったと今更思う。20枚ってこんな短かったっけ!? と久しぶりの推敲にての取捨選択に戸惑いながらも(結局できてない)、なんとか完成させることができました(でも〆切過ぎてる)。
 ただやっぱり〆切があって、レビューという枷もあって、と楽しかったですね。また参加したいなあ、という気分になります。それでいつも失踪するのだけれど(笑)
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成