このスレッドは管理者によりロックされています。記事の閲覧のみとなります。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[8] 第五回短編コンテスト【結果発表】
日時: 2012/01/01 19:39
名前: 新短編コンテスト ID:eNBo.XXY

 あけましておめでとうございます。今年も新短編コンテストをよろしくお願いいたします。今回は2012年最初のコンテストになります。たくさんの方のご参加を待っております! 初心者の方も常連の方も、みなさんどんどん小説書きましょう!

●第五回短編コンテスト
 今月の管理者:葵

 こちらは短編コンテスト、作品投稿スレッドです。短編コンテストに参加される方はこのスレッドに作品をご投稿ください。
 執筆・投稿される前に、規約・企画説明スレッドをお読みください。
 今回は通常コンテスト回になりますので、以下に発表されるテーマを取り入れた原稿用紙20枚以内の短編を執筆するようにしてください。
 なお、ご質問等がございましたら、談話室の方にお願いいたします。

 ☆今回は初旬が冬休みということもありまして、二週間ほど早いテーマ発表となりました。発表は早めましたが、作品投稿はこれまでどおり15日からになります。万が一それ以前に投稿された場合も参加は承認いたしますが、ご遠慮いただくようお願い申し上げます。
 ☆作品提出期間は1月15日〜31日までです。余裕を持った投稿をお願いします。たくさんの方のご参加をお待ちしております!

●今回のテーマ 『ファンタジー』
 今回はテーマというより、ジャンル指定のような形になってしまうかもしれませんが。ファンタジー、大好きです。書いている間は自分が新しい世界を作っているような気持ちになれますし、読んでいる間は新しい世界を旅しているような気持ちになれます。素敵ですよね。何にも囚われず、ただ自由に書いてくださればと思います。個性的で夢のあるお話を待っております。今年最初の執筆は、ぜひ短編コンテストで!

●提出作品(敬称略)
>>2 Raise:『幽霊たまご』(13枚)
>>3 鈴一:『王語り』(6枚)
>>4 春姫:『フォンドネスドール』(6枚)
>>5 オムさん:『三キロメートルの無』(18枚)
>>6 かに:『召喚術師アラベス』(20枚)
>>7 宮塚:『ファンタジア』(20枚)

以上六名の参加を承認いたします。

>>10 結果発表
>>11-13 投票詳細
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 第五回短編コンテスト【投票最終日/未提出4名】 ( No.11 )
日時: 2012/02/11 02:10
名前: 春姫(投票) ID:EhNjvu1E

※敬称略

::Raise/幽霊たまご
 さあ感想書くぞ、と、思って開いたら、違う話になっていて吃驚しました。ポップ・レクイエムを気に入っていたので、少々残念に思いました。
 もちろんこちらの話も好きになると思います。今にも波の音が聞こえてきそうな、潮の香り漂う作品だと思います。
 主人公のはる、はるのお母さん、友人の夕草、出てくるキャラクター一人一人がちゃんと動いていて、毎回羨ましくなるほどです。
 なにより会話のテンポが気持ちよく進んでいたと思います。
 母親と友人がいることで、はるという人間の多くを見れるというか、上手く言葉に出来ずに申し訳ございません。うーん、勉強させていただきます。
 話は変わりますが、Raiseさんの小説を読むと、たまごをもう一度見直したくなります。冷蔵庫を開けて、いつものところからたまごを手にとって、しげしげと眺めたくなります。
 それに、読み終わりのあと必ず優しい気持ちになります。これからも是非、コンテストをご一緒させてくださいまし。

::鈴一/王語り
 今回で一番ファンタジーに相応しい作品だと思います。
 淡々と進めらていく文章は、すっきりと読みやすいですが、それ故に話の内容とのアンバラスを感じます。まるで映画のような話の流れでした。
 王とジャンヌの間にある確執、過去は想像するしかありませんが、そこをほんの少しでも掘り下げると感情移入しやすいと思います。
 その名はそのためにつけた、という言葉も、意味は分かるんですが深い思いまでは伝わりにくかったです。
 散々言ってしまいましたが、とても良い作品だと思います。また是非ご一緒させてください、ありがとうございました。

::オムさん/三キロメートルの無
 この作品のおかげでファンタジーが何か、という謎が解けた気がします。というより、ファンタジーをこのように使用するのは、考えもしなかったことなので脱帽です。
 実に頭の悪い感想ですが、この話は頭の良い人が書いた論文のようだと思います。
 映画化すれば面白そう、と、勝手に脳内で映像化したりしました。全体的に枯れている雰囲気が、冬の景色とよくあっていました。
 この感想を作者様に読まれるなんて、とっても申し訳ない気持ちになりますが、許しを得れたら良いと思います。
 またご一緒させてください、お疲れ様でした。

::かに/召喚術師アラベス
 面白い! 単純に面白かったです。短いながらに上手くまとまっていて、子供に読み聞かせるのにピッタリだと思います。
 主人公のキャラクターも、嫌味が無く、心根の優しさが文章から伝わってきました。竜との対話シーンが一番印象的です。
 常なら、幽閉されているのはお姫様で、ドラゴンを倒してハッピーエンド(偏見)だと思いますが、この作品はそれを覆しています。
 私はこんなお話しを書くことは出来ないので、素直に凄いと感嘆します。
 次のコンテストでも、是非作品を拝見したいです。

::宮塚/ファンタジア
 う○こを売る人間がいるとは世の中も広いなあ、と、全て読んだあとの感想とは思えない発言ですみません。
 正直夢魔よりもそっちのほうが、私にとってファンタジーに近かったです。いえ、幻想的とは間違ってもいえないので、リアリティーに欠けているという意味です。
 それは良いとして、主人公は友人を見捨てるほど薄情ではない、と言っているのに、最後さっぱり忘れているというのに驚きです。
 しかし、私もあの場で、あのような状況になったら、友人の事など昨日の夜ご飯並に忘れるのは明白です。
 とても勉強になりました、次回もご一緒したいです、ありがとうございました。

::最後に私/フォンドネスドール
 直訳で愛玩人形、だった気がします。英語なんて小学校以来、げふんげふん。
 この作品はファンタジーを何度も何度もぐぐった結果、もう訳分かんないと匙を投げ捨てて生まれた作品です。とりあえず王家とか出たらファンタジーだろ、みたいなテンションです。
 メルディ視点も書いたんですが、妹に読ませたところ「蛇足」と切り捨てられたので、吐き出し場に吐き出してきました。
 皆さんの作品の感想を書くにあたって、自分の作品の粗がよく見えてきました。見えたと言っても、それに手が届くかはまた別のお話しなので、気長に行こうと思います。
 今回も素敵な作品ばかりで、ランキング付けが憂鬱でたまりません。


※敬称略
 ▼ベスト1位 かに/召喚術師アラベス (短いながらにファンタジーを詰め込んだ作品でした!)

 ▼ベスト2位 Raise/幽霊たまご (崩れない作品が魅力的でした!)

 ▼ベスト3位 宮塚/ファンタジア (オムさんと悩んで、悩んで、インパクトの強さで決定しました!)
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成