このスレッドは管理者によりロックされています。記事の閲覧のみとなります。
ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[11] 第八回短編コンテスト【結果発表】
日時: 2012/06/30 23:04
名前: 管理者 ID:FieqHkc.

●第八回短編コンテスト
 今月の管理者:葵

 こちらは短編コンテスト、作品投稿スレッドです。短編コンテストに参加される方はこのスレッドに作品をご投稿ください。
 執筆・投稿される前に、規約・企画説明スレッドを絶対にお読みください。
 今回は通常コンテスト回になりますので、以下に発表されるテーマを取り入れた10000字以内の短編を執筆するようにしてください。
 なお、ご質問等がございましたら、談話室の方にお願いいたします。


<スケジュール>
1日〜15日……投稿期間(定員30名)
16日〜25日……投票期間(こちらの該当記事コメント欄にどうぞ)
26日〜31日……決選投票期間(同じく記事を設けます)



●今回のテーマ 『幽霊』
 小学生のとき自然学校で肝試しをして、じゃんけんで負けて一番前を歩かされました。そのときの恐怖心は今でも覚えていたりします。そろそろテレビ番組でもホラー物が多くなってきますし、夏休みに肝試しするよという方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。
 背筋が凍るような怖い作品だけではなくて、心温まる優しい話から涙腺にくるような切ない話まで、個性豊かな作品が集まればと思います。たくさんの方のご参加を待っております!

●提出作品(敬称略)
>>01 ジノムペディック『三つ目の土産話』(7514字)
>>02 Top『死神と俺のララバイ』(6902字)
>>03 かめくん『腐女子霊』(7068字)
>>04 春姫(7260字)

>>06 結果発表
>>07- 詳細
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 第八回短編コンテスト【結果発表】 ( No.7 )
日時: 2012/07/25 21:38
名前: Top(投票) ID:1q6LYg1w

ベスト1位
■かめくん様『腐女子霊』

 いちいちホモ?なアクションに反応する腐女子に思わずニヤリとさせられました。
 まさしく腐女子歓喜!ホモホモいうんじゃありません!はしたない!
 と思ったら、幽霊ちゃんツンデレで可愛いじゃないですかwやだーw
 あと、坊さんがインチキ坊主じゃなくて良かったと何故か一安心させられましたwww
 綺麗な終わり方ですね。こういう終わり方好きですw
 全体的にコミカルで明るい雰囲気が良かったですねw

ベスト2位
■ジノムペディック様『三つ目の土産話』

 導入部の主人公の恋にのめりこんでいく感じが良かった。
 飲み屋からの帰り道の出来事で読者を怖がらせてくれたり、実はボーカルの子だったという事で安心させたり、うまいなぁと感じた。
 その後、電話の主って妹かよwとほっとさせられました。
 そして、最後のオチも上手だなぁと感じました!

ベスト3位
■春姫 様

 やはり人間死んだ気になれば、何でも出来ると思いたいですね。
 全体的に暗い雰囲気でしたが、最後にイジメに立ち向かおうするかはわかりませんが、宮本さんが前に進んでいく感じが良かったです。
 いじめられて、諦めつつも、でも誰かからの救いを求めてる宮本さんの思考が良い味出てました。
 でも、その救いとなったのが自殺した幽霊ってのが皮肉なもんですね。
メンテ
Re: 第八回短編コンテスト【結果発表】 ( No.8 )
日時: 2012/07/25 21:39
名前: かめくん(投票) ID:1q6LYg1w

<投票>

一位ジノムペディックさん『三つ目の土産話』
二位春姫さん
三位Topさん『死神と俺のララバイ』

<批評>

言い訳するつもりはないですが、
批評というのはある程度自分の棚上げが必要です。
「てめーに言われたくねー」
と思う部分も、ままあると思いますが
投票も参加型のコンテストなので、ゆるして下さいね。


<一位 ジノムペディックさん『三つ目の土産話』>

 話の面白さよりもまず構成の上手さに引かれました。10000文字の短編として本当にちょうど良いお話だと思います。登場人物達の言動にもしっかりと裏付けがあり、話の展開も無理がありません。それでいて最後にしっかりとオチが入る、お上手ですね。
 個人的な好みですが文章もカッチリしていて好きです。詩なのか小説なのか良くわからないようなのは嫌いなので。読み進めながらつっかかる所も殆どありませんでした。
 ただ一つだけ気になった所をあげるなら、というよりすっごい邪推で申し訳ないのですが、これ練習として書いてません? なんか余りにも作者様の自己主張が感じられず(話のテーマはわかっているつもりです)漠然とした言い方なのですが、もっとオリジナルティを入れて欲しいなぁ、と思いました。何が言いたいかって言うと「もっと熱くなれよ!」って事です。なんて憶測で余り適当な事言っちゃだめですね、ごめんなさい。
 良く出来ているなぁ、と感心しました。一応コンテストという事で勝負な訳ですが参りました、完敗です。


<二位 春姫さん>

 時事ネタやデリケートな話題は批評というか反論というかそういうのが多くなる、と思った方がいいです。誰しも自分の意見を持っていますからね。「偶然です」と言われてもタイミングが合ってしまえばそれは同じ事です。今回の春姫さんは偶然では無いようですが。
 唐突な展開が多く違和感を抱かせます。具体的に述べないのはずるいですね。宮中さんがいじめられる理由、遠崎くんの登場時の二人の言動(これは宮中さんのがよりその印象が強いです)、自殺を話した後の二人の言動、辺りです。登場人物が何を考えてどうしてそう動いたか、5W1Hですね。が足りてないです。
 テーマも最終的には「死んで花実が咲くものか」というものですが、「死んでしまった側」の意見が弱いのでは無いでしょうか。「いじめる側」もです。両者の意見も取り入れようとしているのは読み取れますが、いかんせん10000文字は短すぎます。結局、ややただ単にかわいそうな人の話、という印象になってしまってるかと。
 もう少し、物語へ引き込む要素か、考えさせられる展開が欲しかったです。


<三位 Topさん『死神と俺のララバイ』>

 率直な感想言うと何だか良く分かりませんでした。ジャンルはギャグでしょうか? ギャグというのは他のジャンルと違ってで評価するのが難しいです。あとサブカル。この二つは「○○だね」と言うと「分かってねーなー」と返される率が高いような気がします。特に今回のは不条理ネタが多く「これ、変だな」と思う部分も狙ってやってるのか外してしまってるのが分かりません。
 要するに受け手の感性による所が特に多く、私の感性で言うなら面白くはなかったです。ネットスラングや2ちゃん特有ネタも「これならまとめブログ読んだ方が笑える」という感想でした。
 そんな訳では「私の趣味合いませんでした」という元も子も無い評価内容なのですが、それがギャグというジャンルの難しさではないでしょうか。
 もしギャグでないなら益々理解しかねるので恐れいりますが私には評価する事が出来ません。


<あと書き>

 ”幽霊”というテーマなので、今だ幽霊になった事の無い人種って何が居るかな、
と考えてみた所、ヤクザやオタクかなーと思いつきました。
が、良く良く思い出してみたらヤクザの幽霊も結構やってますし
オタクの幽霊なんか本棚にある「学校怪談」で15年近く前にやってました。
なのでもう一歩進んで”腐女子幽霊”にしてみた訳ですが
腐女子設定イマイチ生かし切れなかったかも。
というか独断と偏見入り過ぎで、本当に腐女子の人が見たら怒りそう。
今回のは”腐女子ぶってる痛いオタ女”って事で、どうか。

<次回以降希望するテーマ>

コチニール色素
メンテ
Re: 第八回短編コンテスト【結果発表】 ( No.9 )
日時: 2012/07/25 21:40
名前: 春姫(投票) ID:1q6LYg1w

※敬称略

今回はほんと難産でした。もう産むのをやめちゃおうかな、なんて思うレベルの難産でした(苦笑)
書き上げられた時は本当にやり切ったという思いが込み上げてきて、一人で勝手に満足してました。傍から見ればただの変な人w
だというのに、何故私はタイトルを忘れるというマヌケなことをしてしまったのか…! うう……。

▼ジノムペディック/三つ目の土産話
読んでて苦にならない文章にとても好感が持てました。主人公も好感の持てるキャラクターで、妹さんに対する態度が良いお兄ちゃんで微笑ましかったです。
ただ主人公が好きになった女性を上手く生かしきれていないように感じました。
妹さんの彼氏も何故出てきたの、というくらいに存在感がなかったです。
登場人物をもっとお話に絡ませられると更に面白くなるんじゃないかな、と、思ったりしました。
後、最後の『良い返事をもらえたら、いっぱい自慢してやろう。このかわいい幽霊に。』の文で頭が?になりました。
私の読解力不足が否めませんが、今の今まで幽霊の話なんて出てたっけかな〜……と、まあそれだけです。
全体的に読みやすく、感じの良い小説でした。次回もまたご一緒させてくだい。

▼Top/死神と俺のララバイ
第一回の時にご一緒させていただいてからのファンです。開口一番に何を宣言してるんだ、と、思われるでしょうね。
前回よりも更に磨きのかかった文体に、何度くすりと笑みを零したか分かりません。
しかしなんとも身につまされる内容といいますか、幽霊というお題でこういう内容になるのは流石としか言えません。
何で働くのか、何で生きるのか、そんな悩みをクリアにしてくれる小説でした。私も全力で生きようと思います。
結構ガチでそう思います。
ご一緒できて光栄でした。是非また参加してください!

▼かめくん/腐女子霊
腐女子である必要って……インパクトだけかなあ。
司くんと腐女子ちゃんの関係性があまり掴めませんでした。恋人? 幼馴染? ただの友達? 片思い?
いらないように見えて、こういう関係性がはっきりしてるかしていないかは重要だったりします。
後は……このお話のテーマが見えてこなかったですね。
何を伝えたいのか、というか、うーん。正直に言ってしまえば、申し訳ないですが面白くはなかったです。
でも強気受けのヘタレ攻めには頷かざるを得ませんね。

▼春姫(タイトルをつけるならば……水の底、かな)
まず真っ先にタイトルのつけ忘れを謝罪させて頂きます。ほんとうに申し訳ありませんでした!!
もう上にも書きましたが、書き上げたことに満足しちゃって、すっかり抜け落ちてました。次回はそのような事がないよう気をつけます。
肝心の小説についてですが、あー……いじめっていうのは、する方もされた方もずっと抱えていくものだと思うんですよ。
現に私は、相手にされたことも、相手にしたことも、ずっと忘れずに忘れられずにここにいます。
多分それって死んだ後も引きずっていくんじゃないかな。幽霊になっても忘れられなくて、ずっと抱えたままなんだと思います。
書いてて「こいつ何くれーこと言ってんだよ」って思いましたが、まあこの小説にそんな大層な思いがあるかは謎です。
ただ私はそれらを決して忘れずに、自分のやっちまったことをずっと抱えて生きていきたいです。
結論、生きてるっていいなあ。


 ベスト1位 Top/死神と俺のララバイ (いつも新鮮な驚きをありがとうございます)

 ベスト2位 ジノムペディック/三つ目の土産話 (好きな文体でした。妹いいよね)

 ベスト3位 かめくん/腐女子霊 (この腐女子とはいい酒が飲めそうだ(笑))


幽霊はいるんじゃないかな、でもいたら怖いな、と思う今日この頃。
そんな私はお化け屋敷で恐ろしい叫びや唸り声を上げて、それに驚く女子高生の叫び声でメシウマしています…。
メンテ
Re: 第八回短編コンテスト【結果発表】 ( No.10 )
日時: 2012/07/25 21:41
名前: ジノムペディック(投票) ID:1q6LYg1w

ベスト1位 作者:春姫さん(3点)
(感想、投票理由) この三つの中だとやっぱり一番書き込まれていると感じました。話に程よく肉がついていて、スマートなものだったと思います。
 今回夏ですし、幽霊ということもあって、怖い作品が来るのかなと思えば、そんな作品はありませんでしたね。
 特にこの話は宮崎さんの方向転換のために幽霊を使った形になっていて、そういう意味でも他よりうまいなあと思いました。
 あなたは死んでいる。私は生きている。生きているってことは、死にたくないってことなんでしょう。
 結局遠崎君が救われていないというところだけは、残念に思います。何故遠崎君は「苦しくても、負けないでよ」と言ったのでしょうか。
 やっぱり生きることが大事なのだと、遠崎君も思っていたということでしょうか。どうにも救われません。
 でもやっぱり書き込まれているこの作品は一位に推したいなと思います。


 ベスト2位 作者:かめくんさん「腐女子霊」(2点)
(感想、投票理由)実際、こんな風にお祓いをすることなんてあるんですかね。なんて、そんなことが気になりました。
 全体的にお話がスッキリとまとまっていてわかりやすかったと思います。ただ、スッキリしすぎな感じがある気がしました。
 引っ張れるところはもう少し引っ張れるのかな、と。
 あと、この話はまだ先があるのかなとも思います。結局居座ることになってしまった彼女は、ずっと司君を想ったままあそこに居続けるのでしょうか。
 それはそれで、またなんともやりきれません。
 スッキリしているのが悪いなんてこと思わないのですが、それでもやっぱり書き込まれた上ですっきりしている方が良いなと僕は思います。二位。

  

 ベスト3位 作者:Topさん「死神と俺のララバイ」(1点)
(感想、投票理由)随分と荒いなあという印象です。突拍子もない展開と文章には、ところどころ?を浮かべざるを得ませんでした。
 人が浮きすぎていて、ふわふわしていて、前を通り過ぎる特急電車のようでした。
 余っている枠ということで三位。


[一言]
「幽霊」ということでホラーも読めるかと思ったのですが読めませんでした。
それが残念、ということではないのですけれど、幽霊の使い方が皆さん同じような感じは、少し残念に思いました。
メンテ
Re: 第八回短編コンテスト【結果発表】 ( No.11 )
日時: 2012/07/27 01:11
名前: ID:NrmAFN9E

遅くなりました。申し訳ありません。

【全作レビュー】

>>01 ジノムペディックさん『三つ目の土産話』(7514字)
無駄なく端的に語る文章が非常に読みやすく、また導入から物語に引き込まれるような作りになっていて感心せずにはいられませんでした。
気になったのは、妹の登場が説明的だなと感じてしまったことでしょうか。文字数にも余裕がありますし、時間にも猶予があったようなので、上手く妹を印象づけるようなエピソードがあればもっと良かったかもしれません。数少ない重要人物の一人ですし。
テーマの取り込みにももう少し工夫が見られるとより面白くなったかもしれませんね。
最後まで読み手を楽しませる工夫が成されていて、飽きずに読めました。面白かったです。無言電話の緊張感がすごく素敵でした。

>>02 Topさん『死神と俺のララバイ』(6902字)
ファンタジーとしてはすごく楽しめました。面白かったです。
ものすごく重いことを語ろうとしているのに、世界観や文体、展開が不釣合いに軽くなってしまったのが残念でした。
どうせならどちらかに寄ってしまった方がもっと映えたと思います。このままではどっちつかずになってしまって、中途半端かなと。
特に最後の結末なんて、一人死んじゃってますが、それにしてはあっさりしすぎてます。こんなに話が動いているのだから、重みを持たすことに成功していれば、と思ってしまいます。
書こうとしたことには大変共感できました。

>>03 かめくんさん『腐女子霊』(7068字)
とても心温まる優しいお話でした。
ただ、腐女子以外に真新しいものが少なかったのが少々残念です。他にも司くんのミスリードなど、いくつか工夫は見られたのですが、もう一歩何かが欲しかったでしょうか。
文章は淡々と進んでいてリズムは良かったのですが、緩急を意識できているともっと良かったと思います。特に除霊のシーンは、もう少しばかり葛藤があれば面白かったんじゃないでしょうか。終始静かに終わってしまったのが残念です。
出てくる人皆が良い人で和めました。結末まで書いて欲しいな、と思わないではありませんでしたが、これはこれで良かったと思います。

>>04 春姫さん(7260字)
書くたび文章が上達されますね。とても丁寧で読みやすかったです。
書くのに苦心されたと仰ってますが、少しそれが分かるようでした。展開の進みが短編にしてはゆっくりしていて、春姫さんの作品にしては動きが少なかったのも一つの原因かもしれません。少しばかり焦れてしまいます。
いじめられているシーンが冒頭のみで会話がメインになっているので、主人公の苦悩にいまいち共感できず最後の語らいに説得力が少なくなってしまったのも残念です。いじめがそのままになっているのも消化不良だったかなあと。
訴えは心に響きました。

【総評】
少し書きにくいテーマになってしまったでしょうか? 夏休みにも入るので、たくさんの方にご参加いただければと思ったのですが……申し訳ありません。次回の担当回では、もっと創作意欲を掻き立てられるようなテーマにできればと思います。
作品の系統がどれもどことなく似ていたように思います。短編は文字数制限もあって、中々作りにくいとは思いますが、もっと個性のある作品があっても面白かったかもしれませんね。
終わり方に焦りを感じる作品が多く、私も書き手の一人として結末が見えれば駆け抜けてしまいたい気持ちはとてもよく分かるのですが、もう少し落ち着いた締めくくり方ができればよりよくなったのではと思います。
しかしながら心が温まる作品ばかりで、なんだかとても癒されました。素敵な作品を読ませてくださってありがとうございます。
次回は九月の開催になりますが、よろしければまたご参加くださいね。夏休み、楽しくお過ごしください。

※繰り返しのお伝えとなりますが、チャット会は29日(日)20時からとします。参加者の方も非参加者の方もぜひお集まりいただければと思います。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成